Click here to visit our sponsor
写真は「バイエルンvsドルトムント」後の記者会見場にて(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止)
スポンサー
Click here to visit our sponsor
 
>> 「安藤正純の特別コラム」バックナンバー(2005年10月)  [ 特別コラムトップページへ戻る

「安藤正純の特別コラム」 目次

vol.25 こんな報道もありなのかぁ?と深く考え込んでしまった! (2005年11月25日)
vol.24 新幹線通勤している選手がいるのだ! (2005年11月06日)
vol.23 さよなら、「ウェストファーレン」スタジアム (2005年10月14日)
vol.22 バイエルンにおける主役と脇役の違い (2005年10月08日)
vol.21 シャルケ04とクラーニィを見直したぞ (2005年10月04日)
vol.20 インテルが何だか嫌いなワケがわかったのだ (2005年09月06日)
vol.19 ドイツ代表7つの疑問 (2005年08月28日)
vol.18 絶望的な気分で見たシュツットガルト (2005年08月16日)
vol.17 ミュンヘンに住むことにしたぞ! (2005年08月03日)
vol.16 監督の本当の評価とは (2005年06月11日)
vol.15 いろいろ比較してみたい気持ちになったぞ (2005年04月23日)
vol.14 スタジアムのプレス席と最前列 (2005年03月31日)
vol.13 一度は行こうぜ、シャルケ04! (2005年03月02日)
vol.12 スタジアムで発見されたフーリガンの落とした物 (2005年02月13日)
vol.11 インタビュー記事、受けての論理と編集者の考えでギャップが (2005年01月23日)
vol.10 編集長と「副」編集長。本当の実力者はどちらだ?(2005年01月12日)
vol.09 引退後の生活は誰にでもドラマがあるのだ(2004年12月21日)
vol.08 代表チームが初来日、さてどんな結果になるか?(2004年12月08日)
vol.07 プレス席で思ったこと(2004年11月23日)
vol.06 10試合を観戦しての短評(2004年11月18日)
vol.05 VfBシュツットガルトを応援したくなるワケ(2004年11月12日)
vol.04 大衆紙と高級紙、「マテウス」評価の裏にある社風を感じる(2004年10月24日)
vol.03 ボルシアMGはなぜ没落したか?(2004年10月07日)
vol.02 幻に終わった稲本潤一のバイエルン入団だが(2004年09月27日)
vol.01 ドイツサッカーは面白くない? 冗談じゃない、真実を見つめよ!(2004年09月23日)
vol.00 著者プロフィール

「安藤正純の特別コラム vol.23

さよなら、「ウェストファーレン」スタジアム

安藤正純=文・写真
text & photograph by Masazumi Ando


2005年10月14日

 学生時代、リュックサックを背負って各国のスタジアムを巡り歩いた。試合のない日にである。当時はノンビリしたもので、「あの〜。日本からやってきたんですけど〜。ボク〜、大のサッカーファンなんです〜。ここ〜、入ってもいいですか〜」とでも言ってお願いすれば、管理人だか何かのオジサンが「おっ、そうか、そうか。日本からか。こりゃ珍しい。どうぞ、入りなされ、若いの!」と簡単に入れてくれた。こうしてノウカンプの芝生を裸足で歩き、ベンチでパチリと記念写真を撮影したのである。

ウェストファーレンスタジアム外観 Panasonic LUMIX FX-8で撮影(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) ドイツで好きなスタジアムはシャルケの「ヴェルティンス・アレーナ」と、ドルトムントの「ウェストファーレン」だ。最近、オマケとして加わっているのはニュルンベルクの「フランケン」である。最初の2つはいつもこのコラムで宣言しているが、フランケンって……?

 これには個人的事情が絡む。先月のスタジアム取材で、案内役を務めてくれた若いジャネットちゃんがとにかく可愛くて可愛くて(^_^)。それでフランケンの名前を挙げたのである。中年オヤジはやっぱりスケベだなぁ。

 さて、そのボルシア・ドルトムントの本拠地「ウェストファーレン・スタジアム」がなくなる。といっても建物じゃなく、名前のこと。ついに…、そう、ついにドルトムントも、ネーミングライツに手を出したのだ。

 74年ドイツW杯にあわせて竣工。当初は5万2100人の収容能力だったが、その後96年に最初の増築を行ない、数千人分の座席を増やした。そして2度目の増築が今季開幕前に終わり、8万1264人という国内最大のサッカー専用競技場に生まれ変わった。

 今度は四隅の空間に立つ長細い照明灯を取り払い、その部分をすべて座席に変えた。照明灯は屋根の下に取り付け、その屋根と座席はボルシアカラーの黒と黄色で統一した。

 ピッチに立つと、360度全体が観客席に囲まれているのが分る。まるで高層マンション群の谷間に落とされたようで、圧倒的な雰囲気が漂う。故ヘルムート・シェーン元代表監督は、「世界一素晴らしい」と絶賛したものだ。

2万6000人収容のゴール裏! Panasonic LUMIX FX-8で撮影(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) テレビで見ると恐らく画面左側に映ると思うが、ドルトムントのサポーターがゴール裏をギッシリ埋めている。この席の高さ、正確に測ったことはないが多分、14階建てくらいの高さのマンションに匹敵すると思う。そこに集まる人の数、実に2万6000人。ニマンロクセンである。もう一度書くが、このブロック1つで弐萬六千なのである。ということは、ここだけでJリーグの平均入場者を上回るのだ。スッゲ〜〜!

 私は恐ろしくて立ち入ったことがないけど、立錐の余地がないのは遠目からでも判断できる。試合中にトイレに向かうなど不可能なはず。ならばウンコをしたくなっても我慢するしかないのか。でもその場で漏れちゃったらどうなるの? "ボルシア・ドット漏れた"になっちゃうじゃないか(座布団一枚!)。

 ウェストファーレンはドイツ代表にとって縁起の良い場所だ。74年4月2日の杮落としでは、西ドイツがハンガリーを5-0で大破した。また02年W杯プレーオフでウクライナを下して、ドイツが本大会出場を決めたのもここである。オランダファンにとっては74年W杯でブラジルを倒した記念の聖地だ。

 ウェストファーレンとは州の名前。正式には「ノルトライン・ウェストファーレン州」で、ここにはドルトムント以外に、ケルン、シャルケ、デュイスブルク、メンヘングラッドバッハ、ビーレフェルトなど、多くのプロチームが集中している。それだけにドルトムントはウェストファーレン州を代表するような重みがあった。

 名前を売り出した理由はもちろん、カネ。リーグでは平均7万4000人の観客が入場しているが、チャンピオンズリーグ出場を逃し続けていることでクラブ全体の収入が伸び悩んでいる。そこで、というわけなのだ。

ファンが暴れた際に放り込まれる「牢屋」。 Panasonic LUMIX FX-8で撮影(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) 気になる売却先だが、4社に絞り込まれたようだ。企業名は公表されていないが、安売り航空券の『イージージェット』、韓国電機大手の『サムスン』が有力視されている。契約は5〜10年間。年間料金はドルトムント側が500万ユーロ(約6億7500万円)を要求しているのに対し、企業側は「400万以下」で大きな開きがある。それでもドルトムントは、「400万でも十分成功だ」と妥協する姿勢を見せている。

 ちなみに他のチームのネーミングライツの年間料金を調べてみたが、『AOL』のハンブルクと、『コメルツバンク』のフランクフルトがそれぞれ300万ユーロ(約4億円)、『シュコ』の弱小ビーレフェルトはたったの50万ユーロ(約6750万円)である。

 ドルトムントの現在の借金額は8900万ユーロ(約120億円)。いくら4〜500万ユーロで契約を取ったところで、文字通り、焼け石に水だが、それでも「ゼロよりはまし」というわけか。

 なお、ネーミングライツは今月下旬までに正式発表される。果たしてどんな名前になるか注目される。

 そこで今回の結論。

 ジャネットちゃん、本当に可愛いんだから。私だったら「ジャネット・スタジアム」にしてほしいな、ウッフン(^_^)。

(次回に続く)

※管理人注:
 10月14日、ボルシア・ドルトムントはウェストファーレン・スタジアムのネーミング・ライツをジグナル・イドゥナ社(保険・金融サービス会社)に売却すると発表しました。これにより、ウェストファーレン・スタジアムには2005年12月1日から2011年6月30日まで「ジグナル・イドゥナ・パーク(Signal Iduna Park)」の名称が用いられます。
 本コラムは10月9日に安藤氏より御寄稿いただきましたが、前コラムとの掲載間隔を保つため10月14日付での公開となりました。

「安藤正純の特別コラム vol.22

バイエルンにおける主役と脇役の違い

安藤正純=文・写真
text & photograph by Masazumi Ando


2005年10月08日

 10年ほど前、「ものまね王座決定戦」というテレビ番組が大人気を博した。圧倒的な視聴率を稼ぎ、多くの出演者の中から名人クラスの"ものまね四天王"(清水アキラ、コロッケ、栗田貫一、ビジーフォー)が生まれ、彼らの愉快な芸には腹をかかえて笑ったものだ。

試合前のアリアンツ・アレーナ Panasonic LUMIX FX-8で撮影(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) 実際、彼らの実力はズバ抜けていた。アキラのセロハンテープ、コロッケの形態模写、栗田の歌唱力、グッチ+冬樹のハーモニーは、これぞまさしく究極芸だと関心したものだ。彼らの才能と、本番での咄嗟の閃きに思わず唸ったのは私だけではあるまい。

 誰も注目しなかったことだが、この四天王の活躍をいっそう引き立てた脇役がいた。桑野、ショウヘイ、ルミ子、ピンクの電話、末吉、榊原らだ。彼らはレパートリーが少なく、1回戦を勝ち抜いても2、3回戦まで届くことはほとんどなかった。つまり脇役の連中はそれなりの一発芸で、大トリを引き立てる立場だったといえる。

 だが脇役とて、それぞれに才能の持ち主である。何かのキッカケで才能を大きく伸ばしたり、それまで本人も気が付かなかった隠れた部分が発揮できたりすると、途端にブレークする。それが桑野であり、ルミ子だった。

 このように、世の中はどの分野でも主役と脇役で成り立っている。それはサッカーでも同じことだ。
 現在のバイエルンで四天王と言えば、カーン、ルシオ、バラック、そしてマカーイ。彼らのポジションは他の選手で代用できない。他のポジションにもコンバートできない。パフォーマンスと給料の高さ、存在感、影響力のどれをとっても、バイエルンの四天王なのである。

 では脇役とは誰か。カリミ、シュバイニー、ショル、サリハミジッチ、ダイスラーとなるだろう。各国の代表選手が脇役とは、ずいぶん失礼な話かもしれないが、四天王と比較するとどうしてもそうなってしまう。

 8月5日の開幕戦を皮切りに、私は2ヶ月間で23試合を観戦した。このうちバイエルンは、リーグとチャンピオンズリーグ合わせて7試合である。ドイツ代表2試合(オランダ、南ア)がさらに加わる。

 そこから感じたのは、「やはり四天王と脇役では格差があるなぁ」だった。カリミは確かにパス出しが上手い。マカーイは「アリのセンスは、トレーニング最初から僕のダッシュのタイミングと合っていた」と絶賛する。

バイエルン・サポーター Panasonic LUMIX FX-8で撮影(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) しかしバラックがケガで欠場中に肝心の司令塔役を任されると、明らかにカリミは"過重負担"に映った。柔らかいパスは出す。だが決定的にスピードが足りないのだ。それは走るスピードではない。パスを出す一瞬の判断、パスのスピード、ルックアップして状況を見渡すスピードが、バラックより数段劣るのだ。だから相手の速いプレッシャーからボールをやすやすと奪われるシーンが続発した。湾岸諸国では通用したのだろうが、とてもバラックの代役はこなせない。90分フル出場が適わないのも当然なのだ。

 シュバイシュタイガーは右でも左でも、またMFでもDFも出来る器用な青年。この点でハーグリーブスと立場が似ている。ドリブル突破は見事で、足元は確実である。弱点はコンディションが安定しないことだ。ある日は絶好調、別の日は平均点、そしてまた別の日は少々スランプ。こんなことでは監督は安心して使えない。

 ショルは見事な一発芸人である。貶しているのではない。心底から褒めているのだ。途中出場ばかりだが、交代してのファーストタッチが決勝ゴールのアシストだったり、CKもFKもショルの手にかかれば、魔法のような弾道を描いて味方の頭にドンピシャで届く。悩みはスタミナの衰えとヘディングの弱さだ。

 サリハミジッチの人間性は誰もが尊敬するところ。顔に似合わず温和、優しくて男らしい。プレーでのキレは数年前が絶頂期。いまは下り坂だ。左サイドからの切り込みは躍動感がある。これでシュートシーンにもっと絡んでくれたら。

 ダイスラーはかつてドイツ最大の期待の星だった。だった、ということは過去形である。ミスター・ビーン似の特徴的な表情から親近感を覚えていたが、いまは「タダの人」だ。平凡なプレーしかできないし、天才の片鱗はまったくなくなってしまった。ドイツでは通じる彼のスピードだが、国際試合ではまったくの平均点。オランダ戦であたふたした姿は忘れられない。右サイドのウイングでは伸びシロも限られているのではないか。ベッカムのようにピンポイントでクロスを上げられないし、1対1の当たりからボールを奪う回数も多くない。

 こうした脇役を尻目に、主役の座に近づいている選手がいる。ゼ・ロベルトだ。ゼが素晴らしいのは、左サイドでゲームを作り、チャンスをお膳立てできる点にある。ボールの扱い方は、まるで恋人にささやくような優しさ。接着剤で貼り付けたように、ピタリピタリとボールが足元に吸い込まれる。縦でも横でも、また攻守両面で中盤の要であるゼがなぜ毎回先発に選ばれないか、そちらのほうが不思議でたまらない。

常に満員のスタジアム Panasonic LUMIX FX-8で撮影(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) ところでバイエルンの得点の少なさがどうにも気になる。8試合を消化して17点は2位のHSVと同点。ブレーメンの21点に続くから、数字上は決して悪いわけではない。だが、あれだけの人材を揃えておいて、なぜ1-0の試合を4試合も続けていたのだろうか。ボルフスブルク戦も危うく1-0で終わるところだったが、2-0になったのはロスタイムにルシオの奇跡的なプレーがあったからだ。

 右サイドからはサニョールかダイスラーが、左サイドからはゼ・ロベルトかサリハミジッチがクロスを上げる。しかし、ゴールに結びつく確率は高くない。サニョールはDFラインから前線に競り上がるところまでは見ものだが、ロングのクロスを上げてもほとんどチャンスに結びつかないから、残るのは溜息だけ。細かなパス回しでペナルティエリアを撹乱しようとするゼの個人技だけが救いである。
 まぁ、どこの国でもDFに力点を置いているから、爆発的な得点は期待するのは無理な注文かもしれない。あのチェルシーでさえ8試合で18点。4年連続リーグ優勝のリヨンは10試合でたったの15点なのだから。

 そこで今回の結論。まったく関係ないけど、クロアチアのリーグって点が入りすぎるぞ。1位のディナモ・ザグレブは10試合で32点、最下位のプーラだって10試合で10点なんだから。これって、ザルDFということ?

(次回に続く)

安藤正純(Masazumi Ando) プロフィール

 鉄人ヘーゲレ記者、レキップ誌編集長、KICKER副編集長、Times紙デスクら、欧州各国のトップジャーナリストと強力なネットワークを持つドイツ通。サッカーのほか、テニスの企画記事も得意。趣味は寄席通い。

Copyright(C) 2004 Masazumi Ando. All Rights Reserved.
本ページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。

特別コラムトップページへ戻る ] [ euronavi.net/de HOMEへ戻る
 

▲Page Top