Click here to visit our sponsor



スポンサー
Click here to visit our sponsor
 
>> ドイツ代表 詳細試合データ No.756    [ 戻 る

<< 前の試合次の試合 >>

 各地でW杯予選が行われているインターナショナルブレイクを利用したドイツ代表親善試合。コンフェデ杯を控えて、この北アイルランド戦、そして8日にはホームでロシア戦が用意された。今回の北アイルランド戦は、北アイルランドサッカー協会125周年記念イベントの一環。そこへドイツ代表がご招待を受けた格好だ。
 さて、GKとしてレーマンを起用し、4-4-2の布陣でこの一戦にのぞんだドイツ代表。4バックは、オヴォモイェラ、メルテザッカー、フート、ヒツルスペルガー。中盤はシュナイダー、エルンスト、バラック、フリングス、2トップはアザモア、クラーニーである。
 前半6分、主将バラックが豪快なミドルシュート。GKテイラーがはじかれ、惜しくもゴールならず。そしてその9分後、アクシデント発生。北アイルランドの選手が放ったシュートは、ドイツのゴールの枠内へ。前に飛び出していたGKレーマンに代わり、ゴールにいたフートがジャンプしてヘディングあたりでクリアしようするが、全然届きそうな高さではなく、なんと手をのばしてクリア(笑)。これが何を意味するかは本人だって分かっているはず。自分が退場になって、ほぼ高い確率でPKによりどうせ失点するだけ。しかも試合は始まったばかり。教科書どおりに、フートにはレッドカードが提示され、ヒーリーによるPKが決まり北アイルランドが先制。ドイツは以後、10人でのプレーを余儀なくされた。
 それでも2分後にはバラックからのボールを中央でアザモアがトラップしてシュート。重厚感のあるフォワードッぷりを披露。一方の北アイルランドは、左サイドからの攻撃に活路を見出す。1枚少ないドイツDF陣にて、オヴォモイェラのDFでのヘタレっぷりが露呈。29分、思いっきり振り切られてクロス。ファーサイドにいた北アイルランドの選手が頭で合わせる決定的な展開。しかしこれはゴールならず、前半1-1にて折り返し。
 後半、アザモア、シュナイダーに代えて、シュヴァインシュタイガー、ダイスラーを投入したドイツ代表。そのドイツに先にチャンス。後半5分、クラーニーのクロスにバラックのシュート。しかしこれは相手DFに当たりクリアされてしまう。その6分後、今度は北アイルランドのチャンス。またもオヴォモイェラが振り切られてクロス。しかし得点には至らず。
 後半17分、左サイド、ペナルティエリアのすぐ外という絶好の位置でフリーキックのチャンスを得たドイツ。キッカーは途中出場のダイスラー。壁のすぐ上をねらった鋭いボールを放つ。これに所属クラブのチームメイトでもあるバラックがきっちり頭で合わせてゴール。ダイスラーのフリーキックの精度、それに応えたバラック。申し分のない得点シーン。
 その4分後には、同じく途中出場のシュヴァインシュタイガーがペナルティエリア内で倒されてPK。これを主将バラックが決めて3-1。バラック自身はドッペルパック。
 さらにクラーニーに代わって途中出場したポドルスキが後半36分にはダメ押しの4点目。アンラッキーな形で北アイルランドの選手にあたったボールが前線に残っていたポドルスキのもとへ。このチャンスを逃さなかったポドルスキ、快速ドリブルの後にDFに引っ張られながらも左足でゴール。そのバランス感覚、おそるべし。
 結局10人ながらも4点叩き込んで快勝したドイツ。日本でもフジテレビ739にて中継が予定されている次のロシア戦が楽しみである。

ユニアイコン、EURO2004仕様に全面リニューアル。ドイツ代表応援掲示板はコチラ!(無断転載禁止)
[ドイツ代表応援掲示板] 代表選手アイコンにドイツワールドカップ仕様を追加!

2005年06月04日 親善試合


北アイルランド代表
1 前  半 4

ドイツ代表
1 1
0 3
後  半
[ 得 点 経 過 ]
15分、デヴィッド・ヒーリー(PK)  
17分、ゲラルド・アザモア
62分、ミヒャエル・バラック
66分、ミヒャエル・バラック(PK)
81分、ルーカス・ポドルスキ
GK:
マイク・テーラー

DF:
クリス・ベアード
ステファン・クレイガン
マーク・クライド
ジョージ・マッカートニー

MF:
キース・ギレスピー
スティーヴン・ディヴィス
ダミアン・ジョンソン
スティーヴ・ジョーンズ

FW:
デヴィッド・ヒーリー
スチュアート・エリオット
GK:
イェンス・レーマン

DF:
パトリック・オヴォモイェラ
ペア・メルテザッカー
ロベルト・フート  
トーマス・ヒツルスペルガー

MF:
ベルント・シュナイダー
ファビアン・エルンスト
ミヒャエル・バラック
トルステン・フリングス

FW:
ゲラルド・アザモア
ケヴィン・クラニー
[交代]
67分 アンドリュー・カーク ← エリオット
67分 ウォレン・フィーニー ← ジョーンズ
70分 ガレス・マカーグリー ← ギレスピー
77分 アンドリュー・スミス ← クレイガン
77分 クリス・ブラント ← ヒーリー
77分 マイケル・イングハム ← テーラー
[交代]
46分 バスティアン・シュヴァインシュタイガー アザモア
46分 セバスティアン・ダイスラー シュナイダー
63分 ルーカス・ポドルスキ クラニー
73分 ティム・ボロウスキ バラック
警告()・退場()
キース・ギレスピー
 
警告()・退場()
トルステン・フリングス
ロベルト・フート(15分、ハンド)
日時: 2005年06月04日(土)19時30分(ドイツ時間 20時30分)キックオフ
主審:
 チャーリー・リッチモンド氏(スコットランド)
観戦者数: 14,000人(チケット完売)
スタジアム: ウィンザー・パーク(ベルファスト、北アイルランド)

>> コンフェデ杯に向けたドイツ代表メンバー発表

 5月18日、ユルゲン・クリンスマン監督はコンフェデレーションズ杯やその他の親善試合に向けたドイツ代表メンバーを発表した。今回招集される選手は以下の通り。注目は、ハマンの代表復帰と、若手FWハンケの招集。
 代表チームは、5月31日にバイエルン・ミュンヘンと対戦する他、6月4日アウェーで北アイルランド、8日にはホーム、メンヒェングラッドバッハにてロシアと親善試合を行う。そして、6月15日開幕のコンフェデ杯では、決勝トーナメント進出をかけてオーストラリア、チュニジア、アルゼンチンとグループリーグを戦うことになる。

※5月31日、ディトマール・ハマンがケガのため辞退。代わりにマルコ・エンゲルハルトを追加招集。
※6月2日、バイエルンとの親善試合の後に右膝の痛みを訴えていたミロスラフ・クローゼが代表離脱。代わりにトーマス・ブルダリッチを追加招集。

GK:
ティモ・ヒルデブラント (VfBシュツットガルト)
オリヴァー・カーン (バイエルン・ミュンヘン)
イェンス・レーマン (FCアーセナル)

DF:
アルネ・フリードリッヒ (ヘルタ・ベルリン)
アンドレアス・ヒンケル (VfBシュツットガルト)
ロベルト・フート (チェルシーFC)
ペア・メルテザッカー (ハノーファー96)
パトリック・オヴォモイェラ (アルミニア・ビーレフェルト)
クリスティアン・シュルツ (ヴェルダー・ブレーメン)

MF:
ミヒャエル・バラック (バイエルン・ミュンヘン)
ティム・ボロウスキ (ヴェルダー・ブレーメン)
セバスティアン・ダイスラー (バイエルン・ミュンヘン)
ファビアン・エルンスト (ヴェルダー・ブレーメン)
トルステン・フリングス (バイエルン・ミュンヘン)
ディトマール・ハマン (FCリヴァプール)
 マルコ・エンゲルハルト (1.FCカイザースラウテルン)※追加招集
トーマス・ヒツルスペルガー (アストン・ヴィラ)
ベルント・シュナイダー (バイヤー・レバークーゼン)
バスティアン・シュヴァインシュタイガー (バイエルン・ミュンヘン)

FW:
ゲラルド・アザモア (FCシャルケ04)
マイク・ハンケ (FCシャルケ04)
ミロスラフ・クローゼ (ヴェルダー・ブレーメン)
 トーマス・ブルダリッチ (VfLヴォルフスブルク)※追加招集
ケヴィン・クラニー (VfBシュツットガルト)
ルーカス・ポドルスキ (1.FCケルン)

ユニアイコン、EURO2004仕様に全面リニューアル。ドイツ代表応援掲示板はコチラ!(無断転載禁止)
[ドイツ代表応援掲示板] 代表選手アイコンにドイツワールドカップ仕様を追加!

euronavi.net/de HOMEへ戻る
 

▲Page Top
Copyright(C) 2004 euronavi.net All rights reserved.