Click here to visit our sponsor
写真は「バイエルンvsドルトムント」後の記者会見場にて(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止)
スポンサー
Click here to visit our sponsor
 
>> 「安藤正純の特別コラム」バックナンバー(2005年8月)  [ 特別コラムトップページへ戻る

「安藤正純の特別コラム」 目次

vol.25 こんな報道もありなのかぁ?と深く考え込んでしまった! (2005年11月25日)
vol.24 新幹線通勤している選手がいるのだ! (2005年11月06日)
vol.23 さよなら、「ウェストファーレン」スタジアム (2005年10月14日)
vol.22 バイエルンにおける主役と脇役の違い (2005年10月08日)
vol.21 シャルケ04とクラーニィを見直したぞ (2005年10月04日)
vol.20 インテルが何だか嫌いなワケがわかったのだ (2005年09月06日)
vol.19 ドイツ代表7つの疑問 (2005年08月28日)
vol.18 絶望的な気分で見たシュツットガルト (2005年08月16日)
vol.17 ミュンヘンに住むことにしたぞ! (2005年08月03日)
vol.16 監督の本当の評価とは (2005年06月11日)
vol.15 いろいろ比較してみたい気持ちになったぞ (2005年04月23日)
vol.14 スタジアムのプレス席と最前列 (2005年03月31日)
vol.13 一度は行こうぜ、シャルケ04! (2005年03月02日)
vol.12 スタジアムで発見されたフーリガンの落とした物 (2005年02月13日)
vol.11 インタビュー記事、受けての論理と編集者の考えでギャップが (2005年01月23日)
vol.10 編集長と「副」編集長。本当の実力者はどちらだ?(2005年01月12日)
vol.09 引退後の生活は誰にでもドラマがあるのだ(2004年12月21日)
vol.08 代表チームが初来日、さてどんな結果になるか?(2004年12月08日)
vol.07 プレス席で思ったこと(2004年11月23日)
vol.06 10試合を観戦しての短評(2004年11月18日)
vol.05 VfBシュツットガルトを応援したくなるワケ(2004年11月12日)
vol.04 大衆紙と高級紙、「マテウス」評価の裏にある社風を感じる(2004年10月24日)
vol.03 ボルシアMGはなぜ没落したか?(2004年10月07日)
vol.02 幻に終わった稲本潤一のバイエルン入団だが(2004年09月27日)
vol.01 ドイツサッカーは面白くない? 冗談じゃない、真実を見つめよ!(2004年09月23日)
vol.00 著者プロフィール

「安藤正純の特別コラム vol.19

ドイツ代表7つの疑問

安藤正純=文・写真
text & photograph by Masazumi Ando


2005年08月28日

 ミュンヘンからオランダのロッテルダムまでは、ICE(新幹線)に乗って8時間近くかかる。イタリアのミラノより距離的には遠いが、費やす時間は同じだ。だから「な〜んだ、8時間か。楽勝だね」と思った。

 車両はイタリア鉄道の1億倍は清潔だ。イタリアにないリクライニングだって付いている。つまり道中は快適、おまけにカードは因縁のオランダ対ドイツである。これで楽しめないわけがないじゃないか、とルンルン気分で出かけた。

 しかし期待はものの見事に裏切られた。試合展開が最悪だったのだ。ドイツは内容的に完敗、オランダは試合に勝って勝負に負けた。ドイツの守備陣はまるでホラーの世界だった。詳しいフォーメーションはどこかのサイトに掲載されているだろうから省くが、4バックがまったく機能しなかった。とくに酷いのがセンターのベルンスと守備的MFのハマンである。

デ・カイップ。1階席は傾斜が緩くて見づらいが、独特の雰囲気が漂う。でも、狭いねぇ…。窮屈な記者席には閉口。Panasonic LUMIX FX-8で撮影(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) あの走力、速度、対敵動作、ステップワークの鈍さ、戦術眼の低さでは、到底世界の一流選手相手に対等な勝負はできない。ベルンスは以前からファン・ニステルローイの番犬みたいに何度も直接対戦しているが、一瞬の速さでやられると反応できない。もっとも警戒すべき選手、絶対に点を与えたくない相手と意識したのか、ファン・ニステルローイに相当気をつけていたが、左右から旋風のように飛び込んでくる若いアリエン・ロッベンはベルンスの敵ではなかった。間合いを取っても効果がなく、ただロッベンの引き立て役で終わってしまった。責任はシュナイダーにもある。ダッシュ一発のスピード走法で向かってくるロッベンに簡単に抜かれすぎだ。

 チェルシーで持てる能力を存分に発揮できないでいるロッベンは右(前半)と左(後半)でポジションを替え、シュナイダーとエルンストをぶっち切っていく。その速さは、大学生がモーリス・グリーン(陸上100メートル走者)を相手にしているようでまったく勝負にならない。

 プレスが速いオランダの勢いに押され、ドイツはいつもだったらハマンがもっちゃりとキープしてバラックにパスを供給するのだが、そういったシーンが全然作れない。たまにバラックから前線にボールが渡っても、2トップが相手DFのマークから逃れられない。この日のオランダDF陣は代表歴が3回、4回、5回という"初心者レベル"。それがクラーニィにしてもクローゼにしても身体を反転させることもできず、ボールが味方に回らないのだ。

 ロッベンが強烈なミドルシュートを打ってオランダが2点を先制するも、しぶといドイツがバラックのヘディングとアザモアのゴッツァンゴールで同点に追いついた試合展開だが、この試合から改めてドイツ代表が抱える7つの問題点が浮かび上がった。

 1. いつになったら守備陣は安定するのか? ベルンスとメルテザッカーの老若コンビはベルンスの衰えが激しいことで、メルテザッカーに負担がかかる形になる。若くて大人しい性格のペルは、自分から大ベテランに文句が言えない。両サイドは攻撃参加に消極的。守備的MFの解決は急がれる。ハマンはどうやったって無理。誰か候補者いませんか?

 2. 監督はいつ、正GKを決めるのか? カーンとレーマン、ヒルデブラントの3人ローテーション制は今すぐにやめてほしい。カーンかレーマン、早くどちらかに決めるべきだ。カーンは直近のインタビューでこう語っていた。「GKってのはリズムを崩すとダメなんだよ。明日は出て、来週は出ない、その次は出るなんてサイクルじゃ、実戦に強くならない」。2人は同時にトレーニングもしなければ、会話も交わさない。「"アッチのGK"が選ばれたら、俺は即刻、代表から引退するよ」とカーンは予告するが、事情はレーマンとて同じだ。不動のGKがいないチームなんて、どんな大会でも勝てない。それがサッカーの歴史じゃなかったか。

茶色のジャケットを着て飲み物を口にしている背中姿は、トーマス・ヘルマー(96年ユーロ優勝メンバー)じゃないか!テレビの解説者としてここで見ていたのだ。Panasonic LUMIX FX-8で撮影(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) 3. 強豪チームを破る日が来るのか? 対ブラジル、アルゼンチン、オランダ。引き分けが精一杯である。スカッとした勝利を最後に味わったのはいつのことだったか。秋にはフランスとの親善試合が控えている。ここで負ければ、自信はさらに……。

 4. バラックはジダンになれるか? 欧州を代表するトッププレーヤーでありながら、90年のマテウス、98年のジダンのような存在から遠いのではないだろうか。精神的支柱で苦しいゲームから解放してくれる頼りになる選手に、バラックはどの程度到達しているのか。マスコミのバラックへの不満もここに凝縮されている。

 5. FWが点を取れるようになるには? 直前のルールダービーでクラーニィは2点を決めた。そのうちの1点はロングシュート。「自分でも思い出せない」くらい昔にやったそうだが、それだけ好調だったのだ。それがわずか4日後にFWの役目を果たせなくなるとは。ちなみに絶不調だったクローゼだが国内マスコミの評判は「現時点で、FW最高の人材」だそうである。ホンマかいな? 冗談じゃないの?

 6. 若手は伸びるか? ケガで休場中のフィリップ・ラームを除き、主だった若手選手はこれまで全員が投入済み。オボモエラなんてノーマークの選手さえ発掘したクリンスマン監督だが、目下"隠し玉"はゼロ。持ち駒はすべて使った。「コイツは本大会で活躍してくれそうだ」と思う選手に誰がいる? シュバインシュタイガーだけじゃないか。ポドルスキーはブンデスリーガだから通用しているんじゃないのか。

 7. 本当に地元W杯で優勝できるのか? この判断は読者がしてください。私はとても書けませんから(悲)。

 とまぁ、ドイツ蔑視派が読んだら泣いて喜ぶ原稿になってしまった。ロッテルダムで落ち込んだ私を、誰か慰めてちょうだいな(^_^)。

(次回に続く)

「安藤正純の特別コラム vol.18

絶望的な気分で見たシュツットガルト

安藤正純=文・写真
text & photograph by Masazumi Ando


2005年08月16日

 8月2日からミュンヘンに住んでいる。イザール川のほとり、ドイツ博物館近くに建つ平均的なアパートを借りての生活だ。トラムの停留所までたったの10数歩、中央駅やマリーエン広場も少し頑張れば徒歩圏内という好立地。おかげで日本では出不精だったのが、ここでは毎日あちこちに出向いている。気温は20度前後、湿度は低い。ちょうど夏の北軽井沢か草津と同じ肌感覚。とても身体にいい。

サインを求めるファンにもしっかりサービス、ルーカス・ポドルスキ選手。Panasonic LUMIX FX-8で撮影(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) 到着した週末に、バイエルン対ボルシアMGの開幕戦、ケルン対マインツ、フランクフルト対レバークーゼンを金〜日で観戦。そして翌週はTSV1860ミュンヘン対ハンザ・ロストック、ニュルンベルク対ハノーバー96、VfBシュツットガルト対ケルンを、これまた金〜日の3連荘で味わった。

 まだ6試合しか見ていないが、もっとも印象に残ったのはシュツットガルトの凋落ぶりだった。私はここ数年、シュツットガルトとミラノには必ず立ち寄って試合を見ている。だからチームの推移も分っているつもりだ。

 数年前、ガリガリに痩せた選手たち(ヒンケル、ヒルデブラント、ティファート、クラーニィ)が瑞々しいプレーを見せていたのは、未だに強烈なイメージとして残っている。ここ4〜5年、VfBはずっと上昇基調で進んできた。マガート監督は辛抱強く若手を育て上げ、チームは年々強くなっていった。リーグ優勝まであと一歩のところに迫り、チャンピオンズリーグではあのマンUを完璧に粉砕するまで成長した。

 だが思えば、2年前が絶頂期だったのだ。昨季は守備偏重のザマー監督がマガートの遺産をすっかり食い潰し、チームをリセットしてしまった。選手は息苦しさを感じていた。そして今季開幕前、VfBはクラーニィをシャルケに売り、ラームをバイエルンに戻し、フレブをプレミアリーグに移籍させた。

 ザマーの解任は朗報だったが、その後任がいけない。ザマーを上回る守備至上主義の老人を据えたのだから…。よりによって、トラパットーニではないか。

 ケルン戦はトラップの性格がよく出ていた。4バックはよほどのことではない限り、攻撃に参加しない。4枚だけでもトラップは不安なのだろう。マガート時代に突撃隊長だったマイスナーを中盤の底に下げて固定し、さらにティファートにも守りを優先させた。こういうわけだから、システムは4-1-3-2、もしくは5-3-2となる。強い相手だったらFWはさらに1枚減らされるだろう。

1.FCケルンvsFSVマインツ05の試合後記者会見。手前はケルンのラポルダー監督、奥はマインツのクロップ監督。Panasonic LUMIX FX-8で撮影(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) 守備がしっかりしたからチーム状況が改善されたかって? いや、そうじゃない。反対だ。これほど守備を意識させられているチームが、これほど酷い守備をするとは理解の範囲を超えている。VfBの4バックは絶望的なまでのザルDFである。数的優位をまったく生かせないということは、守備の戦術が出来ていないのだ。

 4人もフラットに揃えながら、相手のワンツー1本でいとも簡単に陣形を切り崩されるパターンが多すぎる。ケルン戦の2失点は、左右に大きく空いたスペースにボールを放り込まれ、DFが追いつけない間に中央へボールを返され、それがファインゴールにつながった。いずれもポドルスキーがお膳立てしたものだ。

 4バックは右からヒンケル、バッベル、メイラ、マグナン。若いヒンケルは「昔の名前で出ています」のような低迷ぶり。バッベルは使い古されたガラクタ、マグナンのボールさばきは危なくて見ていられない。これでセンターにメイラがいなかったら、あっという間に失点の山を築くことになる。

 MFはゲームを作れず、前線に切り込めない。パスの精度の低さは、2年前の絶頂期を知る人間が見たら「嘘だろ?」と思うほどだ。1対1の局面の弱さは筆舌に尽くしがたく、少ない人数で攻めるからスペースがあちこちに空く。

 入団したばかりのトマソンに多くを期待するのは酷かもしれないが、トップ下でボールを捌けず、キープもできなければ攻撃につながらないではないか。シュトレラーとグレンケアはFWとしての賢さと恐さに欠けている。

 こうして、どこもかしこも欠点だらけ。闘う男マイスナーは後方で歯軋りしているぞ。ヒルデブラントがチームに愛想を尽かすカウントダウンが始まったぞ。トマソンは移籍を後悔し始めたぞ――。そう、連想してしまいそうだ。

 ハッキリ言おう。このチームに明るい材料はない。チームは落ちるところまで落ちて再出発するしかない。トラップ監督を起用したのは失敗だった。彼の時代はとっくに終わっている。

シュツットガルト戦ではマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたルーカス・ポドルスキ選手。Panasonic LUMIX FX-8で撮影(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) 記者会見でトラップは、「皆さん、私に言いたいことがあるんでしょ? ダメな監督だねとか…」と自嘲してみせたが、自分の口から言えるのだったら一刻も早く退任してもらいたいものだ。

 貧弱で、戦略がなく、出口が見えない退屈サッカー…。怒りを通り越して、呆れるしかないとはこのことである。輝いた時代を知っているだけに、余計にVfBが哀れなのである。

 ケルンについても書いてみる。開幕戦は終了間際にラッキーなPKをもらって辛勝した。ポドルスキーの一瞬の速さはまだ本領発揮というレベルではなかった。マインツとの試合はテンポとガッツが優先し、中盤でテクニックを潰し合う展開となった。

「あ〜ぁ、つまらない」が正直な感想だった。しかし翌週のVfB戦はケルンの、というかラポルダー監督の戦術に舌を巻いた。

 ダイレクトプレーとショートパスを繰り広げ、前に前にの特攻型ではなく、中盤まで意識的にパスを回して相手の陣形のスキを狙う戦法を取ったのだ。1点目はセンターサークル付近でボールを持ったポドルスキーが素早い判断で左サイドの前線深くにパスを送り、シュプリンガーのグラウンダーのクロスからフォイルナーが飛び込んでゴール。2点目もオフサイドラインを破ったポドルスキーが左から切り込み、鋭いクロスを送りシュトライトがゴール。VfBの浅くてフラットなDFの裏をかいた。

1.FCケルンで采配を振るうウヴェ・ラポルダー監督。Panasonic LUMIX FX-8で撮影(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) ポドルスキーは「代表レベルのトップコンディション」と高く評価された。ノーゴールに終わったものの、この日のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。

 ケルンは豊富な運動量と適正なポジショニングで、イーブンのボールをことごとく奪っていった。スタンドからはその度にVfBの不甲斐なさに対する溜息が漏れた。

 ラポルダー監督はテレビで見るよりずっと大きな体格の持ち主である。記者会見を終わって近づいてみたが、後ろ姿はまるでプロレスラーだった。体格だけではなく、この監督には人物の大きさが感じられる。つまりラポルダーには程度の差こそあれ、一種のオーラが漂っているのだ。弱小のビーレフェルトを1部に残留させた手腕を買われてケルンに移ったが、恐らく彼ならばチームにケガ人が続出しない限り、2部転落を味わわせることはないだろう。ケルンはいい監督といい選手に恵まれたものだ。

(次回に続く)

安藤正純(Masazumi Ando) プロフィール

 鉄人ヘーゲレ記者、レキップ誌編集長、KICKER副編集長、Times紙デスクら、欧州各国のトップジャーナリストと強力なネットワークを持つドイツ通。サッカーのほか、テニスの企画記事も得意。趣味は寄席通い。

Copyright(C) 2004 Masazumi Ando. All Rights Reserved.
本ページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。

特別コラムトップページへ戻る ] [ euronavi.net/de HOMEへ戻る
 

▲Page Top