Click here to visit our sponsor

トップページ
最新ニュース
掲示板
代表監督・コーチスタッフ
代表選手紹介
試合予定
2002年W杯
2004年欧州選手権
2006年W杯ドイツ大会
ドイツ代表の歴史
これまでのドイツ代表の戦績
ドイツ代表の各種データ
ドイツ国内スタジアム紹介
ドイツ代表現地観戦ガイド
リンク集
問い合わせ・感想など
当サイトについて

produced by EFA

>> ドイツ代表 詳細試合データ No.711    [ 戻 る

 4月17日(水)、シュツットガルトにて強豪アルゼンチンをむかえてテストマッチが行われた。ブンデスリーガのシーズン期間中に行われる最後の代表テストマッチ。
 実は、W杯や欧州選手権などをひかえたこの時期に、このシュツットガルトに強豪をむかえてテストマッチを行うことは、ここのところ慣例となっている(笑)。94年W杯米国大会前にはイタリアとテストマッチをやっているし、96年欧州選手権イングランド大会直前は対フランス、そして98年W杯フランス大会前には対ブラジルのテストマッチを行っている。なぜか?それはこのシュツットガルトが、MVことマイヤー・フォアフェルダー現ドイツサッカー会長(元VfBシュツットガルト会長、元バーデン・ヴュルテンブルク州財務大臣)のお膝元であり、ドイツ代表のメインスポンサーであるダイムラー・クライスラー社の本拠地でもあるから。この試合の前には、ベンツとドイツサッカー協会との間のスポンサー契約が2006年まで延長されたことも発表された。マイヤー・フォアフェルダー会長もご満悦の今日この頃である。
 さて試合の方はシーズン途中で両チームとも主力を欠いた試合となったが(ドイツはカーン、ハマンを欠き、バティストゥータ、ヴェロン、クレスポが出場せず)、W杯でレギュラーに食い込もうとする1.5軍のメンバー同士による戦いは、イエローカードが出まくるテストマッチとは思えない荒れた展開。ドイツは結局チャンスらしいチャンスを余り作れず無得点に。逆に、アルゼンチンに1失点を許し、ちょうど2001年2月のフランス戦の時のように、世界の強豪相手に0-1と惜敗ならまあまあかと納得気分。かつてW杯を3度制した「ゲルマン魂」は何処へ。

2002年04月17日 親善試合


ドイツ代表
0 前  半 1

アルゼンチン代表
0 0
0 1
後  半
[ 得 点 経 過 ]
  48分 パブロ・ソリン

GK:
イェンス・レーマン

DF:
トーマス・リンケ
クリストフ・メツェルダー
イェンス・ノヴォトニー

MF:
ミヒャエル・バラック
ヨルグ・ベーメ
トルステン・フリングス
イェンス・イェレミース
カルステン・ラメロウ

FW:
オリバー・ビアホフ
ミロスラフ・クローゼ

GK:
パブロ・オスカール・カヴァジェロ

DF:
ファクンド・キロガ
マウリシオ・ポチェッティーノ
ワルテル・サムエル

MF:
マティアス・アルメイダ
ハヴィエル・サネッティ
パブロ・アイマール
クリスティアン・"キリ"・ゴンザレス
ホアン・パブロ・ソリン

FW:
グスフホ・ロペス
クラウディオ・ロペス

[交代]
46分 リンケ フランク・バウマン
46分 ベーメ ラルス・リッケン
70分 ビアホフカルステン・ヤンカー
77分 イェレミースセバスティアン・ケール
83分 フリングスマルティン・マックス
[交代]
31分 アイマール → マルセロ・ガジャルド
64分 ガジャルド → サンチャゴ・ソラリ
77分 G・ロペス → ハヴィエル・サヴィオラ
89分 キリ・ゴンザレス → ディエゴ・プラセンテ
警告()・退場()
イェンス・イェレミース
ミヒャエル・バラック
警告()・退場()
ワルテル・サムエル
パブロ・アイマール
ファクンド・キロガ
日時: 2002年04月17日20時45分キックオフ
主審:
 マヌエル・エンリケ・メフト・ゴンザレス氏(スペイン)
観戦者数: 54,570人 (チケット完売)
スタジアム: シュツットガルト(ゴットリープ・ダイムラー・シュタディオン)

戻 る
  

▲Page Top

copyright (c) Satoshi, 1997-2002