ドイツサッカー総合サイト - ドイツ・ブンデスリーガに関するテレビ&スタジアム観戦ガイド −
ドイツサッカー総合サイト - ドイツ・ブンデスリーガに関するテレビ&スタジアム観戦ガイド −
ホームページ | サイトマップ | お問い合わせ



HOME > ドイツ代表 > 歴代ドイツ代表の戦績 > 2000年以降の全戦績 > ドイツ代表 vs キプロス代表

<< 前の試合 次の試合 >>

 ドイツ代表 vs キプロス代表 (ドイツ代表 詳細試合データ No.797)

EURO2008 欧州選手権スイス・オーストリア大会 テレビ&現地観戦ガイド
[EURO2008専門サイト] 欧州選手権スイス・オーストリア大会 テレビ&現地観戦ガイド

 11月17日、EURO2008予選にてドイツ代表はキプロス代表と対戦。既にドイツ代表は予選突破を決めており、ドイツ代表にとってはEURO2008に向けた「テストマッチ」となったこの一戦。にもかかわらず、ハノーファーのAWDアレーナは満員御礼。
 4万人以上のスタジアムに駆けつけたサポーターを前に、新ユニフォームで登場のドイツ代表。注目は、ケガで代表辞退したヤンセンに代わり、左サイドの攻撃的MFのポジションで先発起用されたルーカス・ポドルスキ。点取り屋のポドルスキを、この下がり目の位置で起用するというレブ監督の大胆な起用が見事に的中。開始2分、そのポドルスキが左サイドのコーナーフラッグ付近でボールキープすると、そのまま巧みなドリブルで3人のディフェンダーをかわして、中央へ切れ込み、マイナスの角度でパス。相手GKが必死に弾くも、こぼれたボールをフリッツが押し込んでドイツ先制!
 さらに20分、左サイド中盤にて再びポドルスキがボールを持つと、後ろからオーバーラップしてきたラームに絶妙なスルーパス。ラームはきちんとクロスを上げ、これに中央のFWゴメスが反応。ヘディングでさらに右サイド側へそらすと、ボールは右サイドから攻め上がったフリッツの足元へ。フリッツは相手GKが自分めがけて滑り込んでくるのを確認すると、もう一度真ん中へパス。このボールを受けたのは、この日ゴメスと2トップを組んだクローゼ。クローゼは落ち着いてボールをゴールへ流し込む、2-0。
 後半に入ってもポドルスキの活躍はとまらない。53分、ヒツルスペルガーから前線のゴメスへスルーパスが通ると、ゴメスは外へ開いていた相棒クローゼへいったんパス。自分はオフサイドラインぎりぎりで飛び出そうとする。そこへクローゼが放ったクロスは、ゴメスの飛び出す位置より一歩前。ボールはゴメスを通り過ぎて左サイド方向へ。そこへ飛び出してきたのは、ゴメスよりももっとオフサイドラインぎりぎりを狙っていたポドルスキ。ボールをワンタッチでゴールに叩き込んで3-0。
 66分にはトロホフスキがボロウスキと、73分にはゴメスがハンケと、77分にはフリッツがヒルバートと交代、攻撃陣は大きく入れ替わったが、絶好調ポドルスキはこのままフル出場。そして82分、左サイドから攻め上がったポドルスキは、またも2人のDFをドリブル突破でかわして、中央へラストパス。これをヒツルスペルガーが押し込んでダメ押しの4点目。これで試合終了。
 ポドルスキは1ゴール2アシスト、そして2点目も自らのスルーパスが攻撃の起点となっており、全得点に絡む大活躍。所属クラブでは、ケガで出遅れ、層の厚いFW陣の中でなかなか出場機会を得られていないが、その鬱憤を代表戦で晴らした格好。また、単なる点取り屋のFWではなく、ドリブル突破や絶妙なスルーパスなど、1列後ろでもプレーできることもあらためて示した。

ユニアイコン、EURO2004仕様に全面リニューアル。ドイツ代表応援掲示板はコチラ!(無断転載禁止)
[ドイツ代表応援掲示板] 代表選手アイコンにドイツワールドカップ仕様を追加!

2007年11月17日 EURO2008予選


ドイツ代表
4 前  半 0

キプロス代表
2 0
2 0
後  半
[ 得 点 経 過 ]
  2分、クレメンス・フリッツ
20分、ミロスラフ・クローゼ
53分、ルーカス・ポドルスキ
82分、トーマス・ヒツルスペルガー

GK:
 1. イェンス・レーマン

DF:
 3. アルネ・フリードリッヒ
17. ペア・メルテザッカー
21. クリストフ・メツェルダー
16. フィリップ・ラーム

MF:
15. トーマス・ヒツルスペルガー
27. クレメンス・フリッツ
28. ピオトル・トロホフスキ
20. ルーカス・ポドルスキ

FW:
32. マリオ・ゴメス
11. ミロスラフ・クローゼ

GK:
22. アントニス・ゲオルガリディス

DF:
 2. ゲオルギス・テオドトゥ
 4. ランブロス・ランブロウ
31. パラスケパス・クリストゥ
17. マリノス・サツィアス

MF:
20. コンスタンティノス・マクリディス
10. コンスタンティノス・ハラランビディス
19. アレクサンドロス・ガルポジス
 7. エフスタティオス・アロネフティス

FW:
 9. イオアニス・オッカス
11. ミハリス・コンスタンティノウ
[交代]
66分 ティム・ボロウスキトロホフスキ
73分 マイク・ハンケゴメス
77分 ロベルト・ヒルバートフリッツ
[交代]
28分 マリオス・ニコラウ ← テオドトゥ
46分 クリスティス・テオフィル ← ハラランビディス
69分 ヤスミ・ヤスミ ← コンスタンティノウ
警告()・退場()

 

警告()・退場()
日時: 2007年11月17日(土)20時15分キックオフ
主審:
 ペーター・ラスムッセン氏 (デンマーク)
観戦者数: 44,500人 (チケット完売)
スタジアム: AWDアレーナ(ハノーファー)

 大帝、再降臨

 11月9日、ドイツ代表のヨアヒム・レブ監督は、EURO2008予選の対キプロス戦(17日、ハノーファー)、対ウェールズ戦(21日、フランクフルト)に向けた代表メンバーを発表した。
 今回招集されたメンバーは以下の通り。今回のニュースはなんといってもオリバー・ノイビル大帝の代表復帰。今シーズンは所属クラブの降格にともないブンデスリーガ2部での地味な戦いを余儀なくされていたが、ベテランFWとしてチームを牽引。その好調ぶりをレブ監督もしっかりチェックしていた。さらに、ハノーファー96のマイク・ハンケも代表復帰である。また、FCシャルケ04のジャーメイン・ジョーンズが念願の代表初招集となった(後日ケガのため辞退)。この他、DFのゼルダー・タスチも招集され代表デビューのチャンスがある。
 一方、レギュラー選手の多くが怪我のために戦線を離脱している。長期離脱の主将バラックの他、フリンクス、シュナイダー、クラーニーが外れた。とはいえ、先月招集されなかったラーム、ヒツルスペルガー、クローゼ、フリッツは再び呼ばれている。

 既に2試合前に予選突破を決めているドイツ代表にとって、今回の試合は消化試合。しかし、EURO2008本戦に向けて今後のテストマッチは数試合と限られている。したがって、本大会登録を目指し、熾烈なスタメン争いが期待される以上、選手たちに消化試合はない。

※ヤンセン、シュバインシュタイガー、ジョーンズがケガのため代表辞退。

GK:
 1. イェンス・レーマン (FCアーセナル)
12. ティモ・ヒルデブラント (バレンシアCF)
23. ロベルト・エンケハノーファー96

DF:
 2. マルセル・ヤンセン (FCバイエルン・ミュンヘン)
 3. アルネ・フリードリッヒヘルタ・ベルリン
16. フィリップ・ラームFCバイエルン・ミュンヘン
17. ペア・メルテザッカーヴェルダー・ブレーメン
21. クリストフ・メツェルダーレアル・マドリード
24. マヌエル・フリードリッヒバイヤー・レバークーゼン
35. ゴンサロ・カストロバイヤー・レバークーゼン
40. ゼルダー・タスチVfBシュツットガルト

MF:
 7. バスティアン・シュバインシュタイガー (FCバイエルン・ミュンヘン)
15. トーマス・ヒツルスペルガーVfBシュツットガルト
18. ティム・ボロウスキヴェルダー・ブレーメン
27. クレメンス・フリッツヴェルダー・ブレーメン
28. ピオトル・トロホフスキハンブルガーSV
34. ロベルト・ヒルバートVfBシュツットガルト
38. シモン・ロルフェスバイヤー・レバークーゼン
39. ジャーメイン・ジョーンズ (FCシャルケ04)

FW:
9. マイク・ハンケハノーファー96
10. オリバー・ノイビル大帝 (ボルシア・メンヒェングラッドバッハ)
11. ミロスラフ・クローゼFCバイエルン・ミュンヘン
20. ルーカス・ポドルスキFCバイエルン・ミュンヘン
32. マリオ・ゴメスVfBシュツットガルト




▲ このページのトップに戻る当サイトについてリンクお問い合わせeuronavi.net

Copyright (C) euronavi.net. All rights reserved.