ドイツサッカー総合サイト - ドイツ代表、ブンデスリーガ テレビ&現地観戦ガイド -
euronavi.net/de サッカー ドイツ代表 ブンデスリーガ ドイツ旅行 などの情報を発信
ドイツトップ | euronaviトップページ



ドイツトップ > ブンデスリーガ > TSG1899ホッフェンハイム 完全ガイド (基本情報)

 TSG1899ホッフェンハイム 完全ガイド (基本情報)

基本情報選手プロフィールユニフォーム・ファンショップ現地観戦ガイド・練習見学

基本情報

 チーム名: TSG1899ホッフェンハイム (TSG 1899 Hoffenheim)
 創設年月日: 1899年07月01日
 会員数: 3,300人
 チームカラー: 青/白
 住所: Silbergasse 45, 74889 Sinsheim-Hoffenheim
 TEL: (07261) 40220 / FAX: (07261) 402218
 公式サイトURL: http://www.tsg-hoffenheim.de/
 クラブ組織:
    会長: ペーター・ホフマン氏
    事務局長: ヨヘン・ロートハウス氏、ヤン・シンデルマイサー氏(マネージャー)
    スポーツディレクター: ベルンハルト・ペータース氏
    チームマネージャー: ディルク・リットミュラー氏

 TSG1899ホッフェンハイムは、ドイツ南西部バーデン・ヴュルテンブルク州ジンスハイムを本拠地とするクラブ。1899年に創設された地元のスポーツクラブTurnverein Hoffenheimが起源であり、現在もクラブ名に創設年を冠しているが、サッカー部門がスタートしたのは1945年から。州内の地域リーグ(7~9部相当)に属し、いわゆる地方の弱小サッカークラブにすぎなかった。
 そのホッフェンハイムが変貌を遂げることになるのは、1990年から。同クラブに所属していた経験を持ち、ソフトウェア会社SAPを創業して大富豪となったディトマール・ホップ氏が私財を投じてクラブの支援を始めたのである。その結果、当時8部リーグに所属していたホッフェンハイムは、90/91シーズンに同リーグを制して、7部リーグへ昇格。翌91/92シーズンにはその7部リーグでも優勝して、6部リーグへ。6部リーグでは4シーズンを過ごしたが、95/96シーズンにはやはり優勝を果たして、5部リーグへ昇格。5部リーグでの4シーズン目となる99/00シーズンを前に、クラブ創設100周年を記念として、ディトマール・ホップ氏は新スタジアムを建設!5,000人収容のディトマール・ホップ・シュタディオンがホームスタジアムとなった。2000年、その新スタジアムで5部リーグを制し、ついに4部リーグへ達した。
 4部リーグは挑戦1年目で優勝という快挙でパスした。その原動力となったのは、後にレブ監督の下でドイツ代表コーチになった、若き指導者ハンス・ディーター・フリック氏である。現役時代はバイエルンやケルンでプレーしていたフリック氏は、当時近郊のバンメンタールで監督としてのキャリアをスタートさせていた。そのフリック氏は就任1年目で4部リーグ優勝を果たすと、その後2005年まで3部リーグに所属していた同クラブの指導にあたった。
 長期的にはブンデスリーガ昇格が目標だったが、06/07シーズンには3部リーグも6シーズン目をむかえていた。そこで、クラブは実績のある有能な指導者をむかえることを画策。当時、シャルケを解任されたばかりだったラルフ・ラングニック氏との契約に成功した。ラングニック氏は既にVfBシュツットガルト、ハノーファー96、FCシャルケ04といったブンデスリーガの強豪クラブで監督を歴任しており、アマチュア3部リーグに属するクラブの監督に就任するのは異例であった。
 そのラングニック氏の手腕はいきなり発揮される。就任1年目に3部リーグで2位に入り、ブンデスリーガ2部へ昇格すると、同リーグでも1年目に2位に入り、ついに2008年、ホッフェンハイムはブンデスリーガ昇格という長年の悲願を達成したのだった。パトロンのホップ氏がクラブ経営に関与してから18年、8部リーグの弱小クラブは、ブンデスリーガの舞台にまで上り詰めたのである。
 トップのブンデスリーガでもホッフェンハイムの勢いはとまらなかった。挑戦1年目の08/09シーズン、なんと前半戦を終えて首位に立ったのである。後半戦こそ失速して最終的には7位の成績だったが、ホッフェンハイムの若さあふれる攻撃サッカーに、多くのサッカーファンが魅了された。シーズン途中の2009年1月には、人口35000人の本拠地ジンスハイムに、30,000人収容の新スタジアム、ライン・ネッカー・アレーナが完成した(シーズン前半はマンハイムのカール・ベンツ・シュタディオンを借りてホームゲームを開催していた)。

近年の成績

※(  )内は順位、得点:失点、勝ち点を表す。94/95シーズンまでは、勝ち点については、勝ちは2点、引き分け1点、負けは2点として、左側が勝ちの点数の合計、右側は引き分けと負けの点数の合計である。95/96シーズンからは、現行の「勝ち点3」制度を採用している。

1996/97 Verbandsliga Baden ( 9位 40:40 38)
1997/98 Verbandsliga Baden ( 3位 66:56 59)
1998/99 Verbandsliga Baden ( 2位 89:41 60)
1999/00 Verbandsliga Baden ( 1位 79:25 65)
2000/01 Oberliga Baden-Wuerttemberg ( 1位 80:33 72)
2001/02 Regionalliga Sued (13位 53:49 42)
2002/03 Regionalliga Sued ( 5位 60:44 55)
2003/04 Regionalliga Sued ( 5位 54:58 52)
2004/05 Regionalliga Sued ( 7位 57:49 50)
2005/06 Regionalliga Sued ( 4位 47:34 56)
2006/07 Regionalliga Sued ( 2位 62:31 68)
2007/08 2. Bundesliga ( 2位 60:40 60)

タイトル 

特になし

基本情報選手プロフィールユニフォーム・ファンショップ現地観戦ガイド・練習見学

(関連記事) 1.FSVマインツ05 完全ガイド (基本情報・近年の成績) (2009年09月01日)
(関連記事) 1.FCケルン vs 1899ホッフェンハイム 観戦記 (2008年08月14日)
(関連記事) バイヤー・レバークーゼン vs VfLヴォルフスブルク 観戦記 (2010年05月04日)
(関連記事) 1.FCニュルンベルク 完全ガイド (基本情報) (2009年08月31日)
(関連記事) SCフライブルク 完全ガイド (基本情報・近年の成績) (2009年08月31日)

| | コメント

ソーシャルブックマーク: Yahoo!ブックマークに登録 みんトピに投稿 はてなブックマークに追加 newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク niftyクリップに投稿


この記事に関するコメントは以下の掲示板のいずれかへどうぞ。

[ドイツ代表応援掲示板]

ドイツ代表応援掲示板はコチラ!

[ブンデスリーガ会議]

ブンデスリーガ専用掲示板「ブンデスリーガ会議」はコチラ。


Web
euronavi.net

ユニフォーム ホームゲームシャツ アウェーゲームシャツ

09/10 1899ホッフェンハイム ホームゲームシャツ



09/10 1899ホッフェンハイム アウェーゲームシャツ



09/10 1899ホッフェンハイム 3rdゲームシャツ

(参照記事)簡単・便利!英国本家サブスポ購入ガイド





ドイツ代表ニュース
ドイツ代表応援掲示板
ドイツ代表監督紹介
ドイツ代表選手紹介
ドイツ代表試合スケジュール
2008年欧州選手権オーストリア・スイス大会
2006年ドイツワールドカップ
2004年欧州選手権ポルトガル大会
2002年日韓ワールドカップ
ドイツ代表全戦績
ドイツ代表記録集
ドイツ代表の歴史
ドイツ国内スタジアム紹介
ドイツ代表戦現地観戦ガイド


ブンデスリーガ速報
ブンデスリーガ基本ガイド
ブンデスリーガ会議
ブンデスリーガ クラブチーム紹介
ブンデスリーガ年間スケジュール
安藤正純特別コラム
ブンデスリーガ観戦ガイド(日本編)
ブンデスリーガ観戦ガイド(ドイツ編)
ドイツサッカー現地観戦記


VfLヴォルフスブルク
FCバイエルン・ミュンヘン
VfBシュツットガルト
ヘルタ・ベルリン
ハンブルガーSV
ボルシア・ドルトムント
TSG1899ホッフェンハイム
FCシャルケ04
バイヤー・レバークーゼン
ヴェルダー・ブレーメン
ハノーファー96
1.FCケルン
アイントラハト・フランクフルト
VfLボーフム
ボルシア・メンヒェングラッドバッハ
SCフライブルク
1.FSVマインツ05
1.FCニュルンベルク












2008年ヨーロッパ選手権スイス・オーストリア大会(EURO2008) テレビ&現地観戦ガイド



購読する このブログを購読

Powered by
Movable Type


▲ このページのトップに戻る当サイトについてリンクお問い合わせeuronavi.net

Copyright (C) euronavi.net. All rights reserved.