Click here to visit our sponsor
写真は「バイエルンvsドルトムント」後の記者会見場にて(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止)
スポンサー
Click here to visit our sponsor
 
>> 「安藤正純の特別コラム」バックナンバー(2005年11月)  [ 特別コラムトップページへ戻る

「安藤正純の特別コラム」 目次

vol.25 こんな報道もありなのかぁ?と深く考え込んでしまった! (2005年11月25日)
vol.24 新幹線通勤している選手がいるのだ! (2005年11月06日)
vol.23 さよなら、「ウェストファーレン」スタジアム (2005年10月14日)
vol.22 バイエルンにおける主役と脇役の違い (2005年10月08日)
vol.21 シャルケ04とクラーニィを見直したぞ (2005年10月04日)
vol.20 インテルが何だか嫌いなワケがわかったのだ (2005年09月06日)
vol.19 ドイツ代表7つの疑問 (2005年08月28日)
vol.18 絶望的な気分で見たシュツットガルト (2005年08月16日)
vol.17 ミュンヘンに住むことにしたぞ! (2005年08月03日)
vol.16 監督の本当の評価とは (2005年06月11日)
vol.15 いろいろ比較してみたい気持ちになったぞ (2005年04月23日)
vol.14 スタジアムのプレス席と最前列 (2005年03月31日)
vol.13 一度は行こうぜ、シャルケ04! (2005年03月02日)
vol.12 スタジアムで発見されたフーリガンの落とした物 (2005年02月13日)
vol.11 インタビュー記事、受けての論理と編集者の考えでギャップが (2005年01月23日)
vol.10 編集長と「副」編集長。本当の実力者はどちらだ?(2005年01月12日)
vol.09 引退後の生活は誰にでもドラマがあるのだ(2004年12月21日)
vol.08 代表チームが初来日、さてどんな結果になるか?(2004年12月08日)
vol.07 プレス席で思ったこと(2004年11月23日)
vol.06 10試合を観戦しての短評(2004年11月18日)
vol.05 VfBシュツットガルトを応援したくなるワケ(2004年11月12日)
vol.04 大衆紙と高級紙、「マテウス」評価の裏にある社風を感じる(2004年10月24日)
vol.03 ボルシアMGはなぜ没落したか?(2004年10月07日)
vol.02 幻に終わった稲本潤一のバイエルン入団だが(2004年09月27日)
vol.01 ドイツサッカーは面白くない? 冗談じゃない、真実を見つめよ!(2004年09月23日)
vol.00 著者プロフィール

「安藤正純の特別コラム vol.25

こんな報道もありなのかぁ?と深く考え込んでしまった!

安藤正純=文・写真
text & photograph by Masazumi Ando


2005年11月25日

 
不肖・安藤、ただいま帰国いたしました!(どこかで聞いたフレーズだな。大好きな宮嶋茂樹カメラマンのパクリじゃないか)

バイエルンの練習場。選手のサインをもらおうと待ち構える大勢のファン(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) 3ヶ月のヨーロッパ滞在中は3カ国、22都市を回り、計26試合を観戦した。愉快・不愉快・痛快・痛飲・成功・失敗を繰り返しながらも、有意義な生活を送ることができたのはこの上ない幸せだったと感謝している。

 日本に戻ったいまは、いつもの生活サイクルを取り戻し、以前のように大手日刊紙や少し破廉恥な夕刊紙を読み漁り、玉石混交のインターネット情報に接している。職業柄、情報が命だけに、どんな種類のものでも目を通さないと気がすまない性格なのだ。

 日本の情報は滞在中でもつねにチェックしていた。新聞は大きな駅だったらたいてい、日経と朝日が購入できる。両紙の販売網は読売のそれを上回る。値段は日経がもっとも高く、朝日がその次。読売がいちばん安い。新聞の値段は1部630円〜450円。高いネェ…。でも日本語の新聞はこれしかないんだから、我慢して買うしかなかった。

 しかし24ページ建てなんて、あっという間に読みきってしまう。なにしろ、株式欄、社説なんか見ないし、肝心の記事自体が広告の山に埋もれているので文章の量が少ない。だから1時間も過ぎれば、暇つぶしに2度目、3度目とページをめくることもあった。なんとも間抜けな話だ。

 それに対し現地の日刊紙は事情がまったく違った。高級紙も大衆紙も総じて広告が少なく、上から下まですべて記事で埋まっている。高級紙は写真が少なく見出しも控えめなので、さらに読み応えがある。大衆紙とて基本的には全ページがカラー印刷。おまけに値段も50セント(70円)前後。バカみたいに安く感じた。

練習前、選手は身体障害者へのサービスを怠らない(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) 広告が少ないのはインターネットの普及による影響だ。2年ほど前、高級紙FAZ(フランクフルター・アルゲマイネ)はそれまで34名いたスポーツ部の記者を大量解雇、25人にまで減らした。同じく高級紙の南ドイツ新聞も多くの有能な記者を「社の経営上の理由により」、家庭を持っているとか住居を新築したなど一切の事情を考慮せず、大幅に人員を減らした。

 大衆紙も同じ波に洗われた。その結果、生き残った記者への負担が増え、どのページをめくっても同じ記者の署名記事が目に付くようになっている。インターネットが普及する以前の週末版は、大量の広告のおかげで厚さが3センチにも4センチにもなっていた。それが今では1センチあるかどうか。これが時代の流れというわけだ。

 さてその中身だが、最近、改めてドイツマスコミの執拗さを思い知らされたことがある。スポーツ欄はほぼ7〜8割がサッカー関連のニュースで埋め尽くされている。少ない人数でよくもあれだけ大量の記事を集めてくるものだと関心するが、どうもその内容がよろしくないのだ。

 あくまでも大衆紙の話ではあるが、とにかくガセネタが多い。そして面白いネタがなくなると選手の私生活に踏み込んだ記事が目立ってくる。例えばこういうものだ。

『日曜日の午前、バイエルン・ミュンヘンの選手が家族同伴でレストランに行った』

 何の変哲もない記事だと思うなかれ。この先が問題なのだ。

『前日のブンデスリーガで辛勝したチームを慰労するため、クラブは市内の有名レストラン"ケーファー"に選手や家族を招待し、ブランチを共にした。このレストランは通常、日曜は休みだが、バイエルンのためにと特別にオープンした。もちろん客はバイエルン関係者のみ。肉、魚、パスタ、寿司と料理が揃い、思い思いに舌鼓を打つ』

 なんだ、別にどこも問題ないじゃないか。確かにそうである。ただし、写真がなければ、の話である。
 そうなのだ。この記事にはドカーンと大きな写真が掲載されていたのだ。店のロゴがはっきり分る写真、そこへカーンとダイスラーが入店する写真、そして極めツケがバラック一家がいそいそと店に向かって歩いている写真である。

バラックファミリーのプライベートを撮影した大衆紙(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) ひときわ大きなその写真の構図はこうだ。いちばん先頭を歩くバラック本人、左手にはベビー籠を持ち、右手は次男坊の手を引いている。すぐ後ろは夫人が長男の手を引いている。2人の間に入る形で、マガート監督夫人が生後間もない愛娘を抱きながら、スター一家に寄り添っている。

 キャプションでは2人の夫人、4人の子供とも実名が紹介されている。幸いに長男、次男の顔写真にはモザイクがかかっているが、幼稚園にも通っていない幼子の名前を新聞で出してよいものかどうか…。

 デビッド・ベッカムはかつてロンドンのイエローペーパーにしつこく追われていた。レストランで何を食べた、何を飲んだかを事細かく紹介されたものだ。多くはガセネタで他愛無い内容だったが、人が何を食べ、誰と一緒に街を歩いているかなど、完全にプライベートの世界で他人から干渉される筋合いではない。

 仮にバラックが来季マンチェスター・ユナイテッドに移籍したなら、ミュンヘンの新聞以上にバラックと家族はプライベートを暴かれることだろう。

 そういうわけでバラック一家のパパラッチ写真に本人と家族がどう反応したのか、大いに気になる。まさか、マンU入団後の新たな環境に慣れるための一種のトレーニングだったとか?

(次回に続く)

「安藤正純の特別コラム vol.24

新幹線通勤している選手がいるのだ!

安藤正純=文・写真
text & photograph by Masazumi Ando


2005年11月06日

 
国内の移動は原則、DB(民営化されたドイツ鉄道株式会社)を利用している。日本と同じく、鈍行、急行、快速、特別快速、特急などと、列車はスピードとサービス内容でいくつかの種類がある。もちろん最上位は新幹線、すなわちICE(インターシティ・エクスプレス)である。

快適なドイツ鉄道の車内空間(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) 経験から言えば、ICEは10回のうち7回くらいは時間通りに走らない。到着時間が遅れるのだ。20〜30分遅れるケースは稀だが、だいたい5〜15分といったところがいちばん多いだろうか。日本の恐ろしいほど正確無比な運行に慣れている身にとっては、「接続の列車に間に合わない。どうにかしてくれ!」と叫びたくなるところだが、「狭いドイツ、そんなに急いでどこへ行く」の精神でゆったりと構えるしかないだろう。第一、10分遅れたとしても、世の中に全然影響がない。

 ところで、サッカー選手といえば誰もが高級車に乗っている。1台どころか数台持っているのも珍しくない。例えばVfLボルフスブルクのパブロ・ティアムである。外交官を父に持ち、5歳からドイツに住むギニア生まれのティアムは3台の車のオーナーだが、毎日のトレーニングには愛車ではなく、ICEに乗って通っているという。しかも、住居のあるベルリンから170km離れたボルフスブルクまで。

 1FCケルン、VfBシュツットガルト、バイエルン・ミュンヘンと渡り歩いてきた31歳のティアムは、8年前にボルフスブルクがブンデスリーガに昇格して以来、ずっとキャプテンを務めている。そんな彼がいったい、なぜ新幹線通勤をしているのだろうか。

 170kmといえば、アウトバーンで走ると90分前後の時間しかかからない。だが渋滞や交通事故のリスク、さらに運転中の緊張感を考えると、毎日往復で340kmも走るのは肉体的、精神的に疲れるだけである。

ドイツの新幹線ICE(インターシティ・エクスプレス)(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) そこでティアムは2年前からICEで通うことにした。日課はこうである。まず前日にタクシー会社に「自宅から駅までの送迎」を予約する。タクシーの車種にはこだわらないが、必ず禁煙車である。

 チームの練習が朝10時から始まる場合、当日は遅くても早朝7時35分までにタクシーが迎えに来る。運転手は決して呼び鈴を押してはいけない。家族がまだ寝ているのだ。そして7時57分発のICEに乗車。『Bahn Card100』というパスを持っているので、料金は割引価格になる。

 車中でのティアムは0.5リットル入りのミネラルウォーターとグリーンテイーを注文し、朝食を摂る。朝食はパンの上に苺のマーマレードを乗せたもの。このメニューはずっと変わらない。90分間の乗車中、彼は持ち込んだノートPCで好きなDVD映画を鑑賞したり、Eメールを打つ。車内は静かで、集中できるという。

 ICEはおよそ60分で駅に到着。クラブハウスに着くのは9時半だ。以前はこれより少し遅い列車を選んでいたが、ある日、爆弾予告の脅迫電話が届き、ティアムが乗った列車が遠回りしたことで練習に大遅刻。これを教訓に、1本早い電車を選んでいるというわけである。

ICEの車内(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) 復路の出発時間は不定だが、ベルリン行きのICEはケルン方面からやってくるのが多い。そこに彼が現れると、ちょっとした騒ぎになる。というのも、ティアムはケルン生まれで1FCケルンの選手だった。知られた顔なので、ケルンから乗ってきた客が彼にすかさず話しかけてくるのだ。また、ボルフスブルクはVW(フォルクスワーゲン)本社がある街。会社の関係者も乗車してくる。

 体調をたずねたり、試合の展開で討論になったりと、ティアムは休む暇もなく対応するが、どうしても気分が乗らない場合は、「隅っこの席に座り、眠ったフリをしている」とか。

 以上、ICE車内で読んだ記事が面白かったもので、ついつい翻訳してしまった。そこで今回の結論。

 やっぱり、電車は時間通りに走ってちょうだいな!

(次回に続く)

安藤正純(Masazumi Ando) プロフィール

 鉄人ヘーゲレ記者、レキップ誌編集長、KICKER副編集長、Times紙デスクら、欧州各国のトップジャーナリストと強力なネットワークを持つドイツ通。サッカーのほか、テニスの企画記事も得意。趣味は寄席通い。

Copyright(C) 2004 Masazumi Ando. All Rights Reserved.
本ページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。

特別コラムトップページへ戻る ] [ euronavi.net/de HOMEへ戻る
 

▲Page Top