Click here to visit our sponsor
写真は「バイエルンvsドルトムント」後の記者会見場にて(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止)
スポンサー
Click here to visit our sponsor
 
>> 「安藤正純の特別コラム」バックナンバー(2005年3、4月)  [ 特別コラムトップページへ戻る

「安藤正純の特別コラム」 目次

vol.25 こんな報道もありなのかぁ?と深く考え込んでしまった! (2005年11月25日)
vol.24 新幹線通勤している選手がいるのだ! (2005年11月06日)
vol.23 さよなら、「ウェストファーレン」スタジアム (2005年10月14日)
vol.22 バイエルンにおける主役と脇役の違い (2005年10月08日)
vol.21 シャルケ04とクラーニィを見直したぞ (2005年10月04日)
vol.20 インテルが何だか嫌いなワケがわかったのだ (2005年09月06日)
vol.19 ドイツ代表7つの疑問 (2005年08月28日)
vol.18 絶望的な気分で見たシュツットガルト (2005年08月16日)
vol.17 ミュンヘンに住むことにしたぞ! (2005年08月03日)
vol.16 監督の本当の評価とは (2005年06月11日)
vol.15 いろいろ比較してみたい気持ちになったぞ (2005年04月23日)
vol.14 スタジアムのプレス席と最前列 (2005年03月31日)
vol.13 一度は行こうぜ、シャルケ04! (2005年03月02日)
vol.12 スタジアムで発見されたフーリガンの落とした物 (2005年02月13日)
vol.11 インタビュー記事、受けての論理と編集者の考えでギャップが (2005年01月23日)
vol.10 編集長と「副」編集長。本当の実力者はどちらだ?(2005年01月12日)
vol.09 引退後の生活は誰にでもドラマがあるのだ(2004年12月21日)
vol.08 代表チームが初来日、さてどんな結果になるか?(2004年12月08日)
vol.07 プレス席で思ったこと(2004年11月23日)
vol.06 10試合を観戦しての短評(2004年11月18日)
vol.05 VfBシュツットガルトを応援したくなるワケ(2004年11月12日)
vol.04 大衆紙と高級紙、「マテウス」評価の裏にある社風を感じる(2004年10月24日)
vol.03 ボルシアMGはなぜ没落したか?(2004年10月07日)
vol.02 幻に終わった稲本潤一のバイエルン入団だが(2004年09月27日)
vol.01 ドイツサッカーは面白くない? 冗談じゃない、真実を見つめよ!(2004年09月23日)
vol.00 著者プロフィール

「安藤正純の特別コラム vol.15

いろいろ比較してみたい気持ちになったぞ

安藤正純=文・写真
text & photograph by Masazumi Ando


2005年04月23日

 4月1日から13日まで約2週間の日程でロンドン、ミラノ、マドリードを廻ってきた。サッカー関係の仕事をしているため、「毎日がホテルとサッカー場の往復」で、「昼間は練習場見学」、余った時間は「サッカーショップでお買い物」と想像されそうだが、少なくとも私はこんなオタッキーな生活パターンは苦手である。もっと心豊かになれる機会を探したほうが、高い旅費を使う価値があるというものだ。

チャールトンvsマンチェスター・シティの一戦が行われたザ・バレー(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) そういうことで、ロンドンは主だった市内の観光名所を、ミラノはベネツィアとピサに遠出、マドリードは近郊のセゴビアとトレドを味わった。どの街も日帰り圏内だ。ミラノではヘーゲレ記者との待ち合わせのため、国境を鉄道で越えてスイスのシャフハウゼンなる田舎町まで足を運んだ。ここはライン河の「滝」で有名なところ。幅数十メートルの瀑布は素晴らしい景色だった。町が200年間、一度も戦争の被害に合っていないことを彼との話から知った。

 これまで何十回と欧州に行ってるが、ドイツ抜きは初めてである。なぜって、この時期、ドイツには面白いカードがなく、反対にミラノでもマドリードでもダービーマッチがあったからですよ。

 いつもなら取材申請して出向くところだが、今回は観客として入場券を購入して観戦した。理由はヒ・ミ・ツ。ムフフでしたぜ♪

 ロンドン到着翌日、ローマ法王が死去された。このため予定していた試合がキャンセルとなり、私が見た試合はチャールトン対マンチェスター・シティ、AC対インテル(チャンピオンズリーグ)、レアル・マドリード対バルセロナの3試合のみとなった。2週間で3試合は新記録だ。普段だったら楽に10試合は見ている。

 私はここ3年間、連続してミラノに行ってる。ACミランとインテルの試合が見たいのだ。シュツッツガルトから直通の電車で出ているからこれを利用して、土曜日にVfBを、翌日はミラノでというパターンとなる。

 だがミラノという街は正直、好きではない。むしろこの街には愛想を尽かすほどである。地下鉄は車両も駅もすべてが「暗い、汚い、黒い」の3K。トラムは多少マシだが、ドイツとスイスに慣れた目から見れば似たり寄ったり。ムッソリーニが建てさせたという、それはそれは立派なチェントラーレ(中央駅)周辺は不法残留外国人の展覧会みたいで、「恐い」が加わって、見事な4K揃い踏みだ。

チャンピオンズリーグ準々決勝で実現したミラノダービー第1戦の会場にて。(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) 店で買い物をすれば釣銭を平気でごまかす。学校があるはずなのに、昼間から中高生みたいなガキどもがチャンピオンズリーグの切符(もちろん偽物)を売りつけにくる。パソコン印刷したんだろうが、バーコードに白い横線が入っているところなんざ、まだまだ技術が甘いね。おまけに紙がペラペラじゃないの。バカめ。この国には正直という概念がないのか、と腹立たしい。

 そんなイタリア的生活に"勝利"した後、マドリードへ飛んだ。片道9000円なりの航空券なのだが、飛行機会社は以前に一度倒産したことがあるというではないか。なのでちょっとビビった。案の定、パイロットの腕は良くない。機体がよく揺れた。着地もヘタクソ。僅か1時間40分のフライトだったが、無事に着陸した際には乗客から一斉に拍手が沸いた。みんな考えていることは私と同じだったんだね。

 ちなみに帰路はBA(英国航空)が例のごとく遅延となり、JALに振り替えとなった。問題山積の会社だけど、やっぱり腐ってもJALだ。乗り心地、座席の広さ、離着陸の技術、どれをとっても「一度倒産」とはレベルが違う。以前に往路24時間遅れ、復路12時間遅れを味わった私は、「こんなクソ会社、一生涯乗るまい」と誓ったのだが、大事な教訓を忘れ再びBAに搭乗してしまったのは悔恨の極みである。この会社が時刻表通りに飛ぶ確率は私の体験だと5分の2。つまり40%。学校の試験で40点取ったら赤点・落第じゃないの。

 さてサッカーである。ブンデスリーガのコラムなのに、何で安藤はライバル国の事情なんぞ紹介するんだ!と言われそうだが、まぁまぁ、この先を読んでおくんなさいまし。

 数日単位で数カ国を見て回ると、どうしても人間、いろいろと比較したくなってくる。これは人情だ。そこでここからは『ドイツ、イタリア、スペイン各国事情比較』を始める。ただし、なにぶん相当に私の主観が込められているので、もしもあなたがイタリア中華思想の持ち主だったり、スペイン偏愛主義者だったりしたら、「フン、そんなことないぜ!」と軽く受け流してほしい。こちとら、別にどの国のサッカーも見下してなんかいませんから。これはドイツファン共通の意識だろう。

「エル・クラシコ」、レアル・マドリードvsFCバルセロナの試合前に。(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) わかりやすいように、それぞれの項目を数値化した。満点は100。平均点は60前後と思ってほしい。明確な分類法や学術的調査による厳密な判断基準などは一切ない。それでも先入観たっぷりに解説して視聴者の顰蹙を買うスポーツ番組よりはずっとマシだと思いますけどね。

 対象となる試合は各国とも1試合だけ。ドイツはテレビで見たシャルケ対ニュルンベルクである。では始めましょう。

<試合レベル>スペイン100、イタリア90、ドイツ60
 対象の試合が悪すぎる。エル・クラシコとミラノダービーじゃ、どうやったってドイツの負けだ。

<スタジアム>スペイン90、イタリア30、ドイツ100
 ここは「インテル・イディオーティ!」と声を大にして叫びたい。アホ馬鹿インテリスタは2階席から水、ペットボトル、薬の小瓶を、私が座るゴール裏1階席に次々と投げ込んできた。サンシーロは国の重要文化財に指定されているが、文化もマナーも知らぬ馬鹿どもには関係ない話。旧式の椅子と通路は汚れ放題。席は新聞紙を敷いて座るしかない。彼らの辞書に清潔感とか秩序という文字はない…。

<セキュリティ>スペイン70、イタリア10、ドイツ90
 なんでこんなビッグゲームなのに、手荷物検査をしないの? だから発炎筒まで投げてくるんじゃないか。ボディーチェックがないんだから刃物だって持ち込めるぜ。没収試合になるのも当然だ。警備の責任者、出て来い! どうするんだよ、治安は! 警察官が常駐してなかったら点数ゼロだったぞ。それでいいのか、イタリア!

<アクセス>スペイン100、イタリア50、ドイツ80
 地下鉄の名前がサンチャゴ・ベルナベウだから道に迷うわけがない。出口を出たら真ん前に聳え立つ。そこはサンシーロも同じ。こちらはトラムだが目の前なのだ。だが行きはよいよい、帰りは恐い。往路は順調に客を吐き出してくれる。でも復路は東京より酷い渋滞の恐怖が待ち構える。なので100プラス0で平均が50となる。ドイツは駅からやや遠いのが難点だが、マイカー族には100点であろう。

(次回に続く)

「安藤正純の特別コラム vol.14

スタジアムのプレス席と最前列

安藤正純=文・写真
text & photograph by Masazumi Ando


2005年03月31日

 
仕事柄、スタジアムでの私の座席はつねにプレス席である。たいていは2階正面スタンドの真ん中へん、つまり最も見晴らしが良いポジションに座る。ここはピッチ全体が見渡せるし、机があって広さも十分。電気のコンセントとパソコン用のモジュラージャックが完備しており不便はない。誠にありがたい。

スタジアムの記者席。ドルトムントのヴェストファーレン・シュタディオにて。(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) プレス席の作り方は、スタジアムによってかなり違いがある。例えばドルトムント、シャルケ、シュツッツガルトなどは、プレス席と一般席が厳密に仕切られ、お互いのテリトリーに入れない構造となっている。反対にバイエルン、カイザースラウテルン、マインツは記者席が柵で仕切られているわけじゃなく、横の通路は観客と共有だ。だから一般席に座る観客が、記者のパソコンを覗いたり、ノーチェックでプレス席に"侵入"することも可能なのである。

 私がドイツでいちばん好きな『アレーナ・アウフ・シャルケ』は、2階席の一角がプレス席となっている。運がよければ最前列で観戦できる。ここからの見晴らしは実に素晴らしい。

 しかし運が悪ければ最後列になる。ここからの眺めはお薦めできない。ピッチ全体は見渡せるのだが、天井近くを縦横に走る太いパイプがあって、どうにも視界を邪魔するのだ。ピッチは見える。だがパイプも見える。要するにちょうど眉毛のあたりにパイプがくっついた感じがして鬱陶しいのである。

 そうなると、「上からよりも、下で見たほうがいい」となるだろう。実際、私はプレミアリーグで前から数えて3番目というポジションで観戦したことがあるが、あれはホント迫力があった。選手の息遣いが直に伝わり、手を伸ばせば選手の足を触れそう。「あぁ、これがイングランドのサッカーなんだなぁ」と感激したものだ。

 最近のドイツのスタジアムは、プレミアリーグの"超接近モード"と違う意味で、臨場感を味わえるように設計されている。シャルケ、ハンブルク、そして恐らくミュンヘンの新スタジアムもそうだろうが、最前列の高さはピッチと同じじゃなくて、数メートル高いのだ。東京ドームの外野席の高さ程度と言えば想像できるだろうか。

アーセナルのホーム、ハイバリー。ゴール裏はたぶんVIPやスポンサー向け。(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) これが臨場感だって? といぶかる読者がいるはず。当然だ。なんでピッチより数メートルも高い場所で臨場感が味わえるのか、と。しかしプレミアのスタジアムで体験すれば分かることだが、最前列というのは意外と観戦に不向きなポジションである。ミュンヘン五輪競技場が「満員札止め」でも必ず前の3〜4列が空いているのは、「観戦に不向き」という理由で、入場券が売られてないからだ。

 一方で、最前列の高さが高くなるほど、大きな看板が作れるメリットが生じる。こちらはスポンサーが喜ぶセールスポイントである。

 ピッチというのはセンターサークルを最高点にして、"かまぼこ"状に作られている。真っ平らに見えるが、実際は「どら焼き」を寝かせたような形状だ。というわけでセンターとサイドサインでは数十センチの高低差があり、これは水はけを考えての設計である。

 イングランドには意識的に最前列を工夫しているスタジアムがあるのをご存知だろうか。今度、テレビでマンチェスター・ユナイテッドを見る機会があったら、ピッチの端っこがどういう形に作られているかじっくりと観察してほしい。

 あそこはサイドラインの数十センチ後ろから、ザックリと土が削られている。逆に表現すれば、サイドライン付近を境に白線内のピッチだけが盛り上がっているのだ。

 なぜ、わざわざこんな形状にしたのか? それはテレビ映りを良くするためである。2階席からピッチを撮影すると、ちょうど広告看板の下部分が丸見えとなり、地面との隙間や汚れが見えてしまう。そこで一段ピッチを盛り上げると、ちょうど上手い具合にサイドラインの白線と広告看板が、まるで一体化したようになり、綺麗な映像になるのだ。マンチェはこんな細かい部分にまで神経を使ってテレビ映像を利用している。これは見事だ。

 防災上の規則からかもしれないが、例え満員になっても「スカスカ」の印象しか与えず、通路ばかりが目に付く日本のスタジアム管理者(設計者)とは発想の原点が違う。広島、大阪、宮城、日産、鹿島……。なぜ日本のスタジアムはあんなに通路が多いのか?

 火事が恐い、パニックが恐い、他人との接触が恐い、クレームが恐いの、とにかく「何でも恐い怖い病」は日本の健全な社会作りを蝕んでいる『事なかれ主義』の象徴だと思う。

 細切れの観客席はテレビ映りが悪いし、なにより必要ない通路のおかげでキャパシティだって削られているのだよ。雰囲気盛り上げるために、ちょっとは欧州のスタジアムの構造を見習いなさい!

 昨年末の日独戦。私は正面スタンド1階中央という最高の席(つまりVIP席です)で観戦する機会を得た。悪名高い日産スタジアム(旧・横浜国際)だが、どうして悪名となったかは、@観客席の傾斜角度が緩すぎるA屋根の幅が不足し、雨の場合、前から数十列がびしょ濡れになる、ということだった。このうちAは01年コンフェデレーションズカップの教訓が生かされ改善されたが、@は相変わらずだ。

アーセナルのホーム、ハイバリー。2階席があるため1階席からの眺めは悪い。(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) 私の席は前から13番目くらいだったが、この当たりが高さからしてシャルケ、ハンブルク、新ミュンヘンの最前列になるはずである。つまりドイツのスタジアムは、あくまでも見やすさ最優先であり、選手のハーハー、ゼーゼーの喘ぎ声が聞こえなくてもいいわけなのだ。合理的だ。

 ところで、「ライン・エネルギー」と命名されたケルンのスタジアムに私は昔、何度も足を運んだ。当時は地名をとって「ミュンガースドルファー」と呼ばれていた。ある日の試合、ゴール裏最前列で観戦してみようと思い立った。ここは熱狂的な1FCケルンのサポーターが固まっている場所だ。すべて立ち見だった。

 やっぱり、というか、彼らは見やすいところから席を埋めていった。最前列で応援しようとするファンはいなかった。ほとんど地面と同じ高さだから、試合展開が見えないのだ。

 そこで、ある地点をスタートラインにして、後ろへ後ろへと人の塊が発生していった。私は「最前列は誰もいないはず」と想像して前に進んだが……。いましたよ、いましたよ、ファンが。しかし人数はわずかに数人だけ。でも何だか様子がおかしい。熱心に試合を見ている感じがしないのだ。

 どうしたのかなと覗いてみると、立小便をしているヤツがいるじゃないか。「ウヘヘヘ。客で一杯だからさ、人ごみを掻き分けてトイレになんか行けねえんだよな。デヘヘ」と若者は恥じなかった。たらふくビール飲んで応援するからこうなるのだよ。

 隣には若い男女が仲良く立っていた。だがこちらも試合そっちのけの様子。好奇心にかられ、感ずかれないようにソッと覗いた。女が前に立ち、背後でピッタリと身体をくっつける男。その男の両手は、女のジーンズの内部に侵入したまま、モゾモゾと動いていた。女はウットリしたまま。あとは読者のご想像にお任せする。

 こうして最前列とは"不穏な場所"であるのが判明したが、1つだけ利点がある。ゴールキーパーと距離が近いことだ。同じケルンのスタジアムでのことだが、トニー・シューマッハーと相手FWが何やら笑みを浮かべて話し合うのを目撃した。「おいおい、これからコーナーキックだというのに、トニーよ、そんな余裕あるのかい?」とつぶやいたけど、翌日の新聞を読んで私はぶっ飛んだ。

 シューマッハーは相手FWと賭けをしたのだ。「俺がゴールを守りきったら20マルクよこせ」だって。で、賭けの相手はバイエルン・ミュンヘンFWで、現在、ヘルタBSCベルリンのGMディーター・ヘーネスだった。

 スタジアムの最前列と最後尾。こんなこともあるのだ。

(次回に続く)

安藤正純(Masazumi Ando) プロフィール

 鉄人ヘーゲレ記者、レキップ誌編集長、KICKER副編集長、Times紙デスクら、欧州各国のトップジャーナリストと強力なネットワークを持つドイツ通。サッカーのほか、テニスの企画記事も得意。趣味は寄席通い。

Copyright(C) 2004 Masazumi Ando. All Rights Reserved.
本ページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。

特別コラムトップページへ戻る ] [ euronavi.net/de HOMEへ戻る
 

▲Page Top