ドイツサッカー総合サイト − ドイツ代表、ブンデスリーガ テレビ&現地観戦ガイド −

ホームページ | サイトマップ | お問い合わせ


ミヒャエル・バラック 選手、無断転載禁止

HOME > ドイツ代表 > ドイツ代表ニュース

最新ニュース05/0604/0503/0402/0301/02


Web
euronavi.net

ドイツサッカー映画「ベルンの奇蹟」はこちら。  1954年W杯スイス大会でのドイツの歴史的優勝を背景に父と子の絆の再生、そして敗戦国の再生をも描いた感動のファンタジックストーリー!こちらで購入すれば送料無料でお届け!








楽天トラベル 夏の旅行
 ドイツ代表に関するニュースの過去ログです。このページでは2003年8月以降の03/04シーズンに関するニュースについて掲載しています。各試合結果の小見出し部分をクリックすると詳細試合結果のページへアクセスすることができます。

 マルクス・メルク先生、EURO決勝にて見事なレフェリング。

 EURO2004決勝が、リスボンのルス・スタジアムで行われ、地元ポルトガルと大躍進ギリシャが対戦。この試合で、決勝主審の名誉ある仕事を務めたのが、すでに国際舞台でもお馴染みのドイツ人審判マルクス・メルク氏であった。
 さてギリシャのドイツ人監督、オットー・レーハーゲル氏といえば、1966〜1972年の間、選手として1.FCカイザースラウテルンに所属し、ギリシャ代表監督になる前は、1996〜2001年の期間、同クラブの監督を務めていた。その縁で、地元カイザースラウテルンで歯科医を営み、かつ1.FCカイザースラウテルンに所属しているマルクス・メルク主審とは旧知の仲。このことが、ポルトガルのスポーツ紙などで報じられたそうだが、そんな周囲の雑音に影響されることなく、マルクス・メルク主審は、決勝の舞台で見事なレフェリングを披露した。
 試合後の表彰式では、テレビカメラに向かってお馴染みのウィンクで応えるなど、大仕事をやってのけた後の達成感からか余裕の表情も。ブンデスリーガが誇る世界No.1の審判が、EUROの舞台で輝いていた。

 マルクス・メルク先生、EURO決勝を裁く!

 ドイツ代表の方は、グループリーグ敗退という最悪の結果をむかえたが、ドイツが誇る審判こと、マルクス・メルク先生(1.FCカイザースラウテルン所属、本業:歯科医)が、EURO2004決勝で笛を吹くことになった。W杯やEUROの決勝という大舞台でドイツから主審が選出されるのは、1970年メキシコW杯決勝を裁いた旧東ドイツのルディ・グレックナー氏以来、2人目。
 1984年以来ブンデスリーガで242試合を裁き、国際舞台でも1992年バルセロナ五輪を皮切りに、EURO2000、2002年日韓W杯などで笛を吹いてきたメルク氏。近頃では、2003年UEFAチャンピオンズリーグ決勝を裁いたことで知られる。
 今回、イタリアのピエルルイージ・コッリーナ氏との間で決勝主審の座を争うものとみられていたが、最終的にはメルク氏が名誉の座を射止めた。またコリーナ氏は、準決勝第2試合(チェコvsギリシャ)を担当する。

 フェラー監督、辞任を発表。

 ドイツ代表のグループリーグ敗退が決まり一夜明けた6月24日午前9時40分(ドイツ時間。日本時間では16時40分)、ドイツ大衆紙「Bild」のスクープとして未明にフェラー監督が辞任を決断したとの情報が入り、ネット上でもdpaが10時6分に「Bild」紙情報として第一報を配信した。
 この速報を下に当サイトでもいち早くトップ画像にてお伝えしたが、その後、今大会最後となるドイツ代表の記者会見が行われ、ネット上でもARDなどを通じてライブ中継された。会見開始直後の10時32分(ドイツ時間。日本時間17時32分)、フェラー監督自らがコメント。

「私は、自らの職を辞する。」

 フェラー監督辞任の瞬間であった。「私たちはこの決断を残念に思うが、しかし受け入れねばならない」とは、同席した"MV"ことマイヤーフォアフェルダー・ドイツサッカー協会会長のコメント。
 2000年8月16日、リベック監督の下でEURO2000にて大失態を演じたドイツ代表を立て直すべく、第8代ドイツ代表監督の座に就任。2年後にむかえた日韓W杯では、ケガ人続出のドイツ代表を、ミヒャエル・スキッベコーチとの二人三脚でまとめ上げ準優勝の快挙を成し遂げた。その後、自国開催の2006年W杯までの契約期間を全うすべく、その通過点であるEURO2004へ予選ストレートインで出場。しかし、激戦区となったグループリーグで1勝すらできないままに敗退。責任を取る形での辞任劇となった。
 フェラー監督は、2000年8月16日〜2004年6月24日までの在任期間中に53試合のドイツ代表戦を指揮。29勝10分13敗の成績を残した。
 なお、後任監督は未定で、次のドイツ代表戦は8月18日に行われるオーストリア代表との親善試合(アウェー)。

 スキッベコーチも辞任。

 フェラー監督の辞任発表を受けて、これまでフェラー監督と二人三脚でドイツ代表を指導してきたミヒャエル・スキッベコーチもその職から離れることになるとMV会長が明らかにした。スキッベコーチは、引き続きドイツサッカー協会スタッフとして残り、ユースチームのコーディネーターなどの職に就く予定だという。

 0勝2分1敗、グループリーグ敗退...

第746回ドイツ代表国際試合 EURO2004ポルトガル大会
ドイツ代表 - チェコB代表 1:2(1:1)
得点:
1:0 ミヒャエル・バラック (21分左足でシュート、シュヴァ〜のアシスト)
1:1 マレク・ハインツ (29分直接フリーキック、左足でシュート)
1:2 ミラン・バロシュ (77分右足でシュート、ハインツから)
日時: 2004年06月23日(水)19時45分キックオフ
会場: ジョゼ・アルバラーデ21世紀スタジアム(リスボン)
主審: テリエ・ハウゲ氏(ノルウェー)

 空回り。

第745回ドイツ代表国際試合 EURO2004ポルトガル大会
ラトヴィア代表 - ドイツ代表 0:0(0:0)
日時: 2004年06月19日(土)17時キックオフ
会場: ベッサ・スタジアム(ポルト)
主審: マイケル・ライリー氏(イングランド)

 勝ちきれなかった?でも負けなかった?

第744回ドイツ代表国際試合 EURO2004ポルトガル大会
ドイツ代表 - オランダ代表 1:1(1:0)
得点:
1:0 トルステン・フリンクス (31分、文字通りの直接フリーキック)
1:1 ルート・ファン・ニステルローイ (81分、ファン・デル・メイデのクロス)
日時: 2004年06月15日(木)19時45分キックオフ
会場: ドラゴン・スタジアム(ポルト)
主審: アンドレス・フリスク氏(スウェーデン)

 気をつけて、いってらっしゃ〜い。

第743回ドイツ代表国際試合 フレンドリーマッチ
ドイツ代表 - ハンガリー代表 0:2(0:2)
得点:
0:1 サンドル・トレゲッレ(7分右足でシュート、レアンドロのアシスト)
0:2  サンドル・トレゲッレ(31分左足でシュート、ゲラから)
日時: 2004年06月06日(水)19時キックオフ
会場: フリッツ・ワルター・シュタディオン(カイザースラウテルン)
主審: スティーヴ・ベネット氏(イタリア)

 EURO2004ドイツ代表最終登録メンバー発表

 6月2日(水)のEURO2004選手登録期限直前に、フェラー監督はU21代表からの昇格選手を含む最終登録メンバーを発表した。当初、31日(水)発表予定であったが、A代表テストマッチの対スイス戦、U21欧州選手権グループリーグ最終戦が行われるこの日に延期され、両試合終了後の発表となった。
 発表された内容は既に予定されていた通り。U21代表からの追加招集枠(通称2006ラメロウ記念枠)にはブンデスリーガでの活躍で注目されたFWルーカス・ポドルスキ選手が選ばれ、さらに、先日のマルタ戦で負傷し代表合宿から離脱したパウル・フライヤー選手の代わりとして、同じくU21代表のバスティアン・シュヴァインシュタイガー選手が選出された。

GK:
1 オリヴァー・カーン (バイエルン・ミュンヘン)
12 イェンス・レーマン (FCアーセナル)
23 ティモ・ヒルデブラント (VfBシュツットガルト)

DF:
2 アンドレアス・ヒンケル (VfBシュツットガルト)
3 アルネ・フリードリヒ (ヘルタ・ベルリン)
4 クリスティアン・ヴェアンス (ボルシア・ドルトムント)
5 イェンス・ノヴォトニー (バイヤー・レバークーゼン)
6 フランク・バウマン (ヴェルダー・ブレーメン)
 クリスティアン・ラーン (ハンブルガーSV)※ケガのため離脱。
17 クリスティアン・ツィーゲ (トッテナム・ホットスパー)※追加招集
21 フィリップ・ラーム (VfBシュツットガルト)

MF:
 パウル・フライヤー (VfLボーフム)※ケガのため離脱。
7 バスティアン・シュヴァインシュタイガー (バイエルン・ミュンヘン)※U21から追加招集
8 ディトマール・ハマン (FCリヴァプール)
13 ミヒャエル・バラック (FCバイエルン・ミュンヘン)
15 セバスティアン・ケール (ボルシア・ドルトムント)
16 イェンス・イェレミース (バイエルン・ミュンヘン)
18 ファビアン・エルンスト (ヴェルダー・ブレーメン)
19 ベルント・シュナイダー (バイヤー・レバークーゼン)
22 トルステン・フリンクス (ボルシア・ドルトムント)

FW:
9 フレディ・ボビッチ (ヘルタ・ベルリン)
10 ケヴィン・クゥラニー (VfBシュツットガルト)
11 ミロスラフ・クローゼ (1.FCカイザースラウテルン)
14 トーマス・ブルダリッチ (ハノーファー96)
20 ルーカス・ポドルスキ (1.FCケルン)※U21から追加招集

 CS日本G+で録画放送...しかも6月21日...巨人ファンじゃねぇし。

第742回ドイツ代表国際試合 フレンドリーマッチ
スイス代表 - ドイツ代表 0:2(0:0)
得点:
0:1 ケヴィン・クゥラニー (62分、右足でシュート、クローゼのアシスト)
0:2 ケヴィン・クゥラニー (84分、ヘディングシュート、フリードリヒから)
日時: 2004年06月02日(水)20時45分キックオフ
会場: ザンクト・ヤコブ・パルク(バーゼル)
主審: ドメニコ・メッシーナ氏(イタリア)

 the Game of Ballack, by Ballack, for Ballack...

第741回ドイツ代表国際試合 フレンドリーマッチ
ドイツ代表 - マルタ代表 7:0(4:0)
得点:
1:0 ミヒャエル・バラック (15分、左足でシュート、ボビッチのアシスト)
2:0 ミヒャエル・バラック (17分、ヘディングシュート、ラームから)
3:0 イェンス・ノヴォトニー (33分、右足でシュート、シュナイダーから)
4:0 トルステン・フリンクス (42分、右足でシュート、ボビッチから)
5:0 ミヒャエル・バラック (59分、ヘディングシュート、シュナイダーから)
6:0 ミヒャエル・バラック (86分、ヘディングシュート、イェレミースから)
7:0 フレディ・ボビッチ (91分、ヘディングシュート、フリードリヒから)
日時: 2004年05月27日(木)20時30分キックオフ
会場: ドライザム・シュタディオン(フライブルク)
主審: アントン・ストレダク氏(スロヴァキア)

 EURO2004に向けたドイツ代表メンバー

 EURO2004に向けたドイツ代表メンバーが、5月24日(月)正午(日本時間午後7時)に発表された。今回発表されたドイツ代表メンバーは以下の22名。さらに今後、6月2日の正式登録を前にU21代表から1名昇格させる予定で、ポドルスキやシュヴァインシュタイガーが候補とみられる。
 概ねメンバーは予定通りで、ケガなどで代表から離れているダイスラー、ラウ、メツェルダーといったメンバーは招集されず、先日電撃的に代表引退を表明したカルステン・ラメロウの名前もなかった。さらに、日韓W杯以降も先日のルーマニア戦まで招集され続けたオリヴァー・ノイヴィルが選出されず、前回EURO2000に続き、また直前の代表落ちという屈辱を味わう結果となった。その代わりに、ハノーファー96で活躍したトーマス・ブルダリッチが選出された。
 今回選ばれたメンバーは、明日25日、さっそくフライブルク郊外のエルツタールに集合し、国内合宿を開始。その後、マルタ代表(フライブルク)、スイス代表(バーゼル)、ハンガリー代表(カイザースラウテルン)とのテストマッチをこなし、6月9日にポルトガルのキャンプ地であるファロ郊外アルマンシルへ入り、15日の初戦、対オランダ戦をむかえる。

※5月26日、クリスティアン・ラーンがメディカルチェックの結果、ケガのために離脱を余儀なくされ、代わりにクリスティアン・ツィーゲが追加招集されることになった。
※5月27日、現在招集されている22人分の背番号が発表された。20番についてはU21からの追加招集選手に割り当てられる。

GK:
1 オリヴァー・カーン (バイエルン・ミュンヘン)
12 イェンス・レーマン (FCアーセナル)
23 ティモ・ヒルデブラント (VfBシュツットガルト)

DF:
2 アンドレアス・ヒンケル (VfBシュツットガルト)
3 アルネ・フリードリヒ (ヘルタ・ベルリン)
4 クリスティアン・ヴェアンス (ボルシア・ドルトムント)
5 イェンス・ノヴォトニー (バイヤー・レバークーゼン)
6 フランク・バウマン (ヴェルダー・ブレーメン)
クリスティアン・ラーン (ハンブルガーSV)※ケガのため離脱。
17 クリスティアン・ツィーゲ (トッテナム・ホットスパー)※追加招集
21 フィリップ・ラーム (VfBシュツットガルト)

MF:
7 パウル・フライヤー (VfLボーフム)
8 ディトマール・ハマン (FCリヴァプール)
13 ミヒャエル・バラック (FCバイエルン・ミュンヘン)
15 セバスティアン・ケール (ボルシア・ドルトムント)
16 イェンス・イェレミース (バイエルン・ミュンヘン)
18 ファビアン・エルンスト (ヴェルダー・ブレーメン)
19 ベルント・シュナイダー (バイヤー・レバークーゼン)
22 トルステン・フリンクス (ボルシア・ドルトムント)

FW:
9 フレディ・ボビッチ (ヘルタ・ベルリン)
10 ケヴィン・クゥラニー (VfBシュツットガルト)
11 ミロスラフ・クローゼ (1.FCカイザースラウテルン)
14 トーマス・ブルダリッチ (ハノーファー96)

 5月24日、EURO2004に向けた招集メンバー発表!

 EURO2004に向けたドイツ代表メンバー23人は、ブンデスリーガの全日程が終了した後、5月24日(月)正午(日本時間午後7時)に発表される。発表されたドイツ代表メンバーは、翌25日にフライブルク郊外のエルツタールに集合し、国内合宿を開始。その後、マルタ代表、スイス代表、ハンガリー代表とのテストマッチをこなし、6月9日にポルトガルのキャンプ地であるファロ郊外アルマンシルへ入り、15日の初戦、対オランダ戦をむかえる。

 ひどすぎ。

第740回ドイツ代表国際試合 フレンドリーマッチ
ルーマニア代表 - ドイツ代表 5:1(4:0)
得点:
1:0 ミハイタ・プレサン
  (21分、1人でドイツの守りを4人かわして、左足でシュート)
2:0 ラズバン・ラト
  (23分、左サイドから左足でループシュート、ディカのアシスト)
3:0 イオネル・ダンチウレスク
  (34分、早いリスタートからペトレのクロスを右足でシュート)
4:0 イオネル・ダンチウレスク
  (43分、ドフリーでヘディングシュート、ストイカンからのクロス)
5:0 ガブリエル・カラマリン
  (84分、右足でシュート、ネアガから)
5:1 フィリップ・ラーム
  (88分、フライヤーからのクロスを左サイドから右足でシュート)
日時: 2004年04月28日(水)20時00分キックオフ
会場: スタディオヌル・ギウレスティ(ブカレスト)
主審: ロベルト・ロセッティ氏(イタリア)

 特筆すべきことは特になし。

 4月22日、フェラー監督はルーマニア代表との親善試合(アウェーのブカレストにて28日に開催)に向けたドイツ代表メンバーを発表した。今回のメンバーには特に新しく招集された選手などはなく、前回お休みだったカーンが復帰し、ケガで戦線離脱しているクローゼとラウトは招集が見送られた。しかし、特に補強は行っておらず、おおむねこのままのメンバーでEURO本大会を迎えるようであり、今後はケガの選手の復帰動向に注目が集まる。

※その後、ケガのためバウマン、ヴェアンス、バラック、ラーンの4人が代表招集を辞退。しかし、フェラー監督は追加招集を行わず、16人の選手でルーマニア遠征を敢行した。

GK:
オリヴァー・カーン (バイエルン・ミュンヘン)
イェンス・レーマン (FCアーセナル)
DF:
フランク・バウマン (ヴェルダー・ブレーメン)
アルネ・フリードリヒ (ヘルタ・ベルリン)
フィリップ・ラーム (VfBシュツットガルト)
イェンス・ノヴォトニー (バイヤー・レバークーゼン)
クリスティアン・ヴェアンス (ボルシア・ドルトムント)
MF:
ミヒャエル・バラック (FCバイエルン・ミュンヘン)
ファビアン・エルンスト (ヴェルダー・ブレーメン)
トルステン・フリンクス (ボルシア・ドルトムント)
ディトマール・ハマン (FCリヴァプール)
イェンス・イェレミース (バイエルン・ミュンヘン)
セバスティアン・ケール (ボルシア・ドルトムント)
クリスティアン・ラーン (ハンブルガーSV)
カルステン・ラメロウ (バイヤー・レバークーゼン)
ベルント・シュナイダー (バイヤー・レバークーゼン)
FW:
フレディ・ボビッチ (ヘルタ・ベルリン)
パウル・フライヤー (VfLボーフム)
ケヴィン・クゥラニー (VfBシュツットガルト)
オリヴァー・ノイヴィル (バイヤー・レバークーゼン)

 ドイツ代表 vs ブラジル代表@ベルリン

 4月7日、ドイツサッカー協会は今後のドイツ代表の親善試合スケジュールについて発表を行った。この中で、9月8日(水)にベルリンのオリンピア・シュタディオンにて、ドイツ代表がブラジル代表と親善試合を行うことが明らかになった。ブラジル代表といえば、2002年日韓W杯決勝での相手。次回W杯決勝戦会場となるベルリンで、あの試合が再現されることに。
 その他、幾つか新たにスケジュールが発表されている。まず、10月09日に親善試合を行う予定で、現在イランとのアウェー戦実現に向け調整中(4月中旬正式発表予定)。これは、昨年12月に起きたイラン地震の被災者に対するチャリティーの意味もあるとのこと。
 また、12月のアジアツアーで開催されるタイとの親善試合は、会場がバンコクに正式決定。さらに、年明け最初の試合となる2005年02月09日の親善試合の相手はアルゼンチン代表に決定。ホームゲームとして行われ、会場は、W杯会場から漏れたデュッセルドルフのライン・シュタディオン。当地でのドイツ代表戦は、97年11月以来7年半ぶりとなる。また、6月4日には北アイルランドとアウェーのベルファストで試合を行い、6月8日にはメンヒェングラッドバッハのベーケルベルクでホームゲームを開催する。こちらもW杯会場から外れたスタジアムで、ここでは初のドイツ代表戦となる。
 最後に、2005年6月15〜29日に行われることになったコンフェデレーションズ杯にドイツ代表はW杯開催国として出場する。

 得点は全てセットプレーから。

第739回ドイツ代表国際試合 フレンドリーマッチ
ドイツ代表 - ベルギー代表 3:0(1:0)
得点:
1:0 ケヴィン・クーラニ
  (45分胸に当たってゴール、フリンクスのコーナーキックから)
2:0 ディトマール・ハマン
  (55分直接フリーキック、右足でシュート)
3:0 ミヒャエル・バラック
  (81分ヘディングシュート、ノイヴィルのフリーキックから)
日時: 2004年03月31日(水)午後20時30分キックオフ
会場: ライン・エネルギエ・シュタディオン(ケルン)
主審: ヤン・ウェヘレーフ氏(オランダ)

無断転載禁止 新ユニフォームお披露目!

 EURO2004に向けて、ドイツ代表の新ユニフォーム(ホームゲーム用)がお披露目となりました。今回、デザインが一新されたのはホームゲーム用で、デザインの変更は日韓W杯前に発表されて以来。昨年のアウェーモデルに似た特徴的なフロントデザインを持ち、袖の部分には、ドイツ国旗カラーが用いられ、ちょっとクラシックな感じに戻った印象。さっそく公式サイトなどを通じて発売を開始した。

 ヒルデブラント、いよいよご指名入りました。

 3月25日(木)、ケルンで行われるベルギーとの親善試合(3月31日)に向け、フェラー監督はドイツ代表メンバーを発表した。事前に発表されていた通り、正GKのカーンはお休みとなり、代わりに第3GK候補であるティモ・ヒルデブラントが選出された。
 この他、DFでは、ケガのためヒンケルが外れた他、、レーマーやラウトの招集も見送られた。一方、2月のクロアチア戦に比べて新たに招集されたのは前述のヒルデブラントのみとなった。また、前回デビューを果たしたラームは、引き続きDF候補として選出された。

GK:
ティモ・ヒルデブラント (VfBシュツットガルト)
イェンス・レーマン (FCアーセナル)
DF:
フランク・バウマン (ヴェルダー・ブレーメン)
アルネ・フリードリヒ (ヘルタ・ベルリン)
フィリップ・ラーム (VfBシュツットガルト)
イェンス・ノヴォトニー (バイヤー・レバークーゼン)
クリスティアン・ラーン (ハンブルガーSV)
クリスティアン・ヴェアンス (ボルシア・ドルトムント)
MF:
ミヒャエル・バラック (FCバイエルン・ミュンヘン)
ファビアン・エルンスト (ヴェルダー・ブレーメン)
パウル・フライヤー (VfLボーフム)
トルステン・フリンクス (ボルシア・ドルトムント)
ディトマール・ハマン (FCリヴァプール)
イェンス・イェレミース (バイエルン・ミュンヘン)
セバスティアン・ケール (ボルシア・ドルトムント)
カルステン・ラメロウ (バイヤー・レバークーゼン)
ベルント・シュナイダー (バイヤー・レバークーゼン)
FW:
フレディ・ボビッチ (ヘルタ・ベルリン)
ミロスラフ・クローゼ (1.FCカイザースラウテルン)
ケヴィン・クゥラニー (VfBシュツットガルト)
オリヴァー・ノイヴィル (バイヤー・レバークーゼン)

 終了間際のラメロウ決勝ゴ〜ル!

第738回ドイツ代表国際試合 フレンドリーマッチ
クロアチア代表 - ドイツ代表 1:2(0:1)
得点:
0:1 ミロスラフ・クローゼ
  (34分右足でシュート、クゥラニーのヘッドでアシスト)
1:1 マト・ネレトリャク
  (86分ヘディングシュート、兄コヴァチからのコーナーキック)
0:3 カルステン・ラメロウ
  (90分右足でボレーシュート、ラウトからのボール)
日時: 2004年02月18日(水)午後8時45分キックオフ
会場: ポリウト・スタジアム(クロアチア、スプリット)
主審: ペーター・フェレドヘルト氏(スウェーデン)

 フィリップ・ラーム初選出!フリンクス、ハマン、久々代表復帰。

 2月11日、今度の18日に行われるクロアチア代表との親善試合に向けたドイツ代表メンバーが発表された。注目のメンバーとしては、VfBシュツットガルトから、クゥラニーやヒンケルに続いて、フィリップ・ラームが初選出された。また、ケガのため長らく代表から外れていたフリンクスとハマンが久々に代表復帰。なお、対戦相手となるクロアチア代表についても、10日に既に発表されており、ブンデスリーガで活躍する6人の選手も選出された。

GK:
オリヴァー・カーン (FCバイエルン・ミュンヘン)
イェンス・レーマン (FCアーセナル)
DF:
フランク・バウマン (ヴェルダー・ブレーメン)
アルネ・フリードリヒ (ヘルタ・ベルリン)
アンドレアス・ヒンケル (VfBシュツットガルト)
フィリップ・ラーム (VfBシュツットガルト)
イェンス・ノヴォトニー (バイヤー・レバークーゼン)
マルコ・レーマー (ヘルタ・ベルリン)
クリスティアン・ヴェアンス (ボルシア・ドルトムント)
MF:
ミヒャエル・バラック (FCバイエルン・ミュンヘン)
ファビアン・エルンスト (ヴェルダー・ブレーメン)
パウル・フライヤー (VfLボーフム)
トルステン・フリンクス (ボルシア・ドルトムント)
ディトマール・ハマン (FCリヴァプール)
イェンス・イェレミース (バイエルン・ミュンヘン)
セバスティアン・ケール (ボルシア・ドルトムント)
クリスティアン・ラーン (ハンブルガーSV)
カルステン・ラメロウ (バイヤー・レバークーゼン)
ベルント・シュナイダー (バイヤー・レバークーゼン)
FW:
フレディ・ボビッチ (ヘルタ・ベルリン)
ミロスラフ・クローゼ (1.FCカイザースラウテルン)
ケヴィン・クゥラニー (VfBシュツットガルト)
ベンヤミン・ラウト (TSV1860ミュンヘン)
オリヴァー・ノイヴィル (バイヤー・レバークーゼン)

(参考)対戦相手となるクロアチア代表の招集メンバー

GK:
スティペ・プレティコサ(シャフタル・ドネツク)
トミスラフ・ブティナ(クラブ・ブルージュ)
DF:
ダリオ・シミッチ(ACミラン)
イゴール・トゥドール(ユヴェントスFC)
ロベルト・弟コヴァチ(バイエルン・ミュンヘン)
ボリス・ジブコビッチ(VfBシュツットガルト)
ジョシプ・シムニッチ(ヘルタ・ベルリン)
ステイェパン・トマス(フェネルバフチェ)
マト・ネレトリャク(ハイデュク・スプリト)
MF:
ニコ・兄コヴァチ(ヘルタ・ベルリン)
ミラン・ラパイッチ(アンコーナ)
イェルコ・レコ(ディナモ・キエフ)
マルコ・バビッチ(バイヤー・レバークーゼン)
ニコ・クラニカル(ディナモ・ザグレブ)
ダリオ・スルナ(シャフタル・ドネツク)
ジオヴァンニ・ロッソ(マカビー・ハイファ)
FW:
イヴィカ・モルナール(ポーツマス)
ダド・プルソ(ASモナコ)
イヴィカ・オリッチ(CSKAモスクワ)
トミスラフ・ソコタ(ベンフィカ・リスボン)
イヴァン・クラスニッチ(ベルダー・ブレーメン)

 U21欧州選手権の会場がドイツに決定(マンハイムも開催地!)

 2004年5月27日から行われる予定のU21欧州選手権の決勝大会。その会場が、出場国の一つであるドイツになることが決定した。この決勝大会では、ドイツなどの予選を勝ち抜いた8チームがトーナメント方式で戦うことになる。そしてこの大会はアテネ五輪予選も兼ねており、上位3チームはアテネ五輪への出場枠を獲得することになる。
 現在、予定されているところでは、開催地はマンハイム、マインツ、オーバーハウゼン、ボーフムの予定。これらのスタジアムで準々決勝が開催された後、準決勝は6月5日にボーフムとオーバーハウゼン、そして決勝は6月8日にボーフムのルール・シュタディオンで行われる予定。

◆決勝大会出場国:
   ドイツ、イタリア、クロアチア、ポルトガル、スウェーデン、
   セルビア・モンテネグロ、ベラルーシ、スイス
◆大会日程:
   2004年5月27日開幕
    準々決勝(マンハイム、マインツ、オーバーハウゼン、ボーフム)
   6月5日 準決勝(オーバーハウゼン、ボーフム)
   6月8日 決勝(ボーフム)

 オランダの代わりにクロアチアと親善試合

 EURO2004本大会の組み合わせ抽選により、グループリーグにてオランダと同組になったドイツ代表。この結果、年明けに予定されていた同国との親善試合は中止となった。その代わりに、クロアチアとアウェーで親善試合を開催することが決定し発表された。
 また、EURO2004後には、自国開催W杯の"親善大使"としてフレンドリーマッチをこなすことになるドイツ代表。11月17日にはライプツィヒにてカメルーンとの親善試合を行うことになった。ライプツィヒは、ドイツサッカー協会誕生の地でもあり、東西ドイツ統一後の協会再統一の地でもある。旧東独地域唯一のW杯開催都市であり、この試合は会場となるツェントラール・シュタディオンのこけら落としゲームとなる予定だ。

 EURO2004ドロー ドイツ代表は「死のグループ」入り...

 11月30日にEURO2004本大会組み合わせ抽選会が開催され、ドイツはグループDに入った。このグループDには、オランダ、チェコという隣国の強豪ライバルが同居。これに快進撃で予選突破を果たしたラトヴィアが加わる激戦区。まさに「死のグループ」入りとなってしまった。

EURO2004グループリーグ グループD
チェコ、ラトヴィア、ドイツ、オランダ

 ドイツ代表、アジアツアー決定!

 11月28日、ドイツサッカー協会は、2004年12月にドイツ代表のアジアツアーが開催されると発表した。期間は、2004年12月13〜22日で、日本、韓国、タイと親善試合を行う予定。既に韓国については19日に釜山で試合を行うところまで具体的に決定しており、日本とタイについては日時・開催都市などは未定(その後、日本との試合は16日に決定)。
 2004年8月にオーストリアとウィーンで親善試合を開催するところまでスケジュールが決まっているドイツ代表。通常、ヨーロッパ各国は2004年秋より、W杯欧州予選をスタートさせるが、ドイツ代表は開催国のため予選免除となっており、各地で親善試合を重ねていくことになる。今回発表されたアジアツアーもその一つ。なお、注目の日本対ドイツの試合カードは初顔合わせ。

ドイツ代表アジアツアー(2004年12月13〜22日)
2004年12月??日 日本代表 - ドイツ代表 (日本、??)
2004年12月19日 韓国代表 - ドイツ代表 (韓国、釜山)
2004年12月??日 タイ代表 - ドイツ代表 (タイ、??)

 真っ黒アウェーユニお披露目も、強豪フランスに完敗。

第737回ドイツ代表国際試合 フレンドリーマッチ
ドイツ代表 - フランス代表 0:3(0:1)
得点:
0:1 ティエリ・アンリ
  (21分ヘディングシュート、リザラズゥのアシスト)
0:2 ダヴィド・トレゼゲ
  (55分右足でシュート、アンリからのボール)
0:3 ダヴィド・トレゼゲ
  (81分右足でシュート、ジダンからのボール)
日時: 2003年11月15日(土)午後8時30分キックオフ
会場: アレナ・アウフ・シャルケ(ゲルゼンキルヒェン)
主審: ステファノ・ファリナ氏(イタリア)

 (U21プレーオフ) バリッチ主将の決勝ゴールで1-0勝利!

U21 EURO2004プレーオフ第1戦
U21ドイツ代表 - U21トルコ代表 1:0(1:0)
得点:
1:0 ハンノ・バリッチ主将
  (14分、GKが弾いたブロイヒのシュートを押し込んでゴール)
日時: 2003年11月14日(金)20時30分キックオフ
会場: バイ・アレナ(レバークーゼン)
主審: ローラン・デュアメル氏(フランス)

U21 EURRO2004プレーオフ第2戦
U21トルコ代表 - U21ドイツ代表 1:1(0:0)
得点:
1:0 ハミト・アルティントップ
   (68分右足でシュート、双子の兄のアシスト)
1:1 ベンヤミン・アウアー
   (93分右足でシュート、ティファートから)
日時: 2003年11月18日(火)19時30分キックオフ(ドイツ時間)
会場: シュクル・サラチオール(イスタンブール)
主審: ミハル・ベネス氏(チェコ)

 フランス戦に向けたドイツ代表メンバー発表!

 11月6日、フェラー監督はフランスとの親善試合(11月15日、ゲルゼンキルヒェン)に向けたドイツ代表メンバーを発表しました。今回の招集の目玉は、なんといってもイェンス・ノヴォトニーの復帰でしょう。実に19ヶ月ぶりの代表復帰です。またフライヤーも、怪我から回復で久しぶりの招集です。一方で、ラメロウ、ラーン、ラウ、ハートマンらは怪我のために招集が見送られました。また、U21からの昇格としてヒンケル、ラウト、クゥラニーが招集されていますが、彼らはU21の方でも重複招集されており、直前にどっちの試合に出るか選択することになりそうです。というのも、今回は相手が王者フランスとはいえ親善試合。その一方でU21は、トルコ相手にU21EURO2004予選プレーオフという大事な試合をむかえることになっているのです。
 
追記: そのU21昇格組の3人のうち、ラウトはU21代表の方へ招集されることが決定。またダイスラーは怪我のため代表を辞退することになった。

GK:
オリヴァー・カーン (FCバイエルン・ミュンヘン)
イェンス・レーマン (FCアーセナル)
DF:
フランク・バウマン (ヴェルダー・ブレーメン)
アルネ・フリードリヒ (ヘルタ・ベルリン)
アンドレアス・ヒンケル (VfBシュツットガルト)
イェンス・ノヴォトニー (バイヤー・レバークーゼン)
マルコ・レーマー (ヘルタ・ベルリン)
クリスティアン・ヴェアンス (ボルシア・ドルトムント)
MF:
ミヒャエル・バラック (FCバイエルン・ミュンヘン)
ダニエル・ビアロフカ (バイヤー・レバークーゼン)
セバスティアン・ダイスラー (B・ミュンヘン) ※怪我のため辞退
ファビアン・エルンスト (ヴェルダー・ブレーメン)
パウル・フライヤー (VfLボーフム)
イェンス・イェレミース (バイエルン・ミュンヘン)
セバスティアン・ケール (ボルシア・ドルトムント)
ベルント・シュナイダー (バイヤー・レバークーゼン)
FW:
フレディ・ボビッチ (ヘルタ・ベルリン)
ミロスラフ・クローゼ (1.FCカイザースラウテルン)
ケヴィン・クゥラニー (VfBシュツットガルト)
ベンヤミン・ラウト (1860ミュンヘン) ※U21代表として招集
オリヴァー・ノイヴィル (バイヤー・レバークーゼン)

※対戦相手となるフランス代表の招集メンバー

GK:
ファビアン・バルテズ (マンチェスター・ユナイテッド)
グレゴリー・クーペ (オリンピック・リヨン)
DF:
ジャン-アラン・ブムソン (オセール)
リリアン・テュラム (ユヴェントスFC)
ビセンテ・リザラズゥ (バイエルン・ミュンヘン)
ウィリー・サニョール(バイエルン・ミュンヘン)
ミカエル・シルヴェストル (マンチェスター・ユナイテッド)
ウィリアム・ガラ (チェルシー)
MF:
ベノワ・ペドレッティ (ソショー)
ルドヴィク・ジュリー (ASモナコ)
オリヴィエ・ダクール (ASローマ)
クロード・マケレレ (チェルシー)
ロベール・ピレス (アーセナル)
ジネディーヌ・ジダン (レアル・マドリード)
FW:
ティエリー・アンリ (アーセナル)
シルヴァン・ウィルトール (アーセナル)
ダヴィド・トレゼゲ (ユヴェントスFC)
スティーヴ・マルレ (オリンピック・マルセイユ)

 EURO2004合宿地は、やっぱりアルガルヴェ

 ドイツサッカー協会は、EURO2004本大会期間中の合宿地としてポルトガル南部のリゾート地アルガルヴェ地方のアルマンシルを選んだ。アルマンシルは、国際空港がありアルガルヴェ地方の玄関口であるファロから北西13キロのところにある町。10月のアイスランド戦でドイツ代表が本大会行きを決めると、ドイツサッカー協会はさっそく、この町にある5つ星ホテル"リア・パーク・ガーデン"に109室分の予約を入れた。
 ポルトガル南部のアルガルヴェ地方は、イギリス人やドイツ人にとってのリゾートとして有名。EURO2004でも国際空港があるファロが、開催都市の一つとして選ばれている。
 ドイツ代表は、5月24日にエルツタールにて国内合宿を開始した後ポルトガル入り。当地では、ホテル内のグランドを利用して非公開練習を行う他、数キロ離れた隣町ローレの練習場にて公開練習を行う予定。

"リア・パーク・ガーデン"
http://www.riaparkgardenhotel.com/

 なお、ドイツ代表はEURO2004本大会までに7試合のテストマッチを行う予定。このうち、年明けに行われるアウェーでのオランダ戦の開催地がロッテルダムに決定。また対戦相手が未定だった4月28日の試合については、アウェーでルーマニアと対戦することが正式に決定した。

 祝・なんだかんだで首位通過!

第736回ドイツ代表国際試合 EURO2004予選グループ5
ドイツ代表 - アイスランド代表 3:0(1:0)
得点:
1:0 ミヒャエル・バラック
  (9分左足でシュート、ボビッチのアシスト)
2:0 フレディ・ボビッチ
  (59分左足でボレーシュート、クーラニーから)
3:0 ケヴィン・クーラニー
  (79分右足でシュート、クローゼからのパス)
日時: 2003年10月11日(土)午後5時キックオフ(ドイツ時間)
会場: AOLアレナ(ハンブルク)
主審: ヴァレンティン・イワノフ氏(ロシア)

 アイスランド戦に向けたドイツ代表メンバー発表!

 EURO2004グループリーグ最終戦となる10月11日の対アイスランド戦を控えたドイツ代表のフェラー監督は2日、この試合に向けた18人のドイツ代表メンバーを発表した。
 怪我のためトビアス・ラウ、イェンス・イェレミース、セバスティアン・ダイスラーらのバイエルン3選手の他、右ウィングのパウル・フライヤーが抜ける格好になり、代わりにブレーメンの中盤選手であるファビアン・エルンストが久々の代表復帰を果たした。それでも今回はシーズン途中に行われる1試合のみの国際試合ということもあってか、18人という比較的少な目の人数での招集となった。
 なお注目のアイスランド戦は、現地時間で10月11日(土)午後5時キックオフ。日本でも、WOWOW3にて11日(土)深夜3時50分、WOWOWにて12日(日)午後10時20分にいずれも中継録画にて放送される。

GK:
オリヴァー・カーン (FCバイエルン・ミュンヘン)
イェンス・レーマン (FCアーセナル)
DF:
フランク・バウマン (ヴェルダー・ブレーメン)
アルネ・フリードリヒ (ヘルタ・ベルリン)
ミヒャエル・ハートマン (ヘルタ・ベルリン)
アンドレアス・ヒンケル (VfBシュツットガルト)
マルコ・レーマー (ヘルタ・ベルリン)
クリスティアン・ヴェアンス (ボルシア・ドルトムント)
MF:
ミヒャエル・バラック (FCバイエルン・ミュンヘン)
ファビアン・エルンスト (ヴェルダー・ブレーメン)
セバスティアン・ケール (ボルシア・ドルトムント)
クリスティアン・ラーン (ハンブルガーSV)
カルステン・ラメロウ (バイヤー・レバークーゼン)
ベルント・シュナイダー (バイヤー・レバークーゼン)
FW:
フレディ・ボビッチ (ヘルタ・ベルリン)
ミロスラフ・クローゼ (1.FCカイザースラウテルン)
ケヴィン・クゥラニー (VfBシュツットガルト)
オリヴァー・ノイヴィル (バイヤー・レバークーゼン)

 アイスランド戦メンバーは10月2日発表

 10月11日に行われるEURO予選グループリーグ最終戦の対アイスランド戦に向けたドイツ代表メンバーの発表は、10月02日正午(ドイツ時間)に行われる予定です。

 9月のEURO予選 〜 フェラー監督、公共放送でブチ切れ! 〜

第734回ドイツ代表国際試合 EURO2004予選グループ5
アイスランド代表 - ドイツ代表 0:0(0:0)
日時: 2003年09月06日(土)20時30分(ドイツ時間)
会場: ラウガルダルスフェルァ(レイキャビク、アイスランド)
主審: グラハム・バーバー氏(イングランド)

第735回ドイツ代表国際試合 EURO2004予選グループ5
ドイツ代表 - スコットランド代表 2:1(1:0)
1:0 フレディ・ボビッチ
  (25分右足でシュート、クゥラニーのアシスト)
2:0 ミヒャエル・バラック
  (50分PK、右足でシュート、ボビッチの得たファウル)
2:1 ニール・マッキャン
  (60分右足でシュート、トンプソンから)
日時: 2003年09月10日(水)20時45分(ドイツ時間)
会場: ヴェストファーレン(ドルトムント、ドイツ)
主審: アンダース・フリスク氏(スウェーデン)

 EURO予選招集メンバー発表 〜 ダイスラー、代表復帰!〜

 8月28日(木)、フェラー監督は、9月6、10日に行われるEURO2004予選に向けたドイツ代表メンバーとして下記の選手たちを招集すると発表した。今回発表されたメンバーは、8月のイタリア戦に招集されたメンバーに、ダイスラーとクゥラニーを加えたもの。クゥラニーはイタリア戦時にU21代表として招集されており、今回はA代表としての招集になった。そして、なんといっても今回の発表の目玉は、セバスティアン・ダイスラーの代表復帰である。
 W杯直前のオーストリアとの親善試合での悪夢から1年以上の年月を経て、いよいよダイスラーの完全復帰が見られるのか。EURO予選大詰めの局面において、主役が代表戦のピッチに戻ってきた。
 なお、ドイツ代表は、9月6日にアウェーでアイスランドと、10日にはホーム、ドルトムントにてスコットランドと戦う。

GK:
オリヴァー・カーン (FCバイエルン・ミュンヘン)
イェンス・レーマン (FCアーセナル)
DF:
フランク・バウマン (ヴェルダー・ブレーメン)
アルネ・フリードリヒ (ヘルタ・ベルリン)
ミヒャエル・ハートマン (ヘルタ・ベルリン)
アンドレアス・ヒンケル (VfBシュツットガルト)
トビアス・ラウ (FCバイエルン・ミュンヘン)
マルコ・レーマー (ヘルタ・ベルリン)
クリスティアン・ヴェアンス (ボルシア・ドルトムント)
MF:
ミヒャエル・バラック (FCバイエルン・ミュンヘン)
セバスティアン・ダイスラー (FCバイエルン・ミュンヘン)
パウル・フライヤー (VfLボーフム)
イェンス・イェレミース (FCバイエルン・ミュンヘン)
セバスティアン・ケール (ボルシア・ドルトムント)
クリスティアン・ラーン (ハンブルガーSV)
カルステン・ラメロウ (バイヤー・レバークーゼン)
ベルント・シュナイダー (バイヤー・レバークーゼン)
FW:
フレディ・ボビッチ (ヘルタ・ベルリン)
ミロスラフ・クローゼ (1.FCカイザースラウテルン)
ケヴィン・クゥラニー (VfBシュツットガルト)
ベンヤミン・ラウト (TSV1860ミュンヘン)
オリヴァー・ノイヴィル (バイヤー・レバークーゼン)

 親善試合「ドイツ代表 vs イタリア代表」(2003年8月20日)

第733回ドイツ代表国際試合 フレンドリーマッチ
ドイツ代表 - イタリア代表 0:1(0:0)
0:1ミクリスティアン・ヴィエリ
  (17分、トッティからのアシストを右足でシュート)
日時: 2003年08月20日(水)
会場: ゴットリープ・ダイムラー(シュツットガルト)
主審: キム・ミルトン・ニールセン氏(デンマーク)

 8月14日(木)、対イタリア代表戦に向けたドイツ代表メンバーが発表されました。今回招集されたメンバーは以下の通り。注目は、代表復帰を果たしたハンブルガーSVのクリスティアン・ラーン。前はザンクト・パウリ時代に招集されて話題になりました。
 またメンバー構成の中で気になるのが、やや目立つヘルタ・ベルリン勢の台頭ぶり。昔のレバークーゼン選手ほどではないにしても、今回、4人招集されました。またバイエルン・ミュンヘンも新加入のラウが招集されたことで4人の招集です。

GK:
オリヴァー・カーン (FCバイエルン・ミュンヘン)
イェンス・レーマン (FCアーセナル)
DF:
フランク・バウマン (ヴェルダー・ブレーメン)
アルネ・フリードリヒ (ヘルタ・ベルリン)
ミヒャエル・ハートマン (ヘルタ・ベルリン)
アンドレアス・ヒンケル (VfBシュツットガルト)
トビアス・ラウ (FCバイエルン・ミュンヘン)
マルコ・レーマー (ヘルタ・ベルリン)
クリスティアン・ヴェアンス (ボルシア・ドルトムント)
MF:
ミヒャエル・バラック (FCバイエルン・ミュンヘン)
パウル・フライヤー (VfLボーフム)
イェンス・イェレミース (FCバイエルン・ミュンヘン)
セバスティアン・"謹慎中"ケール (ボルシア・ドルトムント)
クリスティアン・ラーン (ハンブルガーSV)
カルステン・ラメロウ (バイヤー・レバークーゼン)
ベルント・シュナイダー (バイヤー・レバークーゼン)
FW:
フレディ・ボビッチ (ヘルタ・ベルリン)
ミロスラフ・クローゼ (1.FCカイザースラウテルン)
ベンヤミン・ラウト (TSV1860ミュンヘン)
オリヴァー・ノイヴィル (バイヤー・レバークーゼン)

最新ニュース05/0604/0503/0402/0301/02




▲ このページのトップに戻る当サイトについてリンクお問い合わせeuronavi.net

Copyright (C) euronavi.net. All rights reserved.