ドイツサッカー総合サイト - ドイツ代表、ブンデスリーガ テレビ&現地観戦ガイド -
euronavi.net/de サッカー ドイツ代表 ブンデスリーガ ドイツ旅行 などの情報を発信
ドイツトップ | euronaviトップページ



ドイツトップ > ブンデスリーガ > アイントラハト・フランクフルト 現地観戦ガイド

 アイントラハト・フランクフルト 現地観戦ガイド

|基本情報|選手プロフィールユニフォーム・ファンショップ現地観戦ガイド・練習見学

ホームスタジアム

コメルツバンク・アレーナ (Commerzbank-Arena)

コメルツバンク・アレーナ (Commerzbank-Arena) ※旧ヴァルト・シュタディオン

 コメルツバンク・アレーナ(旧ヴァルト・シュタディオン)の歴史は古く、1925年に37000人収容のスタジアムとして開設された。戦後には拡張工事も行われ87,000人収容の巨大スタジアムとなったがほとんどが立見席という危険な雰囲気。その後、1974年の西ドイツW杯会場に指定され、61,000人のスタジアムとして整備された。さらに、1988年の欧州選手権西ドイツ大会の舞台ともなっている。
 ドイツW杯の会場として指定され2002年7月より旧スタジアムを部分的に解体しながら、同じ場所に新スタジアムを建設した。今回の工事で、サッカー及びアメフト用の球技専用スタジアムとして生まれ変わり、さらに可動式の屋根が設けられ全天候型スタジアムとなった。この屋根は、通常中央部分に折りたたまれており、必要時には傘を広げるように上部を覆うユニークなデザインとなっている。設計を手がけたのは、ベルリナー・オリンピアやライン・エネルギエ・シュタディオン(ケルン)の改築設計を担当した有名建築家集団gmpと、アリアンツ・アレーナ(ミュンヘン)設計にも関与しているマックス・ベーグル(Max Bögl)。
 2005年3月、ドイツの大手商業銀行コメルツバンクがヴァルト・シュタディオンのネーミングライツを購入。同年7月より、コメルツバンク・アレーナとして利用されている。

 (参照リンク) コメルツバンク・アレーナ http://www.commerzbank-arena.de/

収容人数: 51,052人 (立見席数(全席屋根付): 8,718席、座席数(全席屋根付): 42,334席)
スタジアムアクセス:
 S8、S9線の「Stadion(旧Sportfeld)」駅が最寄駅(下の写真は駅舎)。中央駅方面から行くと、進行方向左手にスタジアムを見ることができる。駅を出て突き当たりを左折。直線道路をぷらぷら歩いて10分くらい。フランクフルト空港からだと、このSバーンで1駅。空港から距離にして約4、5キロのところにあり、世界で一番、国際空港から近いスタジアムかもしれない(未確認)。このほか、市電やバスを利用したアクセス方法もある。東側スタンドで観戦の場合はそちらが若干便利。

(フランクフルト中央駅からのアクセス例、Sバーン利用)
 フランクフルト中央駅Frankfurt am Main Hauptbahnhof
  ↓(S8線またはS9線Wiesbaden Hbf方面行き、所要時間6分)
 シュタディオン駅Stadion下車
  ↓(徒歩15分)
 スタジアム着

(フランクフルト中央駅からのアクセス例、市電利用)
 フランクフルト中央駅Frankfurt am Main Hauptbahnhof
  ↓(STR21系統Stadion Strassenbahn方面行き、所要時間17分)
 シュタディオン・シュトラッセンバーン駅Stadion Strassenbahn下車
  ↓(徒歩6分)
 スタジアム着

※アクセス例は、ドイツ鉄道時刻表検索システムを利用して調査したもので、通常のケースです。
  試合開始前などは混雑により列車の運行に遅れが生じる場合があることをご留意下さい。
 

アイントラハト・フランクフルト・ミュージアム (Eintrach-t Frankfurt Museum)

 2007年冬、コメルツバンク・アレーナ内に「アイントラハト・フランクフルト・ミュージアム」がオープンした。100年以上の歴史を持つ古豪クラブの歴史がつまったミュージアムだ。

 開館時間: 火曜、木曜~日曜は10時から18時、水曜は10時から20時、月曜休館
 アクセス: スタジアムアクセス参照。

(参照リンク) アイントラハト・フランクフルト・ミュージアム公式サイト http://www.eintracht-frankfurt-museum.de/

 なお、コメルツバンクアレーナ周辺は「ヴァルト(森)」の名の如く緑に囲まれており、森林浴を楽しめる雰囲気(要は何もないところ)。辺りにはテニスコートなどのスポーツ施設も点在していて、スタジアム横のエリアは各種スポーツの協会施設が立ち並んでいる。そして、その一角にあるのが、ドイツサッカー協会本部!さらにブンデスリーガの管理会社、FIFAのマーケティングオフィスが同居している。2006年ドイツW杯の大会組織委員会(OK)のオフィスもここにあった。マニアにはたまらない場所だが(笑)、行けば代表選手などに会えるというわけではない。あしからず。


ここがドイツサッカーファンの聖地!? ドイツサッカー協会本部


ブンデスリーガ運営会社、W杯大会組織委員会(当時)、FIFA関連会社などのオフィスが同居中。

チケット購入方法

 前売チケットは、フランクフルト市内のチケット販売店でも購入可能で、販売店リストは公式サイトでチェックできる。中心部にあるアイントラハト・ショップ(ファンショップの項参照)が一番便利か。この他、近郊のハーナウやダルムシュタットでも販売しているようだ。また、オンラインでも公式サイトから購入可能の模様。

(リンク) チケット販売店リスト(公式サイト)
      http://www4.eintracht.de/tickets/verkaufsstellen/

(参照リンク) フランクフルトでの現地観戦記
 
2004年09月10日(金) アイントラハト・フランクフルト vs ディナモ・ドレスデン 2:1(1:0)
 
Text & Photographs by mascaras様

練習見学

 アイントラハト・フランクフルトの練習はコメルツバンク・アレーナ前にある練習グランドで行われる。練習日程は公式サイトの「Termine」のコーナーで確認することができる。コメルツバンク・アレーナにはファンショップやミュージアムもある。練習見学とともに楽しみたい。

(参照リンク) アイントラハト・フランクフルト公式サイト http://www.eintracht-frankfurt.de/

|基本情報|選手プロフィールユニフォーム・ファンショップ現地観戦ガイド・練習見学

(関連記事) アイントラハト・フランクフルト 完全ガイド (基本情報) (2008年09月24日)
(関連記事) VfLヴォルフスブルク 現地観戦ガイド (2008年09月24日)
(関連記事) VfLボーフム 現地観戦ガイド (2008年09月24日)
(関連記事) アイントラハト・フランクフルト 完全ガイド (ユニ・ショップ) (2008年09月24日)
(関連記事) ヘルタ・ベルリン 現地観戦ガイド (2008年09月24日)

| | コメント(0)

ソーシャルブックマーク: Yahoo!ブックマークに登録 みんトピに投稿 はてなブックマークに追加 newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク niftyクリップに投稿


現地観戦報告を投稿する


Web
euronavi.net

ユニフォーム ホームゲームシャツ アウェーゲームシャツ

09/10 E・フランクフルト ホームゲームシャツ



08/10 E・フランクフルト アウェーゲームシャツ



08/10 E・フランクフルト 3rdゲームシャツ

(参照記事)簡単・便利!英国本家サブスポ購入ガイド





ドイツ代表ニュース
ドイツ代表応援掲示板
ドイツ代表監督紹介
ドイツ代表選手紹介
ドイツ代表試合スケジュール
2008年欧州選手権オーストリア・スイス大会
2006年ドイツワールドカップ
2004年欧州選手権ポルトガル大会
2002年日韓ワールドカップ
ドイツ代表全戦績
ドイツ代表記録集
ドイツ代表の歴史
ドイツ国内スタジアム紹介
ドイツ代表戦現地観戦ガイド


ブンデスリーガ速報
ブンデスリーガ基本ガイド
ブンデスリーガ会議
ブンデスリーガ クラブチーム紹介
ブンデスリーガ年間スケジュール
安藤正純特別コラム
ブンデスリーガ観戦ガイド(日本編)
ブンデスリーガ観戦ガイド(ドイツ編)
ドイツサッカー現地観戦記


VfLヴォルフスブルク
FCバイエルン・ミュンヘン
VfBシュツットガルト
ヘルタ・ベルリン
ハンブルガーSV
ボルシア・ドルトムント
TSG1899ホッフェンハイム
FCシャルケ04
バイヤー・レバークーゼン
ヴェルダー・ブレーメン
ハノーファー96
1.FCケルン
アイントラハト・フランクフルト
VfLボーフム
ボルシア・メンヒェングラッドバッハ
SCフライブルク
1.FSVマインツ05
1.FCニュルンベルク












2008年ヨーロッパ選手権スイス・オーストリア大会(EURO2008) テレビ&現地観戦ガイド



購読する このブログを購読

Powered by
Movable Type


▲ このページのトップに戻る当サイトについてリンクお問い合わせeuronavi.net

Copyright (C) euronavi.net. All rights reserved.