Click here to visit our sponsor



スポンサー
Click here to visit our sponsor
 
>> イタリア・セリエA現地観戦ガイド 〜 フィレンツェ編 〜 [ イタリア・セリエAトップへ戻る

  ◆ スタジアム: スタディオ・コムナーレ・アルテミオ・フランキ
  ◆ ホームクラブ: ACFフィオレンティーナ

こちらで申し込めば、送料無料でお届け!

 ローマ、ミラノに次ぐイタリアの観光地である華の都フィレンツェ。この町をホームとしたかつての名門クラブがACフィオレンティーナである。90年代後半はセリエB降格の冬の時代から復活後、司令塔ルイ・コスタと巨砲バティストゥータがチームの中心として活躍。カズゥ三浦のジェノア移籍以降、日本ではすっかりお馴染みになったセリエAにおいて、ビッグ7の一角を占める強豪であった。
 しかしW杯イヤーの2002年。チームは著しい財政危機に陥り破産。あまりにもあっけなくこの名門クラブはサッカー界から姿を消してしまった。
 それでも、フィレンツェの町でサッカーの灯が消えることはなかった。その後、フィオレンティーナは「フロンティア・ヴィオラ」と名を変えて、4部リーグに相当するセリエC2で再スタート。翌シーズンにはセリエC1昇格直後に、特例措置として拡大したセリエBへ昇格。クラブ名もフィオレンティーナへ戻し、セリエA復活を目指した戦いが始まった。そして、プレーオフの末、わずか1シーズンでセリエA昇格を達成。破産による4部降格という衝撃的なニュースから3シーズン。04/05シーズンよりフィオレンティーナはセリエAの表舞台に返り咲いた。さらに、シーズン開幕前には、中田英寿獲得のニュースも。もともとフィレンツェはイタリア有数の観光地なだけに、観光がてらにフィオレンティーナの試合観戦というプランを考える人も多いことだろう。サッカー専門スタジアムであるアルテミオ・フランキで、本場のカルチョを堪能されたい。

  ◆ アクセス方法

  サンタ・マリア・ノヴェッラ駅(フィレンツェの中央駅)からバスが出ている。このバスは、ドゥオーモ近くを通るので、ドゥオーモなどの中心部からも利用できる。バスは駅舎に向かって左側のバス停から出る(列車で駅に着いた人の場合、駅の右側へ出ることになる)。私が利用したのは、いつも17系統だったが、10、11、20系統も行くらしい(未確認)。また試合のある日は、52、53、54系統の臨時バスが出る。これはスタジアム前には着かずやや離れたところに着くため、降りたら周りの人についていくべし。
  所要時間は30分くらい。けっして終点ではないので、試合前などではなければ、あらかじめ運転手に降ろしてくれるように頼むなどしておいた方がいい。

  ◆ チケット購入方法

ACFフィオレンティーナ
  前売りチケットに関しては、チケット販売システムを持つバールなどで購入できる。販売先のリストについては、公式サイトで確認することができる。中でも、分かり易くおすすめなのは、共和国広場のチケット販売所と、スタジアム前の2軒のバール。共和国広場奥のチケット販売所では、前売りチケットを扱っている。前売りは1週間前くらいからなどと言われているが、注意なのはCLなどが水曜などにある場合、週末のリーグ戦のチケットは水曜以降の販売となり、月火については水曜のCLの前売りチケットが販売されるなど、いろいろなケースが起こりうる点だ。したがって、チケット購入の際には、自分の買いたい試合のチケットかちゃんと確認して購入されたい。

クリックして購入申込すれば送料無料で今すぐお届け!
  あと、もう一つの方法であるスタジアム前のバールで購入する方法についても書いておく。スタジアムの前には、メインスタンド側に2軒のバールがある。スタジアムに向かって(バールに背を向けて)、左側というかほぼスタジアムの正面にあるバールは、以前「Number」でも紹介されたバールで、試合の日ともなると、サポーターのオヤジが群がっている(フィオはオヤジサポ率が高く、阪神タイガース的な部分が随所にみられる)。こちらは平日の昼間は店を閉じていることもあり、ふだん昼頃とかには、チケットが買えないこともある。一方、スタジアムに向かって右側にあるもう1軒のバールは、試合のない日の昼間もランチを提供しており、活況を呈している。もちろんチケットを買いに来ている人も多く、そこで一緒に購入できる。店のおばさんはけっして英語をうまく話せないが、それでもスタジアムの見取り図を見せてくれたりして親切に対応してくれるので、イタリア語が理解できなくても心配することはない。なお、アルテミオ・フランキスタジアムのバックスタンド側には練習グランドがあり、練習のある日には、多くの選手を間近で見ることができるチャンスが高い。この練習見学ついでにバールでランチ&チケットゲットなんていう方法も、フィオ三昧のスケジュールでグッドだ。
  当日券についても書いておく。当日券がある場合、当日券はスタジアムのメインスタンド側の建物の2階にあるチケットオフィスにて販売される。建物の中に入り階段を上がると、オフィシャルグッズショップがあり、廊下をずっと突き当たりまで行くとチケットオフィスがある。

(皆様から頂いた情報より)


クリックすると拡大表示されます。
 フィレンツェではコッパ・イタリアのグループリーグ、対ヴェローナ戦を観戦しました。観客は半分ぐらいで、アウェー側は一人もいませんでしたが、わずかな人数でもイタリア人の声量は強烈で、本場の空気を十分に味わうことができました。情報があまりなかったのでチケットはホテルに頼んで手配してもらったのですが、指定席トリブナ2枚(20ユーロx2枚)を手数料たったの5ユーロで手配してもらえました。
 バスは17が最も本数が多く、最もスタジアムに近いです。10、11、20も可能ですが、行きに乗ると少々歩くのでよほどの理由がない限り17がオススメです。さすがの17番も夜遅くなると本数が少なくなり、30分に1本程度になってしまいますが、試合のある日は試合終了時にスタジアム前から臨時バスが出ます。
(Special Thanks to "cafecicoさん"[メールにて])

  ◆ 練習見学

  フィオレンティーナの練習グラウンドは、アルテミオ・フランキのすぐ横にある。フィオの練習を見学された関係者さんからそのときのお写真を提供していただいた。以下の練習見学記も参考にされたい。(なお、このページに戻る場合には、ブラウザにある「戻る」ボタンをご利用下さい)
 
練習見学記「ACフィオレンティーナの練習見学」(by 関係者さん)

  ◆ ご意見・感想・質問はこちらから(兼・観戦体験記の投稿フォーム)

 このコーナーに対するご意見、ご感想、ご質問を、以下のフォームか直メールにてお聞かせ下さい。また、観戦体験記の投稿も大歓迎。皆様の貴重な観戦体験記を募集中です。よろしくお願いします(チケット確保の方法、スタジアムまでの行き方を書いて頂けると有り難いです)。
 
投稿フォームは、こちら
 
直メールは、Satoshi宛: satoshi@euronavi.net まで

イタリア・セリエAトップページへ戻る
 

▲Page Top
Copyright(C) 2004 euronavi.net All rights reserved.