Click here to visit our sponsor
写真は「バイエルンvsドルトムント」後の記者会見場にて(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止)
スポンサー
Click here to visit our sponsor
 
>> 「安藤正純の特別コラム」バックナンバー(2005年12月)  [ 特別コラムトップページへ戻る

「安藤正純の特別コラム」 目次

vol.25 こんな報道もありなのかぁ?と深く考え込んでしまった! (2005年11月25日)
vol.24 新幹線通勤している選手がいるのだ! (2005年11月06日)
vol.23 さよなら、「ウェストファーレン」スタジアム (2005年10月14日)
vol.22 バイエルンにおける主役と脇役の違い (2005年10月08日)
vol.21 シャルケ04とクラーニィを見直したぞ (2005年10月04日)
vol.20 インテルが何だか嫌いなワケがわかったのだ (2005年09月06日)
vol.19 ドイツ代表7つの疑問 (2005年08月28日)
vol.18 絶望的な気分で見たシュツットガルト (2005年08月16日)
vol.17 ミュンヘンに住むことにしたぞ! (2005年08月03日)
vol.16 監督の本当の評価とは (2005年06月11日)
vol.15 いろいろ比較してみたい気持ちになったぞ (2005年04月23日)
vol.14 スタジアムのプレス席と最前列 (2005年03月31日)
vol.13 一度は行こうぜ、シャルケ04! (2005年03月02日)
vol.12 スタジアムで発見されたフーリガンの落とした物 (2005年02月13日)
vol.11 インタビュー記事、受けての論理と編集者の考えでギャップが (2005年01月23日)
vol.10 編集長と「副」編集長。本当の実力者はどちらだ?(2005年01月12日)
vol.09 引退後の生活は誰にでもドラマがあるのだ(2004年12月21日)
vol.08 代表チームが初来日、さてどんな結果になるか?(2004年12月08日)
vol.07 プレス席で思ったこと(2004年11月23日)
vol.06 10試合を観戦しての短評(2004年11月18日)
vol.05 VfBシュツットガルトを応援したくなるワケ(2004年11月12日)
vol.04 大衆紙と高級紙、「マテウス」評価の裏にある社風を感じる(2004年10月24日)
vol.03 ボルシアMGはなぜ没落したか?(2004年10月07日)
vol.02 幻に終わった稲本潤一のバイエルン入団だが(2004年09月27日)
vol.01 ドイツサッカーは面白くない? 冗談じゃない、真実を見つめよ!(2004年09月23日)
vol.00 著者プロフィール

「安藤正純の特別コラム vol.27

最高に面白く楽しいガイドブックが出版される。
絶対に買わなきゃ!


安藤正純=文・写真
text & photograph by Masazumi Ando


2006年01月18日

 この時期、国内サッカーは完全休養中だ。後半戦に備え、ブンデスリーガ18チームは暖かいスペイン、ポルトガルなどでキャンプを張っている。恒例のドバイとなったバイエルン・ミュンヘンは、テヘランに"出稼ぎ試合"に出かけ、10万人の観客を集めたそうだ。現地の気温は30度だって…。

 ウインターブレークのおかげでサッカーの話題がまるでないドイツ。それなのに私は今、3ヶ月ぶりにドイツを訪れている。こちらは厳冬である。気温は昼間でもマイナス。凍った空気が顔をピリピリと刺激し、刺されるような皮膚感覚に陥る。繰り返すがサッカーはない。それなのに、なぜ来てしまったのか?

 答を発表します。

 3月18日に、「大会を観戦する人も日本でテレビを見る人も、ワールドカップをとことん楽しむ気分になれる」というコンセプトのムック、『極める!2006ドイツワールドカップ体感マガジン』(800円)が日本経済新聞社から発売される。私はその取材でやってきているのだ。エッヘン!

 現在、若い編集者とカメラマンを引き連れ、14日間で12会場を巡る爆走旅行の最中である。エンジン全開で、到着1時間後からスタジアム巡りと街取材を開始した。時差ぼけなど感じているヒマはない。本日は3日目だ。

ムックの中では、この木組みの家についてもトリビアします。(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) このムックが面白いところは、ありきたりの32カ国チーム紹介や会場案内がテーマでないこと。行く人にとっては貴重な情報が、行かない人にとっても行った気分になれる楽しい話が満載されている。もちろん主だったスター選手の独占インタビューも多数掲載する。

 なので、「どこそこに美味しいレストランがあります」とか、「ブランド買うならこの店で」なんて安直な企画はやらない。そんなことより、トリビアをたっぷり含んだ"役立つコラム"で、W杯とドイツの愉しさに迫っていくのだ。それが何なのかは、読んでからのお楽しみ。

 昨年に何度もスタジアム取材をしているので、すでに担当者とは顔なじみである。また全国各地に散らばる新聞記者との"安藤ネットワーク"を活用して、取材スケジュールは万全なものとなった。

 フランクフルトから始まり、時計回りで12会場を訪れる。移動は体力的に無理のないように、フランクフルト、デュッセルドルフ、ハンブルク、ベルリン、ライプツィヒ、ミュンヘンの6箇所を宿泊場所に選んだ。

 最近、すっかりネットのホテル選びにはまっている私は、ライプツィヒの5つ星がシングル71ユーロ(約1万円、ツインも同じ料金)で泊まれ、ローラ・アシュレイがデザインしたミュンヘンの4つ星がシングル55ユーロ(約7700円、ツインは1万円)で泊まれることに、ちょっと感動している。反対に、大きな見本市が開催されたおかげで通常料金のン倍を取られたフランクフルトにはびっくりだ。これじゃ、W杯期間中もさぞやホテル料金は値上がりするだろうに。そんな話もコラムになって出てくる。数字はもっと具体的。秘密のスポット、ビックリ仰天の情報など、「え、マジ?」みたいな話題が次から次へと出てくる。カレンダー赤丸で発売日にチェックを入れておいてくださいね(^_^)。

 シュツットガルトでは、昨年12月にスタジアム増築工事が完成して本番への準備が整い、15日に祝賀会が開かれる。訪問日と重なった我々は、地元当局からパーティ参加を誘われた。「もちろん、参加させてもらいますよ」と返事をしたところ、「それでは駅前からミセスABCが車でピックアップをいたします。12時半のパーティ終了後は、ミスターDEFが市内の名所を案内します」ときた。嬉しいね、この対応の早さは。この原稿を書いているあと1時間後にICEで出発じゃ。

 シュツットガルトの特徴は……、あっ、そういうことは本で紹介しますよ♪

 それにしてもこちらは寒い。欧州に行くのだったら、やっぱり春から秋のシーズンに限るよ。


(次回に続く)

「安藤正純の特別コラム vol.26

能力と適応力、フリングスには何が欠けていたのか?

安藤正純=文・写真
text & photograph by Masazumi Ando


2005年12月02日

 
W杯に向けた代表チームの最終メンバーが決まりつつある。これまでクリンスマン監督に招集された選手は全部で40人にのぼるが、フィットネステストや戦術、ケガの有無など現地の情報から総合判断すると、どうやら次のように振り分けられそうだ。一部の有力マスコミが伝えている。

「絶対確実に出場」=バラック、フリングス、クローゼ、メルテザッカー、シュナイダーの5人。
「多分、出場できる」=アサモア、ダイスラー、ポドルスキーら14人。
「ボーダーラインぎりぎり」=エルンスト、オボモエラ、ノイビル大帝ら6人。
「恐らく無理」=ブルダリッチ、ヴェルンス、ハンケら7人。
「チャンスはゼロ」=ハマン、ラウト、ゲルリッツら8人。

 注目のGK争いだが、カーンとヒルデブラントは「多分、出場」に入り、レーマンは「ボーダーライン」だ。

ヴェルダー・ブレーメンのホーム、ヴェーザー・スタジアム(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) この中で注目したいのはフリングスである。昨季、フリングスはバイエルン・ミュンヘンで"黄金の中盤カルテット"を構成する重要な選手として大いに期待された。右にダイスラー、左にシュバインシュタイガー、トップ下にバラック、そしてボランチにフリングス……。

 この強力無比な布陣はそのまま代表チームでも受け継がれるものだと思われた。だがフリングスの深層心理を見抜いていたバイエルンのルンメニゲ会長とヘーネスGMは、「とても、そんな布陣は築けないだろう」と冷ややかな反応を見せていた。

 ヘーネスGMがフリングスの本性を悟ったのは、入団後、契約の話で2人が顔を合わせたときである。この時期、バイエルンはフリングスと同じベルダー・ブレーメンからDFイスマエルを移籍させようとしていた。移籍金は800万ユーロ(約11億2000万円)。フリングスの移籍金500万ユーロ(約7億円)を大きく上回る。

 同時期、ヘーネスGMはDFサニョールと契約更新の話し合いを続けていた。2人の交渉は丁々発止、激しい論争を繰り広げながらも、お互いの言い分を主張しあった。会談でヘーネスはサニョールの精神的強さに関心した。厳しい条件闘争なのにサニョールは持ち前の頑固さと自分自身への誇りを示し、辣腕で知られるヘーネスにちっとも気後れすることがなかったからである。

 だがフリングスは違った。「最初に話した瞬間に気がついた」とヘーネス。フリングスには苦しい場面や自分に不利な条件下で、サニョールほどの何物をも撥ねつける強い精神力が欠けていたのである。これは持ち前の性格とも関連するのだろうが、超一流のクラブに加われば鍛えることもできる部分のはず。だがフリングスは自分を向上させる意識が薄く、何が何でも徹底的に闘うという考えが沸いてこなかった。

「つねに自己の存在を証明しなければならないメンタリティーは、バイエルン全選手の基本であり哲学である」とするヘーネスには、フリングスの軟弱さばかりが目に付いた。

強豪バイエルン・ミュンヘンを率いるフェリックス・マガート監督(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) フリングスにはもう1つ別の問題があった。それは南部バイエルン州とミュンヘンに対するアイデンティティーの欠如である。ドイツ北西部の片田舎ヴュルゼレンで生まれたフリングスはアーヘン、ドルトムント、ブレーメンを渡り歩いたが、自らの発言の重さがどのような影響を周囲に与えるかは学んでこなかったようだ。よりにもよってバイエルンで、「マガート監督との関係は悪くない。だけど監督は僕の最大の理解者じゃない」と、信頼関係を壊すような発言を平気で行なったのだ。いったい、全34試合のうち29試合に先発出場させ、リーグとカップの2冠を達成させてくれた監督に向けて言うべきコメントだろうか。

 ブレーメンに再移籍したフリングスは、バイエルンで味わったほど強烈なプレッシャーは感じていない。本人にとっては相当に快適な環境であろう。なにしろ、これだけの選手だ。レギュラーポジションを約束してほしいと主張すれば要求も通ることだろう。しかしバイエルンでは、「そんな保証は絶対にできない」(ヘーネス)のである。この差にフリングスは気づかなかった。

 首位決戦のバイエルン対ブレーメン戦の前日、フリングスはミュンヘンの新聞のインタビューで次のように発言している。

「何人かの古い友人と会えるのが楽しみだ。とくに僕の身体をよく面倒見てくれたコンディショントレーナーとはね。チームメイト? あぁ、2〜3人はね。それだけさ。だって僕はバイエルンでな〜んにもいいことなんて感じてなかったんだから」

ブレーメンにとってのCL開幕戦となったバルサとのホームゲーム(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) 代表チームでフリングスは中盤の貴重な選手として重宝される。だが体力と技術で同等のライバルがいない偶然の環境は、彼に向上心を忘れさせたようだ。ブンデスリーガでそこそこの順位を保ち、得点力の多さを誇るブレーメンがなぜ、チャンピオンズリーグでこれほど惨めな結果に甘んじなければならないか、フリングスはじっくり考えた方がいい。

 精神力の強さでつねにトーナメントを征してきたドイツは、バラックがすべての面における真のリーダーである。これは疑う余地がない。ではバラックを影で支えるのは誰か?フリングスではないか。

 フリングスが安定した中盤の守備を担ってこそ、バラックは攻撃に専念できるのだ。肝心な場面でフリングスの弱気の虫がモソモソと動き出すなんて御免蒙りたい。そうなればチームはあっという間に崩壊してしまう。

 だから私はこの選手を人一倍、応援したくなるのだ。バイエルンで出来なかったことを代表チームで見せてくれ、と。

 そこで今回の結論。

 超一流の選手とは、技術、精神力、勝利への無限の欲望の複合体である。

■オマケ■ 安藤正純のドイツ代表・W杯最終メンバー大胆予想

▲多分、出場できる
 アサモア、ダイスラー、ポドルスキー、ボロフスキー、フリードリッヒ、ヒルデブラント、ヒッツェルスペルガー、フート、ヤンセン、カーン、クラーニィ、ラーム、メッツェルダー、シュバインシュタイガー

▲ボーダーラインぎりぎり
 エルンスト、オボモエラ、ノイビル、ヒンケル、レーマン、シンキエビッツ

▲恐らく無理
 ブルダリッチ、ヴェルンス、ハンケ、エンゲルハルト、イェンチュ、ケール、レンジング

▲チャンスはゼロ
 ハマン、ラウト、ゲルリッツ、バウマン、フライヤー、イスマエル、ショル、シュルツ

(次回に続く)

安藤正純(Masazumi Ando) プロフィール

 鉄人ヘーゲレ記者、レキップ誌編集長、KICKER副編集長、Times紙デスクら、欧州各国のトップジャーナリストと強力なネットワークを持つドイツ通。サッカーのほか、テニスの企画記事も得意。趣味は寄席通い。

Copyright(C) 2004 Masazumi Ando. All Rights Reserved.
本ページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。

特別コラムトップページへ戻る ] [ euronavi.net/de HOMEへ戻る
 

▲Page Top