Click here to visit our sponsor



スポンサー
Click here to visit our sponsor
 
>> イタリア・セリエA現地観戦ガイド 〜 その他編 〜 [ イタリア・セリエAトップへ戻る



クリックして購入申込すれば送料無料で今すぐお届け!

  ◆ ボローニャFC(ボローニャ)の観戦について

(ボローニャ戦のチケットについて、バモバモさんのお話)
 この間、ボローニャvsユーベを見てきました。ボローニャの場合、駅からスタジアムまでが少し遠いためバスを利用する事になります(所要時間20分程度)。ボローニャとモデナの距離は1駅20分くらいだったと思います。ボローニャの駅の切符売り場はいつも混んでいて、土日はハンパないという記憶があります。ですから、事前に切符を必ず購入しておいて下さい。なお、ミラノチェントラーレからサンシーロまでの行き方は3つあります。
1. タクシー
2. 地下鉄でロット駅まで行き徒歩20分くらい
3. ドーモまで地下鉄で行き、そこからトラムでスタジアムの目の前まで
初めての方は、1か2がお勧めです。ただし、試合が始まってしまってからだと、歩いている人がいないというリスクも考えられます。お金の制約が余り無い人でしたら、タクシーが無難です。予算として20〜30ユーロで収まるかと思います。満員が予想される試合ではなるべく早く自分の席に着いてた方がいいと思いますから・・・。なお、電車の遅延については、電車に乗ろうと、駅の電光掲示板を見るまで分かりません。1番早く来る電車に乗る方が良い場合もありますし、次のESに乗ったほうが早い場合もあります。駅員に聞いたりして、ご自身で判断して下さい。法則のようなものは御座いません。
(Special Thanks to "バモバモさん"[BBS No.2714])

(2004年2月にイタリア、ドイツで観戦されたjoshさんのお話)
 2月にミラノダービー、ボローニャvsユベントス、バイエルンvsレアルを観戦しました。
 ボローニャのチケットはHPで予約していきましたが引き替え窓口が1つしか開いておらず40分ほど待ちました。当日券の窓口はガラガラだったので次回からは当日券で買おうと思いました。
 席はdistinti lateraliでキックオフ間際に入場したのでスタンド最上段へ以降とした際に途中でチケットの確認を求められました。行きはバスで行ったのですが帰りはデーゲームだったこともあり歩いて帰りました。
(Special Thanks to "joshさん"[BBS No.2695])

(イタリアで観戦されたともひろさんから偽チケットに関するお話)
 今回2月22日にイタリアでボローニャ対ユベントスを見てきました!!そして今回最悪にも偽のチケットをダフ屋から購入してしまいました。ボローニャには中田を見るためにたくさんの日本人が観戦に来ていました。そして今後、私みたいに悔しい思いをする日本人がいないように、今回のことを報告させて頂きます。
[2004年2月21日]
 試合の前日にボローニャに着き、早速ボローニャ駅から21番のバスに乗り、スタジアムに行きました。バスのチケットは駅前のバス乗り場、又は駅内のツーリストインフォメーションの目の前の赤い自販機で買います。イタリアはキップの自販機が上手く機能していないことが多く、バス乗り場の自販機で買ったら1ユーロ飲み込まれてしまいました。駅内の自販機で買ったらちゃんと買えました。そして15分ほど乗り、スタジアムに到着しました。そしたらチケットを売っている感じもなく、ダフ屋もいなかったので帰りました。後に知り合った日本人に聞いたのですが、ボローニャは前日のチケットはパーチェ広場で売っているとの事です。だがその日本人はパーチェ広場に前日に行ったのですが、チケット売場はやっていなかったと言っていました。
[2004年2月22日]
 試合は15時からだったので、チケットを持っていなかった私は早めにスタジアムへ行こうと思い、10時頃スタジアムに到着しました。そしてバスを降りてチケット売場は何処にあるか聞こうとしたら早速ダフ屋に声をかけられ『チケットはもう完売だ』と言われました。そしてチケットを見せてもらうと色は赤と青のボローニャのユニホーム色で、大きさはたしか横10センチ、縦5センチくらい。クルバ席(ゴール裏と言う意味)で20ユーロと書いてあるチケットを一人40ユーロでいいよといわれました。チケットには日付や対戦相手は間違っておらず、ホログラムもちゃんと入っていました。だがとりあえず他のダフ屋も回ってチケットを確認したかったので買うのをやめました。そして合計3人のダフ屋と話しました。みんな全く同じチケットを売っており、日付、対戦相手も間違っておらずちゃんとホログラムも入っていました。3人目のダフ屋が最初は一人70ユーロと言ってきましたが最終的には2人で50ユーロでいいと言われたので買ってしまいました。今思えば、交渉の際値段が簡単に落ちるのでおかしいと思わなければいけなかったのかもしれません。そしてチケット売場が試合開始の3時間前に開きました。チケットは完売ではありませんでした。一番安い席でゴール裏とメイン席の間(角の席というのでしょうか)55ユーロでした。そして一番高い席は確か120ユーロくらいだったと思います。クルバ席(ゴール裏)は売っていませんでした。売られていたチケットは私たちが手にしたチケットと外見は全く一緒でした。
 そして試合開始2時間前になり、入ろうとしたらチケットを見た係の人がなにやらチケットに書かれている番号か何かを調べ始め、私たちに「You can't enter.」と言いました。友人が「fake Tiket??」と聞きましたが、その係員は英語が通じず、「ノットグットチケット」とだけ言い、警察にその偽チケットを渡していました。私たちは愕然とし、急いでチケット売場に行ったところ、まだ55ユーロのチケットが残っていたのでそれを買って試合を見ました。そして私たちがわかったことはダフ屋は多分みんな偽物のチケットを売っているということ。偽物と本物は紙質がちょっと違いました。偽物は本物と比べて紙が固く、切り取る所が簡単に切れない感じになっていたと思います。本物のチケットは紙がつるつるしていて結構薄いです。ですが見た目は全く同じなので本物のチケットを触ったことが無い人には見分けるのは難しいと思います。そしてダフ屋もチケットの係の人も全く英語が話せませんが、係の人は「You can't enter」という英語は知っていたのでおそらく多くの人がこの偽物チケットを買ってしまっているのではないかと思いました。ボローニャの駅近くで『地球の歩き方、ヨーロッパサッカー観戦ガイド』を持っているイタリア人を見ました。この本には偽物のチケットを買わない為に、日付と対戦相手とホログラムを確認。と書いてありましたが多分それはもうダフ屋は知っているのだと思いました。
 ボローニャのスタジアムのチケット売場は知らない人には結構わかりにくいと思うので書いておきます。まず駅からスタジアムに着いて、反対側の道路に渡ったら、そのままバスの進行方向と同じ方向にスタジアムの塀に沿って歩いていきます。そして最初の角(スタジアムの塀に沿って)を左に曲がります。そして3〜5分くらい歩くと赤い小さなプレハブみたいなのがチケット売場です。私が行った時は当日券のチケットの値段と場所が書かれている紙が張られていました。だがダフ屋がその紙を破っていました。
 最後に、くれぐれもダフ屋から買う際は偽チケットには気を付けて下さい。今回被害額は少なかったですが、非常に嫌な思いをしました。まぁダフ屋から買った私もいけないのですが。。。
(Special Thanks to "ともひろさん"[メールにて御寄稿])

(2003年3月にイタリア・スペインで観戦されたARさんからの情報)
・ボローニャ×インテル 3月8日 18時キックオフ(当日券45ユーロ メイン席)
 ダフ屋もいましたが、試合開始2時間前にチケット売り場で購入。スタジアムは、ほぼ満員でした。レコバの2ゴールでインテル勝利。インテルサポの熱さには驚いた。
(Special Thanks to "ARさん"[BBS No.1703])

  ◆ ブレシア・カルチョ(ブレシア)の観戦について

(2004年3月にブレシアvsユーヴェ戦を観戦されたXXXさんのお話)
 参考までに私の気づいたことを書き込みたいと思います。私が観戦したのは3月6日20:30からのブレッシアホームのユベントス戦なんですが、ホテルがミラノだった為に22:37分のミラノ行き(ミラノ行き最終)に乗らないと帰れなくなります。なので試合を後半15分ぐらいで見切りをつけてスタジアムを後にしました。
 ブレッシア駅に着いたのは電車発車の7〜6分前でした。現地で知り合いになった日本人観戦客の方々もみんなその電車に乗るためにホームで待っていました。
 電車が到着し早々に乗り込み発車を待っていましたがいっこうに発車しない。私は「またイタリアお得意の適当さが出たな」と思いました。
 しかし、列車はただ遅れているのではなくアウェーサポーター(つまりユーベーサポーター)待ちをしていたのです。そのおかげで電車は40分も遅れました。しかもこのことを知っていればユーべの逆転劇が見れたのに!悔しい思いをしました。
 私のようにホテルから離れたところに試合を観戦しに行く人、しかも最後まで試合が観戦できなさそうな人は駅のおっちゃんに電車が遅れるのか聞いてみるといいですよ。
(Special Thanks to "XXXさん"[BBS No.2685])

(2003年11月にイタリアとイギリスで観戦されたAkira Takeuchiさんのお話)
10月31日〜11月13日まで、イタリアと英国へ行ってきました。
現地で9試合ほど見てまいりましたので、ちょっとだけ報告をしておきます。
03/11/2 ブレシア 2−3 パルマ
南側ゴール裏 当日券15ユーロ
これからの時期は非常に冷えますので、ヨーロッパへ行かれる方は防寒の対策をしっかりしておいたほうがいいでしょう。あと、スタジアムで日本人に会ったら、あいさつして下さいね。
(Special Thanks to "Akira Takeuchiさん"[BBS No.2276])

  ◆ ウディネーゼ・カルチョ(ウディネーゼ)の観戦について

(2004年2月にイタリア、イングランド、スペインで観戦されたうりさんのお話)
 2/7(土)セリエA ウディネーゼvsボローニャ 1−3
 この日はパルマvsラツィオの予定が、ひでの移籍により予定変更。ウディネでボローニャのアウェイ試合を見てきました。今回は個人旅行だったので急な変更にも対応できました。
1. 行き方 〜列車とバス〜
 ミラノマルペンサ空港に6日夕方到着。空港バスでミラノ中央駅に到着。中央駅の切符売り場で明日7日ウディネーゼまで往復の切符を買う。時間は日本でネットで検索しておいて、紙に書いておいたものをそのまま窓口に出すと早いです。
 ミラノ〜ヴェネチアはインターシティ(IC)、ヴェネチア〜ウディネはインターラビット(IR)在来線で一度乗り継ぎ正味4時間半かかりますが、車窓の景色もいいし列車の旅はのんびりしていておすすめです。ICの1等席は座席が大きくゆったりしており6人用の個室になっています。座席がゆったりしている分なのか通路が異常に狭く、人一人分しか通れずすれ違うことができません。スーツケース等大きい荷物を持っているとことさらしんどいです。
 ウディネからスタディオ・フリウリまでは、ウディネ中央駅前のバス停から路線バスです。バス停の前にインフォメがあるので窓口で切符を買い時間を教えてもらえます。バス停は中央駅よりちょっと歩いたところにもありますがこちらは違います。(私は間違えました)20分くらい乗っているとだんだんスタジアムが見えてきます。乗る時にスタジアム行き?と運転手さんに聞いておいたら降りる時教えてくれました。
 帰りのバスは20時台が最終なので注意です!遅い時間に終わる試合の時はタクシーの手配等事前にしておいた方がよいです。街から離れているところにスタジアムはあり、流しのタクシーは来ません。私達は20:30開始の試合で出待ち等して23:30頃になり、もちろん帰りのバスもあると思ってバス停まで行きそこで発覚し大変でした。タクシーを呼ぶにはバス停近くに電話ボックスがありますが小銭を入れてもかからず(多分やりかたがおかしかったんでしょう)、現地で会った日本人の方からはタクシー会社に電話してもイタリア語でまくし立てられて来てもらうことができないと聞いていたので、バス停近くのバルに駆け込み、そこに来ていた親切な英語を話せるお客さんにタクシーを呼んでもらって事なきを得ました。この時はかなりあせりました。その時間はサポーターも帰り全く人気が無くなってくるし街まで歩くには時間がかかるので女性の場合は特に注意です。
2. チケット入手
 ボローニャホームの場合は公式サイトから購入できます。ウディネーゼ公式サイトではホームチケットの取り扱いがなく、Ticket Oneというサイトでの購入になりますが日にちが近くならないと購入できなかったりして使い勝手はよくないです。
 今回は、ひでの公式ホームページからボローニャの情報を入手しました。(ボローニャスタジアムへの行き方ならここに詳しく載っています。)私はひでのファンで会員になっており会員専用のサイトへアクセスできます。その中ではひでの現地アシスタントが質問に答えてくれるスレッドがあり当日券を現地で購入できるか質問したところ、スタジアムは大きいし可能です、とお返事が来たので当日券を購入することにしました。
 20:30開始の試合にはりきって3時間前にスタジアムに着きましたが当日券の発売は19時からと張り紙がしてありしばらく窓口が開くまで待ちました。こちらのウディネーゼ観戦記にはメイン・バック・ゴール裏等の座席でチケット窓口が違うと書いてあったので希望の席を買う為にスタジアムの周りをぐるぐるしてしまいました。
 希望座席の窓口は締まっていたので、そこに近い窓口でTribuna Centrale SuoのFゾーン・・・メインスタンド、アウェイのボローニャ側(ベンチのすぐ裏)の座席を購入。(パソコンで発券していたので、もしかしたらどこの窓口でも買えたのかのしれませんがこの辺は不明です)
 男性72ユーロと女性62ユーロで、なぜか男女で金額が違いました。座席はゾーン指定なので前列ならば選び放題です。なぜなら1〜10列目くらいまでは看板等で試合が見えないので、ウディネサポは20列目くらいから上の席に座ります。試合開始直前に来たとしても前はがらがらです。
 アウェイでしたが発煙筒や恐いサポもなく危険なことはありませんでした。スタジアム内の通路で売っているエスプレッソはとってもおいしかったです。
 この日はひで大活躍☆で後半開始そうそうにミドルシュート(移籍後また今期初ゴール)、アシストもして3-1勝利!MAN OF THE MATCHにも選ばれ試合後インタビューを受けていました。次の日のガゼッタではGKパリュウカと共に「8」で、大変いい内容の試合を生で見られて最高でした。
(Special Thanks to "うりさん"[メールにて御寄稿])

  ◆ アタランタBC(ベルガモ)の観戦について

(2003年3月にイタリア・スペインで観戦されたARさんからの情報)
・アタランタ×パルマ 3月9日 15時キックオフ(当日券21ユーロ メイン席)
 試合開始2時間前にチケット売り場で購入。客入りは8割くらい。アタランタサポ怖すぎでした。
(Special Thanks to "ARさん"[BBS No.1703])

  ◆ キエーヴォ・ヴォローナ(ヴェローナ)の観戦について

(2003年11月にイタリアとイギリスで観戦されたAkira Takeuchiさんのお話)
10月31日〜11月13日まで、イタリアと英国へ行ってきました。
03/11/2 キエーボ・ベローナ 0−2 インテル
南側ゴール裏3階席 当日券22ユーロ
これからの時期は非常に冷えますので、ヨーロッパへ行かれる方は防寒の対策をしっかりしておいたほうがいいでしょう。あと、スタジアムで日本人に会ったら、あいさつして下さいね。
(Special Thanks to "Akira Takeuchiさん"[BBS No.2276])


(2003年4月にイタリアで観戦されたみちやんさんからの情報)
 ヴェローナでキエーボ対レッジーナ戦を観ました。ミラノのホテルに泊まっていたのでミラノ中央駅からめちゃ混んでたICでヴェローナに行きました。着いて余裕があったので観光してからスタディオまで歩いて行きました。このHPの情報で標識見て歩けば着くと書いてあったので標識に従って適当に道路を15分ぐらい歩いていたら着きました。
 ビリエッテリアはキエーボファンとレッジーナファンで売り場が異なってました。試合の50分ぐらい前でしたが売り場はがらがらというか誰もいませんでした。友人二人は15ユーロのレッジーナサポーターの集まるゴール裏で自分はメインスタンドの3階席35ユーロの席にしました。3階席といってもこのスタジアムは1階席と2階席は4,5列ぐらいしかないので別にちょうどいい高さでした。一応レッジーナの売り場で買いましたがまわりにはキエーボサポーターしかいませんでした。まあ、レッジーナよりキエーボの方が好きなので全然問題はありませんでした。
 試合はかなりゆるい雰囲気でキエーボの応援はJリーグみたいでした。一方かなりの少人数ながらレッジーナサポーターは発炎筒をバンバン焚いていました。試合はコッサートのごっつぁんゴールとレグロッターリエのヘディングで2−1でキエーボが勝ちました。試合後ゴール裏で観戦していた友人に話を聞いたらレッジョのサポーターたちはその友人以上になんで中村をださねーんだ!と怒り狂ってたそうです。帰りはなんかライターを貸してあげたらおっちゃんが駅まで送ってくれました。ミラノまではがらがらのIRに乗って帰りました。
(Special Thanks to "みちやんさん"[BBS No.1799])

(2003年2月にイタリアで観戦されたsugiさんからの情報)
 2月15日にキエーボ対インテル戦を観戦してきました。
 まずチケットは事前に下記のキエーボHPにて購入しました。
 http://www.chievoverona.it/shop/indexShop.asp?cat=b
 当時首位の対インテル戦と言うことでこまめにHPをチェックしていましたが、Net販売分は2日も経たずに一旦売り切れましたが、試合まで数日位に一部の席が再発売になっていました。
 クレジット決済でのチケットは試合当日窓口引き換えのみでした。申し込み画面は英語表記もありますし、わかりやすいと思います。
 申し込み時にクレジット決済したチケットの引き換えはスタジアム隣接の6番チケット売り場で、申し込み時の受付番号のあるページを印刷したものと、身分証明のためのパスポートのコピーを窓口に出して白い封筒に入ったチケットを受け取りました。当日券も各ゲート横の売り場で売っていましたが、かなりの列が
できていました。
 HPでの席種はバックスタンドの3種類があり、一番高い席は2階席でインテル戦は80ユーロでした。対戦チームによっては77ユーロの場合もあるので価格体系は2つあるようです。他にNet手数料として2ユーロが掛かります。
 この席は列として前後4列しかなく上には3階席がせり出しているため雨の心配も無く後ろにも壁に囲まれており、背後の出入り口扉も試合中は係員がいて閉めてあるため風は入ってこなく2月の夜の観戦でも快適でした。キエーボHPでの販売にもかかわらず、私の座った周囲ではキエーボファン、インテルファン半々でした。疑惑のPK判定の時にはお互いのファンが言葉では言い争いしていましたが、値段が高い席だけに紳士的な方々が多く、危険な香りはありませんでした。
 価格的には2番目の3階前段の席がお勧めです。2階席の上にせり出しているため非常に見やすいです。他には3階席後段もNetで売っていました。
 グランドレベルのもっとも安い1階席にもインテル戦ということでかなりの観客が入っていましたが、最前列には横国真っ青の2m程度の強化ガラスの隔壁があり非常に観難そうでした。
 入場時の手荷物検査は無く、チケットにミシン目が2ヶ所あり最初のゲートで1段目の半券をもぎ、各エリア入る階段の所でもう一度半券もぎりがありました。
 アクセスはミラノ中央駅からICで1時間30分でベローナ・ポルタ・ヌオーバ駅、そこから徒歩約15分です。駅を出たら駅前からバスもありますが、広場の一番左の歩道を北に歩くと、最初の交差点にサッカーボールマークと「STADIO」の標識が出ており、ここを斜め左前方に道なりに進んでいけば、やがて正面に巨大なスタジアムが見えてきます。周囲にはバールやピッツェリアなどもありますし、パニーノの屋台もスタジアム周囲にたくさん出ています。マッチデープログラムは周囲でタダで配っているので、お土産にたくさんもらいましょう。
 帰りは駅まで同じ道を帰れば良いのですが、駅までの道路沿いは観戦客が路上駐車した車で一杯なので出遅れると結構無秩序な車の中を歩かなければならないので注意が必要です。
 また、市街中心部の観光名所アレーナがあるブラ広場からも同じく名所のカステルベッキオ経由でスタジアムまで徒歩30分ほどでしたので、観戦前に時間があれば周辺観光も充分可能です。
(Special Thanks to "sugiさん"[BBS No.1687&メール])

スタジアムの様子、2003年撮影(by sugi様)、無断転載禁止スタジアムの様子、2003年撮影(by sugi様)、無断転載禁止

  ◆ コモ・カルチョ1907(コモ)の観戦について

(2003年3月にイタリアで観戦されたkoshinさんからの情報)
※ナイトマッチとなったミランのホームゲームとともにハシゴ観戦されたそうです。
3/9 Como vs Bresia
 コモのスタジアムは駅から徒歩10分ほどの湖畔にあります。
チケットは当日バックスタンド(Distinti)を25ユーロで購入。メインスタンドでも45ユーロと安いです。座席・ブロックの指定はありません。収容人数13600人の小さなスタジアムで、それでもメイン・バックスタンドには空席が目立ちました。
 審判はコリーナ氏。試合は若干コモが押し気味でしたが、ブレシアのセレーニの好セーブを見せ、結果は1-1のドローでした。
 コモ〜ミラノ間は普通列車で1時間、ECやICだと30分ほどなので、試合を最期まで見てもサンシーロでのナイトゲームに十分間に合いました。
(Special Thanks to "koshinさん"[BBS No.1710])

  ◆ サンプドリア(ジェノバ)の観戦について

(2003年春、EURO予選観戦の合間にイタリア・セリエBを観戦されたShio_Kenさんのお話)
・3月30日(SerieB) サンプドリア - バーリ 1-1(HT1-1)
 (スタジアム) StadioLuigiFerraris in Genova,Italy
 週末にAmsterdamからUKに飛ぶ格安フライトがなく、Italyに飛んでも大差なかったので日曜日はこちらで過ごす。当日券バックスタンド中央で22Euro。
 凡戦。技術が低すぎ。だがLowerDivisionとはいえサポの熱さはさすがItalyである。わざわざ見に行く試合ではないが暇があればこの雰囲気を感じに行っても損はない。
(Special Thanks to "Shio_Kenさん@「FootballAlliance」"[BBS No.1760])

  ◆ モデナFC(モデナ)の観戦について

(モデナ戦のチケットについて、バモバモさんのお話)
 この間、モデナvsパルマを観戦して来たものです。モデナのチケットは微妙です。なぜならば、扱っているお店は何とか銀行にしかないし、オンラインでは扱っていません。
 私達2人は当日券で買ったのですが、周りは殆んどシーズンチケットホルダーの方々ばかり。その売れ残った場所を一般販売している模様です。
 チケットを購入する際は、メインかバックのモデナよりの席を購入した方が良いかと思われます。窓口ではっきりと希望ゲートをいえば、ある場合は一生懸命探して売ってくれます。これも手作業なんです。
 私が行った試合では、何本かの発炎筒をパルマのウルトラが観客席に投げ込んでいました。スタジアム周辺に、小さなオフィシャルショップがあるので、そこでマフラーを購入するのがお勧めです。
 なお、スタジアムは駅から徒歩で10分前後。電車から見えます。帰りはスタジアムから駅までの最短距離の道は封鎖されるみたいです。
なお、ダフ屋は一人もいなかったかと思われます。ミラノモデナ間は電車で移動されるかと思いますが、いくつか注意点を。
1. 事前に切符を購入しておく。
2. 電車の遅延が頻発するので、臨機応変に行動が取れるようにするため、時刻表を持参。
3. 下手をすると、ボローニャまで行き、ESに乗ったほうが早いかも・・・。
4. どの列車が遅れたり、正常通りの運行とかは運次第です。このくらいの距離の列車の場合、値段の差ではないようです。
(Special Thanks to "バモバモさん"[BBS No.2712])

  ◆ SSCナポリ(ナポリ)の観戦について

(2004年3月にイタリア、スペインで観戦されたFioreさんのお話)
 イタリアとスペインのミーハーな有名どころへ行ってきたので、行かれる方は参考にしてみてください。
2004/3/27(土)20:30 ナポリ − カリアリ 
 地下鉄2号線のcampi fregre駅で下車。そこから公園の脇を北へ向かって5分ほど歩くとすぐにナポリのホーム、スタジディオ・サン・パオロがあります。セリエBで7万席を越える広さなのでチケット当日券はまずあるでしょう。売り場はスタジアムの東側に2箇所発見。(他にもあるのかもしれません)試合開始前の売り場周辺はとても混雑していてたまたま並んだ窓口でバックスタンド22ユーロの席を売ってたのでなんとか購入。当日券があるのに、ここにもミラノ並にダフ屋がいっぱいいました。
 試合は、お世辞にもレベルが高いとは言えませんが熱いナポリサポの雰囲気はいい感じ。
(Special Thanks to "Fioreさん"[BBS No.2760])

  ◆ ご意見・感想・質問はこちらから(兼・観戦体験記の投稿フォーム)

 このコーナーに対するご意見、ご感想、ご質問を、以下のフォームか直メールにてお聞かせ下さい。また、観戦体験記の投稿も大歓迎です。皆様の貴重な観戦体験記を募集します。よろしくお願いします(チケット確保の方法、スタジアムまでの行き方を書いて頂けると有り難いです)。
 
投稿フォームは、こちら
 
直メールは、Satoshi宛: satoshi@euronavi.net まで

イタリア・セリエAトップページへ戻る
 

▲Page Top
Copyright(C) 2004 euronavi.net All rights reserved.