Click here to visit our sponsor



 
>> イタリア・セリエA 皆様の現地観戦記   [ イタリア・セリエAトップへ戻る

2000.8.26 「メモリアル・チェッキ・ゴーリ」
 (フィオ、ラツィオ、ビルバオの変則マッチ)

by 新谷さん

[日時]8月26日(土)20:00〜
[場所]スタディオ・アルテミオ・フランキ
[試合名]メモリアル・チェッキ・ゴーリ
[カード]3チームの変則マッチ
      ラツィオ VS アスレチック・ビルバオ(45分)
      フィオレンティーナ VS ラツィオ(45分)
      フィオレンティーナ VS アスレチック・ビルバオ(45分)

 僕達は、18:45頃、スタジアム西にあるバールで当日券を買いました。Maratonaという席(バックスタンド)で、1人54,000リラ(27.69ユーロ)でした。ちなみに、Tribuna(メイン)は、80,000リラ(41.32ユーロ)、ゴール裏(Curve)は25,000リラ(12.91ユーロ)。

 19:00、スタジアムに入ると、ラツィオが練習を始めたところで、
ネドベド、スタンコビッチ、ミハイロビッチをはじめ、そうそうたるメンバーがアップをしていました。選手が近寄ってくると、イタリアの若い女の子達がキャーキャー言ってました。どこの国にも、こーゆー光景はあるんだな−と思いました。女の子のお目当ては、やはりクラウディオ・ロペス、ネスタあたり。途中から、ゴール前で、ハンドボールみたいにボールを手で回しだしました。

 席は、自由席だけど、プレシーズンだけに、けっこうすいてました。隣に座ったおっさん2人が、「ヌノゴメス!」「レアンドロ!」と言い争ってました。僕は、トルドのユニフォーム(ニセモノ)を着て、マフラーもしてたので、「フォルツァ・ヴィオラ!」「ミ・ピアーチェ・トルド!」とか言うだけで、隣のおっさんは上機嫌になってくれました。

 スタジアムは、おっさんと、その子供と、カップルがバランスよい比率でいる感じで、オリンピコとかサン・シーロとはまた違った雰囲気でした。

 試合は、フィオレンティーナが、1勝1分けで優勝。ラツィオ戦はスコアレスドロー(と言っても45分だけど)でしたが、ビルバオ戦では、レアンドロが2ゴールを挙げました。ヌノゴメスやキエーザに比べると華が無いけど、なんとなく実戦向きなにおいのする選手。何年か前にいたエスポジート(バティ、アニマルエジムンド、オリベイラの影に隠れ、ほとんど存在感が無かった)のような感じで、いればそこそこ役に立つキャラかも。

 あと、収穫といえば、かつてスペインの至宝と言われたリトルブッダことデラペーニャの、ラツィオでの最後の勇姿がみれた事でしょうか。ベーロンは出てなかったけど、もし出てたら見分けがつかなかったかも。

 帰りは、バス停はよく分からなかったので、電車(終電23:45)に乗ってSMN駅まで帰りました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

投稿頂いた新谷さんは、ご自身でセリエA観戦ガイド系サイトを
主宰されております。ぜひそちらもチェックしてみて下さい。
「サッカー生観戦するためのイタリアガイド」

  ◆ ご意見・感想・質問はこちらから(兼・観戦体験記の投稿フォーム)

 このコーナーに対するご意見、ご感想、ご質問を、以下のフォームか直メールにてお聞かせ下さい。また、観戦体験記の投稿も大歓迎です。皆様の貴重な観戦体験記を募集します。よろしくお願いします(チケット確保の方法、スタジアムまでの行き方を書いて頂けると有り難いです)。
 
投稿フォームは、こちら
 
直メールは、Satoshi宛: satoshi@euronavi.net まで

 

 

 

 

 

 

 

 

イタリア・セリエAトップページへ戻る
 

▲Page Top
Copyright(C) 2004 euronavi.net All rights reserved.