トップページ 観 戦 ガ イ ド 会 場 案 内 大 会 日 程 予 選 結 果 過去の大会 そ の 他

EURO2008 ウィーン エルンスト・ハッペル・シュタディオン

 >> EURO2008 会場案内 >> ウィーン: エルンスト・ハッペル・シュタディオン

会場案内トップページウィーンクラーゲンフルトザルツブルクインスブルックバーゼルジュネーブベルンチューリッヒ

 エルンスト・ハッペル・シュタディオン

 エルンスト・ハッペル・シュタディオンは、オーストリアの首都ウィーンにある巨大スタジアム。ウィーン市内のプラーター公園の中にあり、もともとは「プラーターシュタディオン」として親しまれてきた。オーストリア代表の選手・監督として活躍し1992年に亡くなったエルンスト・ハッペル氏の功績を讃えて、同年より「エルンスト・ハッペル・シュタディオン」に改称された。
 エルンスト・ハッペル・シュタディオンは、オーストリア代表のホームグラウンドとして基本的には代表戦に利用されている。その一方で、地元クラブのラピド・ウィーンやオーストリア・ウィーンがチャンピオンズリーグやUEFAカップといった欧州カップ戦を戦う際にも使われている。さらに、UEFAチャンピオンズリーグでは1964年、1987年、1990年、1995年に決勝会場となっており、ヨーロッパを代表するスタジアムである。UEFAにより「5つ星スタジアム」にも認定されている。
 EURO2008ではグループリーグにおいてオーストリア代表戦3試合が行われる他、準々決勝2試合、準決勝、決勝の会場である。もともと5万人弱収容だったスタジアムは、大会前に改築工事が施され、53,000人収容となった。

(参照リンク) ウィーン市ホームページ http://www.wien.gv.at/
(参照リンク) ウィーン市EURO2008特集サイト http://www.wien.gv.at/spezial/euro2008/
(参照リンク) オーストリアサッカー協会公式サイト http://www.oefb.at/
(参照リンク) ラピド・ウィーン公式サイト http://www.skrapid.at/
(参照リンク) FKオーストリア・ウィーン公式サイト http://www.fk-austria.at/
(参照リンク) エルンスト・ハッペル・シュタディオン(Wikipedia) http://en.wikipedia.org/wiki/Ernst_Happel_Stadion



今日の天気


明日の天気

※お天気ドイツ語基礎知識
sonnig、klar (晴れ)
leicht bewölkt(やや曇り)
wolkig (時々曇り)
bedeckt (曇り)
Nebel (濃霧)
Spruhregen (霧雨)
Schauer (にわか雨)
Regen (雨)
Gewitter (雷)
Schnee (雪)
EURO2008 ウィーン 会場案内

エルンスト・ハッペル・シュタディオン (Ernst-Happel-Stadion)
  完成年: 1931年
  収容人数: 53,000人
  ホームクラブ: オーストリア代表
   ※この他、ラピド・ウィーンやオーストリア・ウィーンが欧州カップ戦時のみ使用。

EURO2008での試合スケジュール
 (03)2008年06月08日(日)18時00分 B組: オーストリア (B1) vs クロアチア (B2)
 (12)2008年06月12日(木)20時45分 B組: オーストリア (B1) vs ポーランド (B4)
 (20)2008年06月16日(月)20時45分 B組: オーストリア (B1) vs ドイツ (B3)
 (26)2008年06月20日(金)20時45分 (B組1位) vs (A組2位) (準々決勝)
 (28)2008年06月22日(日)20時45分 (D組1位) vs (C組2位) (準々決勝)
 (30)2008年06月26日(木)20時45分 ((27)の勝者) vs ((28)の勝者) (準決勝)
 (31)2008年06月29日(日)20時45分 ((29)の勝者) vs ((30)の勝者) (決勝)

EURO2008 ウィーン 会場アクセス

 大会直前の2008年5月にオープン予定の地下鉄U2線「Stadion」駅が最寄駅となる。
 U2線は「Schottenring」~「Praterstern」~「Stadion」間が新たに開通する。
 U4線からは「Schottenring」駅で、U1線とSバーンからは「Praterstern」駅で、
 このU2線に乗り換えることができる。

EURO2008 ウィーン 交通情報

ウィーン西駅 (Wien Westbahnhof) / ウィーン南駅 (Wien Südbahnhof)

 ウィーンには複数のターミナル駅があるが、最も利用する機会が多いのはウィーン西駅(Wien Westbahnhof)。国内のインスブルック、ザルツブルクとを行き来する路線や西側の隣国スイス、ドイツから来る列車もここに到着する。ウィーン中心部やウィーン・ミッテ駅(シティ・エア・ターミナル)へはU3線でアクセスできる。スタジアムへ行く場合は、「フォクステアーター(Volkstheater)」駅でU3線からU2線へ乗り換えることになる。
 ザルツブルク中央駅へは特急で約2時間50分~3時間10分かかる。インスブルック中央駅へは特急で約4時間50分かかる。
 なお、クラーゲンフルトへ行く場合は、ウィーン南駅(Wien Südbahnhof)を利用することになるので注意が必要だ。クラーゲンフルト中央駅まではウィーン南駅からだと特急で4時間15分かかる。

(参照リンク) オーストリア鉄道(ÖBB)ホームページ http://www.oebb.at/

ウィーン空港 (Flughafen Wien)

 ウィーン空港はオーストリアの空の玄関口。日本との直行便を含め、世界各国とオーストリアを結ぶ。また、ウィーンからオーストリア国内への路線も、このウィーン空港発着となる。
 空港から市内へのアクセスは「シティ・エアポート・トレイン(City Airport Train)」と呼ばれる鉄道が便利。空港とウィーン・ミッテ駅(シティ・エア・ターミナル)とをノンストップ約16分で結ぶ。ウィーン・ミッテ駅(シティ・エア・ターミナル)からは地下鉄のU3、U4線に乗ることができ、そこから市内各地へ向かうことになる。または、ここからタクシーを利用することもできる。
 この他、Sバーンでもウィーン・ミッテ駅やウィーン北駅へアクセスできる。また、バス(Postbus)を利用してウィーン西駅やウィーン南駅へアクセスすることもできる。

(関連記事) オーストリア・スイス周遊の強い味方!ANA「エコ割」を使いこなせ。

(参照リンク) ウィーン空港ホームページ http://www.viennaairport.at/
(参照リンク) シティ・エアポート・トレイン http://www.cityairporttrain.at/

EURO2008 ウィーン 宿泊情報

 ウィーンのオススメホテルは以下の通り。また、各代表チームはキャンプ地がウィーンから120km以上離れている場合、試合開始24時間前までに、オフィシャル・トランスファー・ホテルとして指定されている「NH Danube City」または「Hilton Plaza」に入ることになっている(オーストリア代表のみ「Holiday Inn South」)。応援するチームの出待ちをしたい場合は、これらのホテルの周辺に宿をとるのもよいだろう。

Royal Hotel Vienna (ウィーン中心部、聖シュテファン大聖堂近くの静かなエリアに位置)
Alpha Hotel Vienna (ウィーン市役所、オーストリア国会議事堂、リング通りに近接)
Golden Tulip Hotel Vienna (ライムント劇場に隣接、ウィーン西駅やショッピング街マリアヒルファー通り近く)
Best Western Hotel Kaiserhof Vienna (ウィーン中心部、オペラ劇場、ケルントナー通り徒歩圏内)
Holiday Inn Vienna City (ウィーン市内中心部、ウィーン国立歌劇場や聖シュテファン寺院の近く)
Atlantis Hotel Vienna (ウィーン西駅に近く、市内中心部も地下鉄にて数分でアクセス可)
Eurostars Hotel Vienna (市内北部に立地。ホテルの隣に市内中心部に行くトラムの停留所あり)
Best Western Hotel Tigra Vienna (中心部。モーツァルトが滞在していた歴史ある建物をホテルとして改築)
K+K Palais Hotel Vienna (ウィーン市内中心部、聖シュテファン寺院、ショッピング街の近く)
The Levante Parliament Hotel Vienna (ウィーン市庁舎近く。王宮、美術史美術館も徒歩圏内)

(参照リンク) 世界8,000都市30,000ホテルを15ヶ国語で宿泊予約(Booking.comオンラインホテル予約)
(参照リンク) 世界3,300都市の20,000ホテルを簡単・格安に日本語で予約申込(オクトパストラベル)
(参照リンク) 英語サイトだが掲載ホテル数多数、穴場ホテルを格安価格で簡単に予約できる(hotels.com)
(参照リンク) 円安時代の強い味方。格安価格で世界各国のホテル予約 http://www.euronavi.net/hotels/

会場案内トップページウィーンクラーゲンフルトザルツブルクインスブルックバーゼルジュネーブベルンチューリッヒ


▲Page Top Copyright (c) euronavi.net 掲載中の記事・写真の無断転載を禁じます。