ドイツサッカー総合サイト - ドイツ・ブンデスリーガに関するテレビ&スタジアム観戦ガイド −
ドイツサッカー総合サイト - ドイツ・ブンデスリーガに関するテレビ&スタジアム観戦ガイド −
ホームページ | サイトマップ | お問い合わせ



HOME > ドイツ代表 > 歴代ドイツ代表の戦績 > 2000年以降の全戦績 > ドイツ代表 vs ウェールズ代表

<< 前の試合 次の試合 >>

 ドイツ代表 vs ウェールズ代表 (ドイツ代表 詳細試合データ No.798)

EURO2008 欧州選手権スイス・オーストリア大会 テレビ&現地観戦ガイド
[EURO2008専門サイト] 欧州選手権スイス・オーストリア大会 テレビ&現地観戦ガイド

 11月21日、ドイツ代表はウェールズ代表をホームにむかえ、EURO2008予選最終戦を戦った。既に本大会出場を決めているドイツ代表。この試合に勝つと、本大会抽選ではスイス、オーストリア、ギリシャと同じ第一シード(Pot1)に入ることになるという状況。この第一シード入りを避けたかったか、2007年最後の代表戦は、前の試合の快勝劇とは対照的に、スコアレスドローという結果になった。
 ただし、こういう状況で1-1や2-2といったスコアで無難に引き分けることはあっても、無得点で終わったドイツ代表に対してはメディアの論調は冷ややか。フランクフルトのコメルツバンク・アレーナに集まった約5万人のサポーターもがっかりである。
 疲れの見えるアルネ・フリードリッヒをベンチに下げた以外、基本的に前のキプロス戦とほぼ同じメンバーであり、ベストメンバーに近い布陣。さらに、前回最高のパフォーマンスを示したポドルスキの左サイドMF起用を今回も継続。さらに、後半残り20分間は、ゴメスに代わってノイビル大帝がピッチを駆け巡った。真のストライカーが久々に代表戦の舞台に戻ってきたのだ。それでも、必ずしもモチベーションが高いといえないウェールズを相手に1点も取れなかった。
 結果的に第一シード(Pot1)入りは免れたが、一方でEURO2008本大会に向けて課題の残る2007年最終戦となった。

 ドイツ代表はPot3へ。(EURO2008ドイツ代表)

 11月21日、EURO2008予選の最終戦が各地で行われ、本大会出場16ヶ国が出揃った。また、試合結果により、本大会組み合わせ抽選の際のシード決定に影響を与えるUEFAカントリーランキングも確定(2006年W杯予選とEURO2008予選の「合計勝ち点/合計試合数」で計算)。以下のように、各シードが決定された。
 今大会では、第一シードに必ず入るのが開催国スイス、オーストリア、ギリシャであったため、強豪国との対戦をできるだけ避けるために、第一シード以外を望む国が少なくなかった。実際、第一シード候補の好成績をマークしていたオランダは、格下ベラルーシ相手に最終戦で敗れるという「波乱」を起こした。直前に行われたこのオランダ戦の結果により、次に第一シードになる可能性が浮上したのがドイツ。ドイツにはウェールズとの最終戦で勝つと第一シード、引き分け以下なら第二シード以下という状況が与えられた。そしてスコアレスドローの結果、Pot3入りが決まった。また、第一シードには最有力候補だったオランダがおさまった。
 EURO2008本大会の組み合わせ抽選会は、スイスのルツェルンにて12月2日に開催される。

Pot1: 
 スイス(開催国)、オーストリア(開催国)、ギリシャ(前回優勝)、オランダ(2.417)
Pot2:
 クロアチア(2.409)、イタリア(2.364)、チェコ(2.333)、スウェーデン(2.273)
Pot3:
 ルーマニア(2.250)、ドイツ(2.250)、ポルトガル(2.192)、スペイン(2.182)
Pot4:
 ポーランド(2.167)、フランス(2.091)、トルコ(1.958)、ロシア(1.958)

予選敗退: イングランド...他

ユニアイコン、EURO2004仕様に全面リニューアル。ドイツ代表応援掲示板はコチラ!(無断転載禁止)
[ドイツ代表応援掲示板] 代表選手アイコンにドイツワールドカップ仕様を追加!

2007年11月21日 EURO2008予選


ドイツ代表
0 前  半 0

ウェールズ代表
0 0
0 0
後  半
[ 得 点 経 過 ]
  

 

GK:
 1. イェンス・レーマン

DF:
35. ゴンサロ・カストロ
17. ペア・メルテザッカー
21. クリストフ・メツェルダー
16. フィリップ・ラーム

MF:
18. ティム・ボロウスキ
15. トーマス・ヒツルスペルガー
27. クレメンス・フリッツ
20. ルーカス・ポドルスキ

FW:
32. マリオ・ゴメス
11. ミロスラフ・クローゼ

GK:
 1. ウェイン・ヘネシー

DF:
 4. ダニエル・ガビドン
 5. ジェームズ・コリンズ
 6. レビン・ヌヤタンガ

MF:
 2. サム・リケッツ
 3. クリストファー・ギュンター
 7. カール・フレッチャー
10. サイモン・デイビス
 8. デイビッド・エドワーズ
11. ジョセフ・レドリー

FW:
 9. ロバート・アーンショー
[交代]
46分 シモン・ロルフェスヒツルスペルガー
56分 ロベルト・ヒルバートカストロ
71分 オリバー・ノイビル大帝ゴメス
[交代]
56分 ジャーメイン・イースター ← アーンショウ
91分 アンドリュー・クロフツ ← エドワーズ
警告()・退場()

 

警告()・退場()
ジェームズ・コリンズ
ダニエル・ガビドン
ウェイン・ヘネシー
日時: 2007年11月21日(水)20時30分キックオフ
主審:
 パヴェル・クリスティアン・バライ氏(ルーマニア)
観戦者数: 49,262人(チケット完売)
スタジアム: コメルツバンク・アレーナ(フランクフルト)

 大帝、再降臨

 11月9日、ドイツ代表のヨアヒム・レブ監督は、EURO2008予選の対キプロス戦(17日、ハノーファー)、対ウェールズ戦(21日、フランクフルト)に向けた代表メンバーを発表した。
 今回招集されたメンバーは以下の通り。今回のニュースはなんといってもオリバー・ノイビル大帝の代表復帰。今シーズンは所属クラブの降格にともないブンデスリーガ2部での地味な戦いを余儀なくされていたが、ベテランFWとしてチームを牽引。その好調ぶりをレブ監督もしっかりチェックしていた。さらに、ハノーファー96のマイク・ハンケも代表復帰である。また、FCシャルケ04のジャーメイン・ジョーンズが念願の代表初招集となった。この他、DFのゼルダー・タスチも招集され代表デビューのチャンスがある。
 一方、レギュラー選手の多くが怪我のために戦線を離脱している。長期離脱の主将バラックの他、フリンクス、シュナイダー、クラーニーが外れた。とはいえ、先月招集されなかったラーム、ヒツルスペルガー、クローゼ、フリッツは再び呼ばれている。

 既に2試合前に予選突破を決めているドイツ代表にとって、今回の試合は消化試合。しかし、EURO2008本戦に向けて今後のテストマッチは数試合と限られている。したがって、本大会登録を目指し、熾烈なスタメン争いが期待される以上、選手たちに消化試合はない。

※ヤンセン、シュバインシュタイガー、ジョーンズがケガのため代表辞退。

GK:
 1. イェンス・レーマン (FCアーセナル)
12. ティモ・ヒルデブラント (バレンシアCF)
23. ロベルト・エンケハノーファー96

DF:
 2. マルセル・ヤンセン (FCバイエルン・ミュンヘン)
 3. アルネ・フリードリッヒヘルタ・ベルリン
16. フィリップ・ラームFCバイエルン・ミュンヘン
17. ペア・メルテザッカーヴェルダー・ブレーメン
21. クリストフ・メツェルダーレアル・マドリード
24. マヌエル・フリードリッヒバイヤー・レバークーゼン
35. ゴンサロ・カストロバイヤー・レバークーゼン
40. ゼルダー・タスチVfBシュツットガルト

MF:
 7. バスティアン・シュバインシュタイガー (FCバイエルン・ミュンヘン)
15. トーマス・ヒツルスペルガーVfBシュツットガルト
18. ティム・ボロウスキヴェルダー・ブレーメン
27. クレメンス・フリッツヴェルダー・ブレーメン
28. ピオトル・トロホフスキハンブルガーSV
34. ロベルト・ヒルバートVfBシュツットガルト
38. シモン・ロルフェスバイヤー・レバークーゼン
39. ジャーメイン・ジョーンズ (FCシャルケ04)

FW:
9. マイク・ハンケハノーファー96
10. オリバー・ノイビル大帝 (ボルシア・メンヒェングラッドバッハ)
11. ミロスラフ・クローゼFCバイエルン・ミュンヘン
20. ルーカス・ポドルスキFCバイエルン・ミュンヘン
32. マリオ・ゴメスVfBシュツットガルト




▲ このページのトップに戻る当サイトについてリンクお問い合わせeuronavi.net

Copyright (C) euronavi.net. All rights reserved.