Click here to visit our sponsor



スポンサー
Click here to visit our sponsor
 
>> 
イングランド・プレミアリーグ現地観戦情報 vol.3 (03/04シーズン) 戻る

トップページ03/04シーズン02/03シーズン01/02シーズン以前

(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止)
copyright ANDO, Masazumi

 イングランドでのサッカー観戦に関する情報について、当サイトの掲示板「欧州現地観戦BBS」の方へ頂いた貴重な書き込みを、ここでまとめて掲載しています。ぜひ参考にしてください。また、これらの情報は、当サイトの他の現地観戦情報と同様に、時間が経つにつれてどんどん情報の質が劣化してしまうことはやむをえないことです。そのため、これらの情報につきましては、各人の責任のもとでご活用下さい。また、さらに今後観戦を予定されている方のために、現地観戦後はぜひ情報のアップデート、追加に参加して下されば幸いです。貴重な現地観戦情報につきましては、掲示板「欧州現地観戦BBS」の方へ、いつでもお書き込み下さい。これらの情報交換が、一人でも多くの欧州サッカーファンにお役に立てればと思います。どうぞよろしくです!

(2004年5月にイングランドで観戦されたbrahmanさんのお話)
 (5月5日に行われたCLのチェルシーvsモナコ戦は)ダフ屋頼みで現地に3時間前に向かったもの、すでに価格が一枚£300でした。開始15分前まで粘ったものの£300以下にはならず・・・。結局barで観戦しましたが。かなり以上な金額だったと思います。他の日本人の方もかなり苦戦されていたようで、見れなかったとの事でした。
 5月8日のMAN.U vs チェルシーは当日朝8時ぐらいからチケットオフィスに並んで定価で買えました。やはりお金のない人は、とりあえず並んで見るのがいいかもしれません。
(Special Thanks to "brahmanさん"[BBS No.2833])

(2004年3月にイタリア、イングランドで観戦されたジャックナイフさんのお話)
 ローマダービー、CLのチェルシー対アーセナル、アーセナル対マンUの3試合無事観戦できました。
 チェルシー対アーセナルはダフ屋が150とか120とか言ってきたのが多かったです。ロナウド似のでかいダフ屋が80£と言ってきました。僕は50を目指してたので50£ではどう?と聞くと、80とのこと。一度は不成立だったのですが、その場で次のダフ屋を探してると、ついて来いと言われついていくことに。歩きながら、そいつと交渉。そいつは80にこだわってるよう。そいつの仲間が来て、仲間が持ってるらしいので、仲間の方に60でいいか?と聞くと、OKとのこと。60渡したらロナウド似がもう10£出せと言ってくる。あと5£でいいか?と聞いたら、しぶしぶOKでした。定価37£のゴール裏1階の席を65£で買う(試合開始1時間前)。
 後半はほぼ立ち見状態。前半からチャンスのたびに何度となく立つ奴が多いので、合わせました。というか、前の奴立つと見えないので。熱烈な声援と大合唱は結構よかったです。チェルシーサポが正面スタンドのアーセナルサポを挑発もあり、ダービーらしい面もありつつ、荒れ狂うことなく盛り上がってました。
 そして一番楽しみにしてたアーセナル対マンU戦。この試合のために、シティー対フルハム戦は行きませんでした。チケットは当日券出てたようですが、この試合がいくらかかるか非常に不安でしたので。
 しかし、僕の予想以上にダフ屋が恐ろしく強気でした。300£と言ってくるダフ屋の多いこと。一体誰がそんな値段で買うんだろう?という感じでした。中には400£と言ってくる奴も。そんな奴は、こちらも相手にしません。向こうの奴もチケット探してる奴がいたほどでした。チケットチケットとぶつぶつつぶやいてる奴に声かけたら自分もチケット探してるという現地人だったので・・・・。
 とにかく試合30分前でも300£と言ってくる奴がいました。試合15分前くらいでも、200や160とかでした。160のダフ屋はセンターライン付近のいい位置だとか言ってましたが、100£以上なので、断ってしまいました。この試合は見れなさそうだなとあきらめモードに入りましたが、開始10分位前に、背の高いダフ屋が現れ、100でいいか?と聞くとOKとのこと。でも、慌てて、やっぱり95でいいか?と聞くと、しぶしぶOKで、交渉成立。チケットはゲートで金と交換。そいつも席隣だからついて来いと言われ、ついて行きました。
 ゴール裏2階席で定価48£のが95£(19,000円)でゲット。ゴール裏2階で定価48£って・・・・ずいぶん高い料金設定ですよね・・・・。ダフ屋と交渉開始時、50£希望と言ってた僕ですが、定価48£のチケットを50で売る奴なんて・・・・たしかに、いるわけないですよね・・・・。というか、チケット見たのが、交渉成立の時だったので、定価がいくらなのかわかりませんでしたので、高い定価に驚きです。どおりで・・・・300£と言ってくるダフ屋と50£希望の僕とは噛み合わないわけだったわけです。
 ゴール裏2階でも見やすかったです。急傾斜ですし、プレミアって縦ラインが他リーグより若干短めっぽいですしね。これまでの観戦で初めてといっていいスタンドに揺れを感じました。声援も拍手もよかったですし、なかなかいい雰囲気でした。アンリのゴールで隣のダフ屋と軽く喜び合い、試合後には握手して別れました。
 新スタジアム建設中だとか言われてますが、いずれハイバリーで見られなくなるとしたら残念ですね・・・・。
 とにもかくにも今までの観戦で一番の難関でした。日本人だからというのも多少あるのでしょうが、ロンドンの物価と、ハイバリーの38,000人という収容の少なさと、プレミアの中でもトップクラスの人気カードのために高騰したのでしょうね・・・・。
 今まで僕がダフ屋から買ったチケットの中で2番目に高かったです。1番は去年(2003年)のCL準々決勝第1戦・レアル対マンU戦の定価25EUR(バックスタンド2階センターラインとぺナルティの真ん中といういい席)が150EUR(19,500円)でした。あの時は、決勝戦で見たいカードと言われてたので、300EURとか200EURとか言ってきた奴が多かったです。相場は・・・・200EURくらいでしょうか。150以下は難しかったです。オールドトラッフォードでの第2戦を観戦した日本人は80£で買ったとか言ってました。
 ロンドンでの2試合は日本人多かったです。地下鉄での日本人の話では、やはり、ホテル、航空券、観戦チケットの組み合わせツアーで来てたみたいです。アーセナル対マンU戦では、僕と同じようにダフ屋との交渉に挑戦してた日本人もいたようです。
<まとめ>
 チェルシー対アーセナル・・定価37£を65£
 アーセナル対マンU・・定価48£を95£
(Special Thanks to "ジャックナイフさん"[BBS No.2764〜2767])

(2004年3月にイタリアとイングランドで観戦された通りすがりさんのお話)
 3月20日から1週間ほど、試合を見てきましたので、報告させて頂きます。
3月24日:@LONDON UEFA CL CHELSEA VS ARSENAL
 試合開始30分前に駅を降りて最初に声をかけてきたダフ屋と交渉。あまり見かけなかったので、そのダフ屋から購入を決めました。額面47£の3Fメイン、センターサークルより少し南より、、比較的良席でWEST STANDを吹っかけ値段が最初は70でした。5分くらい粘り、55じゃ駄目で60でOKもらい、55の札と小銭2.5£合計57.5で日本円換算¥11500相当で行けました。
 試合後に、2人組の日本人女性に聞いたら「私たちも1人60くらいでした」といっていたので、まぁ妥当な額だったと思いました。2時間前に定価額面35£を80近く払ってしまった、という方もいました。
 27日土曜:@LONDON CHELSEA VS WOLVERHAMPTON 5−2
 自分の所要、で試合開始に間に合わず、20分遅れで到着。
 ダフ屋も見かけず、当日券もこの時点では販売していなかったので、隣接のBARで観戦。(←入場料が10£)前半終了間際だと半額で入れてもらえました。
 BAR内で後半に喧嘩騒動があり、1人の男性が警察につまみ出されるというハプニングもありました。
 現地のFANもチケが入手出来ずにそこそこ場外にいたり、BARにいたりという感じでした。
 自分としても翌日のARSENALVS MAN.UTDにはどうしてもいきたかったので、見られませんでしたが、そこまで後悔はありませんでした。(お金の節約にもなったし)
 チケ情報ですが、試合開始30分くらい前まではCANCELリターンで売っていたらしいです。
3月28日: ARSENAL VS MAN.UTD PM4:05 kick off
 僅かな期待を持ち、朝9:30にcancelチケを目的にハイバリーに行きました。当然、cancel ticketはなかったです。地下鉄を降り、早速ダフ屋と遭遇。吹っかけ値段は500£でした!(やりすぎ!) でもすぐに400に落としましたが。
  FAN SHOP前で日本人のお兄さんと話し、「いくらまで出せます?」と聞くと「50£!」と言い、さすがにその値段では無理かと、思いましたが「厳しいんじゃないの?」くらいにしかいいませんでした。午前中では値段も下がられないのひとまず市街に戻り時間潰し。
 PM2:00 再びハイバリーへ まだ300や400といってくるダフ屋が相場でした。
 PM2:30 選手がバスでハイバリーに到着しました。最初はUTDのほうでした。この時点でも安くて250くらいでした。
 PM3:30 そろそろやばくなったと思い、30分前くらいで安くて200でした。ダフ屋もいるにはいるのですが、1人あたり1枚チケを持っているのかが怪しい状況でした。「LAST 1TICKET」とか言ったり。大体、彼らもつるんでいるから、TELで仲間を呼んだり、「俺は持ってないが、連れはもっているからこっちへ来い」、とかいう感じでした。連番などは持っているのが稀でした。
 試合開始直前: 稀に4連番を持っているダフ屋がいました。でも200より下げる風情はなかったです。
 現地の見たいFANも170くらいで購入している現実でした。試合開始直後に、「150でOK」というダフ屋がいて、交渉しました。自分も£を90しか持っておらず、残りは 15EURに 1万円の日本円 で日本円換算¥30000程度でした。席はNORTH BANK 1Fの前から21列目、WEST寄りで、額面は31£でした。5倍強の値段でしたが、相場はそんなものでした。粘ればもっと安くなったかもしれません。
 隣がダフ屋購入の日本人お兄さんで2つ隣のおっちゃんから試合開始30分くらい前に140£くらいで「連れが来られなくなったから」という理由で購入されたみたいです
 ただ、自分の列の通路挟んですぐに4連番がずっと空いていたので、ダフ屋やブローカーが捌ききれなかったチケなのかとおもいました。
 地下鉄で2:00ころくる際に1人の日本人男性と会い、「チケ持っています!」というので入手方法を尋ねたら、日本(恐らくTICKET代行店)から7万で購入されたらしいです。
 このカードということもあり、結構、アジア人が多かったです。 自分の独断ですが、日本人観戦客の7:3の割合くらいでチケ所持者(ツアー、代理店経由)対 当日購入組みだったと思います。前日CHELSEAでも会った2人組の男性はUTD側のチケットで額面も31£でした。 
 試合はBERKGAMPを途中で出した隙に同点に追いつかれ、シガンを入れるとか采配が怪しげで守りきろう、という感じでしたが、やはりドローでした。まぁ負けなかったので30戦無敗の記録は達成されたのですが。とりあえず、ハイバリーの雰囲気を味わいたかったし、無事に試合は見られたので、良かったです。
(Special Thanks to "通りすがりさん"[BBS No.2761、2762])

アーセナルのチケットについて、ちくわさんのお話)
 今日はチェルシーxフルハムのチケットを前売りで買っていたのですが、スタンフォードブリッジに行く前に、ハイバリーへちょっと行って来ました。理由は試合日のスタジアム周りでしか売ってない(と思う)シャツを買いたかったのと、今後のためダフ屋の相場を知りたかったためです。
 アーセナル駅に着いたのは試合開始1時間45分前くらい。ダフ屋は最初150ポンドと行って来ましたが「買わないと」行ったら いつもどおり「いくら出す?」と聞いてきたので「50か60か・・」と言ったらすぐ100ポンドまで下げてきました。
 それでも買わないと言ったら90ポンドには下げましたが、それ以上は下げる様子はなかったです。その場で頑張れば85ポンド程度までは下がる感じでしたが。買う気ゼロの交渉だったのと、試合開始まで結構時間があったということを考慮すると、そんなもんかなといった感じです。
 そのあとスタンフォードブリッジに向かい、フルハムブロードウェイ駅に着いたのが試合開始1時間前(2時)くらい。ダフ屋の姿は見かけませんでした。あまり注意して探しませんでしたが。
(Special Thanks to "ちくわさん"[BBS No.2723])

(2004年3月にイングランド、スペインで観戦されたガゼッタさんのお話)
CL2試合、UEFAカップ1試合観てきました。
チェルシーvsシュツットガルト(CL)
 チケットはSOLD OUTでしたがチケット余らしてるダフ屋が結構いました。
(Special Thanks to "ガゼッタさん"[BBS No.2720])

(2004年3月にイングランドで観戦されたクレさんのお話)
1. 3月9日チェルシーvsシュツットガルト(CL)
 チェルシーオフィシャルHPからオンラインで購入。予約フォームに必要事項を記入し、ボックスオフィスに送信すると、すぐに予約完了の確認メールが返信されてきました。5日後、普通郵便で届きました。メインスタンド1階席13段目。£42+手数料£3。試合はスコアレスドローに終わったものの、終始激しい攻防戦でとても見応えのある試合でした。
2. 3月10日アーセナルvsセルタ(CL)
 ボンドストリート近くのチケット屋で購入。£110。(定価£32.6)
 1階ゴール裏のかなり後方でガッカリしましたが、いざ試合が始まると、特に視界を遮る物も無く、熱いガナーズサポに囲まれ、本場の雰囲気を充分に堪能する事ができました。試合もアンリの2ゴールでアーセナルが快勝。とても満足できました。地下鉄アーセナル駅からハイバリーまでの道は、試合当日は歩行者天国になっており、日本のお祭りの縁日みたく、たくさんの露天が軒を連ねており、そちらの方も楽しめました。
3. 3月13日フルハムvsリーズ(プレミア)
 当日券でも観戦可能と思いましたが、少しでも良席で観戦したかった為、試合の3日前にフルハムロードにあるクラブショップにて購入。£28。(※日本からFAXでも購入可)
 これが奏功し、バックスタンド3段目のほぼセンターをゲットできました。ロフタスロードはピッチとスタンドの距離がかなり近く(看板すら無し)、お目当てのアランスミスのプレーも間近で見る事ができ、かなり興奮しました。試合は2-0でフルハムが勝利。
 この試合は日本人の方もたくさん見かけましたが、最前列に陣取った日本人女性の多さには驚きました。(稲本出場せず少しお気の毒でしたが・・・)
 あと、ロフタスロードには、メインスタンドBとF、バックスタンドSとWに柱があるので、観戦を予定されている方は、なるべく避けた方が良いかと思います。
4. スタンフォードブリッジ・スタジアムツアー
 当日、メガストアで申し込み。£8。所要時間約80分。スタジアムの説明や、アブラモビッチ&選手の話題をガイドのお兄さんから聞いたり、ドレッシングルーム・シャワールーム・プレスルームの見学や、実際に選手の様に地下通路を歩いてピッチに出たりと、とても貴重な体験ができました。
 あと余談ですが、今回ウエストロンドンのハマースミス地区にあるVENCOURTHOTELに滞在しました。スタンフォードブリッジ、ロフタスロード、クレイヴンコテージには20分、ハイバリーには30分程でアクセスできるので、観戦にとても便利でした。部屋も小奇麗で朝食も美味しく、なおかつ値段もリーズナブルでした。
(Special Thanks to "クレさん"[メールにて御寄稿])

(2004年2月にイングランドで観戦されたちくわさんのお話)
 2月7日にロンドンに留学にやってきて、4試合ほど観戦に行きましたので、ちょっと報告します。
1. フルハムxアストンヴィラ(プレミア 02/11)
 試合開始2時間ほど前にロフタスロードスタジアムで当日券を購入。バックスタンドの右よりでした(ブロックS)。£31。稲本出場せず。
2. フルハムxウェストハム(FAカップ 2/14)
 前日にフルハムロードにあるチームのショップで購入。パッドク席。ブロックCL。£28。この日、レプリカユニフォーム稲本にサインをもらいました。
3. アーセナルxチェルシー(FAカップ 2/15)
当日 試合開始20分くらい前にダフ屋から購入。最初£200と言ってきたのを £100で購入。ゴール裏ブロック2、NorthBankLowerTier。試合後 となりに座っていたブラジル人風のおじさんに聞いたら、そのおじさんは£60で買ったと言っていた。前日に レスタースクウェアのチケット屋で£85で売っていたので、それを買っていたらと後悔。
4. フルハムxマンチェスターUTD (プレミア 2/28)
当日 試合開始15分ほど前に£65で購入。前日にチケット屋で値段を確認したところ、トッテナムコートロードの店では£100、ピカデリーサーカスの店では£90で売っていた。ゴール裏 ブロックPU。
※それとスタジアム内で試合は観ませんでしたが2月21日のチェルシーxアーセナルのプレミアシップの試合をスタンフォードブリッジの施設内のパブで観戦。日本人の姿もチラホラ。試合開始時間くらいにスタジアムに着いたのですが、ダフ屋の姿は見かけませんでした。試合後に出待ちして、アーセナルのエドゥのサインをゲット。お目当てのアンリからはもらえず。
 ついでに、この日スタジアムのBOXオフィスでチェルシーxフルハムのチケットを2枚購入しました。一般販売後 しばらく経ってから購入だったんですが、席種もいくつかから選べました。「cheapest one」と言って購入。EastUpperで£41でした。
(Special Thanks to "ちくわさん"[BBS No.2651、2652])

(2004年2月にイングランドで観戦されたみつさんのお話)
 今月プレミアリーグ5試合観戦してきました。こちらのサイトでいろいろ参考にさせてもらいましたので、私のほうも報告させて頂きます。
2月4日 TOTTENHAM-MAN.CITY(FA CUP) 当日ダフ屋で30£で購入。
2月7日 TOTTENHAM-PORTSMOUTH FAXで事前予約。スタジアムで受取
2月8日 CHELSEA-CHARLTON HPで1ヶ月半前に購入。一週間で到着。
2月10日 ARSENAL-SOUTHAMPTON 現地代理店で購入。約21000円。
2月11日 FULHAM-ASTON VILLA JCBで購入。定価+2000円。
 FA CUPに関してですが、急遽再試合になったので現地調達することにしました。当初はFULHAM戦を観戦予定でしたが、当日スタジアムで購入しようとしたら、チケットホルダーかメンバーじゃないと買えないと言われ、仕方なくWHITE HART LANEに行きました。スタジアムは6割くらいしか入ってなかったですが・・・。
 WHITE HART LANEのダフ屋は安かったです。席も6列目だったんで買ってよかったです。他にダフ屋はあまり見なかったのでこちらに行かれる方は交渉してみるといいと思います。当日券はあったようですがほぼ満席だったので、当日券を買われると席は上のほうと考えた方がいいでしょう。
 チケットはロンドンではアーセナル以外はほぼ定価で買えると思います。アーセナルに関しても日本の代理店より現地代理店の方が安いです。私の場合は席もNORTHの5列目だったんで、良かったと思います。
 それからチェルシーのスタジアムツアーにも参加しました。こちらも事前にHPで予約し、チケットが送られてきました。直接スタジアムで申込みできるみたいですが、事前に予約するとメガストア10%割引券が付いてきます。
 あと、現地でいろいろサッカー用品を買おうと考えておられる方、ピカデリーサーカス駅降りてすぐのところにある「リリーホワイツ」というお店に行くことをおすすめします。ロンドンは物価高いですが、サッカー用品だけは安いです。品揃えも豊富でした。
(Special Thanks to "みつさん"[BBS No.2595])

(2004年2月にアーセナルvsサウサンプトン戦を観戦された、いずもさんのお話)
 チケットは日本の旅行代理店にて手配しました。当日、アーセナル駅についたのは午後の4時前。試合開始時刻は7時45分で、かなり早く到着しましたが、駅前にはすでにチラホラとダフ屋の姿。日本人と見ると、すぐに声を掛けてきます(断ったので値段は不明)。
 まずはスタジアムに向かい、オフィシャルショップで買物。アーセナル博物館はこの日は閉まっていました。その後はすることないので、寒空の中、スタジアム周辺をウロウロ。
 辺りはだんだんと暗くなり、スタジアムの事務所(?)みたいな大きくて立派な玄関の前に柵が立てられ、警官がどんどん集まってきました。いよいよ選手が来るっぽい!いい位置を確保するため、柵にひっついて並びます。ちなみに、スタジアムの壁ぎわで待つほうがよく選手が見えます。防犯カメラがあるので、その下あたりです。私は道路そばの柵の最前列にいたのですが、馬に乗った警官に押しやられ、結局どんどん後ろになってしまいました。
 そこへ黒っぽいバスが到着、ざわつく中ドアが開き、まずはヴェンゲルが下車、その後どんどん選手が降りてきて、みんなの歓声にちょっと手を挙げたりし、サッサと中に入ってしまいます。時間にして5分もないでしょう。興奮していたので良く解りませんが。写真も撮りましたが、デジカメでは全く撮れていませんでした。(警官の蛍光カラーの上着が光っているばかり…)
 席は北スタンドのupper、すごく後ろでしたが試合がとてもよく見えました。この日はアンリが100ゴール目をきめてくれて、試合も勝ち、大盛り上がりでした。お客さんがSee you next week!と他のお客(友達同士?)に言ってて、こんなのしょっ中見られるなんて本当に羨ましいと思いました。また観に行きたいです!
(Special Thanks to "いずもさん"[BBS No.2593])

(2004年2月にチェルシーvsチャールトン戦を観戦されたmomoさんのお話)
 チェルシーVSチャールトン観戦してきました。チケットはHPで一般発売と同時に申込み(£31)。2週間後くらいに普通郵便で送られてきました。ちっちゃい封筒なので捨てそうになりました。
 キックオフ1時間前位にスタンフォードブリッジに到着。電車は既にチェルシーのサポーターで満員。スタジアムまでの道のりは分からなくても、人の波に流されていれば自動的に着きます。到着した時間が遅かったからか、馬に乗った警官がいたからか、ダフ屋らしき人物は見かけませんでした。
 試合前のメガストアはもの凄い混雑です。店に入るときもレジを待つのもかなりの行列ができます。ゆっくり品定めをしたいという方は、試合のない日に行くことをお勧めします。
 席は東スタンドLOWERの一番端で、ゴールライン延長線上の辺り。31列目でしたがピッチは近く感じられました。
 私の場合一番端っこだったので、角度を変えればピッチは見えましたが、列の真ん中だと背の高いイギリス人が前になった場合、段差がないので、立ったとき何も見えなくなります。背の低い方は列の真ん中ではなく通路側とか端に座るほうがいいと思います。試合中騒ぎすぎて警備員に連れて行かれる男性もいましたが、女3人で行っても、特に危険な感じもなく楽しめました。
(Special Thanks to "momoさん"[BBS No.2589])

(2004年2月にイングランドで観戦されるらるごさんのお話)
 2月に初の海外観戦をしに行きます。情報収集するにあたり、このサイトには非常にお世話になりました。プレミアシップ観戦ですが、旅行前に手配するなら下の代理店が安いと思います。
2月10日のアーセナルvsサザンプトンを観てきますが、£85でした。(WEST LOWER 7列目)
@http://www.arist.co.uk/
Ahttp://www.londonticketshop.co.uk/arsenal-tickets.html
@のほうは日本語ですべてオファーできるので安心ですよ。座席位置も詳しく教えてくれます。
 当日券に賭けるのもありでしょうけど、良い席があるかどうかわからない(特にハイバリーにはBAD TIERがあるとのこと)、現地での貴重な時間を割くことを考慮すれば、高くない買い物だと思います。
(Special Thanks to "らるごさん"[BBS No.2538])

(2004年2月にイングランド、スペインで観戦された匿名さんからのお話)
 私が観戦した試合は、ロンドンでチェルシー対アーセナル、スペインで セルタ対アーセナル、ディポル対ユベントス、ディポル対バルセロナです。
 前日にチェルシーのホームスタンフォードブリッジにいきましたが、チケットは売り切れ、しかし、選手の出待ちをしていたら、ラニエリ監督、ジョンテリー、パーカー、グレンケアーなどのサインを貰えました。12〜13時ぐらいに練習は終わって出てくるので、うまくいけばほとんど全員のサインを貰えるかも。(私達は遅かった)
 試合開始5時間前からスタジアムに行き、ダフ屋と交渉。いくらときくと始めは6万!2万しかもっていないと言うと、「インポッシブル!」と言われ、ビビリました。不可能なのか?私はキャッシュで100ポンド(約2万円)しか持っていなかったので、かなり粘りました。開始20分前にやっと100ポンドでゲット!友達と違う席になってしまって残念でした。こういう好ゲームをダフ屋から購入する場合、連番は無理だと思ったほうがいいです。もっと粘ったら、安く手に入ったかもしれませんが、ダフ屋1人に交渉しチケットを確認するまでに時間がかかるので(かなり歩かされる)私達はその時点で手をうちました。
(Special Thanks to "匿名さん"[メールにて御寄稿])

(2004年2月にイタリア、イングランド、スペインで観戦されたうりさんのお話)
◆2/10(火)アーセナルvsサウザンプトン 2-0
1. チケット入手について
私はアーセナルのクラブのBox Officeと、直接メール並びにFAXのやりとりをして定価でチケットを購入しました。しかも一番前の席でした!またチケットマスターでも購入できました。
 まずチケットマスターのホームページをチェックしたところ、その試合も取り扱われており購入できそうでした。マメにサイトを覗いているとon sale nowの表示に変わったのでクリックしましたが「まだ購入できない」という表示が出ます。なぜ? 日にちや時間を変えて何度も挑戦しましたが一向に購入できません。
 チケットマスターで購入できないとなると、私が日本からチケットを購入するのは無理なのか?とアーセナル公式サイトからアーセナルのBox Officeに直接メールを出してみました。すると、「代金を支払うクレジットカードの番号と使用期限を明記して、一般発売の2日前に、希望チケットのオーダーをこちらにFAXすればこちらで取れます」と返事が来ました!
 私の希望日は2/10なので、1/8(一般発売はチケットマスターで試合の一ヶ月前)の現地時間9:00頃、一番に着くようにアーセナルにオーダーのFAXを入れました。その際、「日本への郵送は不安なので、チケットは当日Box Officeで受け取りたいこと、座席はメイン・バック等の指定はしないができるだけ前列で隣り合った2席」とダメ元で2点要望も書き入れました。
 その後何の音沙汰もないのでFAXが無事に届いたか心配で一週間後にメールを出したらFAXはきちんと届いてますと返事は来るものの肝心のチケットが取れたのかはっきりせず何回かメールのやり取りを繰り返しました。チケットが取れたら座席もどの辺か教えて欲しいと書いたのですが、それについて返答はなかったです。
 Box Officeから取れましたというようなメールはきませんが、オーダーした時点でチケットは取れているようです。クレジット会社に確認を取ったらしっかりその日に決済されていました。
 またそこまでしてくれないだろうと思いつつ書いた要望も、その通りにオーダーされていました。FAXでオーダーすればその通りにしてもらえるということのようです。今回はアウェイのゴール裏の1列目でしたが(South Stand Clock End、Block22、1列目157、31ポンド)もう少し詳しく座席を指定すれば(メイン・バック等)その通り取ってもらえそうだと思いました。平日の試合で、人気カードでもなかったからここまでしてもらえたのかもしれませんが、とりあえずクラブにメールを出してみることをおすすめします。
 当日は保険としてやり取りした際のメールのコピーを持ってBox officeに向かいました。窓口でリザーブしてあると申し出てそれを見せると話が早かったです。きちんと私の名前と住所が書かれた白い封筒に2枚のチケットが入っておりそれを渡されました。そのようにリザーブしている人は何人かいるらしく棚に白い封筒が結構入っていました。
 ※チケットマスターでも購入できました。試合の一ヶ月前から一般発売になります。アーセナルの公式サイトでも教えてくれます。文頭にチケットマスターでon sale nowの表示に変わってクリックしても「まだ購入できない」という表示が出る、と書きましたが、一般発売日になるまではその表示が出るようです。
 その際「UK在住者以外購入はできない」と明記されていたように思いますがダメ元でやってみたら購入できました。試合の一週間前にきちんと自宅に送られてきました。チケットには申込者の名前が入るので貴重だ、と同行者は言っていました。
2. その他
 ダフ屋からは駅からスタジアムまで2人程度しか声を掛けられませんでした。少ないなあと思いました。アーセナルホームなのでアウェイ席でも周りはほとんどアーセナルサポで、全く問題ありませんでした。座席1列目は最高でしたが(ミーハーなもので)スチュワードが目の前に立っていて試合中は写真やビデオは禁止と言われ、試合前やハーフ時しか写真を撮れなかったのは少々残念でした。しかしプレミアはピッチと座席1列目が地続き!信じられませんでした。
 試合はアンリの2ゴールで2−0、プレミア100ゴール目と101ゴール目を入れた記念すべき試合☆となりインタビューを受けたりしていたのにスカパーでは放映がなく非常に残念でした。
3. スタジアムツアー
 行く前にメールで問い合わせたところ私達がロンドンに滞在する9、10日には行わないと返事がきたので見れませんでした。
(Special Thanks to "うりさん"[メールにて御寄稿])

チェルシーの試合後の出待ちについて、yosshyさんのお話)
 (試合終了後に選手のサインをゲットすることは)可能だと思います。試合後、サインもらいました。私がいた場所はEast StandとShed Endの間、スロープになっている所で、皆待っているのですぐわかると思います。
 ただやはり2ヶ所あるようで、もらえたのはメルキオット、デザイー、ダフ、ジョー・コール、テリー、ハッセルバインク、ブリッジ等でした。ムトゥ、ランパード、グディチーニは見ませんでした。
 またサインもらった後で正面出口(West Stand下)からアブラモビッチが出てきました。2人程にサインした後、ボディガードに囲まれ、風のように去っていきました。
 コールとテリーは写真にも快く応じてくれましたよ(他のイングランド人がしてたので頼んでみました)。1人だったので、カメラを掲げて自分と彼らに向けて目測で撮ったので、うまく写っているか心配ですが…(やはりテンパリますよ、早くしなきゃ悪い!と)
 カメラ見せて「Picture(O.K.)?」と聞き、カメラ上に挙げてこちらに向けると、顔を近づけてくれますよ。とってもいい人達で恐縮してしまいました。
(Special Thanks to "yosshyさん"[BBS No.2438])

(2004年1月にイングランドで観戦されたyosshyさんのお話)
 トッテナムvリバポ、チェルスキvバーミンガム、ニューカッスルvフラム行って来ました。アドバイスの通りニューカッスルは当日朝、EastスタンドのチケをGETしました。(結局試合前でも買えたらしい)。Giggsyさん情報ありがとうございます。
 また荷物は当サイトの観戦記にイングランド北部は荷物預かり場所に苦労するとの投稿があったので、ヴィクトリアのコーチステーションに荷物を預け、最小限のものだけ持って行きました。これが正解だったと思います。預け場所は発見出来ませんでした。
(Special Thanks to "yosshyさん"[BBS No.2437])

(2004年1月にイングランドで観戦されたakikoさんのお話)
 こちらのサイトにお世話になり、少し前ですが
1月17日 Tottenham vs Liverpool
1月19日 Chelsea vs Birmingham 
を観戦してきました。
 チケットはTottenhamに関してはオフィスに希望席種とクレジットカード情報をFAXし、当日にスタジアムで受け取り、ChealseaはHP上で購入し、およそ2週間で郵送されてきました。
 Tottenham戦ではサッカーくじ(1点目を誰が決めるか、最終的なスコア)を当てて、3ポンド→99ポンドに増資できました!その場ですぐに当選金がもらえて超ハッピーでした!
(Special Thanks to "akikoさん"[BBS No.2596])

(2003年12月にイングランドで観戦されたtimさんのお話)
 12月26日にArsenal-Wolvesの試合をダフ屋から購入しました。ゴール裏lowerのq列9番目を70ポンドでダフ屋から購入しました。だいたいコーナーフラッグの対角線上、メインスタンドにかかるぐらいの高さだったでしょうか、ピッチ全体が見渡せる場所でしたが少々高かったと思います。実はこれにはいろいろいきさつがありまして、キックオフ一時間半前ぐらいからスタジアム周辺でダフ屋探しをはじめました。(BBSにて)ゆうたさんにアドバイスを頂いたように自分の希望する席を言ってダフ屋のつながりでチケットを探してもらったのですがなかなか見つかりませんでした。(east upperもしくはwest upper、ゴール裏なら前のほう)値段のほうも70ポンド以下までは下げてくれなくて…そんなこんなでスタジアムの周りを何度も往復したら最後にはダフ屋に顔を覚えられてしまって相手にされなくなってしまいました(^^;)気に入らない席だったら頑なに拒否したのでかなり汚い言葉も浴びせられましたよ。私の英語力ではよくわかりませんでしたが。キックオフまで待ったら値段も下がったのだと思いますが初めてのダフ屋からの購入ということもあり、我慢できずにキックオフ10分前に買いました。
 思ったことですがダフ屋はどこの席にもかかわらず同じ値段でした。つまり定価がいくらの席であろうが関係なく値段を付けていたようでした。おなじ70ポンドでもサイドラインの席を買ったほうがお得だったということですかね。
 席についてですが、ゴール裏縦の列がアルファベットの小文字、横の列が数字で表されていました。私の席から推測すると縦はアルファベットの最後のほう(X,Y,Zなど)、横は120番ぐらいが真中のベストポジションだと思いました。これから観戦予定の方、参考にしてみてください。
(Special Thanks to "timさん"[BBS No.2379])

(チェルシーとアーセナルのチケット購入について、ミチルさんのお話)
 私もチェルシーのオフィシャルで一般発売分を買いました。こまめにオフィシャルをチェックしていればまず買えると思いますが、チェルシーは何試合分かをまとめてある一定の日に発売するので、その日さえ確認すれば大丈夫だと思います。
 また、アーセナルも一般発売は非常に少ないのですが、試合によってはticketmasterで買えます。私はオフィシャルに出ていた一般発売の日に会社を早退して(笑)PCの前で準備しまして、チケットマスターのサイトから買えました(イーストスタンドの1階後方で、決して良い席ではなかったですが)。
 ちなみに、チェルシーは購入後2週間くらいで届きました。チケットマスターは全く送って来ず、何度もメールで督促したのですが結局届かず、現地で受け取りました(結構手間でした)。
(Special Thanks to "ミチルさん"[BBS No.2436])

(2003年秋にイングランドで20試合以上観戦されたゆうたさんのお話)
 チケットに関してですが、フラムとトットナム、それからウエストハムのホームゲームは直接ボックスオフィスで定価で購入しました。フラムのオフィシャルショップでは細かい座席の指定もさせてもらえましたよ。対戦相手にもよりますが、このプレミアの2チームは当日券が出ることもありました。あと、トットナムは分かりませんが、フラムに関してはアウェーゲームでも一般販売が行われており、それを利用してマンチェスターU、リーズにも行ってきました。クレイブンコテージから出る応援バスを利用したら、両ゲーム共にバス、チケット代を合わせて1万円で済みました。
 次に、アーセナルとチェルシーですが、この両チームの当日券を期待するのは間違いです。対戦相手によっては一般販売もありましたが、すぐに売り切れてしまってます。 アーセナルのホームで見たプレミア、チャンピオンズリーグの計3試合は、ピカデリーサーカスにあるチケット取得代行店、それから現地の日系旅行代理店、それからダフ屋を利用しました。この中で一番お得だったのはダフ屋ですね。CLのモスクワ戦の時なんですが、開始15分前に購入。イーストのアッパーで定価46ポンドのところを初めは80ポンドで提示。それを拒否すると60ポンドに。そこで55ポンドなら買うんだけどなあって言ってみたら、少し考えた結果それでもいいよってことになり55ポンド購入することができました。チェルシーのスパルタ・プラハ戦でもダフ屋を利用したんですが、スタンフォードブリッジはハイバリーに比べて圧倒的にダフ屋が少なかったです。この時は定価37ポンドのバックスタンドアッパーを初め100ポンドで提示してきたものを結局60ポンドで購入しました。
 日本人はよく値段をふっかけられると言いますが、1人であまり大きなかばんを持たずに留学生のふりをしていればそんなに高い値段を提示されることは無いと思います。ただし、2、3人で連れたってあからさまに観光客面をして行けばそういうこともあるかもしれませんね。
 あと座席に関してですが、フラムはゴール裏が一番見やすいと思います。メイン、バックは柱があるので見ずらい上、座席によっては真下のタッチラインが見えないことも。それだけグラウンドとスタンドが近いということです。あと、チェルシーはバックのアッパーの上の方に行くと、屋根が邪魔して電光掲示板が見えません。外の夜景は見えますが。アーセナルはイーストに行くなら間違いなくアッパーを勧めます。1階は前の数列ならいいんですが奥の座席になるとこれも天井が邪魔してハイボール、例えばキーパーからのロングボールが見えなくなる上、アッパーよりも柱の数が多いのでゴールと自分の間に柱があるなんてことも考えられます。
(Special Thanks to "ゆうたさん"[BBS No.2331、2337])

(2003年11月にイタリアとイギリスで観戦されたAkira Takeuchiさんのお話)
10月31日〜11月13日まで、イタリアと英国へ行ってきました。
現地で9試合ほど見てまいりましたので、ちょっとだけ報告をしておきます。
03/11/5 アーセナル 1−0 ダイナモ・キエフ (欧州CL)
南側ゴール裏 チケットマスター32.60ポンド
03/11/6 マンチェスター・シティ 1−1 グロツリン G.W.(UEFA杯)
バックスタンド2階席 事前予約26.25ポンド
03/11/8 シェフィールド・ユナイテッド 1−0 バーンリー(Divison1)
東側ゴール裏 当日券18ポンド
03/11/9 マンチェスター・シティ 0−3 レスター
北側ゴール裏 2日前に購入 20ポンド
03/11/10 ブラックバーン 2−1 エバートン
北側ゴール裏 事前予約 29ポンド
これからの時期は非常に冷えますので、ヨーロッパへ行かれる方は防寒の対策をしっかりしておいたほうがいいでしょう。あと、スタジアムで日本人に会ったら、あいさつして下さいね。
(Special Thanks to "Akira Takeuchiさん"[BBS No.2276])

(2003年11月にTAKAさんから頂いたアーセナル・スタジアムツアーのお話)
 私はアーセナルのスタジアムツアーに参加いたしました。電話予約のみ受付と言うことでした。ただ私はロンドンに短期留学していた時の事ですので、日本から電話したのとは違いますので参考程度にしてください。
 電話番号はハイバリーで貰ったチラシに載っていたものなのでHPと同じだと思います。私の場合もオブリワンさんと同じように何度も留守電になりました。しかし粘り強く掛けていると事務所につながり無事に予約できました。ただ電話代が高いですよね・・。日本からだと時差を考えて電話する必要があるのではないでしょうか。
 予約に関してですが、私は8月に電話しましたが人気があるようで三週間待ちでした。都合のよい日程を告げ、住所・年齢・クレジット番号を伝えました。そして数日後招待所が届きました。それに既にクレジット決済したとご丁寧に領収書つきでした(笑)あとは指定した時間にスタジアムへ行きツアーに参加するだけでした。
 私の場合以上のような感じでした。結構面倒でした。他にもトッテナム、マンU、チェルシーのスタジアムツアーも行きました。チェルシーのスタジアムは行って申し込むだけで簡単でしたが、トッテナム、マンUは電話予約でした。ただアーセナルほど手間はかからず簡単に申し込めました。
(Special Thanks to "TAKAさん"[BBS No.2248])

(2003年11月にイギリス、イタリアで観戦されたイマリさんのお話)
 11/2のFulham v Liverpoolを観戦してきましたので報告します。
 Fulham v Liverpool戦は、前夜にピカデリーサーカス駅のチケット屋で入手しました。GEORGE WINPEY STANDのBLOCK Rの後ろから3列目ぐらいの席で£75でした(額面は£29.3)。ちなみに、チケットにはGEORGE WINPEY STANDではなく、ELLERSLIE ROAD STANDと記載されていました・・・なぜ?スタジアムに向かう途中でダフ屋が結構いたのでダフ屋からの購入も可能だったと思います。稲本は出ませんでしたが、OwenとKewellが目の前でプレーしているのを見ることができ満足でした。
(Special Thanks to "イマリさん"[BBS No.2236])

(2003年8月にマンU開幕戦を観戦されたPaulさんからマンU選手のサインに関するお話
 私は今期のオールドトラッフォードでの開幕戦(vsボルトン)を観戦しましたが、試合終了後、選手通用口の前で、待ち受けていたファンに対して、各選手とも快くサイン(向こうでは、オートグラフですね)に応じてくれていました。
 開幕戦ということもあってか、ファンは200人近くは集まっていたでしょうか。私は試合終了後、比較的スタジアム内でのんびりしていたため、通用口からだいぶ離れたところに位置せざるをえなかったのですが、それでもオシェイにはキャップに、ハワードにはプログラムに、そして、キーンにはサイン帳に、それぞれサインをもらうことができました。地元のファンが話しているのを耳にしたところ、この日のキーンはいつになく上機嫌で、通常はそんなにサインには応じてくれないんだとか(笑)。
 ちなみに、この日、選手通用口に姿を見せたのは、順番に、F.ネビル、キャロル、バット、ファーディナンド、スコールズ、ジェンバジェンバ、オシェイ、スールシャール、ハワード、ニステルローイ、キーン。そのほとんどの選手たちがサインに応じてくれていました(ファーディナンド、スコールズ、ニステルローイらは急いでいたらしく、この日はすぐに車に乗り込んでしまいました…残念)。
 また、余談ですが、翌日のアンフィールドの開幕戦(リバプールvsチェルシー)では、アウェイ側の選手通用口前で、ヴェロンやランパード、テリー、ジョンソン、ウェスパー、ギャラスらから、同様にサインをもらうことができました。数日後のイプスウィッチで行われたイングランド代表vsクロアチア代表では、首尾よくサインをもらうことはできませんでしたが(笑)。
 このように、サインをもらえる機会は、比較的多いと思います。ちなみにキャリントンにあるマンUの練習場は、毎週月曜日が練習休みだそうです。
(Special Thanks to "Paulさん"[BBS No.2211])

(2003年10月にゴマさんから頂いたマンU選手のサインに関するお話
 試合日のスタジアムで貰えます。選手の通用口がSouthスタンドとWestスタンドの間にありますので(ちょうどピッチ側の選手入退場トンネルの裏)試合終了後、そこで待ってみてください。
 始めは何もないのですが、試合終了30分後ぐらいから警備の人が鉄柵を張り出して、選手の家族たちが車を駐車場から出して
横付けし始めます。
 その日の選手の気分にもよるのですが、半分ぐらいの選手は車に乗る前にファンのところまで来てサインをしてくれます。
 お勧めの場所は通用口向かって右側あたり。この辺で待ってると選手が来てくれる確率が高いです。
 1時間半ぐらいで選手は帰ってしまい、人も疎らになるのですが、その後はSouthスタンド下の「Director's Entrance」に行ってみてください。ファーガソン監督が出てきます。この頃には人も少なく、ほぼ確実にサインが貰えます。
 あと、他のスタジアムでも出待ちするなら別ですが、オールドトラフォードに関してはサインペンを持っていくのを忘れても大丈夫です。「試合終了後にサインをする」というのは恒例になっているので、警備の人がペンを用意してくれていて、選手がファンに近づいて行く時に横からサッと渡してくれます。
(Special Thanks to "ゴマさん"[BBS No.2210])

(2003年9月にイギリス、イタリアで観戦されたmakoさんのお話)
 9月26日に日本を発ち、当日ロンドンに入りました。こちらのBBSにも投稿させていただきましたが、時間が間に合えばハイバリーのアーセナル・ニューカッスル戦に行ってみようかと思っていました。英国航空の午前便発で定刻より10分ですが、早くでて早く着きました。ただ入国審査がかなり長くかかり、チューブ利用で、ホテルにチェックインできたのが、18時ごろでした。とりあえず荷物などを部屋においてハイバリーに行こうと駅まで行くと、アーセナルのユニフォームを着た人をたくさん見たのでついていったら、アーセナル駅ではないほうの駅に着きました。名前は忘れてしまいましたが、駅前にもアーセナルのオフィシャルショップがありました。ファンの流れについて行くと、無事ハイバリーに着きました。駅からスタジアムの間に何人にものダフ屋に声を掛けられました。とりあえず、スタジアムのチケットボックスに行ってみましたが、当日の試合と、リバプール戦は売り切れと出ていました。ただ会員用には50ポンドの当日席を販売していました。結局、試合開始の20分ぐらい前にダフ屋から購入しました。最初は200ポンドと吹っかけられましたが、残りの一枚だといっていて(本当かどうかわかりませんが)80ポンドなら買うといったら、それは無理というのである程度の値段で買いました。もうすこし粘れば80ポンドになったかもしれません。ただ開始時間が迫っていたため、チケットをよく見せてくれてから、値段交渉をしてくれたということもあり、その人から買いました。ノースバンク?の前から2列目でした。日本から手配して行くと、W代理店は38,600円、S代理店は37,000円と言うことでしたので、それに比べたら半額くらいにおさまったのでそれはそれで多少満足でした。スタジアムの周辺をうろうろしていたら、日本人の3人組みがダフ屋に、スタジアムの席図を指差して(おそらくサイドスタンド)この席あるかみたいなことを言って、プリーズと連呼していました。これにはダフ屋もあきれたみたいで、立ち去ろうとしていたのですが、3人組はシャツを引っ張ったまま逃がそうとせず、すったもんだしてました。事の成り行きは最後まで見ませんでしたが、その人たちのパワーはすごいと思いました。結局ゴール裏で2列目しかもプレミアなのでファンも座ってみるということもあり、よく見え、しかもアンリの決勝PK、などよく見れたし、ピレスなどもコーナーキックの際にそばを通って行きました。自分的には満足できましたので良かったです。
 9月27日は午前中ロンドンのピカデリーサーカス付近でほしいサッカーシューズがあったので、サッカーシーンやその他のスポーツショップを探していたのですが、なかったので、いったんホテルに戻り、チェルシー・アストンビラ戦に行きました。当BBSでもご相談したとおり、HPから手配して買った席で見ました。37ポンドのウエストのアッパーだったと思います。ちょうどハーフェイライン上のスタンド最上段より2列目でした。流れはよく見えましたし、急勾配なので臨場感も味わう事もできました。遅くなりましたが、ホテルパディントン地区のホテルでした。パディントンからディスクリクト線で直通で16分でフルハム駅に着きました。当日券はなかったようで、CLのチケットの三試合のチケットの販売をしていたようでした。帰りのチューブも増便しているようで、すぐ乗れました。ただ知っている方もいらっしゃると思いますが、ディスクリクト線は2方向に分かれますので、帰りは乗り換えてホテルに戻りました。余談ですが、その後ライオンキングを見に行きました。もうひとつ余談で、ロンドンのコンビにではお酒の販売を11時以降はしないようです。時間きっちりでクローズと言われてしまいました。
(Special Thanks to "makoさん"[BBS No.2155])


(2003年8月にイギリスで開幕戦を観戦されたあ〜背鳴るさんのお話)
 03〜04シーズンの開幕戦、「アーセナル対エヴァートン」を8月16日、あのハイバリースタジアムで観戦しました。チケットについては、出発前にいろいろ試したのですが、すべて×。確実に観戦したかったため、フランス大会で名を轟かした某代理店に依頼。その代理店いわく、各国リーグはもとより、チャンピオンズリーグでも確実に入手できる・・・とのこと。値段はというと、ん〜、額面の5倍以上でした。
 さて、観戦当日、宿泊ホテルにて手にしたチケットは30ポンドの東スタンドLOWER側。メインスタンドということもあり、期待に胸を弾ませていたところ、なんと、1階スタンドの最後列の30列目。それだけなら、構わないのですが、2階スタンドのひさしが1階スタンドのかなりの部分までせり出しており、ハイボールが全く見られない・・・・。さらに、傾斜が非常に緩やかなため、前の人間が立つと、ああ全く見えなくなる・・・。このため、16列目ぐらいより後ろの観客は、肝心なシーンではほとんど立ってましたね。1階座席と、その天井にあたる2階スタンドのひさし部分との距離は非常に近く、音響がものすごく良く(or悪く)、まさに、あ〜背鳴るでした。超満員の観客の中でも、最もこの近辺の観戦環境が悪かったんじゃないでしょうか。新スタジアムの完成を一刻も早く望むところですね。
 チケットについては、かなりのダフ屋が地下鉄駅からスタジアムにかけて出没しており、日本人と見ると、どんどん声をかけてきました。ちょっと急いでたので、値段交渉はしませんでしたが、わたしが買った価格よりは恐らく安いでしょう(笑) それと、座席でビールは飲めないので、試合前とハーフタイムにスタンド下で飲むことになるのですが、私が買おうとしたときには、すべてのビールサーバーが売り切れ。太鼓腹をした大男たちは、一度に3、4杯の生ビールを買い占めるので、あっという間に売り切れます。ハーフタイム直前に、一部の観客がスタンド下に降り始めたのですが、これはビールを買うためだったと後で判明しました。サッカーの母国のスタジアムで、ビールが全く飲めなかったのは残念でした。
 試合前後のスタジアム周辺は、ものものしい騎馬隊の警官が巡回、マッチプログラムを販売するオジサンの大声が響き合い、大男たちがビールを飲み干す。イングランドのそうしたごく日常の様子が非常に新鮮で、座席さえよければ相当満足でした。最後に、試合はアンリのPKで先制したアーセナルが2対1で勝ちました。
(Special Thanks to "あ〜背鳴るさん"[BBS No.2082])


(2003年5月にイギリス・マンチェスターでCL決勝を観戦されたたかしさんのお話)
 僕は結局日本でのチケット調達は間に合わず当日会場で調達しました。海外でダフ屋から買うのは初めてだったのでビビりました。キックオフ4時間前に到着して駅を降りてすぐ声を掛けてきたイギリス人ダフ屋から1枚150ポンド(定価50ポンド)で2枚購入。最初は1枚300だったのですがさすがにそれは高いと思いちょっと交渉しました。一人目のダフ屋だったのでもっと交渉しようかとも思ったけど、早く入手して安心して雰囲気を楽しみたかったので、即決してしまいました。定価購入されたかたもいたようなので、ちょっと後悔ですが、希望していたユーベ側の1Fコーナー付近前から10列目くらいだったので、満足です。試合はユーベが負けちゃって残念でした。隣のイタリア人と仲良くなっていろいろ解説してもらって(お互いカタコト英語で)楽しかったです。
 ちなみにVIP入場ゲートで、シュマイケル、ブラッター、エウゼビオ、ストイコビッチ、ライカールト、フリット、プラティニ、ファーガソン監督等をみかけました。てっきりそこからユーベとミランの選手も来るのかと思っていたらとっくに別の入り口から入ってました。
(Special Thanks to "たかしさん"[BBS No.1907])


(2003年5月にイギリス・マンチェスターでCL決勝を観戦されたnofieldさんのお話)
1)両チームのチケット販売方法
 サポに聞いたところによると、ACはサポに対してチケットのみを直接販売したそうですが、これに対してユーベは旅行会社などを通して航空券や宿と抱き合わせでチケを販売したそうです。このため、ユーベサポはトータルでは相当高額な金額を払って観戦に来たようです。
 ユーベサポは当日バスで会場に時間に合わせて直行、ACサポは前日あたりから市内にちらほら出現し始め、当日も市内にあふれるサポには単独行動のACサポが目立ったのはこのためだったのかもしれません。
なお、大半のサポは当日空路で来たようでした。空港も、早朝・夜間の離発着制限時間と騒音規制を無視して運用していました。
2)現地チケット状況
 私は直接ダフ屋とは交渉しませんでしたが、交渉した人に聞くと(ほぼ)定価で入手したタイプの人と、4〜5万円で入手した人の2タイプがいました。
 現地でチケをほぼ定価でゲットした報告が既に[No.1898]SBさんからもありましたが、このような方の中には上記のACチーム売り分を購入したサポから余り分を運良く手にしたケースがあるのではないかと推測します。もしそうだとすると、このような方々の席はACサイドだったと思われますがどうだったでしょうか。
また、高額で購入された方は、正規(?)のダフ屋(又は足もとを見られた?)からだったのではないかと思います。
3)チケはふんだんにあったか?
 試合前々日に現場に行きましたが、ダフ屋はいませんでした。
私の(そう多くはない)過去の経験からして当日現場にいるダフ屋は試合規模に比較してかなり少ないと感じました。警官が多かったので、ダフ屋も警戒していただけかも知れません。しかし、試合開始前に上階の席から下階の席を見下ろすと、見渡す限りビッシリ満席でしたので、おそらくキックオフ時にはチケはなかったのではないかと思います。
4)現地人の感覚
 現地の人と話をすると、(地元2チームが無関係なので)試合を見たいと積極的に行動する人には私は会いませんでしたが、「妥当な値段なら見たい」「チケがあればこういうカードはぜひ見たい」という人は何人もいました。私がチケを持っていると知ると驚きの声をあげる人もいたので、現地では「ダブついている」という状況ではなかったと思います。また、チケのことが気になっている現地人は、eBAYなどで1枚200ポンド程度(約4万円)で取引されていることは周知のようでした。
5)両サポの様子
 驚いたのは、両サポが平穏だったことです。現地新聞によれば試合前後はノートラブルだったとありました。(まあ、小さいイザコザはあったでしょうが・・・)。会場でも、ろくな荷物チェックがなかったのにもかかわらず、発煙筒は1本も焚かれませんでした。セリエでは厳しい荷物チェックをするのにもかかわらず発煙筒がもうもうと焚かれるのに、それがまったくなかったのは、おそらく、トラブルによる制裁を恐れたクラブが、チケを販売する際にサポに相当釘をさしたのではないでしょうか。まあ、「発煙筒焚いたら即逮捕」という現地警官のおふれもあったことはありましたが。
6)真の勝者・・・
 それはもちろんACですが、裏の勝者は公共交通機関でしょう(と現地新聞にありました。私も同感です)。試合後は特別ダイヤを組んだ鉄道と、ズラッと並んだバスで驚くほどスムーズに観客を運んでいました。私は帰るのには一番不利と思えるな状況で会場を出ましたが、それでも待ち時間なしでバスに乗りすんなり市内に戻ってきました(バスに乗る人がお金を払う時間くらいは待ちましたが・・)。
このバスには、勝って歌を歌い続けるACサポと、負けてじっと耐えるユーベサポが乗り合わせていましたが、ジョークを言い合うなどして緊迫感なしでした。
(Special Thanks to "nofieldさん"[BBS No.1900])

(2003年5月にCL準決勝・決勝を観戦されたSBさんのお話)
 CL準決勝、決勝を観て来ました。チケットは試合当日現地で調達しましたので、今後のご参考になればと思いご報告いたします。
・ファイナル INマンチェスター ゴール裏コーナー付近1F 正規50ポンド⇒50ポンド(前日の夕方ロンドンのチケットショップではゴール裏200ポンドでしたので購入は見送りました。ちなみに数日前は500ポンドだったと言われました。オールドトラフォード到着後、最初に声掛けてきたダフ屋?の提示額が正規価格だったため即購入しました。試しに何人かのダフ屋と交渉してみましたが、何人かは定価まで下げてきましたので、それほど高くなかったのではないかと思います。)
 決勝以外の全試合に共通して言えることは、ひたすら何人ものダフ屋と交渉してまわりました。過去に試合開始時間近くまでひっぱりすぎ、ダフ屋がいなくなってしまい買いそびれた苦い経験もあるので
試合開始1時間前〜30分前に購入するようにしました。
 どんな試合にも必ずたくさんのダフ屋はいます。ダフ屋と交渉する際も席種の確認と現地の数字さえ暗記しておけば特に問題はないと思います。私は日本国内での手配、ロンドンのチケット屋等の価格は安心料にしては高すぎるとは思いますが・・・。
(Special Thanks to "SBさん"[BBS No.1898])

現地観戦情報、求む!

 イングランドでのサッカー観戦に関する体験記、チケット確保の方法、ダフ屋交渉術、おみやげにおすすめなレアグッズ情報など、どんなささいなことでもあらゆる情報について募集しております。いつでも、どこからでも、当サイトの掲示板「欧州サッカーBBS」の方にお書き込みください。皆様からの貴重な情報、お待ちしております!

掲示板「欧州現地観戦BBS」

トップページ03/04シーズン02/03シーズン01/02シーズン以前

イングランドトップページへ戻る
 

▲Page Top
Copyright(C) euronavi.net All rights reserved.