Click here to visit our sponsor
写真は「バイエルンvsドルトムント」後の記者会見場にて(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止)
スポンサー
Click here to visit our sponsor
 
>> 「安藤正純の特別コラム」バックナンバー(2005年2月)  [ 特別コラムトップページへ戻る

「安藤正純の特別コラム」 目次

vol.25 こんな報道もありなのかぁ?と深く考え込んでしまった! (2005年11月25日)
vol.24 新幹線通勤している選手がいるのだ! (2005年11月06日)
vol.23 さよなら、「ウェストファーレン」スタジアム (2005年10月14日)
vol.22 バイエルンにおける主役と脇役の違い (2005年10月08日)
vol.21 シャルケ04とクラーニィを見直したぞ (2005年10月04日)
vol.20 インテルが何だか嫌いなワケがわかったのだ (2005年09月06日)
vol.19 ドイツ代表7つの疑問 (2005年08月28日)
vol.18 絶望的な気分で見たシュツットガルト (2005年08月16日)
vol.17 ミュンヘンに住むことにしたぞ! (2005年08月03日)
vol.16 監督の本当の評価とは (2005年06月11日)
vol.15 いろいろ比較してみたい気持ちになったぞ (2005年04月23日)
vol.14 スタジアムのプレス席と最前列 (2005年03月31日)
vol.13 一度は行こうぜ、シャルケ04! (2005年03月02日)
vol.12 スタジアムで発見されたフーリガンの落とした物 (2005年02月13日)
vol.11 インタビュー記事、受けての論理と編集者の考えでギャップが (2005年01月23日)
vol.10 編集長と「副」編集長。本当の実力者はどちらだ?(2005年01月12日)
vol.09 引退後の生活は誰にでもドラマがあるのだ(2004年12月21日)
vol.08 代表チームが初来日、さてどんな結果になるか?(2004年12月08日)
vol.07 プレス席で思ったこと(2004年11月23日)
vol.06 10試合を観戦しての短評(2004年11月18日)
vol.05 VfBシュツットガルトを応援したくなるワケ(2004年11月12日)
vol.04 大衆紙と高級紙、「マテウス」評価の裏にある社風を感じる(2004年10月24日)
vol.03 ボルシアMGはなぜ没落したか?(2004年10月07日)
vol.02 幻に終わった稲本潤一のバイエルン入団だが(2004年09月27日)
vol.01 ドイツサッカーは面白くない? 冗談じゃない、真実を見つめよ!(2004年09月23日)
vol.00 著者プロフィール

「安藤正純の特別コラム vol.13

一度は行こうぜ、シャルケ04!

安藤正純=文・写真
text & photograph by Masazumi Ando


メインの入場ゲート。キックボードやクイズコーナーなど、訪問客を飽きさせない工夫が随所に見られる。お祭りのようだ。(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止)2005年03月02日

 バイエルンと激しいデッドヒートを繰り広げているシャルケ04は、日本で無名、ドイツで超有名なチーム。しかし日本にいると、シャルケの情報はほとんど入ってこない。「PSV」(ペーエスフェー)の発音は知っていても、「ヌルフィア」を「ゼロヨン」と呼んでいるところなんざ、情報量の差がきっちりと出ていることの証しだ。

 これほど熱いチームを知らないのは残念であり、不幸である。なにが熱いかって、サポーターである。小さな町、しかもほとんどが昔からの住民で職住接近の環境にあるから、チームへの愛着は"異次元ワールド"。ちょっとやそっとで、彼らの世界には入り込めない。

シャルケとマインツのファンがクラブハウス前で呉越同舟。過激で有名なシャルケサポだが、カーニバルの町からやってきたファンにはリアクションを起こさない。でもこれがドルトムントかバイエルンだったら…。(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) シャルケの熱狂度をわかりやすく例えると、浦和レッズと阪神タイガースのファンが諏訪の『御柱祭り』に全員集合し、その騒ぎの中に初日の出の暴走族が参加するようなものだ。それが毎週あるのだ。

 大きな大会にでも優勝すればバンザイ三唱を繰り返し、"ちょうちん行列"が始まることだろう。実際、97年にインテルを敵地で破ってUEFAカップに優勝した際は、町全体が「地響きに襲われ、有史以来の騒ぎになった」と報道された。そういうシーンこそ、日本のサッカーマスコミが伝えて欲しいところなのだが、ドイツがテーマだと興味が沸かないらしい。

 私はパルクスタジアムで観戦したことがあるが、屋根が付いていない構造なのに観客の大声援が響き渡り、まるで周囲の空気が振動しているような体験だった。人間の声だけで、スタジアム全体がすっぽりと包まれたのだ。後にも先にも、あれほど人の声が恐ろしく感じたのは、ここだけである。

アレーナの遠景。(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) ブンデスリーガはどこでも立派なスタジアムと整備が行き届いた練習場を持っている。その中でもシャルケはピカイチである。あの『アレーナ・アウフ・シャルケ』(日本語に訳すと『シャルケに行こうぜスタジアム』となる)は欧州随一の最新設備を誇る。

 周囲には人工芝1面を含めコートが4面。クラブハウスの2階に上がれば、ビールを飲みながら敷地全てが見渡せる。74年W杯用に作られた『パルクスタジアム』は、ちょうど新スタジアムとクラブハウスとを三角形で結ぶ位置にある。オタク族だったら、シャルケの聖地に立つだけで「世の中、360度すべてがサッカーなんだよね」と、泣いて喜ぶはずだ。

 羨ましいのは、これだけの施設が広大な自然に囲まれていること。まるで「北の国から」の富良野状態。誰がここを歩いても絵になる、そんな雰囲気である。

クラブハウスの遠景。(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) チームは華麗な足技とか超スター選手と無縁。ひたすら勝つことだけを目指す典型的な北ドイツスタイル。だが今季はラングニック監督の見事な戦術が開花し、攻撃的で見ていて実に楽しいプレーを披露してくれている。

 で、ここから先はシャルケのエピソードをちょこっとだけ紹介する。全部紹介したら、いくら行数があっても足りないからである。

 パルクスタジアムの前は、『グリュック・アウフ』スタジアムだった。グリュック・アウフを訳せば「お達者で」となる。妙なネーミングだと思うだろうが、ワケがある。

 ここは昔からの炭鉱町。山の男たちは毎日、地下深い仕事場へと下りていく。当然、死の危険性と隣り合わせの労働だ。そこで彼らはお互いの無事を祈って、「グリュック・アウフ」と挨拶する。これが名前の由来なのだ。

世界でいちばん清潔、便利、近代的なスタジアム(個人的見解)。(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) 観客も当然そのことを意識していた。なにしろ自分の父、夫、兄弟がいま、足元のはるか下で厳しい仕事をしているのだから。そこで試合ではハーフタイムに照明灯の明かりが落とされた。場内アナウンサーはこう告げた。「いま、私たちの仲間は地下の暗い場所で石炭を掘っています。彼らの労苦を忘れないために、我々もひと時の暗闇を味わいましょう」

 う〜〜ん、いい話だなぁ。

 シャルケの選手は大元を辿ると、炭鉱夫に行き着く。チーム全員が同じ職場だったのだ。その流れがあるから70年代初め頃まで、炭鉱現場のヘルメットを被った労働者のスタジアム入場料は無料だった。いわば、ヘルメットが入場券代わりだったのだ。

 クラブの帳簿が改竄されて税務調査が入ったときには、経理の責任者が「迷惑をかけたくない」との遺言を残して入水自殺をした。「シャルケ我が命」を行動に移した格好だ。

小型のワゴン車=プレスカードの受け取り場所。アレーナから徒歩20分の駐車場に停めてあったワゴン車で取材証を受け取った。こんなの初めて!(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) なんとまぁ、凄い話である。日本の企業戦士も顔負けだ。

 ところで『アウフ・シャルケ』だが、ドイツに行くのだったら絶対お薦めのスタジアムだ。とくにビールが好きな人だったら必見の価値あり。

 チームのスポンサーはビール会社の『Veltins』。そのためなのかどうかは知らないが、スタジアムの地下には巨大なビール醸造工場がある。そこからスタジアム中にビールのパイプラインが張り巡らされている。その距離、実に4000メートル。

 スタジアム内には至る所にビヤースポットがあって、観戦客は好きなだけ飲める(もちろん有料ですよ)。従来のビヤ樽運搬方式だと、樽が空っぽになるたびに新品のと取り替えなくてはいけない。その手間と時間はけっこうムダである。そこでこうしたパイプラインを敷き詰めて、「いつでも、どこでも、好きなだけ」飲める設備としたわけだ。

 今も昔も地下と縁が切れないところが実にシャルケらしい。

(次回に続く)

※管理人注: 本コラムは2月24日に安藤氏より御寄稿いただきましたが、管理人の諸事情により公開が約1週間遅くなってしまいました。

「安藤正純の特別コラム vol.12

スタジアムで発見されたフーリガンの落とした物

安藤正純=文・写真
text & photograph by Masazumi Ando


2005年02月13日

 
少し前、リトバルスキーがMSVデュイスブルクの監督を務めていたことがある。元代表選手でW杯優勝経験者。知名度と人気は抜群。だから…、と期待されたものの、いざ仕事を始めるやチームはちっとも勝てず、監督と選手の人間関係も悪化するばかり。結局、短期間でクビを切られてしまい、日本に逆戻りするハメとなった。

 リティが監督を務めなければ、デュイスブルクなんて日本じゃ誰も知らなかったことだろう。

日韓W杯準決勝「トルコvsブラジル」戦会場での筆者(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) この町に行ったことがある、あるいはMSVというチームを見たことがあるという日本人がいたら、相当のドイツフリークである。いちおう、インターシティは停車するから「都会」になるのだろうが、乗降客はほとんどいないし、都会的魅力に乏しい。幹線への乗り換えの都合上で特急電車が停まるだけなのかな、と思う。

 ルール工業地帯のど真ん中に位置する。観光や芸術とは無縁の存在。住民はブルーカラーが圧倒的に多い。彼らは工場で働き、週末にサッカーを見て、溜まったウサを晴らす。

 ルール地方は、どうもホワイトカラーが外国人に紹介したくないところらしい。それを実感したのは、「この町を見て、ドイツだと思ってくれるなよ」と、オランダとの国際試合を見た帰り道、同僚のドイツ人記者がメルセデス・ベンツの車中で話しかけてきたことがあったからだ。

 別にこちらは、ゴーストタウンのような町並みや、時代に取り残された運命から、住んでいる人々を差別しようなんていう意識は働かないが、それでも彼らは特別な感情を抱くようであった。

 隣町のゲルゼンキルヘンとデュイスブルクはルール地方を代表する町だ。地域性がよく似ているが、あちらは近代的な巨大スタジアムを持つビッグクラブ。シャルケ04の人気は全国区だ。それに比べてデュイスブルクのサッカーは過去15年間、1部で6シーズンを送った以外、すべて2部暮らしである。

 両方とも「アレーナ」の名称が付く専用スタジアムを持つものの、収容人員はシャルケが6万人、MSVは3万人。すべてにおいてシャルケが1枚も2枚も上。唯一MSVがシャルケに勝っているのは、借金の額が少ないことぐらいだろう。

 選手で自慢できるのは80年代初期に活躍したベルンハルト・ディーツ。代表DFで80年欧州選手権優勝メンバーである。というわけで、デュイスブルクとはこの国のサッカー界で日陰の存在でしかないのである。

MSVデュイスブルクサポーターの頭目に直撃取材(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) そのMSVをかなり昔に取材したことがある。目的はチームや選手ではない。サポーターだった。

 いまでいうフーリガンの親玉みたいなのと知り合い、彼の自宅を訪問した。80年代初期のことだが、当時はフーリガンという言葉がまだ生まれておらず、一般的には英語の「ならず者」を意味する「ロウディーズ」と呼ばれていた。

 取材をするぞ、と友人に告げたら、「危ないからやめておけ」と注意された。しかし、今さら諦めるわけにはいかない。若気の至りで「彼らはサッカーのファンなのだよ。ヤクザでもマフィアでもない。だから(きっと)普通の熱心なファン(で、あって欲しい=冷や汗)だ」と強気に反論した。

 そうしてデュイスブルクの彼の自宅まで出かけていった。親玉クンは双子の弟で、『MSV命』みたいにチームを愛し、応援しているという。部屋の壁という壁は、これでもか、これでもかというようにペナントやら写真やらで埋め尽くされていた。カーステレオでかけるのはもちろん、MSVの応援歌。町を歩けば、親玉に誰もが声をかけてくる。それもかなりゴッツくて恐そうなアンちゃんまでが。

「こりゃぁ、スッゲー相手だ。ちょっと人選を誤ったかな」と安藤は恐れをなした。

 ところが話を進めると、親分は全然恐い人ではなかった。私の取材にすごく協力的で、遠距離恋愛している彼女まで紹介してくれた。住まいは両親と一緒、母親は「普段はやさしい子なのよ」と溺愛していた。

 そんな事情をようやく飲み込んだ安藤は、「な〜〜んだ、やっぱり彼らってロウディーズなんかじゃないよ。やっぱりオレが思っていた通りじゃん♪」と胸を撫で下ろしたのだった。(まぁ、小心者だけに本音は、『どうなることやら、クワバラ、クワバラ』と思っていたけどね)

 親分と、彼の子分どもは、ずいぶん面白い話を披露してくれた。話の大部分はMSVの選手やら自分たちの仲間のことだったが、ライバルチームについてテーマが及ぶと、機関銃のように喋り続けて止まらない。しかも5分に1回くらいの割合で必ず、「シャイセ」「アーシュロッホ」と、仰け反るような言葉が反復される。

 ドイツ語を知らない人のために解説するが、シャイセは英語の「シット」、アーシュロッホは「アスホール」である。とても日本語には訳せませんぜ。

 警察官のことを隠語で「ブッレ」(ブルドック野郎)、相手のイケメン選手を「ホモセクスエレ」(同性愛者)と罵倒するのも教わった。スタジアムで相手チームの気に食わないサポーターを発見したら「○×△!」(究極の卑猥語)と、なじるのも分かった。

 こうなると安藤は、スラング集めの名人と化す。だが、精錬潔癖な安藤はこれ以上、スラングと付き合いたくない。

熱狂的なボルシアMGサポーターが集う、かつてのベーケルベルク。バイエルンに勝った直後ということで大盛り上がりのスタジアム(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) すでにドイツで「フランス式」という言葉の意味を教えてもらい、フランスでは「69」の背番号が何を指すのかも知っているのだ。これ以上、H系の言葉を覚えてどうする? 日本で役に立つとでも思っているのか、ええ?……。昼と夜を間違えるなよ。昼間からアヘアヘしてどうするんだ! それでもお前はジャーナリストか! あれ?

 取り乱してしまい失礼した。Hな話題になると、ついつい興奮してしまう点は元来の性格ゆえ、ひらにご容赦願いたい。

 MSVのサポーターと分かれた私はそれからゲルゼンキルヘンに向かった。アレーナの前、パルクスタジアムの時代だ。

 しかし、『公園スタジアム』とは、何とも平凡で印象に残らないネーミングである。ここは鳩が飛び交い、親子が砂遊びをするスタジアムなのか! とつい、怒りたくなったが、忘れちゃいけませんぜ、ダンナ。ホームチームは誰あろう、シャルケ04なんですからね。

 おっとっと。そいつぁ、うっかり忘れるところだったぜ、ハチ。(なぜかシチュエーションが時代劇になる)

 そうだ、シャルケだ、シャルケなのだ。なにしろ凄いチームなのである。何が凄いかはいつか紹介するが、ここのサポーターの暴れっぷりは天下一との評判だ。

 本で読んだことがあるのだが、あるシーズン、パルクスタジアムでの"危険な落し物"一覧が掲載されていた。ギュウギュウ詰めの立見席で何が行なわれていたかを知る手がかりとなる一級品の資料だ。

 発表された報告によれば、チェーン、ナイフ、缶切り、ワインの栓抜き……と、ここまでは驚く内容じゃない。でも最後の1行で私はひっくり返った。何と「ちぎれた指1本」まであったというのだ。ドウェ〜〜〜!

(次回に続く)

安藤正純(Masazumi Ando) プロフィール

 鉄人ヘーゲレ記者、レキップ誌編集長、KICKER副編集長、Times紙デスクら、欧州各国のトップジャーナリストと強力なネットワークを持つドイツ通。サッカーのほか、テニスの企画記事も得意。趣味は寄席通い。

Copyright(C) 2004 Masazumi Ando. All Rights Reserved.
本ページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。

特別コラムトップページへ戻る ] [ euronavi.net/de HOMEへ戻る
 

▲Page Top