ドイツサッカー総合サイト − ドイツ代表、ブンデスリーガ テレビ&現地観戦ガイド −

ホームページ | サイトマップ | お問い合わせ


ミヒャエル・バラック 選手、無断転載禁止

HOME > ドイツ代表 > ドイツ代表ニュース

最新ニュース05/0604/0503/0402/0301/02


Web
euronavi.net

ドイツサッカー映画「ベルンの奇蹟」はこちら。  1954年W杯スイス大会でのドイツの歴史的優勝を背景に父と子の絆の再生、そして敗戦国の再生をも描いた感動のファンタジックストーリー!こちらで購入すれば送料無料でお届け!








楽天トラベル 夏の旅行
 ドイツ代表に関するニュースの過去ログです。このページでは04/05シーズンのニュースログについて掲載しています。それ以前については、過去ログ「03/04シーズン」過去ログ「02/03シーズン」過去ログ「01/02シーズン」を参考にして下さい。
 各試合結果の小見出し部分をクリックすると詳細試合結果のページへアクセスすることができます。

 3位入賞

 6月29日、コンフェデレーションズ杯の3位決定戦と決勝戦が行われ、3位決定戦では地元ドイツ代表がメキシコを延長の末4-3で下した。一方、決勝戦では序盤に2点を先制したブラジルが試合を優位にすすめ、宿敵アルゼンチンを4-1で破ってコンフェデ杯優勝を飾った。

第762回ドイツ代表国際試合 コンフェデレーションズ杯3位決定戦
ドイツ代表 - メキシコ代表 延長4:3(4:3) 3:3(2:1)
得点:
1:0 ルーカス・ポドルスキ
 (37分左足でシュート、シュヴァインシュタイガーのアシスト)
1:1 フランシスコ・フォンセカ
 (40分右足でシュート、ニージャ・ナエルソンからのボール)
2:1 バスティアン・シュヴァインシュタイガー
 (41分右足でシュート、ヒンケルから)
2:2 ハレド・ボルヘッティ
 (58分ヘディングシュート、ペレスからのボール)
3:2 ロベルト・フート
 (79分左足でシュート、クラーニーからのボール)
3:3 ハレド・ボルヘッティ
 (85分ヘディングシュート、パルドのフリーキックからのボール)
4:3 ミヒャエル・バラック
 (97分直接フリーキック、右足でシュート)
日時: 2005年06月29日(水)17時45分キックオフ
会場: ツェントラール・シュタディオン(ライプツィヒ)
主審: マシュー・ブリーズ氏(オーストラリア)

 アドリアーノを止められず。

 決勝進出をかけて強豪ブラジルと対戦したドイツ代表。高い位置でボールを奪い積極的に攻撃を仕掛けた前半。しかし、アドリアーノの先制ゴールで失点スタート。それでもすぐにポドルスキのヘディングシュートが決まり同点。
 しかし、前半終了間際、アドリアーノのドリブル突破にCBフートがたまらずファウルでPK。これをロナウジーニョが決めて再びリードを許す展開。それでも前半ロスタイムに、バラックがセットプレーの混戦の中、倒されたという判定でドイツにもPKのチャンスが与えられ、これをバラックが自ら決めて再び同点で後半へ。
 後半もエンジン全開のドイツ代表だったが、気温30度越えの状況で徐々にスピードダウン。そして76分、ロビーニョのパスに抜け出したアドリアーノが若手DFを振り切ってシュート。これが決勝点となってブラジルの勝ち。ドイツは、またしても強豪相手に勝ちをおさめることができず。

第761回ドイツ代表国際試合 コンフェデレーションズ杯準決勝
ドイツ代表 - ブラジル代表 2:3(2:2)
得点:
0:1 アドリアーノ
 (21分直接フリーキック、左足でシュート)
1:1 ルーカス・ポドルスキ
 (23分、ヘディングシュート、ダイスラーのコーナーキック)
1:2 ロナウジーニョ
 (43分PK、右足でシュート、アドリアーノに対するフートのファウル)
2:2 ミヒャエル・バラック
 (45分PK、右足でシュート、バラックに対するエメルソンのファウル?)
2:3 アドリアーノ
 (76分、左足でシュート、ロビーニョからのボール)
日時: 2005年06月25日(土)18時キックオフ
会場: フランケン・シュタディオン(ニュルンベルク)
主審: カルロス・チャンディア氏(チリ)

 準決勝はブラジルと対戦。

 コンフェデレーションズ杯はグループリーグ最後の2試合が行われ、日本と2-2引き分けたブラジルが、B組2位を守って準決勝進出。この結果、ドイツは準決勝でブラジルと対戦することが決定した。準決勝以降のスケジュールは以下の通り。

2005年06月25日(土)18時(日本時間深夜1時)キックオフ
[準決勝] ドイツ代表 - ブラジル代表 (ハノーファー)
2005年06月26日(日)18時(日本時間深夜1時)キックオフ
[準決勝] メキシコ代表 - アルゼンチン代表 (ハノーファー)

2005年06月29日(水)17時45分(日本時間深夜0時45分)キックオフ
[3位決定戦] ???代表 - ???代表 (ライプツィヒ)
2005年06月29日(水)20時45分(日本時間深夜3時45分)キックオフ
[決  勝] ???代表 - ???代表 (フランクフルト)

 グループ1位で決勝トーナメント進出。

 コンフェデレーションズ杯のグループリーグで、ドイツは2勝1分勝ち点7。グループ1位での決勝トーナメント進出を決めた。第1戦ではオーストラリアとシーソーゲームを展開したが4-3で振り切り、第2戦はチュニジア相手に前半こそ0-0だったが、後半3得点で勝利。この時点で勝ち点を6にのばして、2位アルゼンチンとともに決勝トーナメント進出が決定。
 最終戦は、グループ内順位決定戦となりアルゼンチンとの直接対決。引き分け以上なら準決勝でブラジルor日本と対戦、負ければ次はメキシコという微妙な選択肢。結局2-2でこの試合を引き分けで終え、グループ首位をキープし準決勝へ進むことになった。
 準決勝は6月25日(土)18時(日本時間深夜1時)キックオフ。対戦相手はブラジルor日本。

第760回ドイツ代表国際試合 コンフェデレーションズ杯GL最終戦
アルゼンチン代表 - ドイツ代表 2:2(1:1)
得点:
0:1 ケヴィン・クラーニー
 (29分、右足でシュート、エルンストのアシスト)
1:1 ファン・ロマン・リケルメ
 (32分、直接フリーキック、右足でシュート)
1:2 ゲラルド・アザモア
 (51分、右足でシュート、クラーニーからのボール)
2:2 エステバン・カンビアッソ
 (74分、左足でシュート、ソリンからのボール)
日時: 2005年06月21日(火)20時45分キックオフ
会場: フランケン・シュタディオン(ニュルンベルク)
主審: ルボス・ミシェル氏(スロヴァキア)

第759回ドイツ代表国際試合 コンフェデレーションズ杯GL第2戦
チュニジア代表 - ドイツ代表 0:3(0:0)
得点:
0:1 ミヒャエル・バラック
 (74分PK、右足でシュート、バラック自身の得たファウル)
0:2 バスティアン・シュヴァインシュタイガー
 (80分、右足でシュート、ポドルスキからのボール)
0:3 マイク・ハンケ
 (89分、右足でシュート、ダイスラーからのボール)
日時: 2005年06月18日(土)18時00分キックオフ
会場: シュタディオン・ケルン(ケルン)
主審: ペーター・プレンダーガスト氏(ジャマイカ)

第758回ドイツ代表国際試合 コンフェデレーションズ杯GL初戦
ドイツ代表 - オーストラリア代表 4:3(2:2)
得点:
1:0 ケヴィン・クラーニー
 (17分、右足でシュート、フリードリヒのアシスト)
1:1 ジョシップ・スココ
 (21分直接フリーキック、右足でシュート)
2:1 ペア・メルテザッカー
 (23分、右足でシュート、シュナイダーからのボール)
2:2 ジョン・アロイーシ
 (31分、左足でシュート、スココからのボール)
3:2 ミヒャエル・バラック
 (60分PK、右足でシュート、フリードリヒの得たファウル)
4:2 ルーカス・ポドルスキ
 (88分、左足でシュート、バラックからのボール)
4:3 ジョン・アロイーシ (91分、右足でシュート、スココからのボール)
日時: 2005年06月15日(水)21時00分キックオフ
会場: ヴァルト・シュタディオン(フランクフルト)
主審: アマリア・デマルキ氏(パラグアイ)

 コンフェデレーションズ杯ですよ。


コンフェデ杯の準備は万端?
 6月15日、W杯のプレ大会であるコンフェデレーションズ杯がドイツで開幕。ホスト国ドイツのほか、各大陸王者や前回W杯優勝のブラジルが集う。この大会に向けたドイツ代表の登録メンバー及び背番号は以下の通り。
 ただし、DFのクリスティアン・シュルツがケガのため離脱することになった。

 ドイツ代表は、15日に初戦のオーストラリア戦をむかえ、その後、チュニジア(18日)、アルゼンチン(21日)とグループリーグを戦う。

GK:
1 オリヴァー・カーン (FCバイエルン・ミュンヘン)
12 イェンス・レーマン (アーセナルFC)
23 ティモ・ヒルデブラント (VfBシュツットガルト)

DF:
2 アンドレアス・ヒンケル (VfBシュツットガルト)
3 アルネ・フリードリヒ (ヘルタ・ベルリン)
4 ロベルト・フート (チェルシーFC)
5 パトリック・オヴォモイェラ (アルミニア・ビーレフェルト)
17 ペア・メルテザッカー (ハノーファー96)
21 クリスティアン・シュルツ (ヴェルダー・ブレーメン)

MF:
6 マルコ・エンゲルハルト (1.FCカイザースラウテルン)
7 バスティアン・シュヴァインシュタイガー (FCバイエルン・ミュンヘン)
8 トルステン・フリンクス (FCバイエルン・ミュンヘン)
10 セバスティアン・ダイスラー (FCバイエルン・ミュンヘン)
13 ミヒャエル・バラック (FCバイエルン・ミュンヘン)
15 ファビアン・エルンスト (ヴェルダー・ブレーメン)
16 トーマス・ヒツルスペルガー (アストン・ヴィラ)
18 ティム・ボロウスキ (ヴェルダー・ブレーメン)
19 ベルント・シュナイダー (バイヤー・レヴァークーゼン)

FW:
9 マイク・ハンケ (FCシャルケ04)
11 トーマス・ブルダリッチ (VfLヴォルフスブルク)
14 ゲラルト・アザモア (FCシャルケ04)
20 ルーカス・ポドルスキ (1.FCケルン)
22 ケヴィン・クラーニー (VfBシュツットガルト)

(コンフェデレーションズ杯) 2005年06月15日〜29日
2005年06月15日(水)
[コンフェデ] ドイツ代表 - オーストラリア代表 (フランクフルト)
2005年06月18日(土)
[コンフェデ] チュニジア代表 - ドイツ代表 (ケルン)
2005年06月21日(火)
[コンフェデ] アルゼンチン代表 - ドイツ代表 (ニュルンベルク)
※決勝トーナメント以降未定

 シュヴァ坊、ドッペル。

 W杯予選期間を利用したドイツ代表親善試合第2弾。久しぶりのホームゲームは、代表戦初開催となるメンヒェングラッドバッハが会場。シュヴァインシュタイガーの2ゴールなどバイエルン所属選手の活躍が見られたが、ロスタイムにロシアに同点にされてしまうというオチ。

第757回ドイツ代表国際試合 フレンドリーマッチ
ドイツ代表 - ロシア代表 2:2(1:1)
得点:
0:1 アレクサンダー・アニュコフ
 (26分右足でシュート、シチェフのアシスト)
1:1 バスティアン・シュヴァインシュタイガー
 (30分右足でシュート、ポドルスキからのボール)
2:1 バスティアン・シュヴァインシュタイガー
 (69分ドリブルで相手をかわして右足でシュート)
2:2 アレクサンダー・ケルザコフ
 (91分右足でシュート、カウンターからアルシャヴィンのクロス)
日時: 2005年06月08日(水)20時45分キックオフ
会場: シュタディオン・イム・ボルシアパーク(メンヒェングラッドバッハ)
主審: コンラード・プラウツ氏(オーストリア)

 10人ながらも4ゴール快勝。

 W杯予選期間を利用したドイツ代表親善試合。アウェーで北アイルランドと対戦。前半15分にフートがハンドで退場するアクシデントにより、10人でのプレーを余儀なくされたドイツ代表。しかも、ハンド後のPKで0-1ビハインドの展開。しかしアザモアのゴールで追いつくと、後半は主将バラックが2得点をマークして試合を決め、最後はポドルスキによるダメ押し4点目のオマケつき。

第756回ドイツ代表国際試合 フレンドリーマッチ
北アイルランド代表 - ドイツ代表 1:4(1:1)
得点:
1:0 デヴィッド・ヒーリー
 (15分PK、右足でシュート。フートのハンドによるPK)
1:1 ゲラルド・アザモア
 (17分左足でシュート、バラックのアシスト)
1:2 ミヒャエル・バラック
 (62分ヘディングシュート、ダイスラーのフリーキック)
1:3 ミヒャエル・バラック
 (66分右足でシュート、シュヴァインシュタイガーが得たファウル)
1:4 ルーカス・ポドルスキ
 (81分左足でシュート)
日時: 2005年06月04日(土)19時30分キックオフ
会場: ウィンザー・パーク(ベルファスト、北アイルランド)
主審: チャーリー・リッチモンド氏(スコットランド)

※6月2日、バイエルンとの親善試合(5月31日アリアンツ・アレーナ)の後に右膝の痛みを訴えていたミロスラフ・クローゼが代表離脱。代わりにトーマス・ブルダリッチを追加招集。

 バイエルンvsドイツ代表@アリアンツ・アレーナ

 オープンしたてのアリアンツ・アレーナでの親善試合。バイエルン相手に、バイエルンの5選手を除いたドイツ代表が対戦。国内二冠の王者バイエルンはレトロな新ユニで来シーズンモードの中、4-2でドイツ代表を圧倒。

ドイツ代表親善試合
バイエルン・ミュンヘン - ドイツ代表 4:2(2:0)
得点:
1:0 セバスティアン・ダイスラー
 (6分、右足でシュート、シュヴァインシュタイガーのアシスト)
2:0 オウンゴール
 (36分、フートのオウンゴール、シュヴァインシュタイガーから)
2:1 ティム・ボロウスキ
 (51分PK、右足でシュート)
3:1 ウィリー・サニョール
 (74分、右足でシュート)
3:2 ミロスラフ・クローゼ
 (86分、右足でシュート)
4:2 ハサン・サリハミジッチ
 (88分、右足でシュート、ダイスラーから)
日時: 2005年05月31日(火)21時15分キックオフ
会場: アリアンツ・アレーナ(ミュンヘン)
主審: マルクス・メルク氏(ドイツ)

 コンフェデ杯に向けたドイツ代表メンバー発表

 5月18日、ユルゲン・クリンスマン監督はコンフェデレーションズ杯やその他の親善試合に向けたドイツ代表メンバーを発表した。今回招集される選手は以下の通り。注目は、ハマンの代表復帰と、若手FWハンケの招集。
 代表チームは、5月31日にバイエルン・ミュンヘンと対戦する他、6月4日アウェーで北アイルランド、8日にはホーム、メンヒェングラッドバッハにてロシアと親善試合を行う。そして、6月15日開幕のコンフェデ杯では、決勝トーナメント進出をかけてオーストラリア、チュニジア、アルゼンチンとグループリーグを戦うことになる。

※5月31日、ディトマール・ハマンがケガのため辞退。代わりにマルコ・エンゲルハルトが追加招集。

GK:
ティモ・ヒルデブラント (VfBシュツットガルト)
オリヴァー・カーン ( バイエルン・ミュンヘン)
イェンス・レーマン (FCアーセナル)

DF:
アルネ・フリードリッヒ (ヘルタ・ベルリン)
アンドレアス・ヒンケル (VfBシュツットガルト)
ロベルト・フート (チェルシーFC)
ペア・メルテザッカー (ハノーファー96)
パトリック・オヴォモイェラ (アルミニア・ビーレフェルト)
クリスティアン・シュルツ (ヴェルダー・ブレーメン)

MF:
ミヒャエル・バラック (バイエルン・ミュンヘン)
ティム・ボロウスキ (ヴェルダー・ブレーメン)
セバスティアン・ダイスラー (バイエルン・ミュンヘン)
ファビアン・エルンスト (ヴェルダー・ブレーメン)
トルステン・フリンクス (バイエルン・ミュンヘン)
ディトマール・ハマン (FCリヴァプール)
 マルコ・エンゲルハルト (1.FCカイザースラウテルン)※追加招集
トーマス・ヒツルスペルガー (アストン・ヴィラ)
ベルント・シュナイダー (バイヤー・レバークーゼン)
バスティアン・シュヴァインシュタイガー (バイエルン・ミュンヘン)

FW:
ゲラルド・アザモア (FCシャルケ04)
マイク・ハンケ (FCシャルケ04)
ミロスラフ・クローゼ (ヴェルダー・ブレーメン)
ケヴィン・クラーニー (VfBシュツットガルト)
ルーカス・ポドルスキ (1.FCケルン)

 ドイツ人フーリガン50人逮捕。

 オリヴァー・ノイヴィル大帝の代表復帰1アシストを祝いたいところだが、ピッチの外ではドイツ人フーリガンが暴れて50人も逮捕されるという最悪の「親善試合」。試合内容も、前半に決めた1ゴールで何とか勝ったものの、後半はミスが多く、「ラッキーな勝利」というのが大方のマスコミの評価。なんだかなぁ...

第755回ドイツ代表国際試合 フレンドリーマッチ?
スロヴェニア代表 - ドイツ代表 0:1(0:1)
得点:
0:1 ルーカス・ポドルスキ
 (27分左足でシュート、ノイヴィル大帝のシュートのこぼれ球)
日時: 2005年03月26日(土)20時00分キックオフ
会場: ペトロール・アレナ(チェリエ、スロヴェニア)
主審: グラハム・ポール氏(イングランド)

 今後の代表戦スケジュールを発表

 3月18日、ドイツサッカー協会は今後の代表戦スケジュールのうち未決定だった部分について発表を行った。
 今回新たに発表された試合カードは、9月7日vs南アフリカ(ホーム)、10月8日vsトルコ(アウェー、イスタンブールにて)、10月12日vs中国(ホーム、ハンブルクにて)、来年3月22日vs米国(ホーム)の4試合。
 なお今回の発表では直接言及されていないが、この発表を受けて、当初10月8日に予定されていた日本とのホームゲーム開催は一方的にキャンセルされたことになる。今後W杯までに別日程で開催されるかどうかは不明。

 今度こそ本当に代表復帰!

 3月16日、ドイツ代表のユルゲン・クリンスマン監督は、スロヴェニア遠征に参加する代表メンバー19人を発表した。チームは、26日にスロヴェニアのツェリエにて、スロヴェニア代表と親善試合を行う。
 メンバーの中には、11ヶ月ぶりの代表復帰となるオリヴァー・ノイヴィル大帝の名前も。
 遠征に参加する19選手は、先日発表されたフィットネステスト(22、23日)の後、引き続き、スロヴェニア戦に向けて調整を行うことになる。

GK:
オリヴァー・カーン (バイエルン・ミュンヘン)
イェンス・レーマン (FCアーセナル)

DF:
アルネ・フリードリッヒ (ヘルタ・ベルリン)
アンドレアス・ヒンケル (VfBシュツットガルト)
ロベルト・フート (チェルシーFC)
ペア・メルテザッカー (ハノーファー96)
パトリック・オヴォモイェラ (アルミニア・ビーレフェルト)
クリスティアン・シュルツ (ヴェルダー・ブレーメン)

MF:
ミヒャエル・バラック (バイエルン・ミュンヘン)
フランク・バウマン (ヴェルダー・ブレーメン)
ティム・ボロウスキ (ヴェルダー・ブレーメン)
トルステン・フリンクス (バイエルン・ミュンヘン)
トーマス・ヒツルスペルガー (アストン・ヴィラ)
ベルント・シュナイダー (バイヤー・レバークーゼン)
バスティアン・シュヴァインシュタイガー (バイエルン・ミュンヘン)

FW:
ミロスラフ・クローゼ (ヴェルダー・ブレーメン)
ケヴィン・クラーニー (VfBシュツットガルト)
オリヴァー・ノイヴィル大帝 (ボルシアMG)
ルーカス・ポドルスキ (1.FCケルン)

 フィットネステストへご招待

 3月4日、ドイツ代表のユルゲン・クリンスマン監督は代表候補というべき33人の選手に集合してもらい、3月22、23日に健康診断及び体力測定を実施することを発表した。
 今回、このフィットネステストに呼ばれた選手は以下の通り。このうち20人はテスト終了後も残り26日のスロヴェニア戦に向けたアウェー遠征に参加する。この20人の遠征メンバーについては、ブンデスリーガ第26節の前頃あたりにあらためて発表される。

GK:
ティモ・ヒルデブラント (VfBシュツットガルト)
オリヴァー・カーン (バイエルン・ミュンヘン)
イェンス・レーマン (FCアーセナル)

DF:
マルクス・バッベル (VfBシュツットガルト)
フランク・ファーレンホルスト (ヴェルダー・ブレーメン)
アルネ・フリードリッヒ (ヘルタ・ベルリン)
アンドレアス・ヒンケル (VfBシュツットガルト)
ロベルト・フート (チェルシーFC)
ペア・メルテザッカー (ハノーファー96)
パトリック・オヴォモイェラ (アルミニア・ビーレフェルト)
クリスティアン・パンダー (FCシャルケ04)
クリスティアン・シュルツ (ヴェルダー・ブレーメン)
モリッツ・フォルツ (FCフルハム)
クリスティアン・ヴェアンス (ボルシア・ドルトムント)

MF:
ミヒャエル・バラック (バイエルン・ミュンヘン)
フランク・バウマン (ヴェルダー・ブレーメン)
ティム・ボロウスキ (ヴェルダー・ブレーメン)
セバスティアン・ダイスラー (バイエルン・ミュンヘン)
マルコ・エンゲルハルト (1.FCカイザースラウテルン)
ファビアン・エルンスト (ヴェルダー・ブレーメン)
パウル・フライヤー (バイヤー・レバークーゼン)
トルステン・フリンクス (バイエルン・ミュンヘン)
ディトマール・ハマン (FCリヴァプール)
トーマス・ヒツルスペルガー (アストン・ヴィラ)
セバスティアン・ケール (ボルシア・ドルトムント)
ベルント・シュナイダー (バイヤー・レバークーゼン)
バスティアン・シュヴァインシュタイガー (バイエルン・ミュンヘン)

FW:
ゲラルト・アザモア (FCシャルケ04)
トーマス・ブルダリッチ (VfLヴォルフスブルク)
ミロスラフ・クローゼ (ヴェルダー・ブレーメン)
ケヴィン・クラーニー (VfBシュツットガルト)
オリヴァー・ノイヴィル大帝 (ボルシアMG)
ルーカス・ポドルスキ (1.FCケルン)

※ケガのため招集が見送られた主な代表候補選手
フィリップ・ラーム (VfBシュツットガルト)
イェンス・ノヴォトニー (バイヤー・レバークーゼン)
アンドレアス・ゲルリッツ (バイエルン・ミュンヘン)
クリストフ・メツェルダー (ボルシア・ドルトムント)

 引き分け

 2月9日、ドイツ代表はデュッセルドルフにアルゼンチン代表を迎え、今年最初の親善試合を行った。当地のLTUアレナのこけら落としゲームとなったこの試合で、ドイツ代表は南米の雄を相手に前半から押し気味に試合を展開。クラーニーに対するファウルで得たPKをフリンクスが決めて先制。さらにクラーニー自らのゴールもあって2-1リードで前半を折り返した。しかし、後半35分にクレスポが早いリスタートからループシュートを決めて同点にされ試合終了。全体を通じて強豪とも互角に渡り合えるところをみせたクリンスマン・ドイツ代表。良い試合内容だっただけに、勝ちきれなかったことが悔やまれた。

第754回ドイツ代表国際試合 フレンドリーマッチ
ドイツ代表 - アルゼンチン代表 2:2(2:1)
得点:
1:0 トルステン・フリンクス
 (28分PK、右足でシュート、クラーニーの得たファウル)
1:1 エルナン・クレスポ
 (40分PK、右足でシュート、ソリンの得たファウル)
2:1 ケヴィン・クラーニー
 (45分、右足でシュート、シュヴァインシュタイガーからのボール)
2:2 エルナン・クレスポ
 (81分、左足でループシュート、カンビアッソのフリーキックから)
日時: 2005年02月09日(水)20時45分キックオフ
会場: LTUアレナ(デュッセルドルフ)
主審: ステファノ・ファリナ氏(イタリア)

 バラック、風邪のため出場せず。

 ドイツ代表キャプテンのミヒャエル・バラック選手について、風邪のためアルゼンチン戦の出場は見合わせることになった。

 大帝に代わり、ブルダリッチ追加招集

 追加招集により代表復帰が実現するかにみえたオリヴァー・ノイヴィル大帝だったが、自身のケガによりこれを辞退。その結果、ポドルスキ選手の代わりとして、トーマス・ブルダリッチ選手が緊急招集されることになった。

 みんな、この日を待ったていた(よな?)

 2月6日、ドイツ代表のユルゲン・クリンスマン監督は、ケガのルーカス・ポドルスキに代わり、オリヴァー・ノイヴィル大帝の緊急追加招集を発表した。
 オリヴァー・ノイヴィル大帝は、EURO2004メンバーから外れ、昨年4月の対ルーマニア戦以来、代表チームから遠ざかっていた。

 フライヤー代表復帰

 2月2日、アルゼンチンとの親善試合(2月9日@デュッセルドルフ)に向けたドイツ代表メンバー20人が発表された。特に注目すべきは、レバークーゼン所属のパウル・フライヤー。EURO2004直前の親善試合(対マルタ戦)で負傷して以来の代表復帰。クラブでの活躍がクリンスマン監督らに認められた格好である。
 試合は、現地時間で20時45分キックオフ。会場は、こけら落としとなるデュッセルドルフのLTUアレナ。イタリア人のステファノ・ファリナ主審が裁く。日本でもフジテレビ739を通じて生中継される予定。

GK:
オリヴァー・カーン (バイエルン・ミュンヘン)
イェンス・レーマン (FCアーセナル)

DF:
フランク・ファーレンホルスト (ヴェルダー・ブレーメン)
アルネ・フリードリッヒ (ヘルタ・ベルリン)
アンドレアス・ヒンケル (VfBシュツットガルト)
ペア・メルテザッカー (ハノーファー96)
パトリック・オヴォモイェラ (アルミニア・ビーレフェルト)
クリスティアン・シュルツ (ヴェルダー・ブレーメン)
クリスティアン・ヴェアンス (ボルシア・ドルトムント)

MF:
ミヒャエル・バラック (バイエルン・ミュンヘン)
ファビアン・エルンスト (ヴェルダー・ブレーメン)
パウル・フライヤー (バイヤー・レバークーゼン)
トルステン・フリンクス (バイエルン・ミュンヘン)
トーマス・ヒツルスペルガー (アストン・ヴィラ)
ベルント・シュナイダー (バイヤー・レバークーゼン)
バスティアン・シュヴァインシュタイガー (バイエルン・ミュンヘン)

FW:
ゲラルト・アザモア (FCシャルケ04)
ミロスラフ・クローゼ (ヴェルダー・ブレーメン)
ケヴィン・クラーニー (VfBシュツットガルト)
ルーカス・ポドルスキ (1.FCケルン)
 オリヴァー・ノイヴィル (ボルシアMG)※追加招集
 トーマス・ブルダリッチ (VfLヴォルフスブルク)※追加招集

(参考) アルゼンチン代表招集メンバーリスト

GK:
ロベルト・アボンダンツィエリ (ボカ・ジュニオールス)
レオナルド・フランコ (アトレティコ・マドリード)

DF:
ディエゴ・プラセンテ (バイヤー・レバークーゼン)
ニコラス・ブルディッソ (インテルナツィオナーレ)
ファブリシオ・コロッチーニ (ACミラン)
レアンドロ・クフレ (ASローマ)
ガブリエル・エインセ (マンチェスター・ユナイテッド)
ガブリエル・ミリート (レアル・サラゴサ)
ゴンザロ・ロドリゲス (FCヴィジャレアル)

MF:
パブロ・アイマール (FCヴァレンシア)
ルーカス・ベルナルディ (ASモナコ)
エステバン・カンビアッソ (インテルナツィオナーレ)
アルド・ドゥーシェル (デポルティヴォ・ラ・コルーニャ)
レアンドロ・ポンツィオ (レアル・サラゴサ)
マキシミリアーノ・ロドリゲス (エスパニョール)
ファン・ロマン・リケルメ (FCヴィジャレアル)
リオネル・スカローニ (デポルティヴォ・ラ・コルーニャ)
サンチャゴ・ソラリ (レアル・マドリード)
ファン・パブロ・ソリン (FCヴィジャレアル)
ハヴィエル・サネッティ (インテルナツィオナーレ)

FW:
エルナン・クレスポ (ACミラン)
ルチアーノ・ガレッティ (レアル・サラゴサ)
ハヴィエル・サヴィオラ (ASモナコ)

 チャリティーマッチ。

 1月25日、スマトラ沖地震・津波被災者救援のためのチャリティーマッチがゲルゼンキルヒェンのアレナ・アウフシャルケにて行われた。試合カードは、ドイツ代表vsブンデスリーガ世界選抜で、スタジアムには5万人以上のサッカーファンがつめかけ、チケット収入やスポンサー寄付などにより460万EUR(6億2000万円)の義援金が集まった。
 試合の方は、両チームが2点ずつ取り合って引き分け。ドイツ代表ではA代表未出場のクリスティアン・パンダーが先発し、代表ではまだゴールのないアザモアが1ゴール1アシストと活躍した(慈善試合のため、いずれも公式記録にはカウントされない)。一方の世界選抜では、オランダ代表のロイ・マカーイ、さらに今シーズンのブンデスリーガで大ブレイクのマレク・ミンタルが得点を決め会場を沸かせた。
 
チャリティーマッチ
ドイツ代表 - ブンデスリーガ世界選抜 2:2(2:1)
得点:
1:0 ベルント・シュナイダー
 (26分、右足でシュート、アザモアのアシスト)
1:1 ロイ・マカーイ
 (29分、左足でシュート、マルセリーニョからのボール)
2:1 ゲラルト・アザモア
 (30分、右足でシュート、バラックからのボール)
2:2 マレク・ミンタル
 (50分、左足でシュート、アイウトンからのボール)
日時: 2005年01月25日(火)19時45分キックオフ
会場: アレナ・アウフシャルケ(ゲルゼンキルヒェン)
主審: ヘルバート・ファンデル氏(ドイツ)

 チャリティーマッチ出場選手発表

 スマトラ沖地震・津波被災者救援のためのチャリティーマッチ(1月25日、アレナ・アウフシャルケ)に向けたドイツ代表、ブンデスリーガ外国人選抜チームのメンバーが発表された。
 1月19日にクリンスマン監督によって発表された21人の代表選手は以下の通り。GK部門ではアジアツアーに参加できなかったレーマン選手が復帰。DF部門では、ケガで代表を離れていたファーレンホルスト選手の復帰が発表され、またアジアツアーでブレイクしたオヴォモイェラ選手も選出されている。同様に、MF部門にてアジアツアーデビュー組のエンゲルハルト選手も選ばれている。ただし、今回の試合はチャリティーマッチのため、公式戦のみをカウントしているキャップ数には加えられない。
 ブンデスリーガ外国人選抜については、ドイツ代表よりも2日早く、1月17日に発表された。メンバーの選出にあたっては、Bild紙の協力による電話や手紙でのファン投票が行われた。その結果、選出されたメンバーは以下の通り。なお、VfLヴォルフスブルクのダレッサンドロ選手はファン投票で選出されたものの、ケガのため辞退している。同チームの指揮は、1.FCケルンのフーブ・シュテフェンス氏が執る。

※01月21日、フランク・バウマンがケガのため辞退。

◆ドイツ代表

GK:
オリヴァー・カーン (バイエルン・ミュンヘン)
イェンス・レーマン (FCアーセナル)

DF:
フランク・ファーレンホルスト (ヴェルダー・ブレーメン)
アルネ・フリードリッヒ (ヘルタ・ベルリン)
アンドレアス・ヒンケル (VfBシュツットガルト)
ペア・メルテザッカー (ハノーファー96)
パトリック・オヴォモイェラ (アルミニア・ビーレフェルト)
クリスティアン・パンダー (FCシャルケ04)
クリスティアン・ヴェアンス (ボルシア・ドルトムント)

MF:
ミヒャエル・バラック (バイエルン・ミュンヘン)
フランク・バウマン (ヴェルダー・ブレーメン)
ティム・ボロウスキ (ヴェルダー・ブレーメン)
マルコ・エンゲルハルト (1.FCカイザースラウテルン)
ファビアン・エルンスト (ヴェルダー・ブレーメン)
トルステン・フリンクス (バイエルン・ミュンヘン)
ベルント・シュナイダー (バイヤー・レバークーゼン)
バスティアン・シュヴァインシュタイガー (バイエルン・ミュンヘン)

FW:
ゲラルト・アザモア (FCシャルケ04)
ミロスラフ・クローゼ (ヴェルダー・ブレーメン)
ケヴィン・クラーニー (VfBシュツットガルト)
ルーカス・ポドルスキ (1.FCケルン)

監督:
ユルゲン・クリンスマン氏

◆ブンデスリーガ外国人選抜

GK:
ギローム・ヴァルミュズ (ボルシア・ドルトムント/国籍フランス)
フランク・ユリッチ (ハノーファー96/国籍クロアチア)

DF:
マルセロ・ジョゼ・ボルドン (FCシャルケ04/国籍ブラジル)
ヴァレリアン・イズマエル (ヴェルダー・ブレーメン/国籍フランス)
ジュアン (バイヤー・レヴァークーゼン/国籍ブラジル)
ルシオ (バイエルン・ミュンヘン/国籍ブラジル)
ポール・シュタルテリ (ヴェルダー・ブレーメン/国籍カナダ)
レヴァン・コビアシュヴィリ (FCシャルケ04/国籍グルジア)

MF:
デデ (ボルシア・ドルトムント/国籍ブラジル)
アリアクサンドル・フレブ (VfBシュツットガルト/国籍ベラルーシ)
ニコ・コヴァチ (ヘルタ・ベルリン/国籍クロアチア)
マルセリーニョ (ヘルタ・ベルリン/国籍ブラジル)
リンコルン (FCシャルケ04/国籍ブラジル)
フェルナンド・メイラ (VfBシュツットガルト/国籍ポルトガル)
マルティン・ペトロフ (VfLヴォルフスブルク/国籍ブルガリア)
トーマス・ロシツキ (ボルシア・ドルトムント/国籍チェコ)
ハサン・サリハミジッチ (バイエルン・ミュンヘン/国籍ボスニア・ヘルツェゴヴィナ)
ゼ・ロベルト (バイエルン・ミュンヘン/国籍ブラジル)

FW:
アイウトン (FCシャルケ04/国籍ブラジル)
ロイ・マカーイ (バイエルン・ミュンヘン/国籍オランダ)
マレク・ミンタル (1.FCニュルンベルク/国籍スロヴァキア)

監督:
フーブ・シュテフェンス氏(1.FCケルン/国籍オランダ)

 チャリティーマッチ

 1月4日(火)、ドイツサッカー協会及びブンデスリーガ1・2部所属全36クラブは、スマトラ沖地震・津波の被災者救援のため、今月25日に「ドイツ代表 vs ブンデスリーガ外国人選手選抜」のチャリティーマッチを開催することを発表した。
 会場は、ゲルゼンキルヒェンのアレナ・アウフシャルケをFCシャルケ04が無償で提供する。同会場は、2002年夏の旧東独地域の大雨洪水による被災者に対して行われた同年12月のチャリティーマッチの際にも使用されている。
 試合は1月25日(火)19時30分キックオフ。両チームの出場選手は後日発表される。

※日本でも各団体がスマトラ沖地震の義援金・救援金を募集している。

 日本赤十字社「スマトラ沖地震救援金募集中」
 http://www.jrc.or.jp/sanka/help/news/703.html

 タイ相手に5-1完勝。アジアツアー終了。

 アジアツアー最終戦として、タイ代表と対戦。前半34、38分にクラーニーの連続ゴールでドイツがリード。後半12分、タイ代表期待の星、サラユット・チャイカムディーにゴールを奪われるも、その後はポドルスキ2発にアザモア1発のゴールショーを再び展開。5-1と大勝してアジアツアーを締めくくった。
 
第753回ドイツ代表国際試合 フレンドリーマッチ(アジアツアー)
タイ代表 - ドイツ代表 1:5(0:2)
得点:
0:1 ケヴィン・クラーニー
 (34分右足でシュート)
0:2 ケヴィン・クラーニー
 (38分ヘディングシュート、アザモアからのクロスボール)
1:2 サラユット・チャイカムディー
 (57分右足でシュート、サリフからのボール)
1:3 ルーカス・ポドルスキ
 (73分左足でシュート、クラーニーからのボール)
1:4 ゲラルト・アザモア
 (84分右足でシュート、クラーニーからのボール)
1:5 ルーカス・ポドルスキ
 (89分左足でシュート、シュバインシュタイガーからのボール)
日時: 2004年12月21日(火)18時30分キックオフ(現地時間)
会場: ラジャマンガラ国立競技場(タイ、バンコク)
主審: スブヒディン・モハメド・サレー氏(マレーシア)

 クリンスマン監督初黒星、韓国に1-3で敗れる!

 日本戦から僅かに3日後。韓国・釜山にて韓国vsドイツの一戦が行われた。日韓W杯準決勝の再現となるこの試合には、UEFA杯参戦のため合流が遅れたシュツットガルトの選手も参加。GKヒルデブラントを除く、クラーニ、ヒンケル、ラームの3選手がスタメン出場。
 試合は、前半16分にキム・ドンジンの豪快なシュートが決まって韓国が先制。すぐにバラックのフリーキックで同点となり前半を終えるが、後半26分には元ブレーメンのイ・ドングクが左サイドから遠いサイドのゴールネットを揺らす反転シュートを決めて韓国がリード。さらに終了間際には途中出場のチョ・ジェジンがチャ・ドゥリのクロスに合わせてだめ押しの3点目。
 ドイツは、クリンスマン監督就任以来の初黒星。ちなみに、アジア勢から負けることはおろか失点したのも今回が初めて。韓国にとっては日韓W杯のリベンジ以上に大金星であり、来るW杯アジア最終予選に向け大きな収穫を得た。

<韓独戦 現地観戦レポート>
 韓国戦の釜山での現地観戦記を、べにかる様からお寄せ頂きました。
 現地観戦記のコーナーで公開していますので、どうぞお楽しみ下さい。

2004年12月19日(木)  04/05国際親善試合
韓国代表 vs ドイツ代表 3:1(1:1)
Text & Photographs by べにかる様

第752回ドイツ代表国際試合 フレンドリーマッチ(アジアツアー)
韓国代表 - ドイツ代表 3:1(1:1)
得点:
1:0 金 東進(キム・ドンジン)
 (16分左足でシュート、フリードリッヒによるヘッドでのクリアボール)
1:1 ミヒャエル・バラック
 (24分右足でシュート、直接フリーキック)
2:1 李 東國(イ・ドングク)
 (71分右足でシュート)
3:1 曹 宰榛(チョ・ジェジン)
 (87分右足でシュート、チャ・ドゥリからのクロス)
日時: 2004年12月19日(日)19時キックオフ(現地時間)
会場: 釜山アジアード主競技場(韓国、釜山)
主審: スブヒディン・モハメド・サレー氏(マレーシア)
備考: 85分相手選手のハンドによるPKをバラックが蹴るも失敗。

 クローゼ&バラック、アジアツアー白星スタート!


お待たせしました、日独戦スタジアム観戦記を公開しました。

 ドイツ代表戦96年の歴史の中で初めて日本代表との対戦が実現。試合は、アジア杯王者の日本に対して、前半果敢に攻撃を展開したドイツペースで試合が進み3-0で完勝。あらゆる点で強豪国との差を見せつけられた日本にとっては、W杯最終予選に向けてファンの不安・不満が残る試合となった。
 
第751回ドイツ代表国際試合 フレンドリーマッチ(アジアツアー)
日本代表 - ドイツ代表 0:3(0:0)
得点:
0:1 ミロスラフ・クローゼ
 (54分右足でシュート、バラックのフリーキックから)
0:2 ミヒャエル・バラック
 (69分右足でシュート、アサモアからのボール)
0:3 ミロスラフ・クローゼ
 (92分右足でシュート、アサモアからのボール)
日時: 2004年12月16日(木)20時10分キックオフ(現地時間)
会場: 横浜国際総合競技場(横浜)
主審: マルク・アレキサンダー・シールド氏(オーストラリア)

 "初心者にも優しい"日独戦予想フォーメーション

 前日練習などの直前情報を総合した日独戦予想フォーメーションは以下の通り。ドイツは新システム4-3-3をテストする予定で、4バックはオヴォモイェラ、ヴェアンス、メルテザッカー、シュルツ。中盤はシュナイダー、バラック、エルンスト。そして前線にはクローゼ、アザモア、ポドルスキのFW3人が並ぶ。
 対する日本代表も4バックだが、こちらは4-4-2。DFは加地、田中、茶野、三都主。中盤はボランチに稲本と福西、サイドに藤田と小笠原。前線は高原と鈴木の2トップが予想される。
 注目は、鈴木vsヴェアンス、高原vsメルテザッカーのマッチアップ。日本のFWがドイツDFとのツヴァイカンプフ(1対1)にどこまで通用するか。一方、ドイツの強力3トップを茶野と田中のセンターバックを中心に日本DFがどこまで抑えられるかもポイント。また、中盤では、攻撃の起点となるバラックを日本の稲本・福西がどうつぶせるかがカギか。また両チームともサイドバックのオーバーラップがお得意の攻撃パターン。サイドの攻防にも目が離せない。
 某局角澤アナが「カーン!、カーン!」と連呼して意味不明な実況を続けても、以上をご参考の上、両チームのフィールドプレーヤーにぜひともご注目下さい。

※ドイツ選手は名前をクリックするとプロフィールなどをチェックできます。

 ドイツ代表が来ましたよ。

 12月14日午前8時48分、ルフトハンザドイツ航空710便でドイツ代表ご一行様が来日。来日したメンバー17人は以下の通り。全ての選手についてクリックすると詳細データをご覧頂けます。また、来日の時の様子は以下の写真をクリック!

GK:
オリヴァー・カーン (バイエルン・ミュンヘン)
ジモン・イェンチュ (VfLヴォルフスブルク)

DF:
ペア・メルテザッカー (ハノーファー96)
パトリック・オヴォモイェラ (アルミニア・ビーレフェルト)
クリスティアン・ヴェアンス (ボルシア・ドルトムント)
ロベルト・フート (チェルシーFC)
クリスティアン・パンダー (FCシャルケ04)

 ※アルネ・フリードリッヒ (ヘルタ・ベルリン)追加招集
 ※クリスティアン・シュルツ (ヴェルダー・ブレーメン)追加招集

MF:
ミヒャエル・バラック (バイエルン・ミュンヘン)
ティム・ボロウスキ (ヴェルダー・ブレーメン)
ファビアン・エルンスト (ヴェルダー・ブレーメン)
ベルント・シュナイダー (バイヤー・レバークーゼン)
バスティアン・シュヴァインシュタイガー (バイエルン・ミュンヘン)
フランク・バウマン (ヴェルダー・ブレーメン)
トルステン・フリンクス (バイエルン・ミュンヘン)

 ※マルコ・エンゲルハルト (1.FCカイザースラウテルン)追加招集

FW:
ゲラルト・アザモア (FCシャルケ04)
トーマス・ブルダリッチ (VfLヴォルフスブルク)
ミロスラフ・クローゼ (ヴェルダー・ブレーメン)
ルーカス・ポドルスキ (1.FCケルン)

ドイツ代表がやって来ました。クリックするといろいろな写真をご覧頂けます。

 何故、日本戦だけ赤ユニなのぉ?

 ドイツ代表は、アジアツアーの中で日本戦のみアウェー用の赤ユニを着用する。それ以外の、韓国戦、タイ戦はアウェーながらホームゲーム用の白ユニを着用する予定。
 アウェーとはいえ、ドイツ代表のトレードマークともいうべき白ユニでのプレーを期待していたファンは私だけではないはず。日本代表の青ともかぶらないからちょうど良いのに。これって、赤ユニを日本で売り込もうとするアディダスのマーケ戦略か何か!?

 3人の主審はいずれもアジア杯担当審判

 ドイツ代表アジアツアーで主審を担当するのは、日本戦がマルク・アレキサンダー・シールド氏(オーストラリア)、韓国戦がスブヒディン・モハメド・サレー氏(マレーシア)、そしてタイ戦がシャムスル・マイディン氏(シンガポール)。これら3人の審判はいずれも先の中国で開催された"反日"アジア杯を担当した審判。
 マルク・アレキサンダー・シールド氏は、アジア杯では日本vsオマーン、日本vsイランの試合を担当。2002年日韓W杯や2003年コンフェデレーションズ杯でも笛を吹いている第一線の国際審判。一方、スブヒディン・モハメド・サレー氏は、アジア杯では中国vsバーレーンで主審を担当した。最後に、タイ戦のシャムスル・マイディン氏は、2001年のJリーグ招聘審判。今年に入ってから、アジアCLにて「横浜Fマリノス vs 城南一和」も裁いている。またアジア杯では韓国戦2試合の他、準々決勝の中国vsイラク、準決勝の日本vsバーレーンを担当した。
 なお、線審は、日本戦では韓国人2人が、韓国戦では日本人2人が担当することになっている。

 ドイツ代表アジアツアースケジュール

12月12日(日)
 フランクフルト郊外ノイ・イーセンブルクに集合。
12月13日(月)
 午後01時40分、フランクフルト空港出発。
12月14日(火)
 午前08時40分、成田空港着(以下、現地時間)。宿泊先ホテルへ移動。
 午後、ホテルのフィットネスルームでトレーニング。その後、記者会見。
12月15日(水)
 午後05時30分、横浜国際総合競技場にて前日練習。
12月16日(木)
 午後08時10分、「日本代表 vs ドイツ代表」キックオフ。
 試合終了後、羽田空港よりチャーター機で韓国・釜山へ移動。
12月17日(金)
 午前02時05分、韓国、釜山金海空港着。宿泊先ホテルへ移動。
 釜山市内の「パラダイスホテル釜山」にチェックイン。
12月18日(土)
 午後06時00分、釜山アジアード主競技場にて前日練習。
12月19日(日)
 午後07時00分、「韓国代表 vs ドイツ代表」キックオフ。
12月20日(月)
 午前08時25分、タイに向けて出発。飛行時間5時間。
 午後、バンコクに到着後、宿泊先ホテルへ。
 バンコク市内のラジャマンガラ国立競技場で前日練習。
12月21日(火)
 午後06時30分、「タイ代表 vs ドイツ代表」キックオフ。
 試合終了後、ドイツに向けて出発。
12月22日(水)
 午前05時35分、フランクフルト(orミュンヘン)に到着。通関後、解散。
 おウチに帰るまでがアジアツアー。おウチに帰れば冬休み。

 宮本恒靖&松田直樹、代表辞退。永田を緊急追加招集。

 12月13日、日本サッカー協会は宮本恒靖(ガンバ大阪)の代表辞退を発表した。理由は、右ハムストリングス筋膜炎とのこと。
 さらに12月14日、日本サッカー協会は、松田直樹(横浜Fマリノス)の代表辞退を発表した。理由は、風邪とのこと。
 そして14日夜になって、永田充(柏レイソル)が緊急追加招集された。

 パンダー、代表に合流するもドクターストップで来日せず。

 12月12日夜、ケガの具合が心配されていた左サイドバックのクリスティアン・パンダー(FCシャルケ04)は、チームが日本に向けて出発する前夜に医師の診断を受けた。その結果、ケガの程度から遠征参加は困難との診断結果を得て、急遽代表辞退を余儀なくされた。なお、代わりの選手として既にクリスティアン・シュルツ(ヴェルダー・ブレーメン)が追加招集されている。

 左サイドの控えが不足?クリスティアン・シュルツが緊急追加招集。

 12月12日、日本への出発直前になって、クリスティアン・シュルツ(ヴェルダー・ブレーメン)の緊急追加招集が発表された。クリンスマン監督によると、「左サイドバック、パンダーの控えがいないため」との理由。現在、パンダーはケガを抱えてしまっており、ドクターの判断によっては試合に出られない可能性も十分あるという。
 クリスティアン・シュルツはブレーメンユース上がりの選手で現在21歳。U19、U20など各年代の代表を経験し、現在はU21代表選手として活躍している。所属のブレーメンでは、2002年9月にブンデスリーガデビュー後、これまでアマチュアチームとトップチームを行ったり来たりしてきた。現在はトップチームでの出場機会も増え、リーグ前半戦では10試合に出場し、得点も2ゴールマークしている。左利きの選手で左サイドバックが主戦場。

 ケガのためバウマン、フリンクス辞退、エンゲルハルトを追加招集

 12月11日、ドイツ代表に招集されることになっていたフランク・バウマン(ヴェルダー・ブレーメン)とトルステン・フリンクス(バイエルン・ミュンヘン)がケガのため辞退することになった。代わりにTeam2006からマルコ・エンゲルハルト(1.FCカイザースラウテルン)が追加招集された。エンゲルハルトにとって、フル代表は初選出となる。
 80年生まれのエンゲルハルトは、99年に若干18歳にて飛び級でU21代表に選出されたことのある逸材で、昨シーズンまで2部のカールスルーエに所属。若くして同クラブのキャプテンを務めた。今シーズンからはカイザースラウテルンでプレー、念願のブンデスリーガデビューを果たしたばかりである。左利きが武器のボランチタイプの選手だ。

 ケガのためフート辞退、フリードリッヒ追加招集で代表復帰

 12月9日、ドイツ代表に招集されることになっていたロベルト・フート(チェルシーFC)がケガのため辞退することになった。代わりに、アルネ・フリードリッヒ(ヘルタ・ベルリン)が追加招集された。フェラー監督時代は、右SBもしくはCBとして不動のレギュラーDFだったフリードリッヒは、EURO2004以降ケガを理由に代表から遠ざかっていた。しかし今回、約半年ぶりの代表復帰によりアジアツアーに参加することになった。

  ドイツに挑む、韓国代表メンバー発表。

 12月7日、韓国サッカー協会はドイツ代表との親善試合(12月19日、釜山)に向けた韓国代表20名を発表。国内組によるメンバーで構成されたものの、アイントラハト・フランクフルト所属のチャ・ドゥリ、清水エスパルス所属のチョ・ジェジンも選出された。また、00/01シーズンにヴェルダー・ブレーメンでプレーし、現在は兵役期間中であるイ・ドングクも招集された。
 なお、「韓国vsドイツ」戦は日本でもフジテレビ739を通じて生中継される。

GK:
李 雲在(イ・ウンジェ) (水原三星ブルーウィングス)
金 永光(キム・ヨングァン) (全南ドラゴンズ)

DF:
李 敏成(イ・ミンソン) (浦項スティーラーズ)
曹 秉局(チョ・ビョングク) (水原三星ブルーウィングス)
朴 載弘(パク・チェホン) (全北現代モータース)
崔 眞普iチェ・ジンチョル) (全北現代モータース)
朴 東赫(パク・ドンヒョク) (全北現代モータース)
金 珍圭(キム・ジンギュ) (全南ドラゴンズ)
柳 京烈(ユ・ギョンリョル) (蔚山現代ホランイ)

MF:
金 致坤(キム・チゴン) (安養LGチータース)
金 東進(キム・ドンジン) (安養LGチータース)
金 正又(キム・ジョンウ) (蔚山現代ホランイ)
金 斗ヒョン(キム・ドゥヒョン) (水原三星ブルーウィングス)
金 相植(キム・サンシク) (光州尚武)
朴 圭善(パク・キュソン) (全北現代モータース)

FW:
曹 宰榛(チョ・ジェジン) (清水エスパルス)
車 ドゥリ(チャ・ドゥリ) (アイントラハト・フランクフルト)
李 東國(イ・ドングク) (光州尚武)
南 宮道(ナム・グンド) (全北現代モータース)
金 東眩(キム・ドンヒョン) (水原三星ブルーウィングス)

 ドイツに挑む、日本代表メンバー発表!

 12月6日、日本サッカー協会はドイツ代表との親善試合に向けて代表メンバー23人を発表した。海外組からはドイツ・ハンブルガーSV所属の高原他、デンマークでプレーする川口、ケガから復帰の稲本が招集された。また、スペイン、マヨルカへの移籍が決まっているセレッソ大阪の大久保も招集された。

※12月13日、宮本恒靖(ガンバ大阪)がケガのため辞退。
※12月14日、 松田 直樹(横浜Fマリノス)がケガのため辞退。
※12月14日夜、永田充(柏レイソル)を追加招集。

GK:
楢崎 正剛(名古屋グランパスエイト)
土肥 洋一(FC東京)
川口 能活(ノアシェラン)

DF:
田中 誠(ジュビロ磐田)
西 紀寛(ジュビロ磐田)
三都主 アレサンドロ(浦和レッドダイヤモンズ)
加地 亮(FC東京)
中澤 佑二(横浜Fマリノス)
三浦 淳宏(東京ヴェルディ1969)
茶野 隆行(ジェフユナイテッド市原)
宮本 恒靖(ガンバ大阪)
松田 直樹(横浜Fマリノス)
※永田 充 (柏レイソル)追加招集

MF:
遠藤 保仁 (ガンバ大阪)
中田 浩二 (鹿島アントラーズ)
小笠原 満男 (鹿島アントラーズ)
本山 雅志 (鹿島アントラーズ)
福西 崇史 (ジュビロ磐田)
藤田 俊哉 (ジュビロ磐田)
稲本 潤一 (ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン)

FW:
鈴木 隆行 (鹿島アントラーズ)
玉田 圭司 (柏レイソル)
大久保 嘉人 (セレッソ大阪)
高原 直泰 (ハンブルガーSV)

 ホーム&アウェー。来年もやります!日独戦アゲイン。

 代表メンバー発表記者会見時に、あわせて2005年秋以降の親善試合スケジュールも発表された。既に発表されている8月のオランダ戦の後、9月にスロヴァキアと対戦、そして10月にはドイツ国内にて日本代表と再び戦うことになった。さらに11月にはフランスとも対戦。翌2006年は、2月に中国、3月にイタリアと親善試合を行う。また、これ以外に公式戦ではないが、2005年5月31日に、アリアンツ・アレーナ(WMシュタディオン・ミュンヘン)のこけら落としとして、ドイツ代表vsバイエルン・ミュンヘンの一戦が開催されることも発表された。

※2005年秋以降のドイツ代表戦スケジュール(会場未定)
 2005年09月03日 スロヴァキア - ドイツ
 2005年10月08日 ドイツ - 日本
 2005年11月12日 フランス - ドイツ
 2006年02月08日 ドイツ - 中国
 2006年03月22日 イタリア - ドイツ

 キャンプ地問題解決。キャンプ地は首都ベルリンに決定。

 懸案事項だったキャンプ地問題がようやく解決した。アジアツアー招集メンバー発表記者会見にて、この問題についても重要な発表が行われた。それによると、W杯中のキャンプ地はベルリン郊外のシュロスホテル・イム・グルーネヴァルトに決定。フェラー監督時代に予定されていたレバークーゼンを中心にしたキャンププランは完全にキャンセルされることになった。
 今回発表されたシュロスホテル・イム・グルーネヴァルトは、1991〜94年に、ドイツを代表する有名デザイナー、カール・ラガーフェルド氏の手により修復された、格式高きクラシックホテル。ベルリンの中心部からやや南の郊外エリアに位置するが、車で5分足らずにて中心部へアクセスすることもでき、かつ閑静な地域に立地している。
 なお練習場所としては、ヘルタ・ベルリンのアマチュアチームが利用するスタジアム(観客収容人数4500人)を使用する予定。同スタジアムは、オリンピア・シュタディオン裏手のヴルフプラッツにあり、2004年7月に完成したばかり。宿泊先ホテルからは車で10数分の距離となる。

Schlosshotel im Grunewald (http://www.schlosshotelberlin.com/)

 スポーツ心理学者採用。

 アジアツアー招集メンバー発表記者会見にて、かねてからクリンスマン氏がスタッフに加えたいと言っていたスポーツ心理学者を新たに雇ったことも発表された。雇われたのは、ハイデルベルク大学講師のハンス・ディーター・ヘルマン先生。現在44歳のヘルマン先生は、1988年以来さまざまなスポーツの分野にてスポーツ心理学者として活躍。特にオーストリアのスキー代表やスイスの柔道選手に対するサポートが高く評価されている。ドイツ代表におけるヘルマン先生の初仕事はアジアツアー帯同とのこと。今後の活躍に乞うご期待!?

 アジアツアー招集メンバー発表! ノイヴィル...泣

 12月2日午後4時(現地時間、日本時間深夜0時)、アジアツアーに向けたドイツ代表メンバーが発表された。今回はクリンスマン監督に代わり、レヴコーチとビアホフマネージャーが発表を担当。ドイツ南西部ルストにあるオイローパ・パークで会見を行った。
 今回の招集にあたっては、インターナショナルブレイクではないため、シーズン途中であるプレミアリーグ所属の選手とUEFA杯の試合が予定されているVfBシュツットガルトの選手が選考から外された(シュツットガルトの4選手は後から合流)。
 その結果、GKはスタメンが予定されているカーンの他に、VfLヴォルフスブルクのイェンチュが招集された。DFでは、所属のチェルシーで出場機会が与えられていないフートが代表招集をクラブから許可されたものの、同じくプレミアリーグでプレーするフォルツ、ヒツルスペルガーは呼ばれなかった。代わりにビーレフェルトのオヴォモイェラとシャルケのパンダーが初招集された。MF、FWはイラン戦と同じ顔ぶれだが、FWのクラーニーはVfBシュツットガルト所属のため来日しないことになった。ただし、クラーニーも含めて、ヒルデブラント、ヒンケル、ラームのシュツットガルト4選手は韓国戦以降、参加する予定である。
 なお、ドイツ代表アジアツアーは12月13〜22日に行われ、14日に来日後、16日には横浜で日本代表と対戦、19日に釜山で韓国代表、21日にバンコクでタイ代表とそれぞれ対戦する。

※12月9日、フートがケガのため辞退し、フリードリッヒが追加招集。
※12月11日、バウマン、フリンクスが辞退し、エンゲルハルトが追加招集。
※12月12日、シュルツが追加招集。
※12月13日、来日直前にパンダーがケガのためドクターストップで辞退。

GK:
オリヴァー・カーン (バイエルン・ミュンヘン)
ジモン・イェンチュ (VfLヴォルフスブルク)

DF:
ペア・メルテザッカー (ハノーファー96)
パトリック・オヴォモイェラ (アルミニア・ビーレフェルト)
クリスティアン・ヴェアンス (ボルシア・ドルトムント)
ロベルト・フート (チェルシーFC)
クリスティアン・パンダー (FCシャルケ04)

 ※アルネ・フリードリッヒ (ヘルタ・ベルリン)追加招集
 ※クリスティアン・シュルツ (ヴェルダー・ブレーメン)追加招集

MF:
ミヒャエル・バラック (バイエルン・ミュンヘン)
ティム・ボロウスキ (ヴェルダー・ブレーメン)
ファビアン・エルンスト (ヴェルダー・ブレーメン)
ベルント・シュナイダー (バイヤー・レバークーゼン)
バスティアン・シュヴァインシュタイガー (バイエルン・ミュンヘン)
フランク・バウマン (ヴェルダー・ブレーメン)
トルステン・フリンクス (バイエルン・ミュンヘン)

 ※マルコ・エンゲルハルト (1.FCカイザースラウテルン)追加招集

FW:
ゲラルト・アザモア (FCシャルケ04)
トーマス・ブルダリッチ (VfLヴォルフスブルク)
ミロスラフ・クローゼ (ヴェルダー・ブレーメン)
ルーカス・ポドルスキ (1.FCケルン)

※韓国戦、タイ戦のみ参加選手
ティモ・ヒルデブラント (VfBシュツットガルト)
アンドレアス・ヒンケル (VfBシュツットガルト)
フィリップ・ラーム (VfBシュツットガルト) 
ケヴィン・クラーニー (VfBシュツットガルト)

 "親善試合"とは思えない@カメルーン空中分解

第750回ドイツ代表国際試合 フレンドリーマッチ
ドイツ代表 - カメルーン代表 3:0(0:0)
得点:
1:0 ケヴィン・クラーニー
 (71分右足でシュート、クローゼ、バラックからのパス)
2:0 ミロスラフ・クローゼ
 (78分右足でシュート、フリンクスのクロスをソングがクリアミス)
3:0 ミロスラフ・クローゼ
 (88分左足でシュート、ヒツルスペルガーのフリーキック)
日時: 2004年11月17日(水)20時40分キックオフ(現地時間)
会場: ツェントラール・シュタディオン(ライプツィヒ)
主審: マッシモ・デ・サンティス氏(イタリア)

 モリッツ・フォルツ?@カメルーン戦に向けたドイツ代表メンバー

 11月12日(金)、カメルーンとの親善試合(11月17日、ライプツィヒ)に向けたドイツ代表メンバー19人を発表した。
 今回の発表では、フルハムFC所属のモリッツ・フォルツが初招集された。モリッツ・フォルツは、昨シーズンよりフルハムのレギュラーDFとして活躍する若手選手で現在21歳。シャルケ04からイングランドへ渡り、アーセナルを経てフルハムへ入団している。今回出場の機会を得ることができれば、クリンスマン監督の下での6人目の代表デビューを飾ることになる。
 今回のDF陣では、活躍が期待されるゲルリッツとヒンケルがケガのために招集を見送られた。また、同じくケガを理由に代表から遠ざかっているフリードリッヒとファーレンホルストも呼ばれず、結果としてかなりフレッシュな顔ぶれとなった。
 一方、MFではダイスラーが招集されなかったものの、バウマン、フリンクスが復帰を果たした。また、前線ではクラーニーが復帰した一方、ポドルスキは招集されなかった。
 さて、注目のGK戦争だが、レーマンの先発起用が濃厚な中、カーンが控えGKとして招集されることになった。ただし、第3GKの招集は見送られたため、ヒルデブラントは招集されなかった。

 アフリカの雄カメルーンとの注目の一戦は、旧東独のライプツィヒにて、現地時間で17日20時40分、日本時間では翌朝4時40分にキックオフされる。この試合は、日本でもフジテレビ739を通じて生中継される予定なので乞うご期待!

GK:
オリヴァー・カーン (バイエルン・ミュンヘン)
イェンス・レーマン (FCアーセナル)

DF:
トーマス・ヒツルスペルガー (アストン・ヴィラ)
ロベルト・フート (チェルシーFC)
フィリップ・ラーム (VfBシュツットガルト)
ペア・メルテザッカー (ハノーファー96)
モリッツ・フォルツ (フルハムFC)
クリスティアン・ヴェアンス (ボルシア・ドルトムント)

MF:
ミヒャエル・バラック (バイエルン・ミュンヘン)
フランク・バウマン (ヴェルダー・ブレーメン)
ティム・ボロウスキ (ヴェルダー・ブレーメン)
ファビアン・エルンスト (ヴェルダー・ブレーメン)
トルステン・フリンクス (バイエルン・ミュンヘン)
ベルント・シュナイダー (バイヤー・レバークーゼン)
バスティアン・シュヴァインシュタイガー (バイエルン・ミュンヘン)

FW:
ゲラルト・アザモア (FCシャルケ04)
トーマス・ブルダリッチ (VfLヴォルフスブルク)
ミロスラフ・クローゼ (ヴェルダー・ブレーメン)
ケヴィン・クラーニー (VfBシュツットガルト)

 「二人会長制」スタート!

 10月23日、オズナブリュックで開催されたドイツサッカー協会の総会の中で、正式に「二人会長制」が承認された。これは、今回の会長選挙で改選されるのが困難と判断したゲルハルト・マイヤー・フォアフェルダー会長(通称MV)が事前に打ち立てた秘策中の秘策。
 MV側からすれば、二人会長制を認めてもらうことで、実質的な会長職からは離れるものの、その名誉だけは維持してもらって、一気に「転落」することを防いだ格好。こうして、対抗馬であったテオ・ツヴァンツィガー氏が、MVとともに会長職に就任。異例の二人会長制がスタートした。
 今回、"実質"会長として選出されたテオ・ツヴァンツィガー氏は59歳。弁護士であり、これまでドイツサッカー協会では会計責任者を務めてきた。なお、後任の会計責任者には、バイエルン州サッカー協会会長のハインリッヒ・シュミッドフーバー氏が選ばれている。
 一方のご存じMV会長は今年で71歳。マンハイム出身でバーデン・ヴュルテンブルク州の地方公務員として立身出世を遂げた人物。州の財務大臣などの要職を歴任する一方、75年から約25年間にも渡りVfBシュツットガルトの会長を務めたことでも有名(良い意味でも悪い意味でも)。2000年にUEFA理事に就任すると、2001年にはブラウン前会長の後任としてドイツサッカー協会会長に就任。翌年にはFIFAの理事会入りも果たした。
 さて、ツヴァンツィガー氏によれば、今回の異例とも言える体制はあくまで2006年までの措置だという。自国開催の2006年W杯後には、彼1人による通常体制に戻る予定だ。ともあれ今回の決定で、FIFA理事及びUEFA理事でもある"大物"MV会長は、「ドイツサッカー協会会長」という肩書きを何とか死守することができたようだ。

 ケプケ氏、GKコーチに就任

 10月21日、ゼップ・マイヤー氏の解任により空席だったGKコーチの座に、予定されていたアンドレアス・ケプケ氏が正式に就任した。期間は、2006年W杯まで。
 ケプケ氏はドイツ代表にて、90年代前半をボド・イルクナーの控えGKとして過ごし、90年代後半になって、EURO96、98年W杯にて正GKを務めた経験を持つ。これらの大会を通じて、クリンスマン監督とはチームメイトの関係だった。

 3月の親善試合はスロヴェニア戦に決定

 対戦相手が未定だった2005年3月26日のアウェーでの親善試合は、スロヴェニアを相手に行われることが決定した。会場は、スロヴェニアのツェリエが予定されている。
 2005年、ドイツ代表は、2月のアルゼンチン戦を皮切りに、3月にスロヴェニア、6月に北アイルランド、ロシアと対戦。その後、自国開催のコンフェデレーションズ杯に参加する。

 日本戦ではカーンを起用

 ユルゲン・クリンスマン監督は「Kicker」紙のインタビューに答えて、今後のローテーション制の具体的内容に言及した。それによると、次回のカメルーンとのホームゲーム(11月7日、ライプツィヒ)でもレーマンを起用する他、アジアツアーでは、日本戦、韓国戦でカーンを起用、タイ戦ではヒルデブラントを起用する予定。

(参照リンク) ユルゲン・クリンスマン監督インタビュー@「Kicker」

 ゼップ・マイヤー解任!

 イラン戦後、ゼップ・マイヤーGKコーチはテヘラン空港でクリンスマン監督、レヴコーチ、ビアホフトレーナーと話し合い、その結果、代表GKコーチからの解任が決定した。
 かねてからマイヤー氏は、クリンスマンのGKローテーション制に対して否定的な立場をとっていた。レーマンが2006年W杯での正GKを目指すとコメントしたのに対しては、「首をつればいい、あいつは絶対正GKにはなれない」と衝撃的な発言をして物議を醸していた。バイエルンでもGKコーチを務め、オリヴァー・カーンとの二人三脚で知られるマイヤーコーチだが、今回のイラン戦ではその愛弟子カーンがローテーション制の結果として遠征には参加しなかった。一方、正GKとしてのチャンスを得たレーマンは、イラン戦で神憑り的なセーブを連発して失点を許さない活躍。
 結局、マイヤー自身が代表から離れることで決着がはかられた。後任にはアンドレアス・ケプケの名前が挙がっており、クリンスマン中心の体制がさらに強化されそうだ。

 エルンスト&ブルダリッチの得点でドイツ快勝

 10月9日(土)、インターナショナルブレイクを利用してドイツ代表はイランのテヘランへ遠征。当地で、イラン代表との親善試合を行った。2003年12月に発生したイラン南東部地震の被災者に対するチャリティーマッチの目的もあった今回の親善試合では、熱狂的なイランのサッカーファンがアザディ・スタジアムへ集結。11万人という大観衆の中で試合は行われた。
 試合は、前半5分にショートコーナーからシュナイダーがパスでつなぎ、これを受けたエルンストが20メートルのミドルシュートをたたき込んでドイツが先制。後半にも、ダイスラーからもらったボールをもってゲルリッツが右サイドを駆け上がり絶妙のクロスボール、これにブルダリッチが頭で合わせて2-0。試合を優位に進めたドイツが、このままイランを下して快勝。初招集されたヒツルスペルガーとペルテザッカーは、それぞれ途中出場の形で代表デビューを飾った。また、注目のGKポジションには予定通りレーマンが入り、フル出場無失点で切り抜けた。

第749回ドイツ代表国際試合 フレンドリーマッチ
イラン代表 - ドイツ代表 0:2(0:1)
得点:
0:1 ファビアン・エルンスト
 (5分右足でシュート、ショートコーナーからシュナイダーのパス)
0:2 トーマス・ブルダリッチ
 (53分ヘディングシュート、右サイドのゲルリッツによるセンタリング)
日時: 2004年10月09日(土)19時30分キックオフ(現地時間)
会場: アザディ・スタジアム(イラン・テヘラン)
主審: サード・カミール・マネ氏(クウェート)

 ミュンヘン集合

 イラン・テヘランへと遠征するドイツ代表は、いったん4日(火)にミュンヘン市内のヒルトンホテルに集合。2日間の滞在の後、6日(木)朝8時30分飛行機にて、ミュンヘン空港から一路、イランの首都テヘランへ向かう。テヘラン到着は、現地時間で14時35分(ドイツ時間13時5分)の予定なので、フライト時間は約5時間半。翌金曜日には、会場となるアザディ・スタジアムで前日の公式練習が行われ、10月9日(土)19時30分キックオフ(現地時間)で試合が行われる。

 主審はアジア杯決勝を裁いたクウェート人審判

 今回の試合で主審を担当するのは、クウェートのサード・カミール・マネ氏。先の2004年アジア杯決勝「日本vs中国」の一戦を裁いたことが記憶に新しい。2002年W杯でも審判団に名を連ねており、3位決定戦「トルコvs韓国」などで笛を吹いている。

 カーンはお休み@イラン戦に向けたドイツ代表メンバー

 9月30日(木)、ユルゲン・クリンスマン監督は、イランとの親善試合(10月09日、テヘラン)に向けたドイツ代表メンバーを発表した。
 今回の招集では、代表入りが噂されていたアストン・ヴィラのヒツルスペルガーが初招集された他、ハノーファー96でU21代表のメルテザッカーが、驚きの初招集となった。メルテザッカーは、昨シーズン途中にブンデスリーガデビューを果たした若干20歳のDF(昨日9/29に20歳になったばかり!)。所属のハノーファーでは昨シーズン終盤から現在にかけて公式戦連続フル出場を果たしており、現在リーガ最下位のチームでCBの選手として孤軍奮闘。第3節のボルシア・ドルトムント戦ではロスタイムにヘディングシュートでブンデスリーガ初ゴール。攻守に渡る活躍で「Kicker」紙のマン・オブ・ザ・マッチにも選ばれている。
 GKでは、EURO2004第3GKのヒルデブラントがオーストリア戦以来の招集となった。その一方、ブラジル戦からの変更として、ケガのDFバウマンとFWクラーニーの他、元主将のGKカーンも招集を見送られた。クリンスマン監督は今回の親善試合ではレーマンを起用する旨を明らかにし、オリヴァー・カーンに対しては、控えとして遠征に帯同するかミュンヘンに留まるかの選択を与えたという。その結果、カーン招集は見送られることになり、レーマンとヒルデブラントの2人がGKとして遠征に参加することになった。
※10月2日に行われたブンデスリーガ第7節「ブレーメンvsバイエルン」の一戦で、DFファーレンホルスト(ブレーメン)が負傷したため代表を辞退し、代わりにクリスティアン・ヴェアンス(ドルトムント)が追加招集された。また同じ試合で膝を痛めたフリンクスも後日代表辞退を申し出た。

GK:
ティモ・ヒルデブラント (VfBシュツットガルト)
イェンス・レーマン (FCアーセナル)

DF:
フランク・ファーレンホルスト (ヴェルダー・ブレーメン)
 クリスティアン・ヴェアンス (ボルシア・ドルトムント)
アンドレアス・ゲルリッツ (バイエルン・ミュンヘン)
アンドレアス・ヒンケル (VfBシュツットガルト)
ロベルト・フート (チェルシーFC)
フィリップ・ラーム (VfBシュツットガルト)
ペア・メルテザッカー (ハノーファー96)
MF:
ミヒャエル・バラック (バイエルン・ミュンヘン)
ティム・ボロウスキ (ヴェルダー・ブレーメン)
セバスティアン・ダイスラー (バイエルン・ミュンヘン)
ファビアン・エルンスト (ヴェルダー・ブレーメン)
トルステン・フリンクス (バイエルン・ミュンヘン)
トーマス・ヒツルスペルガー (アストン・ヴィラ)
ベルント・シュナイダー (バイヤー・レバークーゼン)
バスティアン・シュヴァインシュタイガー (バイエルン・ミュンヘン)

FW:
ゲラルト・アザモア (FCシャルケ04)
トーマス・ブルダリッチ (VfLヴォルフスブルク)
ミロスラフ・クローゼ (ヴェルダー・ブレーメン)
ルーカス・ポドルスキ (1.FCケルン)

 引き分け

 クリンスマン監督就任後、最初のホームゲームがベルリンで行われた。対戦相手は世界王者のブラジル。新生ドイツ代表は、前半6分にフリーキックから先制を許すも、前線からのチェックによるプレッシングサッカーで、試合を優位に展開。前半17分にクラーニーのゴールで追いついた後もブラジルゴールへ攻め上がり観客を沸かせた。それでも試合は、そのまま1-1で終了。王者ブラジル相手に勝利は逃しても、今後に期待が持てる内容だった。

第748回ドイツ代表国際試合 フレンドリーマッチ
ドイツ代表 - ブラジル代表 1:1(1:1)
得点:
0:1 ロナウジーニョ・ガウショ
 (9分直接フリーキック、右足でシュート)
1:1 ケヴィン・クラーニー
 (17分右足でシュート、フリンクスのシュートのこぼれ球から)
日時: 2004年09月08日(水)午後8時45分キックオフ
会場: ベルリナー・オリンピア・シュタディオン(ベルリン)
主審: ウルス・マイヤー氏(スイス)

 主審はウルス・マイヤー氏

 8日に行われるドイツvsブラジル戦の主審は、スイスのウルス・マイヤー氏と発表された。マイヤー氏は、日韓W杯準決勝にてドイツvs韓国の試合を裁き、異様な雰囲気の中で毅然としたレフェリングを示した審判。 EURO2004では、ポルトガルvsイングランドにて笛を吹き、終了間際のキャンベルのゴールをキーパーチャージでノーゴールと判定してイングランドサポーターを敵に回した。

第748回ドイツ代表国際試合 フレンドリーマッチ
ドイツ代表 - ブラジル代表
日時: 2004年09月08日(水)午後8時45分キックオフ
会場: ベルリナー・オリンピア・シュタディオン(ベルリン)
主審: ウルス・マイヤー氏(スイス)

 ブラジル戦に向けたドイツ代表メンバー発表!

 9月2日(木)、ユルゲン・クリンスマン監督は、ブラジルとの親善試合(9月8日、ベルリン)に向けたドイツ代表メンバーを発表した。監督就任後2回目となる代表発表。今回は相手が、世界王者ブラジルということで、親善試合とはいえ、彼の手腕が問われる重要な一戦である。
 今回招集されたメンバーの中で注目されるのは、初招集となったバイエルンのゲルリッツ。所属のバイエルンでは、サニョールから右サイドバックのポジションを奪いつつある成長株だ。また、前回代表デビューを果たしたファーレンホルスト、フートといった新顔のDF陣も継続して招集されている。
 それから、もう一つの目玉は、長らく代表から離れていたダイスラーの復帰である。ケガや精神的な病に悩まされてきた天才が、今ブラジル戦という大きな舞台で復活を遂げようとしている。
 この他、前回追加招集ながらも先発出場でアピールしたアザモアが再び招集された。彼も日韓W杯決勝でブラジルと戦ったメンバーの一人。親善試合とはいえ、今回の一戦にかける意気込みは大きいだろう。期待したい選手の一人だ。なお、このブラジル戦は、日本でもフジテレビ739にて8日深夜(9日早朝)に生中継される他、13日夜9時からリピート放送が予定されている。

GK:
オリヴァー・カーン (バイエルン・ミュンヘン)
イェンス・レーマン (FCアーセナル)

DF:
フランク・バウマン (ヴェルダー・ブレーメン)
フランク・ファーレンホルスト (ヴェルダー・ブレーメン)
アンドレアス・ゲルリッツ (バイエルン・ミュンヘン)
アンドレアス・ヒンケル (VfBシュツットガルト)
ロベルト・フート (チェルシーFC)
フィリップ・ラーム (VfBシュツットガルト)
MF:
ミヒャエル・バラック (バイエルン・ミュンヘン)
ティム・ボロウスキ (ヴェルダー・ブレーメン)
セバスティアン・ダイスラー (バイエルン・ミュンヘン)
ファビアン・エルンスト (ヴェルダー・ブレーメン)
トルステン・フリンクス (バイエルン・ミュンヘン)
ベルント・シュナイダー (バイヤー・レバークーゼン)
バスティアン・シュヴァインシュタイガー (バイエルン・ミュンヘン)

FW:
ゲラルト・アザモア (FCシャルケ04)
トーマス・ブルダリッチ (VfLヴォルフスブルク)
ミロスラフ・クローゼ (ヴェルダー・ブレーメン)
ケヴィン・クゥラニー (VfBシュツットガルト)
ルーカス・ポドルスキ (1.FCケルン)

[参考] 対戦相手となるブラジル代表メンバー

GK:
ジュリオ・セザール (フラメンゴ)
ファビオ (バスコ・ダ・ガマ)

DF:
クリス (クルゼイロ)
ロベルト・カルロス (レアル・マドリード)
ベレッティ (ビジャレアル)
マイコン (ASモナコ)
ルイゾン (ベンフィカ・リスボン)
ホッキ・ジュニオール (バイヤー・レバークーゼン)
ジュアン (バイヤー・レバークーゼン)※ケガのため辞退
グスタボ・ネリー (ヴェルダー・ブレーメン)※ケガのため辞退
レアンドロ (クルゼイロ)※追加招集

MF:
レナト (セヴィージャ)
ジュリオ・バプティスタ (セヴィージャ)
エジミウソン (FCバルセロナ)
アレックス (フェネルバフチェ)
エドゥ  (アーセナルFC)
ジウベルト・シウヴァ (アーセナルFC)
ジュニーニョ・ペルナンブカーノ (オリンピック・リヨン)
ディエゴ (FCポルト)※ケガのため辞退

FW:
ロナウド (レアル・マドリード)
ロナウジーニョ・ガウショ (FCバルセロナ)
アドリアーノ・レイテ・リベイロ (インテルナツィオナーレ)
ロビーニョ (サントスFC)
ルイス・ファビアーノ (サンパウロ)※ケガのため辞退
ニウマール (インテルナシオナル)※追加招集

 クゥラニーのハットトリックで、白星スタート!

第747回ドイツ代表国際試合 フレンドリーマッチ
オーストリア代表 - ドイツ代表 1:3(1:1)
得点:
0:1 ケヴィン・クゥラニー
     (2分右足でシュート、バラックのアシスト)
1:1 マルティン・アメルハウザー
     (10分左足でシュート、アウフハウザーから)
1:2 ケヴィン・クゥラニー
     (61分ヘディングシュート、フリンクスのフリーキックから)
1:3 ケヴィン・クゥラニー
     (73分右足でシュート、バラックのロングパスから)
日時: 2004年08月18日(水)午後8時45分キックオフ
会場: エルンスト・ハッペル・シュタディオン(オーストリア、ウィーン)
主審: ピエルルイージ・コッリーナ氏(イタリア)

 クリンスマン監督、新キャプテンにバラック指名。

 いよいよ18日のオーストリア戦にて、代表監督としてのキャリアをスタートさせるユルゲン・クリンスマン氏。月曜に代表選手が集合し、月・火の2日間に渡り初練習が行われた。その中で、クリンスマン氏は、MFミヒャエル・バラック選手をドイツ代表の新キャプテンとして指名することを発表。これまでキャプテンを務めてきたオリヴァー・カーン選手も、これを了承したという。FW出身のクリンスマン選手は、今回の人選を「キャプテンはフィールドプレーヤーであることが望ましい」と説明。誰もが認めるドイツ代表エース、小皇帝ミヒャエル・バラックは、キャプテンマークを袖に巻き、ピッチに立つ。

 新生ドイツ代表メンバー発表!

 8月12日(木)、ユルゲン・クリンスマン新監督による、新生ドイツ代表の最初の招集メンバーが発表された。今回招集されたメンバーは以下の通り。EURO2004のメンバーがベースになり、それに新たに加わったのが、ブレーメンで活躍するファーレンホルストとボロウスキ。ボロウスキは既に2試合の代表キャップを持っているが、ファーレンホルストは初選出。昨季はボーフムに所属し、「Kicker」紙採点のシーズン通しての平均では3.16をマーク。これはDF部門8位で、ドイツ人選手ではヴェアンス、ノヴォトニーに次ぐ好評価。フェラー時代にはとうとう招集の機会に恵まれなかったが、かねてから代表入りが噂されてきた逸材である。最終ラインの人材不足を補うことができるか?
 ドイツ代表は、ブンデスリーガ第2節終了後の8月16日(月)に集合。18日(水)にオーストリアのウィーンにて、オーストリア代表との親善試合を行う。これはオーストリアサッカー協会の設立100周年を祝う記念試合でもある。

※代表辞退選手と追加招集選手について
 12日(木)の代表発表後、週末に行われたブンデスリーガ第2節の中で、DFのノヴォトニーとフリードリッヒが負傷したため、参加辞退を発表。これに対して、ベテランのトーマス・リンケと、初招集となる新星ロベルト・フートが追加招集された。リンケは、既に日韓W杯後に代表引退を宣言しているが、その後の2002年9月に緊急招集されて以来の代表復帰となった。最も今後継続的に招集される可能性は低いと見られている。一方、ロベルト・フートは、イギリスのチェルシーで活躍し、U21代表選手でもある若きDF。ファーレンホルストに続き、クリンスマン新監督の下で、ドイツ代表初招集となった。
 さらに、クリンスマン監督になって最初の練習となった、16日(月)の練習にて、FWミロスラフ・クローゼ選手が、GKイェンス・レーマン選手とぶつかって負傷。代表離脱となり、代わりに、日韓W杯出場のゲラルト・アザモア選手が追加招集により、久しぶりの代表復帰を果たした。
 また、MFベルント・シュナイダー選手は風邪による発熱のため代表から離脱。一足先に帰国することになった。

GK:
オリヴァー・カーン (バイエルン・ミュンヘン)
イェンス・レーマン (FCアーセナル)
ティモ・ヒルデブラント (VfBシュツットガルト)

DF:
フランク・バウマン (ヴェルダー・ブレーメン)
フランク・ファーレンホルスト (ヴェルダー・ブレーメン)
アルネ・フリードリヒ (ヘルタ・ベルリン) ※ケガのため辞退
アンドレアス・ヒンケル (VfBシュツットガルト)
フィリップ・ラーム (VfBシュツットガルト)
イェンス・ノヴォトニー (バイヤー・レバークーゼン) ※ケガのため辞退
トーマス・リンケ (FCバイエルン・ミュンヘン) ※追加招集
ロベルト・フート (チェルシーFC) ※追加招集

MF:
ミヒャエル・バラック (バイエルン・ミュンヘン)
ティム・ボロウスキ (ヴェルダー・ブレーメン)
ファビアン・エルンスト (ヴェルダー・ブレーメン)
トルステン・フリンクス (バイエルン・ミュンヘン)
ベルント・シュナイダー (バイヤー・レバークーゼン) ※風邪のため帰国
バスティアン・シュヴァインシュタイガー (バイエルン・ミュンヘン)

FW:
トーマス・ブルダリッチ (VfLヴォルフスブルク)
ミロスラフ・クローゼ (ヴェルダー・ブレーメン) ※練習中のケガにより離脱
ケヴィン・クゥラニー (VfBシュツットガルト)
ルーカス・ポドルスキ (1.FCケルン)
ゲラルト・アザモア (FCシャルケ04) ※追加招集

 ヨアヒム・レヴ氏がドイツ代表コーチに就任。

 長期化すると思われたドイツ代表コーチの人選は、意外なほどあっという間に解決した。29日にはビルド紙にて、オジェックの代表コーチ就任拒否が発表された水曜の時点で、クリンスマンがヨアヒム・レヴ氏と接触していたことがスクープされた。それによると、クリンスマン氏は、元VfBシュツットガルト監督のヨアヒム・レヴ氏を、ヴァカンス先のイタリアのコモに訪ね、代表コーチ就任を要請したという。
 その結果、新体制が発表された翌日の30日には、ヨアヒム・レヴ氏の代表コーチ就任が追加的に発表された。もっとも正式な就任日は8月1日とのこと。クリンスマン氏やビアホフ氏同様、2006年W杯までの2年間の契約である。
 レヴ氏は、ブンデスリーガやブンデスリーガ2部で活躍したミッドフィルダーで、引退後は監督としてVfBシュツットガルトなどで活躍。同クラブのDFB杯優勝、カップウィナーズ杯準優勝などに貢献。また近年では、オーストリアにてFCチロルを率い、同クラブを2002年にはリーグ優勝へと導いた。
 一連の監督人事の中では、クリンスマン氏とレヴ氏という2人のVfBシュツットガルトにゆかりのあるスタッフが名を連ねる結果となった。VfBシュツットガルトといえば、現ドイツサッカー協会会長のマイヤー・フォアフェルダー氏(通称MV)が長年会長を務めていたクラブである。いわば会長の息が掛かった人物が選ばれた格好である。代表監督就任を固辞したヒッツフェルト氏は、このMVの影響力を嫌って就任を拒否したとも囁かれている。さて、今回の監督人事は果たして吉とでるのか、それとも...?

 クリンスマン&ビアホフ体制お披露目。オジェック、コーチ就任拒否。

 7月29日、ドイツサッカー協会は、ユルゲン・クリンスマン氏のドイツ代表監督への就任と、オリヴァー・ビアホフ氏の同チームマネージャー就任を正式に発表した。
 しかし、その前日に当初コーチに内定していたホルガー・オジェック氏が就任を拒否したため、クリンスマンとビアホフの2人による新体制がスタートすることになった。オジェック氏のコーチ就任拒否についての詳細は明らかになっていないが、監督のクリンスマン氏との間で意見の相違があったものとみられている。
 いずれにしても、今後の焦点として残るのが、コーチに関する人選。クリンスマンもビアホフも監督としての経験が全くないため、この補佐役に誰が就くのかがドイツ代表の明暗を分けることになる。早速、ラルフ・ラングニック氏(前ハノーファー96監督)の名前が挙がったが、早々に拒否されてしまった。なお前途多難なドイツ代表の新たな船出である。

 クリンスマン、第9代ドイツ代表監督に就任

 7月26日、約4週間に渡る代表監督人事を巡るゴタゴタも集結。ルディ・フェラー監督に代わる、第9代ドイツ代表監督に元ドイツ代表FWユルゲン・クリンスマン氏が就任した。契約期間は、ドイツW杯までの2年。
 20日にMV会長らとニューヨークで接触したクリンスマンは、その後代表監督の有力候補として急浮上。24日に来独し、その2日後には契約の基本合意に至った。
 ユルゲン・クリンスマン氏は現在39歳。シュツットガルト郊外ゲッピンゲン出身で、地元VfBシュツットガルトで活躍後、イタリアのインテル、フランスのASモナコ、イングランドのトッテナム・ホットスパーなど欧州の強豪クラブで名を馳せた。現役引退後は、米国ロサンジェルスに移住。2人の子供のパパとしてプライベートを重視する一方、ユース育成プロジェクトなどにも参加していた。
 ライセンスこそ保持するクリンスマン氏だが、監督としての経験は無く、サポート役として、ホルガー・オジェック氏とオリヴァー・ビアホフ氏も、それぞれコーチ、マネージャーの肩書きで代表スタッフ入りする予定。オジェック氏は、ベッケンバウアー監督率いるドイツ代表が90年イタリアW杯を制した時も、同代表コーチを務めており、その後、VfLボーフム、浦和レッズ、フェネルバフチェなどの監督などを経て、最近まではカナダ代表監督として活躍していた。また、オリヴァー・ビアホフ氏は元ドイツ代表FWで、ACミランなどイタリアでキャリアを成功させたストライカーとして有名。2003年に現役引退後は、テレビのコメンテーターなどとして活躍していた。
※上記記事通り、予定されていたオジェック氏のコーチ就任は実現せず、クリンスマンとビアホフにより新体制がスタート、その翌日、ヨアヒム・レヴ氏(元VfBシュツットガルト監督)が代表コーチに就任することが明らかとなった。

◆フェラーからクリンスマンへたどり着くまでの長い長い道のり

6月23日(水)
 ドイツ代表、EURO2004にてチェコ代表に敗れてグループリーグ敗退。

6月24日(木)
 ルディ・フェラー第8代ドイツ代表監督が辞任を発表。後任としてオットマール・ヒッツフェルト氏(前バイエルン監督)が有力視される。

6月26日(土)
 MV会長、監督選定は内密に行うとして情報封鎖を示唆。Bild紙を筆頭にしたマスコミのスクープ合戦がスタート。

6月28日(月)
 ドイツサッカー協会(DFB)はヒッツフェルト氏と接触したことを公式に発表。

7月1日(木)
 ヒッツフェルト氏、代表監督就任を断る。「現在の私は、2006年W杯までドイツ代表を手助けできるような状態にない。」

7月2日(金)
 MV会長、代表選定の長期化を示唆。「何か期限のようなものを設けることは望ましくない。」

7月3日(土)
 DFB副会長兼W杯組織委員会会長フランツ・ベッケンバウアー氏 、W杯に向けた暫定的な解決策を求める。「時間ばかり経っても、結局は何の進展もないのでは。」

7月5日(月)
 監督選定委員会(TFK)が発足。メンバーは、DFB会長ゲルハルト・マイヤー=フォアフェルダー氏(通称MV)、DFB事務総長ホルスト・シュミット氏、ブンデスリーガ会長ヴェルナー・ハックマン氏、DFB副会長兼W杯組織委員会会長フランツ・ベッケンバウアー氏。

7月7日(水)
 TFK第1回会合。代表監督候補としてオットー・レーハーゲル氏(現ギリシャ代表監督)の名前が挙がる。

7月10日(土)
 レーハーゲル氏、現職に留まるとして代表監督就任を断る。

7月11日(日)
 ベッケンバウアー副会長がローター・マテウス氏(ハンガリー代表監督)も代表監督の候補だとARDのインタビューで発言し、「おいおいマテウスかよ!」と波紋が広がる。その後、マテウス案は却下される。

7月14日(水)
 ベッケンバウアー副会長、外国人起用を示唆。「外国人監督就任の方向へと向かっている。」その候補として、フース・ヒディング氏(PSVアイントホーフェン監督)、モアテン・オルセン氏(デンマーク代表監督)、アーセン・ヴェンゲル氏(アーセナル監督)の名前がメディアで取り沙汰される。

7月15日(木)
 ヴェンゲル氏が代表監督就任を断る。

7月16日(金)
 ヒディング氏、DFBから接触があったことを認める。オルセン氏は沈黙を守る。サッカー好きで知られるシュレーダー独首相のコメント。「俺は立候補しないよ(笑)。」

7月19日(月)
 ベッケンバウアー副会長、ヴィンフリート・シェーファー氏(カメルーン代表監督)が候補の1人であることをコメント。
 シュミット事務総長がTFK会合にて、ベルティ・フォクツ氏(スコットランド代表監督、元ドイツ代表監督)の助言に基づき、ユルゲン・クリンスマン氏(元ドイツ代表主将)の起用を提案。

7月20日(火)
 MV会長とシュミット事務総長が、ニューヨークにてクリンスマン氏と接触。

7月21日(水)
 ユルゲン・クリンスマン氏を代表監督、オリヴァー・ビアホフ氏(元ドイツ代表FW)をマネージャー、ホルガー・オジェック氏(前カナダ代表監督)をコーチとする3人体制が、最有力候補として明らかになる。

7月24日(土)
 クリンスマン氏が、DFBとの話し合いのために帰独、記者会見で代表監督就任に前向きであることをコメント。

7月26日(月)
 クリンスマン氏が2年契約で基本合意。第9代ドイツ代表監督に就任。

7月28日(水)
 ホルガー・オジェック氏が、クリンスマン氏との意見の相違からコーチ就任を拒否したことが発表される。この日、既にクリンスマンが、次のコーチ候補としてヨアヒム・レヴ氏(元VfBシュツットガルト監督)と、彼のヴァカンス先であるイタリアのコモで接触していたことがビルド紙によってスクープされる(29日付)。

7月29日(木)
 ドイツサッカー協会により、ユルゲン・クリンスマン氏のドイツ代表監督就任と、オリヴァー・ビアホフ氏のチームマネージャー就任が正式に発表され、お披露目記者会見が行われる。

7月30日(金)
 ユルゲン・クリンスマン氏、40歳の誕生日。
 ラルフ・ラングニック氏がコーチ就任を拒否と報じられる。
 ヨアヒム・レヴ氏のコーチ就任が、ドイツサッカー協会により発表される
 (ただし正式な就任日は8月1日とのこと)。

最新ニュース05/0604/0503/0402/0301/02




▲ このページのトップに戻る当サイトについてリンクお問い合わせeuronavi.net

Copyright (C) euronavi.net. All rights reserved.