ドイツサッカー総合サイト − ドイツ代表、ブンデスリーガ テレビ&現地観戦ガイド −

ホームページ | サイトマップ | お問い合わせ


ミヒャエル・バラック 選手、無断転載禁止

HOME > ドイツ代表 > ドイツ代表ニュース

最新ニュース05/0604/0503/0402/0301/02


Web
euronavi.net

ドイツサッカー映画「ベルンの奇蹟」はこちら。  1954年W杯スイス大会でのドイツの歴史的優勝を背景に父と子の絆の再生、そして敗戦国の再生をも描いた感動のファンタジックストーリー!こちらで購入すれば送料無料でお届け!








楽天トラベル 夏の旅行
 W杯以降の02/03シーズンにおけるドイツ代表ニュースの過去ログです。2002年8月のブルガリアとの親善試合から、2003年6月のEURO2004予選までです。全試合の試合結果、招集メンバーなどを確認することができます(各試合の詳細試合結果は、小見出しをクリックするとチェックすることができます)。

 ドイツ代表 〜 6月のEURO2004予選 〜

第731回ドイツ代表国際試合 EURO2004予選グループ5
スコットランド代表 - ドイツ代表 1:1(0:1)
0:1 フレディ・ボビッチ
  (23分、フリンクスのセンタリングをヘディングシュート)
1:1 ケニー・ミラー
  (69分、キャメロンからのボールを右足でシュート)
日時: 2003年06月07日(土)16時00分(ドイツ時間)
会場: ハンプデン・パーク(グラスゴゥ、スコットランド)
主審: ドメニコ・メッシーナ氏(イタリア)

第732回ドイツ代表国際試合 EURO2004予選グループ5
フェロー諸島代表 - ドイツ代表 0:2(0:0)
0:1 ミロスラフ・クローゼ
  (89分、ノイヴィルのフリーキックをヘディングシュート)
0:2 フレディ・ボビッチ
  (92分、ケールのヘディングシュートのこぼれ球を右足でシュート)
日時: 2003年06月11日(水)20時45分(ドイツ時間)
会場: トゥシュフォラー(トゥシュハウン、フェロー諸島)
主審: ヤン・W・ウェヘレーフ氏(オランダ)

※日本時間はドイツ時間+7
※現地時間はスコットランド、フェロー諸島ともにドイツ時間−1

 EURO2004予選に向けて幸先良い快勝劇

[親善試合]
ドイツ代表 - カナダ代表 4:1(1:1)
0:1 ケヴィン・マッケンナ
   (20分ヘディングシュート、ナッシュのフリーキックから)
1:1 カルステン・ラメロウ
   (41分右足でシュート、ケールのクロスをボビッチが頭でつなげて)
2:1 パウル・フライヤー
   (53分右足でシュート、中央ヒンケルからのスルーパス)
3:1 フレディ・ボビッチ
   (61分右足でシュート、ノイヴィルがDF2人を抜いてスルーパス)
4:1 トビアス・ラウ
   (91分左足でシュート、ノイヴィル、クーラニーとパスがつながって)

 マルクス・メルク先生、チャンピオンズリーグ決勝主審に決定!

 ある意味「ドイツ代表」、ドイツが誇る名審判、マルクス・メルク先生が、5月28日(水)にマンチェスターで行われるチャンピオンズリーグ決勝「ユヴェントスFC vs ACミラン」の試合で主審を務めることになった。
 ドイツ人審判がチャンピオンズリーグ決勝で笛を吹くのは、97/98シーズン決勝「ユヴェントスFC vs レアル・マドリー」(1998年5月20日、アムステルダム)で主審を務めたヘルムート・クルーグ氏以来。
 なお、マルクス・メルク先生の所属は、ミロスラフ・クローゼと同じく1.FCカイザースラウテルン。

 5月26日(月)、ドイツ代表メンバー発表

 6月に行われる3試合の代表戦に向けて、フェラー監督はドイツ代表メンバー23名を招集することにした。W杯からちょうど1年になる6月に、ドイツ代表は、カナダとの親善試合(1日)、スコットランド(7日)とフェロー諸島(11日)とのEURO予選のアウェー戦と、計3試合を戦う。
 なお、6月1日の親善試合については、前日に行われるドイツ杯決勝に出場するバイエルンとカイザースラウテルンの選手に関して、メンバーから外れることが予想される。ただ、その後の代表合宿及びEURO予選遠征には参加する見込み。

 特に新しいメンバーは招集されておらず、全てこれまで起用してきたメンバーで固められた23名。ちょうど1年前のW杯メンバー23名と比べると、相変わらずのメンバーも入れば、この1年ですっかり代表の仲間入りを果たした若手の姿も。
 なお、英国組のハマンとツィーゲ、さらにドルトムントのレーマンとメッツェルダー、バイエルンのダイスラー、レバークーゼンのノヴォトニーはケガなどを理由に選考から漏れた。

GK:
ハンス・ヨルグ・ブット (バイヤー・レバークーゼン)
オリヴァー・カーン (FCバイエルン・ミュンヘン)
フランク・ロスト (FCシャルケ04)
 
DF:
フランク・バウマン (ヴェルダー・ブレーメン)
アルネ・フリードリヒ (ヘルタ・ベルリン)
ミヒャエル・ハートマン (ヘルタ・ベルリン)
アンドレアス・ヒンケル (VfBシュツットガルト)
トビアス・ラウ (VfLヴォルフスブルク)
マルコ・レーマー (ヘルタ・ベルリン)
クリスティアン・ヴェアンス (ボルシア・ドルトムント)
 
MF:
ミヒャエル・バラック (バイエルン・ミュンヘン)
ヨルグ・ベーメ (FCシャルケ04)
パウル・フライヤー (VfLボーフム)
トルステン・フリンクス (ボルシア・ドルトムント)
イェンス・イェレミース (FCバイエルン・ミュンヘン)
セバスティアン・ケール (ボルシア・ドルトムント)
カルステン・ラメロウ (バイヤー・レバークーゼン)
ベルント・シュナイダー (バイヤー・レバークーゼン)
 
FW:
フレディ・ボビッチ (ハノーファー96)
ミロスラフ・クローゼ (1.FCカイザースラウテルン)
ケヴィン・クーラニー(VfBシュツットガルト)
ベンヤミン・ラウト (TSV1860ミュンヘン)
オリヴァー・ノイヴィル (バイヤー・レバークーゼン)

 ヒンケル&ハートマン代表デビュー。

[親善試合]
ドイツ代表 - セルヴィア・モンテネグロ代表
1:0(0:0)
1:0 セバスティアン・ケール (60分、フリンクスのアシスト)

 追加召集、多すぎないか?

 4月30日(水)にブレーメンで行われる親善試合の対セルヴィア・モンテネグロ(旧ユーゴスラヴィア)戦。この試合に向けたドイツ代表メンバーの発表が、4月24日(木)にフェラー監督により発表された。
 今回の召集メンバーの見どころは、まずフランク・バウマン、イェンス・イェレミース、オリヴァー・ノイヴィルの復帰。またGK部門では、カーンの控えとしてレーマンやブットに代わって、好調の"焼きソーセージ"ロストが選出された。
 一方で、バラック、レーマン、メツェルダー、レーマー、シュナイダー、ツィーゲについてはケガのため選考対象外。またダイスラーやノヴォトニーといったところも、もう大分長い間選考対象外のままの状態が続いている。
 そして新人君については、トビアス・ラウとケヴィン・クーラニーが前回に続いて召集された。また前回は追加召集扱いで出番には恵まれなかったアンドレアス・ヒンケルが正式召集された。ちょうど2年前にこのブレーメンでスロヴァキアとの親善試合が行われた時には、ケール、アザモア、ベーメの3選手が代表デビューを果たしている。今回その"デビュー候補"は、このヒンケルだ。一方で、次代のエースストライカーとして期待されるベンヤミン・ラウトは、U21にて選考され、A代表からは外れる結果に。またW杯メンバーのアザモアも外れ、Team2006のトルコ遠征に参加することになった。
 このセルヴィア・モンテネグロ戦は、ブレーメンのヴェーザー・シュタディオンにて30日(水)の午後8時40分(日本時間深夜3時40分)キックオフ。

※4月27日、アザモア、エルンストを追加召集
 ディトマール・ハマンとイェンス・イェレミースがケガのため代表辞退。代わって、Team2006の方に召集されていたゲラルド・アザモアとファビアン・エルンストが追加召集された。
※4月28日、ラウト、ブットを追加召集
 オリヴァー・ノイヴィルとオリヴァー・カーンがケガのため代表辞退。代わって、ハンス・ヨルグ・ブットと、今回は当初U21に選出されていたベンヤミン・ラウトが追加召集された。
※4月29日、バリッチ、ハートマンを追加召集

 トビアス・ラウとヨルグ・ベーメがケガのため離脱。代わって、U21に召集されていたハンノ・バリッチ、そしてヘルタ・ベルリン所属のミヒャエル・ハートマンが、試合前日になって緊急追加召集された。

GK:
オリバー・カーン (FCバイエルン・ミュンヘン)
フランク・ロスト (FCシャルケ04)
ハンス・ヨルグ・ブット (バイヤー・レバークーゼン) ※追加召集
 
DF:
フランク・バウマン (ヴェルダー・ブレーメン)
アルネ・フリードリヒ (ヘルタ・ベルリン)
アンドレアス・ヒンケル (VfBシュツットガルト)
トビアス・ラウ (VfLヴォルフスブルク)
クリスティアン・ヴェアンス (ボルシア・ドルトムント)
ミヒャエル・ハートマン (ヘルタ・ベルリン) ※追加召集
 
MF:
ヨルグ・ベーメ (FCシャルケ04)
トルステン・フリンクス (ボルシア・ドルトムント)
ディトマール・ハマン (リヴァプールFC)
イェンス・イェレミース (FCバイエルン・ミュンヘン)
セバスティアン・ケール (ボルシア・ドルトムント)
カルステン・ラメロウ (バイヤー・レバークーゼン)
ゲラルド・アザモア (FCシャルケ04) ※追加召集
ファビアン・エルンスト (ヴェルダー・ブレーメン) ※追加召集
ハンノ・バリッチ (バイヤー・レバークーゼン) ※追加召集
 
FW:
フレディ・ボビッチ (ハノーファー96)
パウル・フライヤー (VfLボーフム)
ミロスラフ・クローゼ (1.FCカイザースラウテルン)
ケヴィン・クーラニー(VfBシュツットガルト)
オリヴァー・ノイヴィル (バイヤー・レバークーゼン)
ベンヤミン・ラウト (TSV1860ミュンヘン) ※追加召集

 引き分け(幻のゴール付き)

[EURO2004予選]
ドイツ代表 - リトアニア代表 1:1(1:0)
1:0 カルステン・ラメロウ(8分、ヒールキックでシュート、ベーメから)
2:0 ベルント・シュナイダー(72分、ボビッチの折り返しから)
1:1 トーマス・ラザナウスカス(73分、右足でシュート)

 クゥラニーin、ノイヴィルout。

 3月29日(土)にニュルンベルクで行われるEURO2004予選の対リトアニア戦。この試合に向けたドイツ代表メンバーの発表が、3月20日(木)にフェラー監督により発表された。
 今回の召集メンバーの一番の見どころは、やはりクラブシーンで好調を維持しているFWケフィン・クゥラニーの初選出だろう。それに代わって、とうとう不調続きのノイヴィルが外される結果になった。また、2月の親善試合、対スペイン戦で代表デビューを果たした若手3選手のうち、バリッチは外れ、ラウとラウトが今回も召集された。さらに、そのスペイン戦でケガを理由に召集辞退していたレギュラーメンバーの復帰もある。リヴァプールのハマン、ベルリンのレーマー、ドルトムントのケールの3人だ。その一方で、先日ケガをしたバラック、ツィーゲといったメンバーは召集を見送られている。
 なお、リトアニア戦は、ニュルンベルクのフランケン・シュタディオンにて29日(土)の午後7時(日本時間深夜3時)キックオフ。

 クリストフ・メツェルダーとイェンス・イェレミースがケガのため離脱。これに代わって、U21のアンドレアス・ヒンケルが追加召集された。

GK:
オリバー・カーン (FCバイエルン・ミュンヘン)
イェンス・レーマン (ボルシア・ドルトムント)
 
DF:
フランク・バウマン (ヴェルダー・ブレーメン)
アルネ・フリードリヒ (ヘルタ・ベルリン)
クリストフ・メツェルダー (ボルシア・ドルトムント)
トビアス・ラウ (VfLヴォルフスブルク)
マルコ・レーマー (ヘルタ・ベルリン)
クリスティアン・ヴェアンス (ボルシア・ドルトムント)
アンドレアス・ヒンケル(VfBシュツットガルト) ※追加召集
 
MF:
ヨルグ・ベーメ (FCシャルケ04)
トルステン・フリンクス (ボルシア・ドルトムント)
ディトマール・ハマン (リヴァプールFC)
イェンス・イェレミース (FCバイエルン・ミュンヘン)
セバスティアン・ケール (ボルシア・ドルトムント)
ベルント・シュナイダー (バイヤー・レバークーゼン)
カルステン・ラメロウ (バイヤー・レバークーゼン)
 
FW:
フレディ・ボビッチ (ハノーファー96)
パウル・フライヤー (VfLボーフム)
ミロスラフ・クローゼ (1.FCカイザースラウテルン)
ベンヤミン・ラウト (TSV1860ミュンヘン)
ケフィン・クゥラニー(VfBシュツットガルト)

 ボコボコ公式戦2連敗

スペイン代表 - ドイツ代表 3:1(1:1)
得点経過:
1:0 ラウール・ゴンザレス・ブランコ(32分)
1:1 フレディ・ボビッチ(39分)
2:1 ラウール・ゴンザレス・ブランコ(77分、PK)
3:1 グティ(83分)

 スペイン戦に向けたドイツ代表メンバー発表!

 2003年最初のドイツ代表戦となる、2月12日のスペインとのアウェーでの親善試合。2月6日(木)、ルディ・フェラー監督は、マヨルカ島で行われるこの一戦に向けて召集するドイツ代表メンバーを発表した。メンバーは以下の通り。
 若手組ではトビアス・ラウとベンヤミン・ラウトが召集された。いずれもA代表公式戦は未出場のため、公式代表デビューのチャンスが巡ってきた格好だ(昨年末に行われたブンデスリーガ世界選抜との試合は非公式のチャリティーマッチのため代表歴には計算されない)。また、復帰組では昨年末のチャリティーマッチへの参加を直前で辞退したラメロウ、メツェルダー、ベーメのW杯組が代表復帰した。この他、お馴染みのメンバーに加えて、オランダ戦でゴールを決めたボビッチや、DFの一角に定着しつつあるフリードリヒも選ばれた。
 一方、英国組のツィーゲとハマンはケガの為に選出されなかった。ツィーゲは現在、ドイツ・ミュンヘンにて治療中、ハマンはクラブではチーム復帰したが今回の召集は見送られた。この他、W杯組のアザモアが左足鼠径部の手術のため選考からは外れている。

※2月9日、3選手が遠征辞退。バリッチ追加召集
 ブンデスリーガ第20節終了後、バラック、レーマー、ケールの3選手の遠征参加辞退の申し出を受け手、フェラー監督はU21からハンノ・バリッチ(バイヤー・レバークーゼン)の追加召集を発表した。これでリーガ2位のドルトムントと並んで、目下リーガ15位と低迷中のレバークーゼンから4人の選手が召集される格好になった。なお、3選手の辞退理由は、バラックがインフルエンザ、レーマーはFCシャルケ04戦での筋繊維断裂、そしてケールは練習中の距関節負傷。

GK:
オリバー・カーン (FCバイエルン・ミュンヘン)
イェンス・レーマン (ボルシア・ドルトムント)
 
DF:
フランク・バウマン (ヴェルダー・ブレーメン)
アルネ・フリードリヒ (ヘルタ・ベルリン)
クリストフ・メツェルダー (ボルシア・ドルトムント)
カルステン・ラメロウ (バイヤー・レバークーゼン)
マルコ・レーマー (ヘルタ・ベルリン)
クリスティアン・ヴェアンス (ボルシア・ドルトムント)
トビアス・ラウ (VfLヴォルフスブルク)
 
MF:
ミヒャエル・バラック (FCバイエルン・ミュンヘン)
ヨルグ・ベーメ (FCシャルケ04)
トルステン・フリンクス (ボルシア・ドルトムント)
イェンス・イェレミース (FCバイエルン・ミュンヘン)
セバスティアン・ケール (ボルシア・ドルトムント)
ベルント・シュナイダー (バイヤー・レバークーゼン)
ハンノ・バリッチ (バイヤー・レバークーゼン) ※追加召集
 
FW:
フレディ・ボビッチ (ハノーファー96)
パウル・フライヤー (VfLボーフム)
ミロスラフ・クローゼ (1.FCカイザースラウテルン)
オリヴァー・ノイヴィル (バイヤー・レバークーゼン)
ベンヤミン・ラウト (TSV1860ミュンヘン)

 さて、スペイン戦は2月12日(水)にスペインのマヨルカ島にて行われる。現地時間で午後9時30分という夜の遅い時間帯に行われる予定。23142人収容のスタジアムには、1万人以上のドイツ人サポーター(観光客?)が押し寄せるとの予想もあり、アウェーゲームといいつつも、「ホームゲーム」さながらの雰囲気が想像される。

[参考] 2月7日に発表されたスペイン代表メンバー

GK:
イケル・カシージャス(レアル・マドリー)
サンチャゴ・カニサレス(バレンシア)
 
DF:
カルレス・プジョール(FCバルセロナ)
ミシェル・サルガド(レアル・マドリー)
ラウル・ブラボゥ(リーズ・ユナイテッド)
イヴァン・エルゲラ(レアル・マドリー)
アグスティン・アランサバル(レアル・ソシエダ)
セサル(デポルティーボ)
 
MF:
グティ(レアル・マドリー)
ホアキン・サンチェス(ベティス)
ビセンテ(バレンシア)
ダビド・アルベルダ(バレンシア)
ルベン・バラハ(バレンシア)
シャビ(FCバルセロナ)
ホセバ・エチェベリア(アスレティック・ビルバオ)
 
FW:
ディエゴ・トリスタン(デポルティボ・ラ・コルーニャ)
ホセ・マリ(アトレティコ・マドリー)
ラウル・ゴンザレス・ブランコ(レアル・マドリー)

 チャリティ〜マッチ

ドイツ代表 - ブンデスリーガ・オールスターズ 4:2 (1:0)
得点:
1:0 イェンス・イェレミース (22分)
1:1 マルセリーニョ (48分)
2:1 ミロスラフ・クローゼ (63分)
2:2 ヤン・コラー (67分)
3:2 ベンジャミン・ラウト (68分)
4:2 ベンジャミン・ラウト (90分)

 12月12日、ドイツ代表メンバー発表

 12月12日(木)、ルディ・フェラー監督は、12月16日(水)にゲルゼンキルヒェンで行われるチャリティーマッチのためのドイツ代表メンバーを発表した。これは、去る8月の大雨による洪水被害を受けた旧東独地域の被災者に対するもので、ドイツ代表とブンデスリーガ所属の外国人選手選抜との間の試合として開催される。召集されたドイツ代表メンバー、及び外国人選抜である「ブンデスリーガ・オールスター・チーム」のメンバーは以下の通り。

※12月13日、ケガを理由にアレキサンダー・ツィックラーが代表辞退。
※12月15日、さらに、メツェルダー、ラメロウ、ベーメ、リッケン、アザモアが辞退。代わりに、ラウ、バリッチ、ラウトの若手3人が追加召集。

◆ ドイツ代表メンバー (※印は追加召集選手)
 
GK:
オリバー・カーン(バイエルン・ミュンヘン)
イェンス・レーマン(ボルシア・ドルトムント)
 
DF:
フランク・バウマン(ヴェルダー・ブレーメン)
アルネ・フリードリヒ(ハンブルガーSV)
クリストフ・メツェルダー(ボルシア・ドルトムント)
カルステン・ラメロウ(バイヤー・レバークーゼン)

マルコ・レーマー(ヘルタ・ベルリン)
クリスティアン・ヴェアンス(ボルシア・ドルトムント)
クリスティアン・ツィーゲ(トットナム・ホットスパー)
トビアス・ラウ(VfLヴォルフスブルク)※
 
MF:
ミヒャエル・バラック(バイエルン・ミュンヘン)
ヨルグ・ベーメ(FCシャルケ04)
トルステン・フリンクス(ボルシア・ドルトムント)
イェンス・イェレミース(バイエルン・ミュンヘン)
セバスティアン・ケール(ボルシア・ドルトムント)
ラルス・リッケン(ボルシア・ドルトムント)
ベルント・シュナイダー(バイヤー・レバークーゼン)
ハンノ・バリッチ(バイヤー・レバークーゼン)※
 
FW:
ゲラルド・アザモア(FCシャルケ04)
フレディ・ボビッチ(ハノーファー96)
パウル・フライヤー(VfLボーフム)
ミロスラフ・クローゼ(1.FCカイザースラウテルン)
オリヴァー・ノイヴィル(バイヤー・レバークーゼン)
アレキサンダー・ツィックラー(バイエルン・ミュンヘン)
ベンヤミン・ラウト(TSV1860ミュンヘン)※
 
監督:
ルディ・フェラー

◆ ブンデスリーガ・オールスター・チーム
 
GK:
ガボール・キラーイ (ヘルタ・ベルリン/ハンガリー)
トミスラフ・ピプリカ (エネルギエ・コットブス/ボスニア・H)
 
DF:
ジェフ・シュトラッサー (ボルシアMG/ルクセンブルク)
サムエル・オセイ・クフォー (バイエルン・ミュンヘン/ガーナ)
フランク・フェアラート (ヴェルダー・ブレーメン/オランダ)
ニールデ・オウデ・カンプフイス (FCシャルケ04/オランダ)
トーマス・ウイファルシ (ハンブルガーSV/チェコ)
マルセロ・ジョゼ・ボルドン (VfBシュツットガルト/ブラジル)
ディエゴ・ロドルフォ・プラセンテ (B・レバークーゼン/アルゼンチン)
 
MF:
トーマス・ロシツキ (ボルシア・ドルトムント/チェコ)
マルセリーニョ (ヘルタ・ベルリン/ブラジル)
クラジミール・バラコフ (VfBシュツットガルト/ブルガリア)
クリスティアン・ポウルセン (FCシャルケ04/デンマーク)
イルディレイ・バストゥルク (B・レバークーゼン/トルコ)
 
FW:
ジオバネ・エウベル (バイエルン・ミュンヘン/ブラジル)
エッベ・サンド (FCシャルケ04/デンマーク)
ヤン・コラー (ボルシア・ドルトムント/チェコ)
アイルトン (ヴェルダー・ブレーメン/ブラジル)
エヴェルトン (ボルシア・ドルトムント/ブラジル)
 
監督:
フープ・シュテフェンス氏 (ヘルタ・ベルリン/オランダ)

 W杯のことは忘れなさい。

ドイツ代表 - オランダ代表 1:3 (1:1)
得点:
0:1 パトリック・クライファート (22分左足でシュート)
1:1 フレディ・ボビッチ (34分ヘディングシュート)
1:2 ジミー・フロイト・ハッセルバインク (69分右足でシュート)
1:3 ルート・ファン・ニステルローイ (79分左足でシュート)

 11月19日、バリッチ、ボビッチ追加召集

 クリスティアン・ツィーゲ(トットナム・ホットスパー)、ディトマール・ハマン(リヴァプールFC)、カルステン・ヤンカー(ウディネーゼ)、カルステン・ラメロウ(バイヤー・レバークーゼン)の代表辞退にともない、フレディ・ボビッチ(ハノーファー96)、ハンノ・バリッチ(バイヤー・レバークーゼン)が追加召集された。ハンノ・バリッチは代表初選出となる。

 11月14日、ドイツ代表メンバー発表

 11月14日(木)、ルディ・フェラー監督は、11月20日(水)にゲルゼンキルヒェンで行われるオランダとの親善試合のためのドイツ代表メンバーを発表した。召集されたメンバーは以下の通り。
 W杯メンバーの中では、バウマン、ツィーゲ、ベーメ、リッケンの4選手が代表復帰を果たした。その一方で、これまで起用されてきた若手組からはフリードリヒとフライヤーが召集されるにとどまり、話題になっていたボビッチ、クラニィらの現在リーガで活躍中のストライカーの召集も見送られた。今年最後の国際AマッチをW杯準優勝メンバー中心で戦う、フェラー・ドイツ代表。ドイツ代表にとって飛躍の年になった2002年を締めくくるに相応しいメンバー。しかも相手は永遠のライバル、オランダ代表。最高の舞台が整った。

GK:
オリバー・カーン(バイエルン・ミュンヘン)
イェンス・レーマン(ボルシア・ドルトムント)

DF:
フランク・バウマン(ヴェルダー・ブレーメン)
アルネ・フリードリヒ(ハンブルガーSV)
セバスティアン・ケール(ボルシア・ドルトムント)
カルステン・ラメロウ(バイヤー・レバークーゼン)
マルコ・レーマー(ヘルタ・ベルリン)
クリスティアン・ツィーゲ(トットナム・ホットスパー)

MF:
ミヒャエル・バラック(バイエルン・ミュンヘン)
ヨルグ・ベーメ(FCシャルケ04)
トルステン・フリンクス(ボルシア・ドルトムント)
ディトマール・ハマン(FCリヴァプール)
イェンス・イェレミース(バイエルン・ミュンヘン)
ラルス・リッケン(ボルシア・ドルトムント)
ベルント・シュナイダー(バイヤー・レバークーゼン)

FW:
ゲラルド・アザモア(FCシャルケ04)
パウル・フライヤー(VfLボーフム)
カルステン・ヤンカー(ウディネーゼ・カルチョ)
オリヴァー・ノイヴィル(バイヤー・レバークーゼン)
ミロスラフ・クローゼ(1.FCカイザースラウテルン)

 辛 勝

ドイツ代表 - フェロー諸島代表 2:1(1:1)
得点:
1:0 ミヒャエル・バラック(2分PK)
1:1 オウンゴール(45分)
2:1 ミロスラフ・クローゼ(58分)

 サライェヴォ遠征

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表 - ドイツ代表 1:1(1:0)
得点:
1:0 エルヴィル・バリッチ(21分)
1:1 カルステン・ヤンカー(50分)

 10月4日、ドイツ代表メンバー発表

 10月4日(金)、ルディ・フェラー監督は、10月11日に行われるボスニア・ヘルツェゴヴィナとの親善試合(サライェヴォでのアウェーゲーム)、及び10月16日に行われるフェロー諸島との欧州選手権予選(ハノーファーでのホームゲーム)のためのドイツ代表メンバーを発表した。召集されたメンバーは以下の通り。
 今回召集されたメンバーには11日のボスニア・ヘルツェゴヴィナ戦、16日のフェロー諸島戦と2試合の出場機会がある。格下相手ということもあってかフェラー監督は、キャップ数が1、2しかないいわゆる若手組から、フリードリヒ、ヘルツシュ、ボロウスキ、エルンスト、フライヤーと5人召集。次代を担うドイツ代表メンバーを試す構えだ。またDF陣では、レーマーとヴェアンスが召集されたことでリンケ翁の緊急召集の必要はなくなった。

GK:
オリバー・カーン(バイエルン・ミュンヘン)
イェンス・レーマン(ボルシア・ドルトムント)

DF:
アルネ・フリードリヒ(ハンブルガーSV)
インゴ・ヘルツシュ(ハンブルガーSV)
セバスティアン・ケール(ボルシア・ドルトムント)
クリストフ・メツェルダー(ボルシア・ドルトムント)
カルステン・ラメロウ(バイヤー・レバークーゼン)
マルコ・レーマー(ヘルタ・ベルリン)
クリスティアン・ヴェアンス(ボルシア・ドルトムント)

MF:
ミヒャエル・バラック(バイエルン・ミュンヘン)
ティム・ボロウスキ(ヴェルダー・ブレーメン)
ファビアン・エルンスト(ヴェルダー・ブレーメン)
トルステン・フリンクス(ボルシア・ドルトムント)
ディトマール・ハマン(FCリヴァプール)
イェンス・イェレミース(バイエルン・ミュンヘン)
ベルント・シュナイダー
(バイヤー・レバークーゼン)

FW:
ゲラルド・アザモア(FCシャルケ04)
パウル・フライヤー(VfLボーフム)
カルステン・ヤンカー(ウディネーゼ・カルチョ)
オリヴァー・ノイヴィル(バイヤー・レバークーゼン)
ミロスラフ・クローゼ(1.FCカイザースラウテルン)
アレキサンダー・ツィックラー(バイエルン・ミュンヘン)

 白星スタート。

リトアニア代表 - ドイツ代表 0:2(1:1)
得点:
0:1 ミヒャエル・バラック(27分)
0:2 オウンゴール(59分)

 リトアニア遠征に召集されたドイツ代表メンバー

 8月29日(木)、ルディ・フェラー監督は、9月7日に行われるリトアニアとの欧州選手権予選のため、リトアニアへ遠征するドイツ代表メンバーを発表した。
 代表引退を発表していたトーマス・リンケがお助け復活。その他多くはW杯と同じメンバーだが、その中でインゴ・ヘルツシュとアレキサンダー・ツィックラーがブルガリア遠征に続いて召集された。

GK:
オリバー・カーン(バイエルン・ミュンヘン)
イェンス・レーマン(ボルシア・ドルトムント)

DF:
フランク・バウマン(ヴェルダー・ブレーメン)
インゴ・ヘルツシュ(ハンブルガーSV)
セバスティアン・ケール(ボルシア・ドルトムント)
トーマス・リンケ(バイエルン・ミュンヘン)
クリストフ・メツェルダー(ボルシア・ドルトムント)
カルステン・ラメロウ(バイヤー・レバークーゼン)
クリスティアン・ツィーゲ(トットナム・ホットスパー)

MF:
ミヒャエル・バラック(バイエルン・ミュンヘン)
ヨルグ・ベーメ(FCシャルケ04)
トルステン・フリンクス(ボルシア・ドルトムント)
ディトマール・ハマン(FCリヴァプール)
イェンス・イェレミース(バイエルン・ミュンヘン)
ベルント・シュナイダー
(バイヤー・レバークーゼン)

FW:
ゲラルド・アザモア(FCシャルケ04)
カルステン・ヤンカー(ウディネーゼ・カルチョ)
オリヴァー・ノイヴィル(バイヤー・レバークーゼン)
ミロスラフ・クローゼ(1.FCカイザースラウテルン)
アレキサンダー・ツィックラー(バイエルン・ミュンヘン)

 引き分けでした。

ブルガリア代表 - ドイツ代表 2:2(0:2)
得点:
1:0 ベルバトフ (22分右足でシュート、バラコフのアシスト)
1:1 バラック (24分PK右足でシュート、クローゼへのファウルから)
2:1 バラコフ (50分PK左足でシュート、ベルバトフへのファウルから)
2:2 ヤンカー (57分左足でシュート、フリードリヒからのボール)

 ブルガリア遠征に召集されたドイツ代表メンバー

 8月15日(木)、ルディ・フェラー監督は、21日に行われるブルガリアとの親善試合のためブルガリアへ遠征するドイツ代表メンバーを発表した。
 GKメンバーはW杯のような3人登録の規定がないためカーンとレーマンの2人で、ブットやロストらの第3GKは召集されず。
 DFメンバーでは、ヘルタ・ベルリンのアルネ・フリードリッヒが初選出。果たしてA代表デビューはあるか?また、W杯代表候補の一人インゴ・ヘルツシュが選出されている。
 MFでは、クウェート戦に続いてビエロフカが選出された他、W杯ではアップ中のケガで途中帰国という不運に遭ったベーメが選出された。他は、バラック、フリンクス、シュナイダー、ハマン、イェレミースなどのおなじみの顔ぶれ。ただツィーゲ、リッケンらは代表を漏れた。
 FWではノイヴィル、クローゼ、ヤンカー、アザモアらのW杯メンバーの他、昨年のW杯プレーオフ、対ウクライナ戦以来代表から遠ざかっていたツィックラーが復帰した。
 準優勝したW杯後はじめてとなる代表戦。4年後への新たな挑戦は、アウェーとなる、ブルガリアの首都ソフィアから始まる。

※8月17日に行われたブンデスリーガ第2節「バイエルン対ビーレフェルト」の試合において、89分に相手選手と激突したGKオリヴァー・カーンは右膝を打撲。このケガのため、ブルガリア遠征を辞退。代わりにブットが追加召集された。
※さらに、同節での負傷を理由に、ヨルグ・ベーメ、トルステン・フリンクス、オリヴァー・ノイヴィル、ディトマール・ハマンが代表辞退。代わりに、ティム・ボロウスキー、ファビアン・エルンストが追加召集。

GK:
オリバー・カーン(バイエルン・ミュンヘン)
 ハンス=ヨルグ・ブット(レバークーゼン) ※追加召集
イェンス・レーマン(ボルシア・ドルトムント)

DF:
アルネ・フリードリヒ(ヘルタ・ベルリン)
インゴ・ヘルツシュ(ハンブルガーSV)
セバスティアン・ケール(ボルシア・ドルトムント)
クリストフ・メツェルダー(ボルシア・ドルトムント)
カルステン・ラメロウ(バイヤー・レバークーゼン)

MF:
ミヒャエル・バラック(バイエルン・ミュンヘン)
ダニエル・ビエロフカ(バイヤー・レバークーゼン)
ヨルグ・ベーメ(FCシャルケ04)
パウル・フライヤー(VfLボーフム)
トルステン・フリンクス(ボルシア・ドルトムント)
ディトマール・ハマン(FCリヴァプール)
イェンス・イェレミース(バイエルン・ミュンヘン)
ベルント・シュナイダー(バイヤー・レバークーゼン)
 ティム・ボロウスキー(ヴェルダー・ブレーメン) ※追加召集
 ファビアン・エルンスト(ヴェルダー・ブレーメン) ※追加召集

FW:
ゲラルド・アザモア(FCシャルケ04)
カルステン・ヤンカー(ウディネーゼ・カルチョ)
オリヴァー・ノイヴィル(バイヤー・レバークーゼン)
ミロスラフ・クローゼ(1.FCカイザースラウテルン)
アレキサンダー・ツィックラー(バイエルン・ミュンヘン)

最新ニュース05/0604/0503/0402/0301/02




▲ このページのトップに戻る当サイトについてリンクお問い合わせeuronavi.net

Copyright (C) euronavi.net. All rights reserved.