Click here to visit our sponsor



スポンサー
Click here to visit our sponsor
 
>> 
イングランド・プレミアリーグ現地観戦情報 vol.2 (02/03シーズン) 戻る

トップページ03/04シーズン02/03シーズン01/02シーズン以前

(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止)
copyright ANDO, Masazumi

 イングランドでのサッカー観戦に関する情報について、当サイトの掲示板「欧州現地観戦BBS」の方へ頂いた貴重な書き込みを、ここでまとめて掲載しています。ぜひ参考にしてください。また、これらの情報は、当サイトの他の現地観戦情報と同様に、時間が経つにつれてどんどん情報の質が劣化してしまうことはやむをえないことです。そのため、これらの情報につきましては、各人の責任のもとでご活用下さい。また、さらに今後観戦を予定されている方のために、現地観戦後はぜひ情報のアップデート、追加に参加して下されば幸いです。貴重な現地観戦情報につきましては、掲示板「欧州現地観戦BBS」の方へ、いつでもお書き込み下さい。これらの情報交換が、一人でも多くの欧州サッカーファンにお役に立てればと思います。どうぞよろしくです!

アーセナルとチェルシーのスタジアムツアーについて、さやさんのお話)
 2003年4月にアーセナルとチェルシーのスタジアムツアーに参加しました(メインはEURO2004のイングランドVSトルコだったのですが)。
 チェルシーはスタジアム横のオフィシャルメガストア、Ground Floorにデスクがあり、そこで申し込みも出来ますしインターネットでも問い合わせ可能です。2時間ほどでお値段は8ポンドくらいだったと思います。私と友人が行ったときは平日昼ということもあってお客さんはふたりだけのツアーで、案内人Chrisを独占、うわさ話から今のチーム事情まで根掘り葉掘り聞き倒した挙げ句、ロッカールームに貼ってあった選手のスケジュール表まで貰ってしまいました。
 Chelsea Villageに宿泊するのであればスタジアムツアー付きセットもあります。セットと言えば試合観戦+宿泊のセットもあります。チケット取れなかった場合はこちらを試してみてはいかがでしょうか?チェルシーのオフィシャルHPから申し込みできます。
 練習場見学ツアーもありました。こちらは9:00〜半日かけてのツアーです。チェルシーの練習場はHonslow(ヒースロー空港のそば)にあり、朝Chelsea Villageでイングリッシュ・ブレックファーストの後、バスで練習場見学へ。選手にも会えるそうです。終了後ホテルまで連れて帰ってもらった後スタジアムツアーが着いてくるはずです。まさに至れり尽くせりツアー。こちらはかなり割高でした。
 アーセナルの方は同行の友達がJTBデスクで確認したところシーズン中はやっていないと言われたのですが、だめもとで現地に行くと、地元の子たちが何人か待っていたので、オフィスで尋ねたらツアーやっておりますと言われました(笑)ツアーのおじさんに直接交渉してまさに始まろうとしているツアーに飛び入りさせてもらいました。電話がつながらない場合、直接スタジアムに出向いて(アーセナルはアクセス楽だし!)翌日や翌々日の予約を入れるというのも出来ないことはない雰囲気でした。『このために日本から来た』といえば、無理を聞いてくれるかも。
(Special Thanks to "さやさん"[BBS No.2646])

(2003年4月にアーセナルvsマンU戦を観戦された、じろさんのお話)
 自分は2003年4月中旬の@ハイバリーでの ARSENAL VS Man .Utdをみました。そのころは、あまりチケットに関する知識がなかったので、OXFORDにいる知人にチケを頼みました。詳しいことは聞いていませんが、メンバーの発売日にその知人が並んだら、買えたみたいですが、席は連番ではありませんでした。カテゴリーはゴール裏、北の2回UPPERで、額面は43.5£と書いてありました。日本円8000¥相当でした。知人には、家からロンドンの足代、その日の宿代(ツインベッドをその日は確保していたので)(自分負担)、手数料などを考え、70£を払った記憶があります。その試合は[match of the season] といわれていたので、注目度は高かったと思います。
 ダフ屋状況ですが、昨年は 最初の吹っかけ値段が500£!とか言われました。あんまり@ハイバリーには見かけなかったと思います。現地で知り合った方は見られなかった、と後日いっていました。ちなみにhttp://www.theonlineticketshop.co.ukのサイトでブローカの現在価格は カテ1が395、カテ2が320ポンドくらいになっています。だから代理店価格ならそんなものではないか、と思います。現実に自分が払える金額かは、任せますが・・。その場にいた(代理店でチケ手配された)方は見られたみたいですが、その人から聞いた話では 「300£でダフ屋購入した日本人が手書きのチケ買わされた!」という話を聞いたので、その人が試合を見られたかは分かりません。
(Special Thanks to "じろさん"[BBS No.2460])

(2003年4月にイングランドで観戦されたシャラクさんのお話)
 ゴールデンウィークを使ってプレミア観戦してきました。事前の情報収集で本サイトには相当お世話になりました!チケット取得に関して得た情報を投稿致します。
@4/26(チェルシーVSフルハム):
 チェルシーHPにてOnline予約しました。価格は£55と一番高い席です。試合の24−25日前にサイトをチェックしたところではSoldoutの表示でしたが、17日前(4/8)にチェックしてみると、£55の席のみ売り出し、との表示に変わっており、即予約、当日中に予約を受け付けた旨のメールが届きました。ただし、返答メールには「1週間以内に到着するよう送付する」と記載があったのですが、1週間どころか10日待っても届かなかった為、BoxOFFICEに直接確認の電話を入れたところ、「送った筈だけど、出発まで待って届かなかったら、試合当日BoxOfficeの窓口に行って、クレジットカードを見せて今から言う席位置の詳細をBoxOfficeの窓口で言ってくれれば大丈夫」と言われ、試合当日BoxOfficeに行ってその通りにしてみると「予約は入ってないぞ」とのショッキングな一言が!
 しつこく経緯を説明したら色々確認してくれ、最後には向こうの手違いという事で無事発券、試合観戦が出来ました。Online予約と言ってもやはり直接電話で確認はした方が良いようです。
A4/27(トッテナムVSマンU
 出発前、Premierevents等のHPでは200ポンド、現地到着後、ピカデリースクエア周辺のチケット屋で確認したところでは200〜250ポンドでした。一方で一縷の望みを託して試合の前々日の朝、試合当日の朝と2回スタジアムのTicketOfficeに足を運びましたが、考え甘くSoldOutの一言でした。そこで、試合当日の朝の際には、見かけたダフ屋に値段を聞いてみたら300£!という答えが!そんなに出せるか!と思わず口走ったところ、250£までは直ぐに下げてきましたが、それ以上は下がらず、150£まで下げろと迫ると首を振って仲間の所を去っていきました。私も一旦出直そう(試合開始は16時、その時は朝の10時半位でしたので)とバス停の方に行こうとすると、ダフ屋の群から別のダフ屋が追いかけてきて「シーズンチケットを持っているが、一枚余っている。
 僕と一緒に入って試合観戦する形になるが、175£でどうだ?」と声をかけてきました。しかし手に持っていたシーズンチケットらしきものの半券には1997−1998との表記が。それを指摘すると「今は今年のチケットをもっていない。
 勿論会場に入ってからの支払いで構わない。入場後の支払いと言う事で2時に会場前で待ち合わせよう」という話でしたが、
 現物をその時点でもっていない事に信用できず、その場は適当に話を合わせて、一旦立ち去りました。
試合開始3時間前の午後1時半に、再度スタジアムに向かうと、朝は人気も少なかったのが、いるわいるわ、観戦客、警官がそこら中にいました。そのせいか、警官の目を避けつつ小声でチケットあるよ!と呼びかけるダフ屋の数は少なかったです。(午前中の時は、チームグッズ店の前に4−5人のダフ屋が集団でたむろしているだけでした。警官も観戦客らしき人も見かけず)スタジアムを1週して、数少ないダフ屋に値段を聞いてみたのですが、みな250£という値段、予算を150£に区切っていたので、諦めかけたのですが、偶々見かけたダフ屋に再度聞いてみると、200ポンドとの答えが。うーん、200ポンドはやっぱり高いね、と言うと相手も、そうだよなあ、俺も高すぎると思うんだけどね、マンU絡みは人気あんなあ、と。うーん、と唸っていると、幾らまでなら出せるんだ?と聞いてくるので150までなら・・と答えると、よし、それでチケットを手に入れてやる、との答えが。携帯電話で2,3人に確認した後、俺について来い、と歩き始めたので、ついてゆくとどんどん人気のない方向に・・。人気は無いと言っても全く人が居ない訳ではなく、ダッシュで走れば警官も見つかるだろうとは思うものの、何となく不安に思っていたらそれが顔に出ていたのでしょうか、「そんなに心配するな。チケットは絶対大丈夫だから」とのたまうダフ屋(ちなみに人相は相当悪い)。それを半信半疑で聞きつつついていくと、路地の角に別のダフ屋がいて、彼に一言二言確認すると、更に路地奥を指差して、「警官が今日は多い。あっちにいって取引しろ」と。そして人相悪ダフ屋にチケットらしきものを手早く手渡す所が見えたので、路地奥に付いていくと、人相悪ダフ屋が「悪いな、歩かせて」と言いつつ手渡してくれたものがシーズンチケットでした。トッテナムのシーズンチケットは、チケットとは別に、番号が綴られた半券が綴じられた小本が有り、セットでないと観戦できないから、と言う事を説明してくれつつ、先に手渡してチケットの確認も促しているようでしたので、日付、シート位置を確認してから150£を渡しました。場所はゴール裏の熱いトッテナムファンが集まる場所で、大いに試合の雰囲気を楽しめました。ちなみに隣に座っていた人はマンUファンだったらしく、ずっと試合中黙っていたのが、試合の最後にニステルローイがゴールを決めた時だけにガッツポーズしていました。
 ダフ屋との交渉をしてみた印象ですが、色々話してコミュニケーションを取れるダフ屋から道は開けるのかな、と言う事と、ある程度の英語力が無ければ詐欺に会う可能性は十分あり、英語に自信が無いのであれば止めておいたほうが良いだろうな、と言う事です。ダフ屋行為はイギリスでは違法ですので、仮に警官にとっ捕まった場合には、英語をしゃべらない振りをした方が難は逃れやすいかもしれませんが。
以下ご参考までですが、チケット屋等々からの話を総合しますと@人気チームマンU絡みの試合は高騰しやすいAその上、マンUが優勝争いしており、残り数試合を残すのみでもあるので、更に価格が上昇、B余談だが降格争いをしている下位チームのチケットも、サポーターがやっきになって応援に駆けつける為、チケットが手に入りにくくなっている。との事でした。逆にいうと、シーズン終了間際でなければ、人気チームの絡む試合で無い限り、200ポンドの水準は高すぎるものと言えそうです
(Special Thanks to "シャラクさん"[BBS No.1861])

(2003年3月にイングランドで観戦されたYNWAさんのお話)
 3/21と3/23にマンUvフラムとリバプールvリーズを観戦してきました。
 マンチェスターの宿についてですが、オールド・トラフォードはダウンタウンからはちょっと離れていますので、スタジアムから歩いてすぐの範囲で、かつ、日本からネットでみつけられる宿というと限られてると思います。(参照リンク
 マンチェスターのダウンタウンはたいした広さではありませんので、トラムでダウンタウンのどこかまで戻ってこれれば、あとは歩いてもたいしたことありません。
※ここで私がいうダウンタウン、市街地とはPicadillty, Victoria, Deans Gageの各駅を結んだ中とその周辺くらいをイメージしてます。
 上記のほか、私がマンチェスターの足と宿関連で参考にしたサイトをいくつか貼っておきます。
 ・ Thisle Hotel (私はManchesterのこのホテルに泊まりました)
 ・ Travelcare Sports
 ・ Travelextra
 ・ visitus bed and breakfast UK
(Special Thanks to "YNWAさん"[BBS No.1853])

(2003年4月にトットナムのホームゲームを観戦されたrafficaさんのお話)
・4/18 トットナムVSマンチェスター・C
 チケットは一般発売の日にTicket LineにFAXを送り、後はE−mailでやりとりをし予約。East Upperのrestricted viewという席でチケット代£42+管理費£2.4で合計£44.4掛かりました。チケットはチケット売り場でクレジットカードを提出すると受け取ることが出来ました。当日券は無かったようです。席はバックスタンド2階席で屋根のポールが邪魔で一部観にくいところがありましたが、全然問題なかったです。
 スタジアム内にはペットボトルや缶は持ち込めないので、スタジアム内で飲み物は買ったほうがいいです。
 White Hart Laneスタジアムまではwaterloo駅から地下鉄と国鉄で約40分位です。
 これから戸田選手の出場回数が増えて観戦に行かれる方が増えると思いますので、参考になればと思います。
(Special Thanks to "rafficaさん"[BBS No.1790])

(2003年春にEURO予選をオランダ、イングランドで観戦されたShio_Kenさんのお話)
 先日のEuro2004予選観戦に行ってきました。UKのNorthEastでの荷物預かり事情の貧弱さには呆れましたが、その他は全く問題なく無事に予定通り観戦できました。
・4月1日 U21イングランド代表 - U21トルコ代表 1-1(HT1-1)
 (スタジアム) StJamesParkStadium in Newcastle,England
 当日券10P。メイン側コーナースタンド。メインスタンドとUpperStandは閉鎖。観客はU21だが2万人集まる。StJamesParkのMatchDayTicketBoxが開いているのはある意味夢のような光景である(笑)。
・4月5日 イングランド代表 - トルコ代表 2-0(HT0-0)
 (スタジアム) Stadium of Light in Sunderland,Englandd
 メインイベントその2。TicketMaster経由で前売りをGet。メイン2階中央で45P(高い!)。TicketMasterの発売開始直後は日本のイープラスのような混雑であるので覚悟が必要(笑)。
 この日は荷物を預けることが出来ず、混雑を避け開門直後に入場したのでダフ屋事情は不明。2年前のEngland-Finland@Anfieldで定価近くでGet出来たのでそれほど暴騰はしていないと思う。荷物は日程が短く小さなカバンだったので持ち込み可能だった。
 現地ではVaduzでの試合がいろいろと叩かれておりプレッシャーがかかる状況だったが、
Englandが大一番を制し首位浮上。Rooney大活躍。
 この日のSunderland市内は当然警官多数。Barも用心棒を配するなど厳戒態勢だったが、何とSunderlandファンとNewcastleやBoroのファンが衝突していたらしい(苦笑)
 その日のLondon行き夜行バスは観戦帰りのファンが多数。日本人も多く見かけた。
(Special Thanks to "Shio_Kenさん@「FootballAlliance」"[BBS No.1760])

(2003年3月にイングランド、イタリア、トルコ、スペインで観戦されたSOUさんのお話)
マンチェスターU vs ユヴェントス
 事前に英国代理店で140£で購入。高かったが致し方ないとおもっていたが、当日行ってみるとユーヴェの席で、マンチェファンの僕はかなり肩身が狭かった。
チェルシー vs ブラックバーン
 一番値段の高い、ゴール裏のガラス張りのVIP席。80£。
 スタジアムの雰囲気は味わえず、ちょっと不満の残る席。
(Special Thanks to "SOUさん"[BBS No.1709])

(2003年3月にイタリア、イングランドで観戦されたRKさんのお話)
3/11 アーセナルvsローマ(CL、£60、ダフ屋)
・チケットは初めてダフ屋を利用しました。試合開始5分前に南側ゴール裏中段席を購入しました。額面金額は記載されていなかったですが、£40程度でしょうか。まずまずの席でした。
・30分前にチケットボックス周辺でダフ屋と交渉を始めたのですが、当初は£100程度のオファーでした。開始直前には£50程度まで下がるかと期待していましたが、なかなか下がらず苦労しました。入場者数から計算するに3000ほど空き席があったはずなのですが、一部のゾーンががらがらというわけでなく、CLでもチケット入手は難しいものだというのが実感です。
・購入したチケットはトラブル絡みのものであったかもしれません。ゲートで10秒ほど待たされ、席についてから後から同じ席に来た人に、私のチケットは盗難されたものではないかと言われました。近くの空いている席に移って事なきを得ましたが、やはりダフ屋から購入するのはリスクがあると感じた次第です。
(Special Thanks to "RKさん"[BBS No.1705])

(2003年2、3月にドイツ、イタリア、イングランドで観戦されたガゼッタさんからの情報)
・2/27 リバプールVSオセール UEFAカップ (当日券あり)
 スタジアムは8割ぐらいの入りでした。チケットはHOMEゴール裏が1番高く(26ポンド)メイン1階が20ポンドでした。買った券は前から2列目で、周りも空いてましたが、HOMEゴール裏はぎっしり満員でした。オセールにはフランス代表のシセとセネガル代表のファティガ(万引犯)がいました。リーグ戦に比べて券は取りやすそうですが次戦はセルティックとの英国ダービーとのことなので状況はまた違うかも知れません(翌日の新聞も次戦のことを大きく取り上げてました)。また、リバプールからロンドンへの深夜バスはこの日SOLDOUTでした。(バスだと19ポンド、鉄道だと45ポンドくらい、片道)
・3/1 フルハムVSサンダーランド (当日券あり)
 自分も含めてたくさんの日本人がいました。券も余ってたようです(9割くらいの入り)。メイン1階(パドックというところ)で26ポンド、ゴール裏1階でも23ポンドだったのでパドック(5列目)にしました。
・3/2 アーセナルVSチャールトン (当日券なし)
 前日朝、当日朝とスタジアムへ行きましたが、券はありませんでした。当日のダフ屋の相場は70ポンドくらい(30分前くらいで)。私は運良くダフ屋が仲介するかたちで年間シート保持者から50ポンドで買えました(30ポンドがダフ屋の取り分)。席はゴール裏の前から2列目という良席でした。アーセナルの年間シートは献血手帳みたいな形のもので、入場時にそれを差し出し、係員が中の1枚を切り取ります。
・3/3 アストンビラVSバーミンガムシティー (当日券なし)
 バーミンガムダービーということでWEEKDAYのナイターにも関わらず当日券はありませんでした。ダフ屋の相場も定価の倍くらい(40ポンド程)でした。結局、バック2階端っこを23ポンドで買いました。観衆の熱狂度という意味では他の試合以上で、ビラが2点入れられた時点で観客も半分グランドになだれ込み、没収試合寸前でした。かなりのイスが壊され、審判も中断が5分以上あったのにも関わらずロスタイム無しでとっとと試合を終わらせてました。ちなみに、ロンドンからバーミンガムへは、電車で約2時間半くらい。シルバーリンクという会社の電車だと当日往復で19ポンド、日帰り以外の往復で22ポンドです。WEEKDAYの最終は22:45バーミンガム発です。
(Special Thanks to "ガゼッタさん"[BBS No.1694])

(2003年2、3月にオランダ、イングランドで観戦されたディエゴさんからの情報)
 まず観戦したのは「Ajax v Arsenal」。これは事前に英国のエージェンシーから購入。20件ほど問い合わせた中で最も安かった£100で手に入れました。座席はサイドラインのコーナー付近で前から4・5列目。最高の場所で友達と感動しきりでした。(開始早々のピレスのCKがすぐ間近が行われている・感動・)試合自体はなかなかアヤックスが攻めきれず、感動できる部類の内容ではありませんでしたが、試合前にサポーター全員でフラッグを振って声を出しながら応援した時は興奮で体が震えました。アレナの雰囲気は最高です!
 次に「Newcastle v Chelsea」。これはダフ屋から購入。最初は£80と言われましたが、ベタですが「三枚買うから」とか値下げ交渉。私と友人二人はダフ屋交渉初めてでしたので、試合30分前ということもあり、一枚£55で購入。座席は年間シート二枚と普通のチケット一枚で共にゴール裏。一枚はV列ということでゴールからは結構離れていましたが、それでも見ることに関して支障はありません。サポーターも場所が場所なので相当熱かったです。
 問題は残りの二枚。J列で相当見やすかったですが、前半開始前に友人がメンバーから「ここは俺の席だ」と言われ、迷いながらスタッフに事情を説明したそうです。そうすると色々連れ回され、ちょうどサイドラインとゴール裏で別れているコーナーの一番前に連れて行かれたようです。後半は友人一人と代わって貰ったのですが、見やすいような見難いような微妙な位置でした。
 本来は観戦報告なのですが、この本来はクラブメンバーカードを持っている人間しか座れない年間シートを買わされたというのは騙されたんでしょうか?そのようなご経験ある方教えてください。結局見れたのでよかったんですけど、今でも疑問です。
(Special Thanks to "ディエゴさん"[BBS No.1693])

(2003年2、3月にスペイン、イングランドで観戦された sts-19さんからの情報)
2/18アーセナルVSアヤックス(CL)
 ハイバリーでの試合です。チケットは、当日、金券やダフなどに聞いてまわったのですが、相場が4万〜6万ととても高く、夕方には下がるけど3万以下には下がらないと言われました。仕方ないので、試合開始までスタジアムのチケットボックスあたりをうろつきながら、値段を下がるのを待ちました。すると、試合15分前に、アーセナルの会員の方から、『チケ余ってるのだけど』と言われ、1枚50ポンド(2枚)にて購入することができました。席もメインスタンドの2階で、ここは、年間購入者の席で、とても良い席で観戦しました。この会員の人に、3/2アーセナルVSチャールトンのチケをないか??と聞いたら、OKと言われ、3/2の試合もGETできてしまいました。こちらは、1枚45ポンドでした。
 余談ですが、友達が、アヤックス戦で、『ダフの人に50ポンドでいいよ』と言われ、チケは後で渡すと言われ、一緒に入ろうという話がりました。そして、いざ、一緒に入ろうとすると、このダフは、チケットを持っておらず!!しかし、チケットもぎりの人とグルになってたため、チケがなくても中に入ることができました。しかし、全席指定のため席は、ありません。すると警官につまみだされますね。友達は、入って、中でお金を請求されたときに、やっぱり、断ると言って出てきたみたいです。ダフから買うときは、チケを先に見せてもらったほうが確実ですね。
2/24トットナムVSフルハム
 1ヶ月前に、トットナムにFAXを送ったら、その1週間後にチケが送られてきて日本を旅立つ前に購入することができました。自分が購入した席は、38ポンドの席で、バックスタンド1階のコーナー付近でした。トットナムのホームページでは、試合前日までNOW ON SALE になっていましたが試合当日は、満員でした。
3/1ウエストハムVSトットナム
 チケットマスターにて事前購入!!試合当日も満員で、当日券は無かった模様です。2/18にスタンフォード・ブリッジに行ったのですが、2/22チェルシーVSブラックバーン戦はチケットボックスで売っていました。
3/11アーセナルVSローマ
 現時点での現地での相場は、130〜150ポンドくらいでした。
 アーセナル博物館は、金曜日のみ開いています。
  スタンフォード・ブリッジのスタジアム・ツアーは当日申し込みでOKでした。
  ウエストハム・ミュージアムは試合の日でもやっているので試合前などに行くといいかも。
(Special Thanks to " sts-19さん"[BBS No.1685])

(2003年1月にマンチェスターvsチェルシーの試合を観戦されたアーズラさんからの情報)
 1/18にオールドトラフォードにてチェルシー戦を観戦しました。チケットを持っていなかったので、前日にダフ屋にて購入しました。ダフ屋で購入する場合は、前日にオールドトラフォードに行くことをおすすめします。当日の場合は、警官が多い為ダフ屋もそれ程多くいません。なので確実に手に入れたい方は、前日の金曜などがいいと思います。ただし、前日にいるダフ屋は外国客目当てなので高くつきます。当日は売りたいでしょうから安くなります。と難しいところです。
んで、私は前日で100ポンドでした。(ちょっと高いですが・・・)
試合はロスタイムにフォルランが逆転ゴール決めて、大盛り上がりでチケットが安く感じました。
 オールドトラフォードのスタジアムツアーは、やはり予約を入れないとダメなようです。アンフィールドは予約無しでもOKです。
 最後にイギリスの入国審査のときに、「サッカー観に来た」とは言わないほうがいいと思います。
当たった人が悪いのだと思いますが、「チケット見せろ」と言われて「まだ買ってない」といったら、カバンの中身を全部チェックされ1時間ぐらい空港で足止めされました。。。「観光しにきた」だけにすればよかった。。。
(Special Thanks to " sts-19さん"[BBS No.1685])

(2002年12月、翌1月にイングランドで観戦されたスーパーケビンフィリップス〜!からの情報)
12/28 ブラックバーン VS ウェストハム
 スタジアムへは駅前のバス停Mから、このスタジアムは当日券で充分でしょうね、私は3時間前に到着してゴール裏の1列目が取れました。スタジアムは、空席のエリアが少し目立ちますが、非常に良い街とサポーターです。目の前のアンディーコールのゴールに感動し、その後、追いつかれ、残り時間の少なくなった時に、少しでも早くボールをゲームに戻そうとするボールボーイと、フェンスを飛び越えてまで素早くスローインのボールを選手に素早く手渡した少年に感動しました。このサポーターたちはチームと一体になって戦ってると・・・。
12/29 セルチック VS ダンファームラン
 チケットは、電話予約で当日スタジアム受け取り。でも、当日でも購入可でした、このゲームに関しては(2年前はダフ屋も捕まらず、スタジアムの前で膝をつきましたが)。またしてもゴール裏の4列目。初めて観たスコットランドのチーム。サポーターはイングランドの方が激しいですね。
グラスゴーは都市の規模の割に活気が余りないような…。リバプールの様な殺伐とした雰囲気はないですが。エジンバラに宿を取るのがベストでしょうかね。セントラル駅隣接のマッキントッシュホテルはお薦めです。ユースは44番で。
1/1  ニューキャッスル VS リバプール
 殆どがシーズンチケットホルダーにチケットが渡り、カード的にも市場にチケットが当日出る事はあり得ないと思えたこのゲーム。チケットオフィスにもSOLD OUTと電光掲示されていたにも関わらず。聞いてみると何とチケットが…。ノースイーストのサポーターは熱い!サンダーランドも凄かったが、ニューキャッスルも凄い!キャプテーーーン  シアラーーー!!のカリスマ性は感動ものです!!ここのダービーはどれだけ盛上るのか??
1/2  グラスゴーレンジャース VS ダンディー
 ホームページから事前に予約したこのゲーム。当日の購入も問題ないですねカードにもよるかも分りませんが。やはりスコットランドのサポータはイングランドより大人しいかも・・・。この試合最も盛上ったのは、電光にセルチックがアバディーンに引分けた時!!後、ハーフタイムに抽選で何処の何列目何番に座ってる人と呼ばれて、ピッチに降りれます。そして、インタビューされ、満員のサポーターに盛大な拍手と名前をコールしてもらえます。最高でしょうね。
(Special Thanks to "スーパーケビンフィリップス〜!さん"[BBS No.1318])

(2002年12月、翌1月にかけてイングランドで観戦されたMIMIさんからの情報)
12/29 アーセナル×リバプール
出発前に事前に調べたところ、日本の代理店経由での最安値は35000円、現地金券ショップへメールで問い合わせたところ、最安値は125£(約25000円)でした。ちなみに、併せて1/1アーセナル×チェルシーは90£(約1万8千円)でした。で、これより安い価格で購入を目指し、現地購入することにしました。現地での金券ショップ(レスタースクエア、ピカデリー)では、売り切れ又は高額。当日のダフ屋は、当初150£くらいだった(日本人の中に、メールで50£で購入した強者もいた)。キックオフ15〜20分位前に、3枚で300£(つまり1人100£。私達は3人だった)という人が現れたが、躊躇していると、どこかへ行ってしまった。キックオフ5分前くらい?にゲート付近で、少年がピンク色の紙に番号を書いたものを配り始め、それを持って中へ入れと言う。スタンディングのチケットかな?と思い、慌ててもらってゲートに行く。それでお金を払おうと、かばんの財布を捜すと、ゲートの係員が「いいから、行け行け」と言う。我々3人はタダで中に入れてしまった・・・。手近なゲートから中に入り(まさにゴール裏だった)、空いていた席に着いたが、2人席のところへむりやり3人で座ったことが災いして、15分ほど経ったところで係員からチケット提示を求められ、つまみ出されました(笑)。もっとうまくやってれば最後まで観れたかも?!まあ、面白い経験ではありました。タダで観れたので文句はないですが、あのピンクの紙をお金を出して買っている人がいたら泣くになけないでしょうね。(→マンUのときにそういう光景を目撃しました)
1/1 マンU×サンダーランド
メンバーのチケットで定価で購入。現地ボックスオフィスでピックアップだったが、クラブハウスがわかりづらかった。駐車場の外れにある(警備員でさえも知らず、2度ほど右往左往させられた)。ピックアップに必要なのは、当選のメールと会員証だけ。1通1通レターと共に、封書にしてあるのには感動した。席はどこだか知らなかったが、高い方の席だろうと思っていたら、なんとメインの中央、VIP席のすぐ下で、非常に良い席だった。
(Special Thanks to "MIMIさん"[BBS No.1316])

(2002年12月、翌1月にかけてイタリアとイングランドで観戦されたbashysさんからの情報)
1. マンチェスターU-バーミンガムシティ(マンチェスター)
 バックスタンド 1F コーナー付近 最前列 26ポンド 公式サイト
 マンチェスターユナイテッドのクラブメンバーに加入しているため公式サイトで定価購入。はじめからバックスタンド1Fを指定して購入。試合の1ヶ月ほど前にサイトでの申し込みが始まり、申し込み後2週間程度で自宅に到着。列番号がAA列だったため、まさかとは思っていたが現地に行ってみると最前列。しかもコーナー付近だったためベッカムのCKが思う存分楽しめました。特にベッカムのファンであった訳ではなかったのですが、1ゴール1アシストの活躍に思わずユニを買って帰ろうかと思ったくらい。あとはW杯でみる事が出来なかったロイ・キーンの活躍が見れたので大満足でした。OLD TRAFFORDの雰囲気も最高!このスタジアムでは1眼レフの望遠で写真を撮っていてもなにも言われませんでした。
2. アーセナル-リバプール(ハイバリー)
 メインスタンド 1F コーナー付近 24列目 175ポンド チケット屋
 ハイバリーはダフ屋から買った場合に様々なトラブルが起きている事を聞いていたのでチケット屋を使用する事に。日本のチケット屋も色々聞いたが最終的にはロンドン在住の友人にロンドンのチケット屋を紹介してもらう。そのチケット屋には日本人がいたので電話での交渉は日本語で可能でした。安心料としてしょうがないかなと納得させる。席はメインスタンド1Fでしたが席が後ろ目だったため、2F席がかぶって見難い。24列目はギリギリの感じでここより後ろは完全に死角が出来てしまうと思います。しかもイギリス人はみんなでかくてチャンスには立ち上がる為また見難い。試合内容もお互いPKの1-1でそれほど盛り上がらず。。。ここでは写真を撮ろうとすると通りがかったおっちゃんに写真を撮っているとスチュワードにカメラを取り上げられるぞと言われたが、その後後ろの席のおっちゃんには構わないから写真を撮っちゃえと言われ、結局フラッシュを焚かない様にして時々撮りました。
3. アーセナル-チェルシー(ハイバリー)
 アーセナルサイドゴール裏 1F 50列目 90ポンド チケット屋
 リバプール戦と同じチケット屋で購入。結果この席がこの旅行を通して最悪の席に。席はゴール裏の1Fの後ろの方。しかも一番端(コーナーより)席が後ろの方だったため2F席が被って立ち上がると遠いサイドのゴールが見えない。しかも端の席で、端にある壁が低い為思いっきり雨がかかる!多分この日見に来ていた38,000人の中でワースト10に入る席だったでしょう。幸いにして前半10分くらいで雨が止んだ為、後半は楽しんで見る事が出来ましたが、ハイバリーはどうも好きになれるスタジアムではありませんでした。前半はそんなこんなで写真を撮っている余裕も無かったのですが、後半カメラを取り出して写真を撮り始めるとスチュワードがやってきてカメラをバッグにしまえと言ってくる。まわりではビデオで撮影している人もいたけどそちらはお咎め無し。基準は良く分からなかったけど、とりあえずこの席では望遠レンズの使用は不可でした。そういえば、この時だけ荷物チェックがあったなぁ。
(Special Thanks to "bashysさん"[BBS No.1301])

(2002年12月、翌1月にイングランドで観戦されたプミラ&シンヤマンさんからの情報)
 アーセナルVSリバプール、アーセナルVSチェルシー、マンC@フラムを観戦してきました。
 マンC@フラムについては、チケットマスターに電話をし、現地引き替えにしました。代理店では¥20,000〜だったそうですが、£15でした。稲本の出ない試合で¥20,000はきつい。それに1/1の延期された試合はどうなるんでしょうね?
 チケットはダフ屋との交渉がトラブルになった場合のことを考えてエージェントを通しました。リヴァプール@アーセナルは、£180、チェルシー@アーセナルは、£120 で購入しました。座席は、それぞれバックスタンド・アッパーのサウス側端とメインスタンド・ロウワー・ノース側ゴールエリアライン上辺りでした。
(Special Thanks to "プミラ&シンヤマンさん"[BBS No.1278])

(2002年12月、翌1月にイングランドで観戦されたENEOSさんからの情報)
 今回はBIG3の一角であるアーセナルVSリバプール、アーセナルVSチェルシーと首位攻防戦+人気BIGクラブ直接対決という注目のゲームを観戦してまいりました。今回もいつも同様にダフ屋からの購入で対処したのですが、ハイバリーはなかなかチケット入手が困難なスタジアムでした。
 理由は1.BIGクラブのホームスタジアムとしては小規模の38,000人しか観客収容できないこと。(ちなみに、マンUのオールドトラフォードは68,000人収容)2.観戦したゲームの対戦相手が人気BIGクラブであったこと。(3)首位攻防+チェルシーについてはダービー戦であったこと。を考えれば当然かもしれません。ただその3つの理由以外に、スタジアムの構造上、チケットをゲートでチェックした後でないと、席のレイアウトが把握できず、ダフ屋が売ってくるチケットがどの辺の席か把握できないため、良い席か悪い席かがゴール裏かロングサイドか、または1階か2階かしか判断材料がないことが苦戦の大きな理由でした。
 とにかく、観戦することは決めていたので、多少の出費は覚悟していたものの、地下鉄アーセナル駅を出て、最初のダフ屋に聞いたチケット価格がなんと250ポンド(約5万円)との回答に一瞬、嫌な予感がしました。イギリスは資本主義発祥の国らしく、チケット価格は完璧なサプライ&デマンドで決定されるので、上記の3つもデマンドがタイトな要因があればまたたく間に、チケット価格が高騰してしまうのです。さすがに、成田〜ロンドンのエアを11万で購入した私は2試合のチケット代がニアな出費では「多少の出費」で済まないなと気を引き締め、ハイバリーの周りを2周して「ダフ屋プライスレンジ」を調査した所、250ポンド〜190ポンドの間が相場であることが分かりました。言うまでも無く、アッパーがロングサイドの価格でローワーがゴール裏であることは確認した上で、私はゴール裏での観戦を決断しました。あとは、ゴール裏の中でいかにベターな席をゲットするかが問題でしたが、前述の通り、席のポジションが分からないためROW(列番号)の数字とチケット通常価格(チケットに記載されている)を糸口に一番ベターなチケットを購入し、見事にゴールから右にややずれたポジションの1階中段というゴール裏ではBESTな席を引き当てました。それも購入価格を10ポンド値切って180ポンドでの購入という、あの状況においては最良の決断だったかと自負しております。試合はオーウェンの前半交代というハプニングはあったものの、価格に見合うハイレベルな展開に大満足な内容でした。
 元日決戦のチェルシー戦はこの経験を踏まえ、席のポジションもだいたい把握したうえで巧みに交渉をすすめることが出来ました・・・といいたいところでしたが、やはりたった1試合しか観戦経験+情報しかない私にはまだまだ困難が待ち受けていました。チケット価格は前回のダフ屋の男性から聞いていたリバプール戦より安くなるという情報+ネットカフェでみたヤフーのチケットオークション価格+ピカデリーサーカスのシアターチケットでの販売価格を総合してロングサイドが120〜140ポンドが落とし所と確信していた私は、アーセナル駅から降りて最初のダフ屋から150ポンドという価格を聞き、作戦通りと判断しました。あとは、いかに良い席をゲットするかだと判断した私は、当日が雨だったこともあり、屋根付のロングサイドで極力センターライン付近を目標に交渉し、バックスタンドのセンターライン付近39列目という、交渉上は完璧な席を引き当てたかに思えました。ただ、席を見て「しまった!」と思ったのは、ハイバリーの屋根が低く向かい側(すなわちメインスタンド側)のプレーが見づらくボールが上にあがったプレーなどは良く見えないのが誤算でした。こればっかりは、さすがに分からなくても仕方がないと思いますが皆さんには、私のような失敗はしてほしくないのでハイバリーのベストな席はバックスタンド「ブロックQの20列前後」ということにご留意ください。ちなみに、リバプール戦のゴール裏のベターな席はブロック6の前後でROWがアルファベットがダブルでつく席(具体的にはFF前後か)がベストです。必ずチケットを見たうえで交渉しないと大変な目に会いますよ!ちなみに、私が当日に見た日本人のトラブルは、ダフ屋の男性にお金を払った上でチケットを手渡され、「警察が見たらやばいから早くポケットにしまえ!」とチケットを折った状態で渡されてトンズラされて、後でチケットを見たら翌週のFA杯での「オックスフォード戦」のチケットであったことが判明してべそをかいている人を見ました。初心者にありがちなトラブルですが、慣れてない人は綿密に事前作戦を立てないとまず良い席を良い価格では買えません!
(Special Thanks to "ENEOSさん"[BBS No.1272])

(2002年12月にイングランドで4試合観戦されたベックスさんからの情報)
@12/7・マンチェスター・U×アーセナル(プレミアリーグ)
 私の場合、前日の昼過ぎにロンドンに着いて、翌日の早朝にマンチェスターに向かうというプランでしたので、チケットの方はやむなく現地のチケット・ブローカーに依頼しました。定価25ポンドの席を180ポンドにて購入(!!)。相当高くつきましたが、マンUファンの私としてはどうしても観ておきたい試合だったので、金額を提示されて即決しました。席は未定ということでしたので、ちょっと心配しましたが、1階席のWest-Southスタンドのコーナー近辺と観戦するには申し分ない席でしたので安心しました。尚、好カードにつきダフ屋はチケットをほとんど持っておらず、230〜250ポンドが少量で取引されていたようでした。試合は2-0でホームのマンUが完勝!スタジアムは最高の雰囲気でした。なによりマンUの選手に対する愛情のこもった応援が素晴らしく、Thearter of dreamと言うよりTheater of loveという感じがいたしました。みなさんにはぜひ一度訪れていただきたいスタジアムです。
A12/10・アーセナル×バレンシア(欧州CL)
 チケットは、試合の1週間ほど前にチケットマスターにて一般販売がありましたので、そちらで購入しました。定価27ポンド+手数料=約30ポンド。平日(火曜日)のしかもカップ戦ということで、リーグ戦よりもチケットの売れ行きは悪く、チケットは結局完売しなかったようです。当日の試合前にダフ屋から35〜40ポンド程度で購入されている日本人の方々も見受けられました(さすがに席はそれほど良くなかったですが・・・)。私の席はバックスタンドの1階席やや後方だったのですが、ENEOSさんも書かれている通り、ハイバリースタジアムは2階席の屋根が張り出しているため、20列目より後方の席ともなると観戦し難かったです。もし、1階席をご購入されるようなことがあれば、ROW(列)の数字にはご注意あれ。試合の方は、アーセナルの波状攻撃をバレンシアの堅い守りがはね返すという白熱の展開。結局スコアレスドローに終わりましたが、非常に見応えのある試合でした。
B12/11・マンチェスター・U×デポルティーボ・ラコルーニャ(欧州CL)
 昨日の興奮も冷めやらぬまま、再びマンチェスターへ。今日の試合のチケットは当初より当日現地調達の予定で、念のために試合の4時間ほど前にスタジアムに向かいました。さすがに、まだダフ屋もいないだろうと思っていたら、Old Trafford駅近辺で背後から「チケットは持っているか?」の声。振り返ると、そこには身の丈2mはあろうかという大男。さっそく交渉することにいたしました。最初は「180ポンドだ。」とふっかけられましたが、「そんなに持ってるわけないだろ。」、「そんなにあなたに払ったら日本に帰れない。」などと言って応戦したところ、ゴール裏2階席6列目のほぼ真ん中の席のチケットを40ポンドで購入することに成功しました。席にこだわらないのであれば、そこまで大金を積まなくてもチケットを手に入れることが可能なのかもしれません。ただし、カップ戦にかぎっての話ですが。また、私の経験からするとイタリアやスペインのダフ屋よりもよっぽど交渉しやすい相手だと思いました。偽チケットをつかまされることもまれのようですし。試合の方は、ルート・ファン・ニステルローイが2ゴールをあげる活躍で、因縁の相手デポルティーボ・ラコルーニャに完勝。個人的にお目当てだったベッカムは後半36分からの途中出場でちょっとがっかりしましたが、それでもオールド・トラフォードの素晴らしい雰囲気に再び浸れることができて、また感動。やっぱりいいもんはいいです。あと、オールド・トラフォードは構造が急勾配のため、遠くの席でも観戦しやすいと思いました。
C12/12・リバプール×フィテッセ・アーネム(UEFA杯)
 マンチェスターからコーチ(バス)で約50分。チケットの方は、この日も当日現地調達の予定。こちらは、最近のチームの成績も反映してか、すんなりBox Officeで購入することができました。しかも席は選びたい放題だったので、希望通りバックスタンド1階席前から6列目のど真ん中のチケットをゲット!試合の方は、オーウェンの1ゴールを堅いディフェンスで守り切るというお決まりのパターンでリバプールの勝利。でも、目の前でオーウェンやジェラードがプレーする姿を観ることができて、感動。確かにサッカー観戦には不向きかもしれませんが、ど迫力を体験するため、一度は間近で観戦するのもよいと思いますよ。声なんかはっきり聞き取れますし。最後に、アンフィールド・スタジアムは、交通にやや難があるものの、非常に観戦しやすいスタジアムだと感じました。ただし、メインスタジアムですと柱がうっとおしく感じられるのでバックスタンドの方がオススメです。
(Special Thanks to "ベックスさん"[BBS No.1258、No.1274])

(2002年12月にフルアムのホームゲームを観戦されたsuzukiさんからの情報)
 2002年12月7日のフラムvsリーズ戦を見ました。当日券を目当てに行ったのですがメンバーにならないとチケットが買えないといわれ(日本人だから?)同じく1人で来てた日本人の方に声をかけられて、一緒に時間を潰して(しばらくしてから来てみたらメンバーじゃなくても買えるかもしれないから)またチケット売り場に来てみました。
 試合開始1時間半前でもメンバーじゃないと当日券は買えないと言われ、仕方なくメンバーズに入って(2人で割り勘でチケット2枚購入)見ました。2度目に行った時は日本語を話せるスタッフの方がいました。
(Special Thanks to "suzukiさん"[BBS No.1213])

(2002年12月に観戦予定のGunnersさんからのフルアムのチケットに関する情報)
 (フルアムは)前売りで完売できないので、一般販売が始まりました。電話受付だけですが、私は昨晩成功しました。SouthAfricaStandのほぼ中央B列という絶好座席で、しかも、1枚15ポンドでした。値が下がっていますよね!?ぜひ、電話にTryして下さい。
(Special Thanks to "Gunnersさん"[BBS No.1212])

(欧州各国で観戦されているぎんさんが今年観戦された試合のチケット入手情報)
10月29日CLニューキャッスルvDキエフ (当日券G裏1F席)
10月30日CLリバプールvバレンシア (チケットマスタ手数料かかってコナー 29GBP)
11月1日UCセルチックvブラックバーン (前日スタジアムでバックS)
11月3日PLトッテナムvチェルシー   (当日券G裏)
11月17日PLウエストハムvマンU   (当日券46GBP席のみあり棄権)
(Special Thanks to "ぎんさん"[BBS No.1190])

(2002年10、11月にイングランドにて4試合観戦されたタツさんからの情報)
1・10/27 サウザンプトン x フラム
 試合の約1週間前にe-mailで予約。この対戦でチケットが前売で完売することはないとわかっていたが、見に行くと決めたなら少しでもよい席で見られるに越したことはないし、チームのホームページにe-mailでの予約を受けつける旨明記されていたので予約。ただし申込時のメールに「予約できたら確認のメールをくれ」と書いたにもかかわらず、返信がなかったので出発の2日ほど前に電話で確認するはめになった。座席はメインスタンド、ハーフウェイラインとゴールラインの中間くらい、前から12列目といういい席だった。29ポンド。この対戦、稲本欠場でこの値段は高かったかもしれないが、試合内容には満足(0-2からホームチームがひっくり返して4-2で勝利)。当日券あり。
2・10/30 リバプール x バレンシア
 試合前日にリバプール入りし、駅に荷物をあずけ、スタジアムのチケットオフィスに直行したところ、定価(25ポンド)で入手できた。有名なKOPスタンドと反対側のゴールの真裏、6列目(5列目まではシートをかぶせて使用しなかったため、実質最前列)。視界が常にゴールネットで妨げられるので、かなりつらい観戦になったが、初めてのアンフィールドでの観戦に感動(私はリバプールのファン)。試合は0-1というスコア以上にバレンシアが制していた。当日券はなかった模様。
3・11/2 リバプール x ウェストハム
 一般向け発売当日にインターネットで申込、入手。当然定価(25ポンド)。バックスタンド2階の上段(後ろから5列目くらい)、端ではないがゴール寄り。オーウェンの2ゴールは忘れられない。前売で完売した模様。
4・11/3 リーズ x エバートン
 試合の2日前に電話で予約。アウェイサポーターの隣のセクションで、コーナーの座席。24ポンド。新星ルーニーの見事なゴールが見られたのはうれしかった。当日券あり。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
 最初のもくろみでは11/3はフラムxアーセナル、ダメならトットナムxチェルシーをロンドンで見るつもりだった。フラムのチケットオフィスに10/28に行ったところ、試合まで1週間を切っているにもかかわらず「アーセナル戦のチケットはクラブ会員にしか売らない」とのことだった。またトットナムの試合はロンドンに着いてから確認したところ、売切れになっていた(クラブ会員だけでは売り切れず、一般向け発売されたことはホームページで確認していたが)。また、リバプール−ロンドンの鉄道での移動が週末は予想以上に時間がかかることが判明した(今年のクリスマスシーズンまでには解消される模様)こともあり、リーズでの観戦に計画変更した。
 またリバプールxバレンシアについては、リバプールは過去2試合のチャンピオンズリーグの試合のチケット半券を持っている人にしか売らない、と発表していたので、私も何もできずに現地に向かうしかなかった。が、平日の夜の試合であること、1次リーグはまだ半分予選みたいなものということで、十分チャンスはあると信じていたが、やはりその通りだった。キーになったのは前日に現地入りしたことだと思う。試合の日に日本から来た人に数人出会ったが、みんな30000円くらい払って手配したと言っていた。
 プレミア観戦は初めてではなかったが、観戦が主目的での旅行は今回が初めてだったので、いろいろと調べた。その結果わかったことは、無責任と言われるかもしれないが、本当に入手が困難なのはマンU、アーセナル、リバプールの3チームで、それ以外のチームは十分チャンスがあるということ。特に11月のようにシーズン前半ならなおさら。なにしろ私がこの旅行を決めたのは、11/2のリバプールの試合のチケットが取れたから(10/10発売だった)。確かに私は電話やメールでチケットを予約できる程度の英語力があるので、それがアドバンテージになったかもしれない。でも基本は(これはヨーロッパのサッカーに限らず、メジャーリーグやNBA観戦でも同じ!)少しでも早く現地入りし、窓口に行くこと。ホームページで売切と表示されていても、チケットは返却されてきたりすることがある。連番は難しくても1枚とかバラとかで買えることは少なくないよ。これ、ホント!
(Special Thanks to "タツさん"[BBS No.1113])

(2002年10、11月にイングランドにて3試合観戦されたENEOSさんからの情報)
  @サウサンプトン VS フルハム(プレミア)
  Aリバプール VS バレンシア(チャンピオンズリーグ)
  BマンチェスターU VS サウサンプトン(プレミア)
 特に、ABは日本でも超人気クラブですので、ぜひ一度は見てみたいと考えている方も多いと思います。さて、では個々の試合の観戦情報です。若干の主観が入ることはお許しいただくことを前述いたしますが、@は稲本の出場を期待してわざわざサウサンプトンまで足を伸ばしましたが残念ながら彼の出場がなく、「全くの徒労」に終わってしまったのが残念です。試合のチケット取得は当日の1時間前に普通に足を運んでスタジアムのボックスオフィスで購入できました。価格はもちろん定価£20(\4,000程度)でゴール裏で観戦できました。ご承知の通り、プレミアのスタジアムは他国と違い非常にグラウンドと観客席が近いのでめちゃくちゃ近くで見ることができました。
 さて次からが本番ですがAについては今回の旅行のメインと考えており、私のお気に入りの両チームがぶつかる「ゴールデンカード」であり、是が非でも観戦したかったので、日本の旅行代理店に渡航前にチケットについて相談したところ、「プレミアリーグのビック3(マンU、アーセナル、リバプール)のチケット取得は困難で、3万円+手数料が必要」とふっかけられて、以前にイタリアとスペインでビッククラブでの観戦経験がある私にとって、どう考えても高額であったので、日本でのチケット取得はあきらめて現地にてチケットを調達することとしました。(もちろん、次のBの試合も同様に3万円はかかると言われて断念)現地での行動は当日に「ダフ屋」という手も当然考えられましたが、万一取れなかった場合や膨大な金額を提示された場合のことを鑑み、「石橋を叩いて渡る」とことが賢明と判断した私はロンドンのピカデリーサーカスという繁華街の主要駅(現地にいけば誰でも分かる)の構内にある「シアターチケット」(これも1軒しかないのでだれでも見つけられる。主に「ライオンキング」などの人気ミュージカルのチケットを高価で販売して利潤を得る、日本で言うチケットショップの店)でオーダーし、£125(\25,000程度)を提示された。ちなみに、ゴール裏なら£90(\18,000程度)とのことであった。値切ったが一向に譲る気配がなく一生の記念になる試合にわずか\7,000をケチりたくないと、「日本の3万円+手数料より良いか」と割り切り、高いほうのロングサイドを購入。ちなみに定価は£25(\5,000程度)で定価の5倍で購入してしまったこととなる。これが最終的には「裏目」と出た(詳細は後述)のだが、以後の観光にチケットの心配がなく、安心して出かけられたという意味では収穫であったと評価できるかもしれない。
 ここで重要な情報であるが、リバプールでの試合の当日は各地から観戦にファンが何万人と駆けつけるため、チャンピオンズリーグのような夜キックオフの試合を観戦される方は、当然その日はリバプール泊ということになると思うが、リバプールはビートルズ関連の名所以外は主だった観光スポットがなくホテル自体の数が他の主要都市に比べてきわめて少ない。よって、適価なホテルはかなり早くから前もって予約をしておかないと、私のように1泊2万円以上する高価なホテルに泊まるはめになるか、最悪の場合ホテルが見つけられないという最悪の事態に陥ってしまう。これは留意いただいた方がいいかと思います。
 さて、試合ははっきり言って「Great!」の一言でこればっかりは見た人にしか分からない感動があります。リバプールのファンはすごく熱狂的で、試合前の応援歌「You Never Walk Alone」を聞くと、感動で胸にジーンと来て涙がでそうになったのをさっきのことのように覚えてます。結果は0対1でリバプールの敗戦でしたが、他国の某リーグのように負けたチームの選手にブーイングを浴びせるホームチームのサポーターとは違い、終了の笛と同時に「よくやった!」といわんばかりの大きな拍手をスタンディングオベーションで迎えます。サポーターは選手全員を下の名前で呼んで応援します。これを見ても本当に「ここに来てるサポーターは本当に心からリバプールというチームを愛しているだ!」と思い、感動させられます。私もこの試合を観戦してリバプールの大ファンになりました。ぜひ、プレミアリーグのファンの方で一度、観戦をしたいと思ってる方がいれば、リバプールのアンフィールドスタジアムでの観戦をおすすめします。
 さて、チケットの話に戻りますが、ロンドンで購入したチケットの席はコーナーキックのフラッグからわずかにだけ、センターよりの前の席で、選手を間近に見れるのはいいのですが、席の位置としてはお世辞にも良い席とはいえず、これなら£90のゴール裏でも変わらなかったな・・・と思うとガッカリさせられました。要は冷静に考えて、チケットショップのような商売は如何に安いチケットを仕入れて顧客に高く売るかの商売なので、このような話は「日常茶飯事」で買い手の我々も知恵がないと私のようなドジをすることとなるわけです。
 ではどうすればドジをしないですむのかを次のBの試合で解説しますと、まずだいたいの試合であれば、どの試合もダフ屋がいますし、警察も「必要悪」として半ば黙認しています。試合の2時間前にはスタジアムに到着し、ダフ屋の相場をいろいろと物色し、当たりをつけておくことが重要です。私はBの試合のチケットをダフ屋から£50(\10,000程度)で購入しました。2階席ならば£40(\8,000)で買えます。一体、ロンドンでのチケットショップや日本の代理店での高額提示はなんだったのでしょうか?全く必要ないと私は思います。ただ、私もプレミア初観戦で「百戦練磨」ではありませんので、いつ・どのマッチメイクでもダフ屋で購入可能だとか上記の相場で購入できると言い切ることはできないのでこれは読者の方も最近の一事例として聞いていただければ幸甚です。Bの試合の席はまたまたPKフラッグのややセンター寄りの最前列でしたが、憧れの選手が目白押しのマンチェスターUの試合を間近で見れたことは最高でした。
 とまあ、これが私の経験談です。多少の出費はみなさんも覚悟の上で旅行をされることと思いますが、サッカーメインでプランを立てるなら、日本を金曜日出発で現地金曜日夕方着、土・日曜をプレミア観戦して、火・水曜をチャンピオンズリーグかUEFAカップさらに土曜にプレミアをみて日曜日に帰国というプランがベターであり、私のようなサラリーマンの方には現実的なプランなのかなと思います。最初のプレミアをロンドンでアーセナルかチェルシーの試合を見て、週中のチャンピオンズリーグをリバプールで見て、湖水地方を観光で回った帰りに、次の土曜日にマンチェスターでプレミアを見て、その日のうちにロンドンに帰って、次の日にロンドンのヒースロー空港から日本に帰るというプランが最高だと思います。ぜひ読者の方に少しでも参考になれば幸甚であります。では、良い旅を・・・。
(Special Thanks to "ENEOSさん"[BBS No.1106])

(2002年8月にイングランドで観戦されたMASAさんからのニューカッスルに関する情報)
  私は8月20日にニューキャッスルのセントジェームズパークで 対ウェストハムユナイテッドを観戦しました。チケットは当日の午後2時にBOX OFFICEで入手しました。席はコーナー側の1階席で27ポンドでした。 〔No.1459〕のとおり席の位置はクラブホームページで確認された方がいいと思います。チケット入手は未だされていないと思いますので、私なりのチケット入手から観戦までの感じたことを簡単に書きたいと思います。
@チケットの電話注文は難しい。
 英語ができれば問題ないことではないかと思われるかもしれませんが、ニューキャッスルの人たちは相当訛っています。こちらの言っていることは理解してもらえるのですが、現地の人の言っていることは本当によくわかりません(苦笑)。おまけに一般販売解禁の時は電話が全然つながりませんでした(結局面倒くさくなってやめた)。できれば、早目にBOX OFFICEに出向いてチケットを入手できるかどうか確認されたほうがいいかもしれません。事前(日本出発前)にホテルのコンシェルジュに頼んで入手してもらう手もあるかもしれませんが、私が宿泊したニューカッスル中央駅前のシスルホテルへFAX送信してチケット入手を依頼しましたが、コンシェルジュがいないためかあっさり断られました。
A中央駅からスタジアムまでは徒歩10分ほどで近い。
 ロンドンからでもエジンバラやグラスゴーからでもニューキャッスルまでの直通列車があり、しかも全部停車しますので非常に便利です。便利さを求めるならば宿泊施設は中央駅そばがいいかもしれません。ただし、宿泊料は高いですが… 
 スタジアムのそばにはコーチステーション(バスターミナル)がありますので、ロンドンから夜行バス等で現地に着いてその足でスタジアムへ行く手もあります。
 スタジアムは街中にありますので、付近の飲食店(インド料理、中華料理、意外にも日本料理店もある!!)やパブに困ることはないでしょう。それに商店街もそばにあり、イングランドの他のスタジアムとは違っていて便利です。
Bいざ観戦。その前に
 スタジアムにオフィシャルショップがあります。マフラー、ユニホーム、トレーニングウェア等品数も充実しております。ここで買い物して応援に備えましょう。それにニューキャッスルのグッズは日本ではなかなか目にすることがないですね。マッチプログラムが欲しい場合はスタジアムに入る前に購入してください。スタジアムの中では売っていませんでした。試合当日、駅前やスタジアム付近のパブは混雑します。でも、イングランドフットボールの雰囲気を満喫するにはパブは欠かせません。人込みを掻き分けてパブへ突入するのは良い経験でしょう。ただし、サポーターやパブの用心棒とトラブルにならないように注意してください。
 キックオフ30分前から直前までスタジアム入口付近は混雑します。入手したチケットを絶対に人前でちらつかせないで下さい。チケット泥棒の標的になる可能性が高くなります(私はアンフィールドで遭いそうになりました)。チケットは係員に提示する直前にはじめて取り出した方が安全でしょう。日本人の場合はあまりチェックされませんが、手荷物はなるべく少なくした方が無難です。
Cトイレは事前に済ませた方が良い。
 ハーフタイムの時スタジアムのトイレは本当に込みます。前半終了間際に席を離れる人もいますが、私個人としてはオススメしません。
終了間際にゴールが決まることが多々にあるからです。試合前にトイレは済ませておいた方が無難でしょう。対策としてビールの量をやや控えめにした方がいいでしょう。
Dニュー!!キャッ!!スル!!
 応援は一生懸命しましょう!!拍手・声援は惜しみなくして下さい。試合中のスタンディングのタイミングは周りで判断すればいいです。
シアラーやベラミーなどのゴールが決まったら熱狂の渦です。周りの人たちにガッツポーズをとって喜びましょう。そうすれば、サポーター達はそれに応じるはずです。
Eニューキャッスルの近隣(おまけ)
 私個人としては、ダラム(Durham)が好きです。世界遺産に指定されている大聖堂や大学もあり本当に美しい街です。一度訪ねてみて下さい。気に入ること間違いないです。
 ライバルのサンダーランドも非常に近いです。まだ行ったことがないですが、今度の4月2日にサンダーランドのスタジアムライトでイングランドvsトルコが行われる意味では興味があります。チケットの入手と宿の確保が難しいと思われますので、もし現地で観戦される場合はニューキャッスルかダラムで宿を確保することをオススメします。
 列車で1時間ほどならば、城壁都市ヨークやスコットランドのエジンバラへも行くことができます。
 簡単に終るはずが長くなってしまいましたが、質問がありましらお気軽にどうぞ!!
(Special Thanks to "MASAさん"[BBS No.1462])

(2002年8月にイングランドにて5試合観戦されたMASAさんからの情報)
@8月18日(日)14:00 アストンビラ vs リバプール
 当日の午前11:00ぐらいにバーミンガムのヴィラパークスタジアム(最寄り駅はWitton駅です。Aston駅ではない!!)に到着。スタジアムすぐ近くのBOX Office(Villa Village Super Storeのすぐ隣)で入手。
A8月19日(月)20:00 ニューキャッスルユナイテッド vsウェストハムユナイテッド
 当日の午後2:00にセントジェームズパークスタジアム(最寄り駅は地下鉄St.James駅だが、Newcastle Central駅から歩いて10分程度)のBOX OFFICEで入手。
B8月24日(土)15:00 ウェストハムユナイテッド vs アーセナル
 8月23日(金)の午前10:00にアップトンパークスタジアム(最寄り駅は地下鉄Upton Park駅です。West Ham駅ではない!)に到着。Ticket Office で入手。
 お目当てのチケットを手に入れるためには、まずスタジアムに足を運ぶことです。試合のない日、あるいは、試合まで時間的ゆとりがあってもスタジアムへ足を運ぶことをオススメします。なぜならば、イングランドのスタジアムはチケット販売所だけでなく、クラブ博物館、スタジアム見学、オフィシャルショップ等結構楽しむことができるからです。
(日本で事前に確保されたマンU関連の2試合のチケットについて)
 既にマンチェスターユナイテッド戦については2試合分のチケットを入手していきました。8月17日のオールドトラッフォードの開幕戦は現地受け取りで旅行会社と話がつき、8月23日のチェルシーvsマンチェスターユナイテッドは正規の値段(それでも45ポンドとやや高)で成立。
 8月17日:マンチェスターユナイテッドvsウェストブロムウィッチ
 8月23日:チェルシーvsマンチェスターユナイテッド
(Special Thanks to "MASAさん"[BBS No.980、No.1019])

現地観戦情報、求む!

 イングランドでのサッカー観戦に関する体験記、チケット確保の方法、ダフ屋交渉術、おみやげにおすすめなレアグッズ情報など、どんなささいなことでもあらゆる情報について募集しております。いつでも、どこからでも、当サイトの掲示板「欧州サッカーBBS」の方にお書き込みください。皆様からの貴重な情報、お待ちしております!

掲示板「欧州現地観戦BBS」

トップページ03/04シーズン02/03シーズン01/02シーズン以前

イングランドトップページへ戻る
 

▲Page Top
Copyright(C) euronavi.net All rights reserved.