Click here to visit our sponsor

トップページ
最新ニュース
掲示板
代表監督・コーチスタッフ
代表選手紹介
試合予定
2002年W杯
2004年欧州選手権
2006年W杯ドイツ大会
ドイツ代表の歴史
これまでのドイツ代表の戦績
ドイツ代表の各種データ
ドイツ国内スタジアム紹介
ドイツ代表現地観戦ガイド
リンク集
問い合わせ・感想など
当サイトについて

produced by EFA

>> ドイツ代表 詳細試合データ No.731    [ 戻 る

 暫定順位ではスコットランドが1試合多く消化しているが勝ち点7で両者が並んだ状態。ここは、アウェーとはいえ勝って勝ち点差を広げておきたいドイツ代表。スコットランド代表を率いるのは前ドイツ代表監督のベルティ・フォクツ氏。古巣相手に、いや母国代表相手に一矢を報いることができるのか。場所はスコットランドはグラスゴゥのハンプデン・パーク。01/02シーズンのチャンピオンズリーグ決勝が行われたスタジアム、そうレバークーゼンが巨人レアル・マドリーに敗れた因縁の場所。

 試合は前半23分にフレディ・ボビッチのヘディングシュートでドイツが先制、しかし、後半に地元の声援をバックにしたスコットランドの同点ゴールが決まり、結局引き分けのまま終了。これで依然として勝ち点8で両者が暫定的に並ぶ格好が続く結果に。とりあえず、ドイツ代表としては4日後のフェロー諸島戦で確実に勝ち点3をものにして、9月の試合を単独首位にてむかえたいところである。

2003年06月07日 EURO2004予選(グループ5)


スコットランド代表
1 前  半 1

ドイツ代表
0 1
1 0
後  半
[ 得 点 経 過 ]
  
69分、ケニー・ミラー
23分、フレディ・ボビッチ
 

GK:
ロバート・ダグラス
DF:
モーリス・ロス
スティーヴン・プレスリー
アンディ・ウェブスター
ギャリー・ネイスミス
MF:
ポール・デブリン
ポール・ランバート
コリン・キャメロン
クリスチャン・デイリー
FW:
ケニー・ミラー
スティーヴ・クロフォード

GK:
オリヴァー・カーン
DF:
アルネ・フリードリヒ
カルステン・ラメロウ
クリスティアン・ヴェアンス
MF:
ミヒャエル・バラック
トルステン・フリングス
イェンス・イェレミース
トビアス・ラウ
ベルント・シュナイダー
FW:
フレディ・ボビッチ
ミロスラフ・クローゼ
[交代]
61分 ギャヴィン・ラエ ← デブリン
75分 ジャッキー・マクナマラ ← ロス
90分 スティーヴン・トンプソン ← ミラー
[交代]
57分 パウル・フライヤーラウ
75分 オリヴァー・ノイヴィル クローゼ
86分 セバスティアン・ケール シュナイダー
警告()・退場()
ポール・デブリン
クリスチャン・デイリー
スティーヴン・プレスリー
スティーヴン・トンプソン
警告()・退場()
トルステン・フリングス
パウル・フライヤー
ミヒャエル・バラック
日時: 2003年06月07日(土)
主審:
 ドメニコ・メッシーナ氏(イタリア)
観戦者数: 52,000人(チケット完売)
スタジアム: ハンプデン・パーク(グラスゴゥ、スコットランド)

 6月に行われる3試合の代表戦に向けて、フェラー監督はドイツ代表メンバー23名を招集することにした。W杯からちょうど1年になる6月に、ドイツ代表は、カナダとの親善試合(1日)、スコットランド(7日)とフェロー諸島(11日)とのEURO予選のアウェー戦と、計3試合を戦う。
 なお、6月1日の親善試合については、前日に行われるドイツ杯決勝に出場するバイエルンとカイザースラウテルンの選手に関して、メンバーから外れることが予想される。ただ、その後の代表合宿及びEURO予選遠征には参加する見込み。

 特に新しいメンバーは招集されておらず、全てこれまで起用してきたメンバーで固められた23名。ちょうど1年前のW杯メンバー23名と比べると、相変わらずのメンバーも入れば、この1年ですっかり代表の仲間入りを果たした若手の姿も。
 なお、英国組のハマンとツィーゲ、さらにドルトムントのレーマンとメッツェルダー、バイエルンのダイスラー、レバークーゼンのノヴォトニーはケガなどを理由に選考から漏れた。

GK:
ハンス・ヨルグ・ブット (バイヤー・レバークーゼン)
オリヴァー・カーン (FCバイエルン・ミュンヘン)
フランク・ロスト (FCシャルケ04)
 
DF:
フランク・バウマン (ヴェルダー・ブレーメン)
アルネ・フリードリヒ (ヘルタ・ベルリン)
ミヒャエル・ハートマン (ヘルタ・ベルリン)
アンドレアス・ヒンケル (VfBシュツットガルト)
トビアス・ラウ (VfLヴォルフスブルク)
マルコ・レーマー (ヘルタ・ベルリン)
クリスティアン・ヴェアンス (ボルシア・ドルトムント)
 
MF:
ミヒャエル・バラック (バイエルン・ミュンヘン)
ヨルグ・ベーメ (FCシャルケ04)
パウル・フライヤー (VfLボーフム)
トルステン・フリングス (ボルシア・ドルトムント)
イェンス・イェレミース (FCバイエルン・ミュンヘン)
セバスティアン・ケール (ボルシア・ドルトムント)
カルステン・ラメロウ (バイヤー・レバークーゼン)
ベルント・シュナイダー (バイヤー・レバークーゼン)
 
FW:
フレディ・ボビッチ (ハノーファー96)
ミロスラフ・クローゼ (1.FCカイザースラウテルン)
ケヴィン・クーラニー(VfBシュツットガルト)
ベンヤミン・ラウト (TSV1860ミュンヘン) ※U21代表対スコットランド戦にも助っ人招集。
オリヴァー・ノイヴィル (バイヤー・レバークーゼン)

[参考]スコットランド代表 招集メンバー

GK:
ニール・アレクサンダー (カーディフ・シティ)
ロバート・ダグラス (グラスゴゥ・セルティック)
ポール・ギャラハー (ダンディー・ユナイテッド)

DF:
スティーブン・コールドウェル (ニューカッスル・ユナイテッド)
クリスチャン・デイリー (西ハム・ユナイテッド)
グラハム・アレクサンダー (プレストン・ノースエンド)
モーリス・ロス (グラスゴゥ・レンジャーズ)
スティーヴン・プレスリー (ハーツ)
アンディ・ウェブスター (ハーツ)
リー・ウィルキー (ダンディー・ユナイテッド)

MF:
コリン・キャメロン (ウォルバーハンプトン・ワンダラーズ)
ギャリー・ネイスミス (エヴァートン)
ポール・デヴリン (バーミンガム・シティ)
ポール・ランバート (グラスゴゥ・セルティック)
ジャッキー・マクナマラ (グラスゴゥ・セルティック)
ギャヴィン・ラエ (ダンディー・ユナイテッド)

FW:
ドン・ハッチソン (西ハム・ユナイテッド)
ケヴィン・カイル (サンダーランド)
アンドリュー・グレイ (ブラッドフォード・シティ)
ケニー・ミラー (ウォルバーハンプトン・ワンダラーズ)
ジェームス・マクファデン (マザーウェル)
スティーヴン・トンプソン (グラスゴゥ・レンジャーズ)
スティーヴ・クロウフォード (ダンファームリン・アスレティック)

戻 る
  

▲Page Top

copyright (c) Satoshi, 1997-2002