Click here to visit our sponsor
写真は「バイエルンvsドルトムント」後の記者会見場にて(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止)
スポンサー
Click here to visit our sponsor
 
>> 「安藤正純の特別コラム」バックナンバー(2005年9月)  [ 特別コラムトップページへ戻る

「安藤正純の特別コラム」 目次

vol.25 こんな報道もありなのかぁ?と深く考え込んでしまった! (2005年11月25日)
vol.24 新幹線通勤している選手がいるのだ! (2005年11月06日)
vol.23 さよなら、「ウェストファーレン」スタジアム (2005年10月14日)
vol.22 バイエルンにおける主役と脇役の違い (2005年10月08日)
vol.21 シャルケ04とクラーニィを見直したぞ (2005年10月04日)
vol.20 インテルが何だか嫌いなワケがわかったのだ (2005年09月06日)
vol.19 ドイツ代表7つの疑問 (2005年08月28日)
vol.18 絶望的な気分で見たシュツットガルト (2005年08月16日)
vol.17 ミュンヘンに住むことにしたぞ! (2005年08月03日)
vol.16 監督の本当の評価とは (2005年06月11日)
vol.15 いろいろ比較してみたい気持ちになったぞ (2005年04月23日)
vol.14 スタジアムのプレス席と最前列 (2005年03月31日)
vol.13 一度は行こうぜ、シャルケ04! (2005年03月02日)
vol.12 スタジアムで発見されたフーリガンの落とした物 (2005年02月13日)
vol.11 インタビュー記事、受けての論理と編集者の考えでギャップが (2005年01月23日)
vol.10 編集長と「副」編集長。本当の実力者はどちらだ?(2005年01月12日)
vol.09 引退後の生活は誰にでもドラマがあるのだ(2004年12月21日)
vol.08 代表チームが初来日、さてどんな結果になるか?(2004年12月08日)
vol.07 プレス席で思ったこと(2004年11月23日)
vol.06 10試合を観戦しての短評(2004年11月18日)
vol.05 VfBシュツットガルトを応援したくなるワケ(2004年11月12日)
vol.04 大衆紙と高級紙、「マテウス」評価の裏にある社風を感じる(2004年10月24日)
vol.03 ボルシアMGはなぜ没落したか?(2004年10月07日)
vol.02 幻に終わった稲本潤一のバイエルン入団だが(2004年09月27日)
vol.01 ドイツサッカーは面白くない? 冗談じゃない、真実を見つめよ!(2004年09月23日)
vol.00 著者プロフィール

「安藤正純の特別コラム vol.21

シャルケ04とクラーニィを見直したぞ

安藤正純=文・写真
text & photograph by Masazumi Ando


2005年10月04日

 おそらく後世に残る名勝負である。チャンピオンズリーグのシャルケ04対ACミラン戦のことだ。前夜、ミュンヘンでバイエルン対FCブリュージュ戦を見ていたが、私の心はとっくにゲルゼンキルヘンに飛んでいた。

青光りするVeltins Arena Panasonic LUMIX FX-8で撮影(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) 漆黒の闇に青光りする『ヴェルティンス・アレーナ』(旧名アレーナ・アウフ・シャルケ)は、アリアンツアレーナよりも収容能力、設備内容で若干劣る。しかし同じ新築でも"使い慣れた味"が染み込んでいる。地元ファンの愛情を具体化したらこうなるぞ、みたいな雰囲気が充満しているのだ。

 青と白を基調にしたスタジアムは、緑の大地に見事なほど自然な風景として溶け込んでいる。それは、田んぼの真ん中に立つ神社の夏祭りに出かけるウキウキ感と共通し、スタジアムのドア、玄関、庭先の芝生は"自宅"のような安らぎを与える。スタジアム周辺はお祭りのように屋台が並び、アトラクションも用意されている。開門までの時間を退屈することなく過ごすことができるのは、パルクスタジアムやグリュックアウフの時代と変わらない。

 そういう光景を眺めていると、ここは地域、ファン、自然、そして人々の"信仰心"が凝縮されているんだなぁと、思わず拍手を贈りたくなる。

 ここらへんは、アリアンツがあと20年かけても追いつかない点だと思う。アリアンツはどこかよそよそしく、完成する前からすべてが合理的に計算された巨大な器である。壁に数字をペイントしただけの客席案内標識とコンクリートカラー特有の冷たさには、ここがアミューズメント施設でなく、機能一点張りの"本社ビル"の印象を与える。

 Ticketの文字が光るイチジク浣腸みたいな形の巨大な風船(案内表示)を信じて当日券を買い求めても、窓口のオバサンに「当日券? そんなのは販売してない。アリアンツカード(場内で使えるプリペイドカード)だけしか売ってないわよ」と逆ギレされるのがオチだ。

 なにしろアリアンツはVIP席が向こう5年間、年間シートも向こう3年間分が売り切れである。残った約3万3000枚の切符は、10万人もいる会員に優先販売されるので、当日券が出ることはほとんどない。だからダフ屋の少なさはドイツ1である。駅から10分、ひたすらUFO目指して歩くだけ。周囲に屋台を見ることもない。ソーセージを焼く臭いがないなんて、つまらないよなぁ。

 さて、試合である。シャルケは前節のPSVアイントホーフェン戦で0-1の敗戦を喫した。負ける相手ではなかったのに、である。主だった選手がゴッソリと抜けて戦力の低下が著しいPSVに負けたことで、マスコミはラングニックの戦術の失敗を槍玉に挙げた。今度はホームである。相手は強豪のミラン。ここで負けたらグループステージ突破は難しくなる。

オヤジから子供たちへと受け継がれるシャルケ04のDNA Panasonic LUMIX FX-8で撮影(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) 開始21秒、ガットゥーゾのスローインからダイレクトパスが3本つながり、セードルフがロングシュートを決める。うわっ、何というこっちゃ。早くも0-1じゃないか。しかし私は慌てなかった。イタリアのチームである。彼ら自身、こんな展開は苦手なはずだ。ここからあと2点も3点も取りにはこない。シャルケのチャンスはいくらでもある、と直感した。

 その感覚の正しさは2分後に証明された。リンコンの巧みな技から上がったセンタリングが相手DFの足に触れてコースが変わる。待ち構えていたラーセンがヘッド。態勢を崩していたGKジッダの反対側の空間に吸い込まれていった。

 ここから本当のガチンコ勝負が始まった。MFポールセンを軸にシャルケは攻守でミランを圧倒した。左サイドではMFコビアシビリが、右では新人DFラフィーニャがミランのベテランDFを切り裂いていく。この2人、ポテンシャルが高い。まだまだ伸びるはず。これから大化けするかもしれないのでよ〜く観察しておこうっと。

 圧巻はDFボルドンの読みの深さとFWクラーニィの献身的な動きだ。とくにクラーニィ。もともと前線で身体を張ったポストプレーを得意としているが、ステップワークに難があるため、リターンして次の動作に移るまで時間がかかる欠点が指摘されている。

 この日のクラーニィは「待つ」のをやめ、積極的にMFの位置まで下がり、相手ボールをカットしにいった。足をつるまで頑張ったクラーニィは73分で交代したが、無得点の彼は影のMVPである。

 FWの守備はありがたいものだ。カカやピルロのボールを背後から奪いにいくことで、ミランは攻撃がまとまらない。FWジラルディーノにはほとんどボールが回ってこなかった。カカは苛立ち、打開策が見つからないよという表情だった。

 そんな中でも絶対に注意を怠ってはならない選手がいた。シェフチェンコだ。DFがピタリとついていても、またダミーアクションがあってもなくても、いざ縦パスが来るや一瞬で抜け出してしまう。完全密着マークをしていないと、いつかやられるタイプの選手なのだ。ところがシャルケのDFは肝心なところでシェバをフリーにしてしまった。左サイドを駆け上がったDFマルディーニの右足に持ちかえてのセンタリングに、シェバが頭を合わせた。矢のようにゴールに突き刺さり、再びミランがリードを奪う。

屋外のアトラクションや屋台があってこそ、楽しい異次元空間となるのである。ここらへんはアリアンツも見習ってほしい。Arenaの文字の横部分に注目。Veltinsのロゴだけが倒されている。これはライバルの「ハイネケン」がCLスポンサーでああるため、Veltinsが視界に入らないようにしているのだ。Panasonic LUMIX FX-8で撮影(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) あれだけ用心しなければいけない選手をシャルケは肝心な場面でフリーにさせていた。ヘディングの瞬間、シェバに一番近い場所にいたシャルケDFは何と4・5メートルも距離を置いていた。完全なマーキングミスである。

 アウェーでリードを奪った。案の定、ミランは守備固めに入った。人数を集中させ、攻撃に色気を見せなくなる。ラルフ・ラングニック監督はここで最初のカードを切る。68分、動きの悪かった右MFエルンストに代えて、FWアルティントップを投入した。そのアルティントップ(カイザースラウテルンのアルティントップは双子の兄弟)がやってくれた。2分後に放った初シュートは30メートルのロングディスタンス。だがスピード、コースともGKジッダが反応を諦めるほどの威力があった。ボールは綺麗な弾道を描いてゴール左に吸い込まれた。

 こうして2-2の引き分けに終わった試合だが、シャルケのドイツらしくないサッカーを見て、久しぶりにいい気分になった。

 なにしろこれまで見てきたブンデスリーガの試合は「高く、強く、遠く」へ蹴り出す戦術が蔓延していて、面白みに欠けていたのである。テクニックを持たない選手を揃えたチームは、パワー・ファイト・ディスツィプリン(力・闘争心・規律)しか取り得がない。カイザースラウテルン、フランクフルトはその典型。ハンブルクもバルバレスが欠場した試合が正にこれだった。

 なのでハッキリ言う。「HSVなんてブンデスリーガで優勝しちゃダメ!」――。日本人選手がいようが、そんなの関係ない。あんなパワーごり押しのサッカーなんて、欧州の舞台で通じない。選手は十種競技かプロレス界に転進したらいい。

試合後の筆者 Panasonic LUMIX FX-8で撮影(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) バイエルンは選手に大金をかけているので、さすがにそうならないが、全体的に単調なテンポでプレーする時間帯が多いのが気になった。1-0の試合が4つも続いた9月中〜下旬は消化不良の展開で、私が大好きなハラハラドキドキがなく、とにかく理詰めで合理的な戦術が優先された。サニョールの足技、ルシオの切り込み、バラックの懐の深さ、カリミの柔らかさなど、局面で見所は十分にある。でもチーム全体だとひじょうにシステマチックで意外性に欠ける。流れがだいたい読めるのだ。

 中盤から左右のスペースにボールを回し、ウイングのポジションから高いセンタリングを上げて、FWがヘディングでドーンなんていう展開はVSOP(very special one pattern=古い駄洒落だね)だ。楽しくないのである。

 それがシャルケだけは、リンコンがキーになって狭い局面でパスをつなげ、遊びの面白さが伝わってくるのである。クリエイティブとサプライズが加わるということは、まさにサッカーの醍醐味じゃないか。

 テクニックは体力に勝る。テクニックは戦術とマッチングしてこそ相乗効果を生む、というのが私の考え方。シャルケを見て、この考え方が間違っていないのを確信した。そこで今回の結論。

 私、実はシャルケのファンだったのです。

(次回に続く)

「安藤正純の特別コラム vol.20

インテルが何だか嫌いなワケがわかったのだ

安藤正純=文・写真
text & photograph by Masazumi Ando


2005年09月06日

 私は「清潔」という言葉が大好きである。病的な潔癖症ではないが、家では整理整頓を欠かさず、机の周りに書類が散らばっているだけですぐに「さぁ、片付けよう」となる。掃除、洗濯は毎日欠かさない。知人に、「洗濯が嫌だから、海外出張では紙パンツを使う」のがいるが、表側で1日、裏側で1日、合計2日も同じパンツを穿くなんて、私には恐ろしくて出来ないことだ。

 清潔こそ生活の基本――というわけで、綺麗なことは家の中だけに限らず、駅や道路など公共の場所でも同じ。これぞ、快適な毎日を送る上での必須条件なるものだと固く信じている。

 同じ意味で「節約」も好きな言葉である。ケチということではない。ケチは金をもっていても敢えて使わないシミッタレ。でも節約は不要なものを買わない、使わないということだから美徳なのである。

ジュゼッペ・メアッツァ(サンシーロ)の汚れた観客席 Panasonic LUMIX FX-8で撮影(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) 清潔と節約の反対語は、不潔と浪費だ。不潔は「そんなの私の勝手でしょ」と個人の価値観がベースになる。また衛生観念の薄い国民性や荒々しい気候風土も関連していると思う。浪費は「俺はそういう人生は嫌だね」と最初は軽蔑していても、人間誰でも大金を持ってしまうと途端に癖がついてしまうものだ。これは世の東西を問わない人間の悲しい習性である。

 こんなことを考えたのは、ジュゼッペ・メアッツァ(サンシーロ)を訪れたからである。8月24日、チャンピオンズリーグ予備戦のインテル対ドネツクの試合を観戦した。超満員のスタジアムは大歓声に包まれ……となるはずだったが、以前にサポーターが起こした事件の制裁措置で"無観客試合"となった。観客席に座るのは両チームの関係者数十人のみ。記者席も同様だ。

 静寂が支配する巨大なスタジアム。選手の声が遠い記者席まで楽に聞こえる。ブィーンという音が気になった。頭上の電光掲示板のモーター音だった。ふだんだったら絶対に聞こえない音だ。

 去年の11月、今年の4月、そして今回。ミラノを訪れるたびにインテルを観戦している。断っておくが私はインテルのファンではない。ただ偶然にインテルの試合とスケジュールが重なるだけだ。インテルにはベロン、レコバ、カンビアッソ、アドリアーノ、サネッティ、キリ・ゴンザレスなど世界的名選手が集まる。監督はイケメンのマンチーニ。

 イタリア中華思想家だったら、ここでインテルの魅力を解くところだろうが、ハッキリ言って私はどうもインテルが好きになれない。4月のチャンピオンズリーグ(ACミランとのダービーマッチ)でゴール裏観客席に座った私は、2階に陣取るインテル・サポーターからペットボトル、水シャワー、酒ビン、唾(!)の絨毯爆撃を味わった。着ていたコートはズブ濡れ、近くにリポビタンDとそっくりの形をした酒ビンが落下してきてガッシャーンと音がしたときは、冷や汗をかいた。そこで覚えた唯一の単語が「インテル・イディオーティ!」(インテルファンのバカ野郎)である。アイツラ、贔屓チームを4試合も無観客試合にしてしまったのだから、本当にイディオーティなのだ。

 4月の観戦で強く感じていたことにスタジアムの不潔さがある。前々から気になっていたのだが、今回は静かに観察できる特権を生かしてサンシーロを改めて見直すことにした。

 まず全体的に薄汚れている。2階の記者席からグルーっと見渡すと、とにかく薄ボケている。理由はすぐに分った。シートが色褪せしているのだ。赤や青で塗られた旧式のシートは誰もが通路代わりに踏みつけていくものだからペンキが剥がれている。そこにはドロがこびりつき、とてもじゃないが新聞紙を敷かなければ座れない不気味さが漂う。

ジュゼッペ・メアッツァ(サンシーロ)の汚れた観客席 Panasonic LUMIX FX-8で撮影(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) コンクリートの床は、ガムがこびりつき液体が染み込んでいて無数の斑点が確認できる。1平方メートル当たり楽に数十個はあるだろうか。安全柵は一部で錆つき、階段は歪に変形、2階の最前列ではひび割れを発見した。外側のループ状階段は大量のハトの糞がこびりついたまま。周辺広場は凸凹が補修されず、雨が降ったら水溜りが無数に出来る。こちらは経験済みだ。

 サンシーロとは、こんなスタジアムである。「古いんだから、仕方ないじゃないか」と反論されそうだが、ベルリンの五輪スタジアムは1930年代の完成、つまり築70年以上が経過している。それでもサンシーロみたいな汚れは皆無。ピカピカに磨かれ、歪みもひび割れもない。この違いはいったい何なのだ? 管理さえ良ければこうなるということではないか。

 そこで私はサンシーロをこう名づけようと思った。「不潔の殿堂」。または「世界有数の面白いゲームを提供する、とてつもなく汚いスタジアム」。不潔嫌いの私が、どうりでインテルを好きになれないわけだ。

 でも、待てよ……。私は同じスタジアムをホームにしているACミランが大好きじゃないか。お気に入りのピルロ、ガットゥーソ、マルディーニ(私と同じ誕生日だから)、ジッダ、シェフチェンコにはシンパシーを感じている。ACミランのサッカーは見るたびにワクワクする。これでは理屈が合わないぞ。

 なぜインテルだけに嫌いな感情が芽生えるのだろうか。謎解きは簡単だった。インテルが浪費と節約の美徳を知らぬからである。インテルは過去数年間、いったいどれほどの金額を浪費してきただろうか。大金はたいて選手を買い漁ったものの、まったく不満足な結果しか残していない。君たち、チャンピオンズリーグで優勝したことあるの? 97年のUEFAカップ決勝戦はホームでシャルケ04に負けたじゃないか。

 ACミラン、バイエルン・ミュンヘン、アーセナル、バルセロナは堅実な経営、明確な未来設計図、有能なスタッフという共通事項がある。でもインテルはその場その場の対応だけで、行き当たりバッタリの経営が続く。それも何十年も。これはもう体質だな。インテルという組織自体が、古ぼけたスタジアム同様、現代のスタンダードに合致していないからだろう。

 とまぁ、あれこれインテルの悪口を書き連ねてきたけど、なんだか気持ちがすっきりしない。本当に嫌いなワケがもう1つ探せないのだ。

 そんな折、ミュンヘンのサッカー仲間である中川Sさんが面白い話を披露してくれた。この人、日本企業の駐在員でドイツサッカーに相当詳しい。

ひび割れ発見。ジュゼッペ・メアッツァ(サンシーロ)にて Panasonic LUMIX FX-8で撮影(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) 「実は僕もインテルが好きじゃなくてね。あの一件以来なんですよ」と中川さん。「え? 何のことですか?」と私。「ほら、あったでしょう。ボルシアMGが7-0くらいのスコアで勝っている最中、スタンドから物が投げられインテルの選手が負傷したという理由で、無効試合になったのが。70年代で、ギュンター・ネッツァーがやっていた頃の話ですよ。結局、再戦となってボルシアが負けてしまったんですけどね」

 あっ!

 以前にネッツァー本人と会ったとき、彼は「あの試合(チャンピオンズカップ)は自分が経験したなかで最高の試合の1つだった」と語っていた。それほどのクオリティだった試合を、インテルは卑怯な手を使って無効試合にしてしまった。この事件、実際に取材したカメラマンから聞いたが、ピッチに倒れこんだのはインテル選手の"演技"だったそうだ。

 そうなれば、私の怒りの源泉がハッキリする。インテル嫌いの理由は不潔、浪費、そして知らず知らずにDNAと化していた「積年の恨み」だったのだ。中川さん、ありがとう。プロの私が忘れていたことを指摘してくれて。インテル嫌いのルーツを発見した思いである。

 そこで今回の結論。インテルよ、今季もたくさんお金を使ってね、そして無冠でシーズンを終了してちょうだいな。それが君らの宿命さ。私のお気に入りのコートを汚し、賢人ネッツァーを怒らせたツケは高くついてしまったよな。フン!。

(次回に続く)

安藤正純(Masazumi Ando) プロフィール

 鉄人ヘーゲレ記者、レキップ誌編集長、KICKER副編集長、Times紙デスクら、欧州各国のトップジャーナリストと強力なネットワークを持つドイツ通。サッカーのほか、テニスの企画記事も得意。趣味は寄席通い。

Copyright(C) 2004 Masazumi Ando. All Rights Reserved.
本ページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。

特別コラムトップページへ戻る ] [ euronavi.net/de HOMEへ戻る
 

▲Page Top