Click here to visit our sponsor



スポンサー
Click here to visit our sponsor
 
>> ドイツ代表 詳細試合データ No.757    [ 戻 る

<< 前の試合次の試合 >>

 昨年完成したシュタディオン・イム・ボルシアパルクでの初の代表戦。お馴染みのベーケルベルクが国際試合に非対応のスタジアムであったため、これまでメンヒェングラッドバッハで代表戦が行われたことはなく、なんとこれが初めて。
 メンヒェングラッドバッハは、この新スタジアムをウリにW杯会場候補として名乗りをあげていたが、あえなく落選。デュッセルドルフに続き、落選スタジアムを巡るドイツ代表戦第2弾である(秋にはブレーメンで第3弾が予定されている)。
 ロシア代表相手にのぞんだドイツ代表、ゴールマウスには久しぶりにカーンが立ち、4バックはヒンケル、フリードリッヒ、メルテザッカー、ヒツルスペルガー。前回ヘタレっぷりを露呈した右サイドのオヴォモイェラの位置にヒンケルを入れ、一発退場になったCBフートの位置にフリードリッヒを起用した形だ。中盤はバイエルン組のバラック、フリングス、シュヴァインシュタイガーの3人、それにベテランのシュナイダーである。FW2トップには、アザモアとポドルスキ。2人とも前回の試合で得点を決めた選手だ。
 対するロシア代表は、目下W杯欧州予選の真っ最中。ポルトガルと同居するグループ3で戦っているが、2位は確保できるだろうと思っていたら、意外にもスロヴァキアが健闘中で、苦戦を強いられている。3月30日には格下とみられたエストニア相手にドローを喫し、この結果を受けてゲオルギ・ヤルツェフ監督が辞任。後任として、ロコモティフ・モスクワをリーグ優勝に導いたユーリ・ショミン監督が就任したばかりだった。そのショミン監督の下で4日のラトヴィア戦は2-0で快勝。その勢いでもって、ドイツに乗り込んできた。この試合は、秋に再開される予選に向けた大切なテスト機会である。
 試合は、ポドルスキのシュートなどホームのドイツ代表が攻め立てる立ち上がり。10分にはロシアのFWイズマイロフがケガで交代を余儀なくされるアクシデント。しかし先制したのはロシア。26分、右サイドを崩してアニュコフがゴール。ドイツ代表、お恥ずかしいディフェンスを披露することになったが、その4分後、シュヴァインシュタイガーの代表初ゴールが決まって同点。なんとか体裁を保って前半終了。
 後半もドイツが攻め、69分には再びシュヴァインシュタイガー。お馴染みの一人よがりのコネコネ・ドリブルを披露し、そのまま完全個人技一直線でシュート。決まれば誰も文句はない。この日、自身はドッペルパック達成で、チームは2-1リード。このまま試合終了、コンフェデ前に2連勝で幸先の良さげな結果といいたいドイツ代表。しかし、ロスタイムにロシア代表の必殺カウンター攻撃が炸裂。右サイドからのクロスに最後はケルザコフが押し込んで同点ゴール。結果だけみれば、親善試合にありがちな引き分けという形。
 なお後半、マイク・ハンケが代表デビューを果たした。先日のバイエルンとの非公式試合で既にピッチに立っているハンケだが、公式戦はこれが初めて。コンフェデ杯での活躍も期待される、フォワードの新たな戦力だ。

ユニアイコン、EURO2004仕様に全面リニューアル。ドイツ代表応援掲示板はコチラ!(無断転載禁止)
[ドイツ代表応援掲示板] 代表選手アイコンにドイツワールドカップ仕様を追加!

2005年06月08日 親善試合


ドイツ代表
2 前  半 2

ロシア代表
1 1
1 1
後  半
[ 得 点 経 過 ]
 
30分、バスティアン・シュヴァインシュタイガー
69分、バスティアン・シュヴァインシュタイガー
 
26分、アレクサンダー・アニュコフ
 
 
91分、アレクサンダー・ケルザコフ
GK:
オリヴァー・カーン

DF:
アンドレアス・ヒンケル
アルネ・フリードリッヒ
ペア・メルテザッカー
トーマス・ヒツルスペルガー

MF:
トルステン・フリングス
ベルント・シュナイダー
バスティアン・シュヴァインシュタイガー
ミヒャエル・バラック

FW:
ゲラルド・アザモア
ルーカス・ポドルスキ
GK:
セルゲイ・オフチンニコフ

DF:
ワシリー・ベレツトスキー
ドミトリー・センニコフ
アレクセイ・ベレツトスキー

MF:
アレクサンダー・アニュコフ
ワディム・エフセェフ
イェフゲニー・アルドニン
ユーリ・ジルコフ

FW:
マラト・イズマイロフ
ドミトリー・ロスコフ
ドミトリー・シチェフ
[交代]
46分 セバスティアン・ダイスラーヒンケル
62分 マイク・ハンケアザモア
84分 ファビアン・エルンストポドルスキ
84分 ケヴィン・クラニーシュヴァインシュタイガー
[交代]
10分 セルゲイ・セマク ← イズマイロフ
46分 アレクサンダー・ケルザコフ ← ジルコフ
74分 アンドレイ・アルシャヴィン ← シチェフ
警告()・退場()
アンドレアス・ヒンケル 
警告()・退場()
セルゲイ・セマク
ドミトリー・センニコフ
日時: 2005年06月08日(水)20時45分キックオフ
主審:
 コンラード・プラウツ氏(オーストリア)
観戦者数: 46,228人(チケット完売)
スタジアム: シュタディオン・イム・ボルシアパルク(メンヒェングラッドバッハ)

>> コンフェデ杯に向けたドイツ代表メンバー発表

 5月18日、ユルゲン・クリンスマン監督はコンフェデレーションズ杯やその他の親善試合に向けたドイツ代表メンバーを発表した。今回招集される選手は以下の通り。注目は、ハマンの代表復帰と、若手FWハンケの招集。
 代表チームは、5月31日にバイエルン・ミュンヘンと対戦する他、6月4日アウェーで北アイルランド、8日にはホーム、メンヒェングラッドバッハにてロシアと親善試合を行う。そして、6月15日開幕のコンフェデ杯では、決勝トーナメント進出をかけてオーストラリア、チュニジア、アルゼンチンとグループリーグを戦うことになる。

※5月31日、ディトマール・ハマンがケガのため辞退。代わりにマルコ・エンゲルハルトを追加招集。
※6月2日、バイエルンとの親善試合の後に右膝の痛みを訴えていたミロスラフ・クローゼが代表離脱。代わりにトーマス・ブルダリッチを追加招集。

GK:
ティモ・ヒルデブラント (VfBシュツットガルト)
オリヴァー・カーン (バイエルン・ミュンヘン)
イェンス・レーマン (FCアーセナル)

DF:
アルネ・フリードリッヒ (ヘルタ・ベルリン)
アンドレアス・ヒンケル (VfBシュツットガルト)
ロベルト・フート (チェルシーFC)
ペア・メルテザッカー (ハノーファー96)
パトリック・オヴォモイェラ (アルミニア・ビーレフェルト)
クリスティアン・シュルツ (ヴェルダー・ブレーメン)

MF:
ミヒャエル・バラック (バイエルン・ミュンヘン)
ティム・ボロウスキ (ヴェルダー・ブレーメン)
セバスティアン・ダイスラー (バイエルン・ミュンヘン)
ファビアン・エルンスト (ヴェルダー・ブレーメン)
トルステン・フリングス (バイエルン・ミュンヘン)
ディトマール・ハマン (FCリヴァプール)
 マルコ・エンゲルハルト (1.FCカイザースラウテルン)※追加招集
トーマス・ヒツルスペルガー (アストン・ヴィラ)
ベルント・シュナイダー (バイヤー・レバークーゼン)
バスティアン・シュヴァインシュタイガー (バイエルン・ミュンヘン)

FW:
ゲラルド・アザモア (FCシャルケ04)
マイク・ハンケ (FCシャルケ04)
ミロスラフ・クローゼ (ヴェルダー・ブレーメン)
 トーマス・ブルダリッチ (VfLヴォルフスブルク)※追加招集
ケヴィン・クラニー (VfBシュツットガルト)
ルーカス・ポドルスキ (1.FCケルン)

ユニアイコン、EURO2004仕様に全面リニューアル。ドイツ代表応援掲示板はコチラ!(無断転載禁止)
[ドイツ代表応援掲示板] 代表選手アイコンにドイツワールドカップ仕様を追加!

euronavi.net/de HOMEへ戻る
 

▲Page Top
Copyright(C) 2004 euronavi.net All rights reserved.