「ドイツ・ワールドカップ」テレビ&現地観戦サイト:wm2006.euronavi.net

トップページ 観 戦 ガ イ ド 会 場 案 内 大 会 日 程 予 選 結 果 コンフェデ杯 そ の 他

フランクフルト・ヴァルトスタジアム(バルトスジアム)(2006年ドイツ・ワールドカップ会場)

 ヴァルト・シュタディオン

会場案内会場アクセス市内交通鉄道情報空港情報宿泊情報観光案内所見どころ・食べどころエクスカーション

 フランクフルトは、ドイツだけでなくヨーロッパを代表する金融の中心地。町の中には欧州中央銀行の本店があり、郊外にはドイツ連邦銀行の大きな建物がある。また、ドイツの空の玄関口となるフランクフルト空港の存在も大きい。ただしこの町は、政治的には州都や首都ではない。属するヘッセン州の州都は郊外のヴィースバーデン。隣接するラインラント・プファルツ州の州都は、隣町のマインツだ。この2つの州都を、郊外のベッドタウンの如く取り込み、一大都市圏を形成しつつあるフランクフルト。国際ビジネス街故に外国人の姿も多い。
 フランクフルトは、過去に74年ワールドカップ、88年欧州選手権の会場となった実績がある。試合が行われるヴァルド・シュタディオンは、昨年のコンフェデ杯でも決勝会場となっており、本大会では準々決勝を含めた5試合を開催する。その中には、グループリーグ屈指の好カード、オランダvsアルゼンチンも含まれている。

(参照リンク) [フォーラム関連ツリー] 【会場別】フランクフルト、カイザースラウテルンほか【情報交換・オフ専用】

(参照リンク) フランクフルト市公式サイト http://www.frankfurt.de/
(参照リンク) フランクフルト市W杯特集サイト http://www.wm-frankfurt-2006.de/
(参照リンク) ヘッセン州W杯特集サイト http://www.wm2006-hessen.de/
(参照リンク) フランクフルト観光局公式サイト http://www.frankfurt-tourismus.de/



今日の天気


明日の天気

※お天気ドイツ語基礎知識
sonnig、klar (晴れ)
leicht bewölkt(やや曇り)
wolkig (時々曇り)
bedeckt (曇り)
Nebel (濃霧)
Spruhregen (霧雨)
Schauer (にわか雨)
Regen (雨)
Gewitter (雷)
Schnee (雪)

 ヴァルト・シュタディオンの歴史は古く、1925年に37000人収容のスタジアムとして開設された。戦後には拡張工事も行われ87,000人収容の巨大スタジアムとなったがほとんどが立見席という危険な雰囲気。その後、1974年の西ドイツW杯会場に指定され、61,000人のスタジアムとして整備された。さらに、1988年の欧州選手権西ドイツ大会の舞台ともなっている。
 ドイツW杯の会場として指定され2002年7月より旧スタジアムを部分的に解体しながら、同じ場所に新スタジアムを建設。2005年10月の完成をめどに急ピッチで工事が進められている。
 今回の工事で、サッカー及びアメフト用の球技専用スタジアムとして生まれ変わり、さらに可動式の屋根が設けられ全天候型スタジアムとなった。この屋根は、通常中央部分に折りたたまれており、必要時には傘を広げるように上部を覆うユニークなデザインとなっている。設計を手がけたのは、ベルリナー・オリンピアやライン・エネルギエ・シュタディオン(ケルン)の改築設計を担当した有名建築家集団gmpと、アリアンツ・アレーナ(ミュンヘン)設計にも関与しているマックス・ベーグル(Max Bögl)。
 なお、2005年3月にコメルツ銀行がヴァルト・シュタディオンのネーミングライツを購入。同年7月より、コメルツバンク・アレーナとして利用されている。ただし、他のスタジアムと同様に、W杯期間中は企業名を冠したスタジアム名は使用できず、従来通りヴァルト・シュタディオンと呼ばれることになる。

(参照リンク) ヴァルト・シュタディオン http://www.neues-waldstadion.de/
(参照リンク) アイントラハト・フランクフルト http://www.eintracht-frankfurt.de/
(参照リンク) フランクフルト・ギャラクシー http://www.frankfurt-galaxy.de/
(参照リンク) gmp(設計) http://www.gmp-architekten.de/
(参照リンク) マックス・ベーグル(Max Bögl、設計) http://www.max-boegl.de/
(参照リンク) コメルツ銀行(ネーミングライツ) https://www.commerzbank.de/

ヴァルト・シュタディオン

収容人数: 48,132席、座席数: 43,324席
販売座席数: グループリーグ: 38,437席、準々決勝: 37,925席

完成年: 1925年
完成年: 2005年(2002年7月工事開始) ※同じ場所に新築

形態: サッカー・アメフト専用スタジアム

ホームクラブ:
     アイントラハト・フランクフルト
      (http://www.eintracht-frankfurt.de/
     フランクフルト・ギャラクシー
      (アメフトクラブ http://www.frankfurt-galaxy.de/

設計: gmp(von Gerkan, Marg und Partner)、
     マックス・ベーグル(Max Bögl)

建設費用: 12,600万EUR(約170億円)
 6,400万EURをフランクフルト市が、2,050万EURをヘッセン州が拠出し、残りの4,150万EURを借入にて調達することになっている。
 
※1974年W杯西ドイツ大会:
 予選グループ 2: ブラジル - ユーゴスラヴィア (0:0)
 予選グループ 2: ブラジル - スコットランド (0:0)
 予選グループ 2: スコットランド - ユーゴスラヴィア (1:1)
 決勝グループ B: ポーランド - ユーゴスラヴィア (2:1)
 決勝グループ B: ドイツ - ポーランド (1:0)

※1988年欧州選手権西ドイツ大会:
 予選グループ 1: イタリア - スペイン (1:0)
 予選グループ 2: イングランド - ソビエト連邦 (1:3)

※1980年UEFA杯決勝第2戦:
 アイントラハト・フランクフルト - ボルシア・メンヒェングラッドバッハ (1:0)

[2005年コンフェデ杯で開催された試合カード]
2005年06月15日(水)20時45分 GL初戦: ドイツ vs オーストラリア
2005年06月19日(日)20時45分 GL第2戦: ギリシャ vs 日本
2005年06月22日(水)20時45分 GL最終戦: ギリシャ vs メキシコ
2005年06月29日(水)20時45分 決勝: アルゼンチン vs ブラジル

[2006年W杯で予定されている試合カード]
03) 2006年06月10日(土)15時 B組: イングランド(B1) - パラグアイ(B2) (グループリーグ第1戦)
14) 2006年06月13日(火)15時 G組: 韓国(G3) - トーゴ(G4) (グループリーグ第1戦)
24) 2006年06月17日(土)15時 D組: ポルトガル(D4) - イラン(D2) (グループリーグ第2戦)
37) 2006年06月21日(水)21時 C組: オランダ(C4) - アルゼンチン(C1) (グループリーグ最終戦)
60) 2006年07月01日(土)21時 (55の勝者) - (56の勝者) (決勝トーナメント準々決勝)

 戦前・戦後を通じて、ヴァルト・シュタディオンはドイツ代表戦にも利用されている。しかし、1974年の西ドイツW杯の際に決勝リーグの対ポーランド戦で使用された以外は、2005年のコンフェデ杯まで親善試合での使用にとどまっている。
 W杯プレ大会となるコンフェデ杯では、決勝戦の舞台として利用され、またドイツ代表の初戦(対オーストラリア戦)の他、ギリシャvs日本の試合などが行われる。


Click here to visit our sponsor

[フランクフルトでの戦後ドイツ代表(旧西ドイツ代表)戦績]
2005年06月15日 ○ 4 - 3 vs オーストラリア(コンフェデレーションズ杯グループリーグ)
1991年03月27日 ○ 2 - 1 vs ソビエト連邦代表
1986年03月12日 ○ 2 - 0 vs ブラジル代表
1980年05月13日 ○ 3 - 1 vs ポーランド代表
1978年11月15日 △ 0 - 0 vs ハンガリー代表
1978年03月08日 ○ 1 - 0 vs ソビエト連邦代表
1975年05月17日 △ 1 - 1 vs オランダ代表
1974年07月03日 ○ 1 - 0 vs ポーランド代表(1974W杯決勝リーグ)
1974年03月27日 ○ 2 - 1 vs スコットランド代表
1969年03月26日 △ 1 - 1 vs ウェールズ代表
1963年09月28日 ○ 3 - 0 vs トルコ代表
1961年03月08日 ○ 1 - 0 vs ベルギー代表
1958年03月19日 ○ 2 - 0 vs スペイン代表
1956年11月21日 × 1 - 3 vs スイス代表

 S8、S9線の「Stadion(旧Sportfeld)」駅が最寄駅(下の写真は駅舎)。中央駅方面から行くと、進行方向左手にスタジアムを見ることができる。駅を出て突き当たりを左折。直線道路をぷらぷら歩いて10分くらい。
 フランクフルト空港からだと、このSバーンで1駅。空港から距離にして約4、5キロのところにあり、世界で一番、国際空港から近いスタジアムかもしれない(未確認)。日本からの直行便はルフトハンザの場合、午後には着くので、当日でも夜の試合には余裕で間に合う。
 空港駅が長距離鉄道に対応しているので、この空港駅乗り換えで、遠方から観戦に来ることも可能。もちろん中央駅からアクセスしてもよい。
 このほか、市電やバスを利用したアクセス方法もある。東側スタンドで観戦の場合はそちらを利用することが推奨されるらしい。

(フランクフルト中央駅からのアクセス例、Sバーン利用)
 フランクフルト中央駅Frankfurt am Main Hauptbahnhof
  ↓(S8線またはS9線Wiesbaden Hbf方面行き、所要時間6分)
 シュタディオン駅Stadion下車
  ↓(徒歩15分)
 スタジアム着

(フランクフルト中央駅からのアクセス例、市電利用)
 フランクフルト中央駅Frankfurt am Main Hauptbahnhof
  ↓(STR21系統Stadion Strassenbahn方面行き、所要時間17分)
 シュタディオン・シュトラッセンバーン駅Stadion Strassenbahn下車
  ↓(徒歩6分)
 スタジアム着

※アクセス例は、ドイツ鉄道時刻表検索システムを利用して調査したもので、通常のケースです。
  試合開始前などは混雑により列車の運行に遅れが生じる場合があることをご留意下さい。
 


「Sportfeld」駅のプラットホーム。ドイツの新幹線ICEが頻繁に通過します。

 なお、会場周辺は「ヴァルト(森)」の名の如く緑に囲まれており、森林浴を楽しめる雰囲気(要は何もないところ)。辺りにはテニスコートなどのスポーツ施設も点在していて、スタジアム横のエリアは各種スポーツの協会施設が立ち並んでいる。そして、その一角にあるのが、ドイツサッカー協会本部!2006年ドイツW杯の大会組織委員会(OK)のオフィスもここにあり、さらにブンデスリーガの管理会社、FIFAのマーケティングオフィスが同居している。マニアにはたまらない場所だが(笑)、行けば選手に会えるというわけではない。あしからず。


ここがドイツサッカーファンの聖地!? ドイツサッカー協会本部


ブンデスリーガ運営会社、W杯大会組織委員会、FIFAマーケティング関連会社などのオフィスが同居中。

 フランクフルトの公共交通機関(地下鉄Uバーン、Sバーン、市電、市バス)は、RMV(ライン・マイン交通連合)と呼ばれるネットワークに属していて、ネットワーク内で切符は共通。だから、Uバーンの駅で買った切符で、途中でバスに乗り換えて目的地まで行くことも全然可。ただし、切符の買い方が若干面倒。自動販売機で買う場合は、目的地の駅名を一覧表から探して、そのコード番号を入力することで料金を表示させ、購入できる。
 もっとも、観光に便利なのが、フランクフルトカード。いわゆる1日乗り放題のチケットで観光案内所で売っている。一部美術館の割引サービスも含まれている。

(参照リンク) ライン・マイン交通連合
 http://www.rmv.de/
(参照リンク) フランクフルト交通会社
 http://www.vgf-ffm.de/

フランクフルト中央駅(Frankfurt Hauptbahnhof)

 フランクフルトの陸の玄関口が「フランクフルト中央駅」。駅は中心部の西側にあり、周辺に安ホテルが点在するも、観光スポットなどからは若干離れている。大きな荷物がある場合はUバーンやタクシーを利用して中心部へ移動することになる。軽装で他都市から日帰りの場合、中心部へは徒歩でのアクセスも可能。中央駅正面から真っ直ぐのびるカイザー通りを700メートルほど歩くと、目の前には高層ビル。これが欧州中央銀行本店。その左手にはゲーテ像がある。そこから先が観光スポットの点在する中心エリア。ハウプトヴァッヘやレーマー広場までも、ここから徒歩5分ほどである。


フランクフルト空港長距離専用駅(Frankfurt Flughafen Fernbahnhof)

 フランクフルト中央駅とともに無視できないのが、フランクフルト空港の長距離専用駅。空港に併設するICやICEなどの特急路線用の駅である。ケルンやシュツットガルトなどを結ぶICEが頻繁に発着しており、これら全てが中央駅も通るわけではない。また、サッカー観戦の場合は、ここからスタジアムまでは近距離専用駅へ移動して、そこからSバーンで1駅。中央駅からアクセスするのとほとんど変わらない。路線によっては、何も中央駅へ必ず出る必要はないのだ。ドイツ鉄道のホームページで検索する際は、中央駅(Hauptbahnhof)だけでなく、この長距離専用駅(Fernbahnhof)を発着する列車もチェックしてみよう。

copyright, Fraport AG 無断転載禁止

(参照リンク) ドイツ鉄道公式サイト http://www.bahn.de/

フランクフルト・マイン国際空港(Flughafen Frankfurt Main)

 ドイツのみならずヨーロッパへアクセスするための空港といっても過言ではない大空港。日本からは、ルフトハンザドイツ空港、全日空、日本航空の3社が直行便を飛ばしている。前2社はスターアライアンス系列ということでターミナル1に到着。日本航空はターミナル2に到着する。施設が充実しているのはターミナル1で鉄道駅も併設している。ターミナル2に到着した場合は、鉄道でフランクフルトや周辺との都市にアクセスする際は、シャトルバスもしくはスカイラインでターミナル1に移動することになる。
 フランクフルト空港は中心部から約9キロ離れた森の中にある。中央駅まではSバーンのS8、S9線を利用してわずかに3駅、所要時間10分で着く(ただし1時間に3、4本なので待ち時間に注意)。
 注意しなければならないのは、鉄道駅が2ヶ所に分かれているところ。ドイツの新幹線ICEを含む長距離路線は空港から5分ほどのところにある長距離専用駅から発着している。また、前述のSバーンなど近郊路線は地下の近距離専用駅からの発着となる。ターミナル1到着で1階の到着ロビーを出ると、まず地下へとのびるエスカレーターと鉄道駅の標識に目がいってしまう。Sバーンで中央駅に出るには問題ないが、ICやICEなどの特急を利用して、マンハイム、シュツットガルト、ケルンなどの他都市へ向かう場合は上にあがり、出発フロア(レベル3)にある連絡通路から長距離専用駅へ移動しよう(長距離専用駅についての詳細は「鉄道情報」参照)。

copyright, Fraport AG 無断転載禁止
欧州を代表するハブ空港、フランクフルト・マイン国際空港

copyright, Fraport AG 無断転載禁止
チェックインはお早めに。ルフトハンザドイツ航空のチェックインカウンター

copyright, Fraport AG 無断転載禁止
ターミナル1とターミナル2の間の移動はスカイラインかシャトルバスを利用。

(参照リンク) フランクフルト・マイン空港公式サイト http://www.frankfurt-airport.de/
(参照リンク) フラポート株式会社(空港管理会社) http://www.fraport.de/

フランクフルト・ハーン空港(Flughafen Frankfurt-Hahn)

 フランクフルトには知る人ぞ知る、もう一つの空港がある。それがフランクフルト・ハーン空港だ。フランクフルトといっても、市の中心部から約130キロも離れていて、アクセスするのにバスで1時間45分かかります。ただマインツだと1時間ちょっとで行けるのでやや近いです。鉄道の乗り入れはないため市内に出るためにはバスを利用します。ボア・オムニバス(Bohr Omnibus)という会社が、フランクフルト、マインツ、コブレンツ、ケルンなどを結ぶ路線を運営していて、それを利用することになります。
 なぜハーン空港を紹介する必要があるかといえば、日本でもすっかりお馴染みになったライアン・エアが乗り入れているからです。空港使用料が安いこの空港を一つの拠点として、この英国系格安航空会社がイギリス各地〜フランクフルト・ハーンを中心に欧州各地へ格安で飛行機を飛ばしています。

(参照リンク) フランクフルト・ハーン空港公式サイト http://www.hahn-airport.de/
(参照リンク) フラポート株式会社(空港管理会社) http://www.fraport.de/
(参照リンク) ハーン空港と市内を結ぶボア・オムニバス(Bohr Omnibus) http://www.bohr-omnibusse.de/

 さすがに大都市、市内には高級ホテルが点在し、全体としてホテル相場は高め。理由としては、メッセ(見本市)も頻繁に開かれ、金融・経済の中心地ということで、ホテルに対する需要が一年通じて高いことが挙げられる。中央駅周辺には、安ホテルも点在しているが、ホントに怪しいところもあるので注意が必要。
 大きなイベントの際に値段を吊り上げることに慣れているのが厄介。W杯期間中、あえてフランクフルトに泊まるべきなのか。確かに、旧市庁舎レーマーなど人が集まるスポットも多い町ではあるが。マインツやヴィースバーデンなどに手頃な価格の良ホテルを探すのも手かもしれない。

(参照サイト) BOOKINGS オンラインホテル予約 http://www.bookings.net/
(参照リンク) フランクフルト観光局公式サイト http://www.frankfurt-tourismus.de/

フランクフルトおすすめホテル(@euronavi.net/hotels 20日前から利用可能な「直前予約」はこちら!

 ・ National Hotel Frankfurt (中央駅向かい、歩いてすぐの好立地)
 ・ Savoy Hotel Frankfurt (中央駅向かい、歩いてすぐの好立地)


[euronavi.net/hotels] 格安価格で世界各国のホテル予約。
ドイツのホテルはこちら


創業1876年、元は市の迎賓館。「シュタインベルガー・フランクフルター・ホーフ」

 観光案内所は、中央駅構内と旧市庁舎レーマーの2ヶ所にある。営業時間、住所、電話番号などは以下の通り(フランクフルト観光局公式サイト参照)。フランクフルトの観光情報は、ホームページでも発信している。

中央駅の観光案内所(Tourist Information Hauptbahnhof)
住所: Hauptbahnhof, Empfangshalle, 60329 Frankfurt am Main
営業時間:
 月曜から金曜まで8時から21時まで/土日・祝日9時から18時まで
 クリスマスイブ・大晦日8時から13時まで/クリスマスと年始は休み 

レーマーの観光案内所(Tourist Information Romer)
住所: Romerberg 27, 60311 Frankfurt am Main
営業時間: 
 月曜から金曜まで9時30分から17時30分まで/土日・祝日10時から16時まで
 クリスマスイブ・大晦日10時から13時まで/クリスマスと年始は休み

代表問合せ先:
 TEL: +49-(0)69-2123-8800 / FAX: +49-(0)69-2123-7880 / メール: info@tcf.frankfurt.de

(参照リンク) フランクフルト観光局公式サイト http://www.frankfurt-tourismus.de/


レーマー広場にある「正義の女神ユスティシアの噴水」(左) / いつも観光客で賑わう広場内(右)

旧市庁舎レーマー

 準備中。


マイン川から見た大聖堂(左) / 秀逸のコレクションは必見!シュテーデル美術館(右)

シュテーデル美術館

 準備中。


欧州中央銀行本店前のユーロモニュメント(左) / 牛は上げ相場の象徴、フランクフルト証券取引所(右)

欧州中央銀行、フランクフルト証券取引所、ドイツ連邦銀行(貨幣博物館)
 
 準備中。


欧州中央銀行の近くにあるゲーテ像(左) / コンサートホール「アルテ・オペラ」(右)

ゲーテ像、ゲーテハウス、ゲーテ博物館

 準備中。

コンサートホール「アルテ・オペラ」、劇場「シャウシュピールハウス」

 準備中。

adidas Performance Store

住所: Zeil 105, 60316 Frankfurt am Main / TEL: 069-2102-9676
アクセス: 地下鉄Hauptwache駅下車。中心部ツァイル沿い、ツァイルギャラリー近く / 営業時間: 月-土 10:00-20:00

The PUMA Store

住所: Zeil 72-82, Frankfurt 60313 / TEL: 069-219-97636
アクセス: 地下鉄Hauptwache駅またはKonstablerwache駅下車。中心部ツァイル沿い、カールシュタット近く

無断転載禁止無断転載禁止
アディダス・パフォーマンス・ストアの店内(左)、プーマ・ストアの店内(右)

Eintracht-Shop

 地元クラブ、アイントラハト・フランクフルトのファンショップ。他クラブのサッカーグッズも扱い、大都市フランクフルトの中心部にあることから、「地球の歩き方」にも紹介されている。

住所: Bethmannstr. 19, 60311 Frankfurt / TEL: (069)283010 / FAX: (069)291952
営業時間: 月曜から金曜は10時から18時、土曜は10時から14時、日曜は休み。
アクセス: 中央駅から地下鉄で1駅の「ウィリー・ブラント・プラッツ(Willy-Brandt-Platz)」駅下車、旧市庁舎レーマー方向へ徒歩5分。中央駅から歩いても15〜20分くらい。

Eintracht Frankfurt Fan-Store

 こちらも同じアイントラハト・フランクフルトのファンショップ。郊外のアマチュアチーム用スタジアムの近くにある。

住所: Gustav-Behringerstr. 10, 60386 Frankfurt / TEL: (0180)5060306 / FAX: (069)40801719
営業時間: 月、水、木、金は9時から17時、土は10時から14時、火と日は休み。
アクセス: アマチュアチーム用のスタジアムがある、フランクフルト西部リーダーヴァルト(Riederwald)にある。U7線にて「ヨハンナ・テッシュ・プラッツ(Johanna-Tesch-Platz)」下車、徒歩10分。

みくに

 あえて日本食を紹介。海外では高級料理にカテゴライズされることの多い日本食。しかし、ここフランクフルトにある「みくに」は、手ごろな価格、カジュアルな雰囲気で、日本食を楽しむことができる。脂っこい料理の多いドイツで、ここの刺身や寿司はまさにオアシス。もちろんとんかつ、エビフライも捨てがたし。

アクセス: 地下鉄Konstablerwache駅から徒歩2分
住所: Fahrgasse 91‐95, 60311 Frankfurt am Main / TEL: +49-(0)69-283627
営業時間: 昼12:00-14:00(土曜12:00-14:30)、夜18:30-22:00 / 休業日: 日曜、祝日

(参照リンク) みくに@ぐるなび海外版 http://www.gnavi.co.jp/world/europe/frankfurt/w327016/

リュッセルハイム市立博物館 Das Museum der Stadt Rüsselsheim

 OPEL社の企業城下町であるリュッセルハイムの市立博物館。リュッセルハイムとオペルの歴史について知ることができる。リュッセルハイムは、フランクフルトからマインツ方面へのS8線でアクセスできる。市立博物館はリュッセルハイム(Rüsselsheim)駅が最寄駅。そして次の駅がオペル工場(Opelwerk)である。市内には、アダム・オペルの家など、オペルゆかりの観光スポットが整備されている。

住所: Hauptmann-Scheuermann-Weg 4, 65428 Rüsselsheim
TEL: 06142-832950 / E-Mail: museum@ruesselsheim.de

開館時間: 火曜〜金曜 09:00-12:30, 14:30-17:00、土・日 10:00-13:00, 14:00-17:00
アクセス: フランクフルト〜マインツ間を結ぶS8線にてリュッセルハイム(Rüsselsheim)駅下車、北東方向へ徒歩10分。
       リュッセルハイム駅はフランクフルト空港駅からマインツ方面へ3駅(フランクフルト中央駅から6駅)。

(参照リンク) リュッセルハイム市立博物館 http://www.stadt-ruesselsheim.de/rd/1127.htm

観戦ガイド「自動車大国ドイツを旅しよう!」

バーデン地方の歩き方(マンハイム、ハイデルベルク、シュパイヤー、カールスルーエ、バーデン・バーデン他)

 ドイツ南西部、フランスとの国境沿い、ライン川の東側に広がるのがバーデン地方だ。プファルツ伯の居城があったハイデルベルク、マンハイム、バーデン大公国の都カールスルーエ、温泉保養地として知られるバーデン・バーデンなど、この地方にはドイツを代表する魅力的な観光地が点在している。カイザースラウテルン、フランクフルト、シュツットガルトといった近郊のW杯会場都市からもアクセスしやすい。試合がない日のエクスカーション先としてぜひオススメの観光エリアだ。

会場案内会場アクセス市内交通鉄道情報空港情報宿泊情報観光案内所見どころ・食べどころエクスカーション



会場案内トップページハンブルクハノーファーゲルゼンキルヒェンドルトムントケルンフランクフルト
カイザースラウテルンシュツットガルトベルリンライプツィヒニュルンベルクミュンヘン

エクスカーション: |ドイツアルプス紀行vol.1ドイツアルプス紀行vol.2
ヘルマン・ヘッセの故郷を訪ねて(カルプ、マウルブロン)
バーデン地方の歩き方vol.1バーデン地方の歩き方vol.2

最終更新日: 2006年06月09日


▲Page Top Copyright (c) euronavi.net 掲載中の記事・写真の無断転載を禁じます。