Click here to visit our sponsor



スポンサー
Click here to visit our sponsor
 
>> ドイツ代表 詳細試合データ No.784    [ 戻 る

<< 前の試合 次の試合 >>

EURO2008 欧州選手権スイス・オーストリア大会 テレビ&現地観戦ガイド
[EURO2008専門サイト] 欧州選手権スイス・オーストリア大会 テレビ&現地観戦ガイド

 10月のインターナショナルブレイクでは、7日、11日を中心に各地で国際Aマッチが開催される。ドイツ代表は、11日にEURO2008予選のスロヴァキア戦が予定されていたが、7日は予選の試合が組まれていなかったので、フレンドリーマッチを行うことになった。
 相手は、今年の1月からクラウス・トップメラー氏(元レバークーゼン、ハンブルガーSV監督)が監督に就任したグルジア。小国とはいえ、シャルケで活躍するコビアシュヴィリ、ACミランのカラーゼなどタレントが揃う好チーム。親善試合の相手としてはもってこいである。
 今回の親善試合が開催されたのは、旧東ドイツの港町ロストック。過去に1度親善試合が行われたことのあるオストゼー・シュタディオンが会場だ。前回、当地で行われた親善試合では、日韓W杯直前のテストマッチとして米国代表と対戦。かつてロストックに在籍していたオリヴァー・ノイヴィル大帝がヘディングシュートを決めるなどして、ドイツが快勝している。
 
 親善試合故に、新しい選手の起用が目立ったスタメン構成。久しぶりにヒルデブラントがゴールを守り、4バックではクレメンス・フリッツが代表デビュー。CBはダブル・フリードリッヒで、左サイドではヒツルスペルガーを使ってきた。中盤でもバラック、シュヴァインシュタイガー以外に、スペインのベティスへ移籍したオドンコールを先発起用し、またトロホウスキが代表デビューを果たした。2トップはポドルスキとハンケ。

 試合は前半24分、シュバインシュタイガーの豪快なゴールでドイツが先制。しかし、1-0で折り返した後半開始早々、相手選手に削られたポドルスキが報復行為で退場処分。ポドルスキは起き上がる際に、相手選手に蹴りを入れ、それを主審が見逃さなかったのである。こうしてドイツ代表は残り時間を10人で戦うことになったが、それでも67分にはオドンコールが右サイドを駆け上がり、シュートだかクロスだか分からないハチャメチャなボールを中央へ蹴り込み、相手GKはとりあえずパンチングで処理。それがゴール前でつめていたシュバインシュタイガーのところへ落ち、シュバインシュタイガーからバラックへ絶妙なラストパス。エースのバラックがこれを決めて2-0。ドイツはグルジア相手に零封で勝利を飾った。また、後半にはアーヘンのシュラウドラフとヴォルフスブルクのマドルングが代表デビュー。この試合で新たに4人の選手がドイツ代表のユニフォームに袖を通した。

ユニアイコン、EURO2004仕様に全面リニューアル。ドイツ代表応援掲示板はコチラ!(無断転載禁止)
[ドイツ代表応援掲示板] 代表選手アイコンにドイツワールドカップ仕様を追加!

2006年10月07日 親善試合


ドイツ代表
2 前  半 0

グルジア代表
1 0
1 0
後  半
[ 得 点 経 過 ]
24分、バスティアン・シュヴァインシュタイガー
67分、ミヒャエル・バラック

 

GK:
12. ティモ・ヒルデブラント (4)

DF:
27. クレメンス・フリッツ (3)
 3. アルネ・フリードリッヒ (3.5)
24. マヌエル・フリードリッヒ (4)
15. トーマス・ヒツルスペルガー (4)

MF:
22. タヴィド・オドンコール (2)
13. ミヒャエル・バラック (3.5)
28. ピオトル・トロホウスキ (3)
 7. バスティアン・シュヴァインシュタイガー (1.5)

FW:
 9. マイク・ハンケ (3)
20. ルーカス・ポドルスキ (5)

GK:
 1. ギオルギ・ロマイア (5)

DF:
19. マテ・クヴィニアニーゼ (5)
 3. ズラブ・キザニシュヴィリ (5)
13. カクハバー・カラーゼ (2)
 5. ダヴィド・クヴィルクヴェリア (4)

MF:
18. ズラブ・メンテシャシュヴィリ (4)
22. ヤバ・カンカヴァ (4)
10. レヴァン・コビアシュヴィリ (3)
 7. レヴァン・ツキティシュヴィリ (3.5)

FW:
21. オタル・マルツヴァラーゼ (3)
30. ゲオルゲ・デメトラーゼ (3.5)
[交代]
65分 ヤン・シュラウドラフ ハンケ
76分 マリク・ファティ ヒツルスペルガー
76分 トルステン・フリンクス トロホウスキ
84分 アレクサンダー・マドルング M.フリードリッヒ
[交代]
58分 ゴギタ・ゴグア (5) ← ツキティシュヴィリ
63分 アレクサンダー・イアシュヴィリ ← マルツヴァラーゼ
73分 オタル・キザネイシュヴィリ ← グヴィニアニーゼ
79分 ヴァシル・ギギアーゼ ← クヴィルクヴェリア
79分 カクハバー・アラダシュヴィリ ← メンテシャシュヴィリ
83分 イラクリ・モデバーゼ ← デメトラーゼ
警告()・退場()
ルーカス・ポドルスキ
警告()・退場()
ズラブ・メンテシャシュヴィリ
レヴァン・ツキティシュヴィリ
ズラブ・キザニシュヴィリ×2
日時: 2006年10月07日(土)20時キックオフ
主審:
 ゲラルト・レーナー氏 (オーストリア)
観戦者数: 28,000人(チケット完売)
スタジアム: オストゼー・シュタディオン(ロストック)

 初招集3人、7年ぶり招集1人

 9月29日、ドイツ代表のヨアヒム・レブ監督は、10月7日のグルジア戦(親善試合)、11日のスロヴァキア戦(EURO2008予選)に向けた代表メンバー代表メンバーを発表した。
 今回は初招集組が3人。DFのクレメンス・フリッツ、MFのピオトル・トロホウスキ、FWのヤン・シュラウドラフがそれぞれ代表入りを果たした。また、第3GKとしてハノーファー96のロベルト・エンケが名を連ねた。エンケの招集は、1999年のコンフェデレーションズ杯(出場機会無し)以来7年ぶり!

GK:
 1. イェンス・レーマン (FCアーセナル)
12. ティモ・ヒルデブラントVfBシュツットガルト
23. ロベルト・エンケハノーファー96

DF:
 2. マルセル・ヤンセンボルシア・メンヒェングラッドバッハ
 3. アルネ・フリードリッヒヘルタ・ベルリン
16. フィリップ・ラームFCバイエルン・ミュンヘン
24. マヌエル・フリードリッヒ1.FSVマインツ05
25. マリク・ファティヘルタ・ベルリン
26. アレクサンダー・マドルングVfLヴォルフスブルク
27. クレメンス・フリッツヴェルダー・ブレーメン

MF:
 7. バスティアン・シュヴァインシュタイガーFCバイエルン・ミュンヘン
 8. トルステン・フリンクスヴェルダー・ブレーメン
13. ミヒャエル・バラック (チェルシーFC)
15. トーマス・ヒツルスペルガーVfBシュツットガルト
19. ベルント・シュナイダーバイヤー・レヴァークーゼン
22. タヴィド・オドンコール (レアル・ベティス)
28. ピオトル・トロホウスキハンブルガーSV

FW:
 9. マイク・ハンケVfLヴォルフスブルク
10. オリヴァー・ノイヴィル大帝ボルシア・メンヒェングラッドバッハ
11. ミロスラフ・クローゼヴェルダー・ブレーメン
20. ルーカス・ポドルスキFCバイエルン・ミュンヘン
29. ヤン・シュラウドラフアレマニア・アーヘン

ユニアイコン、EURO2004仕様に全面リニューアル。ドイツ代表応援掲示板はコチラ!(無断転載禁止)
[ドイツ代表応援掲示板] 代表選手アイコンにドイツワールドカップ仕様を追加!

euronavi.net/de HOMEへ戻る
 

▲Page Top
Copyright(C) 2004 euronavi.net All rights reserved.