Click here to visit our sponsor
写真は「バイエルンvsドルトムント」後の記者会見場にて(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止)
スポンサー
Click here to visit our sponsor
 
>> 「安藤正純の特別コラム」バックナンバー(2005年1月)  [ 特別コラムトップページへ戻る

「安藤正純の特別コラム」 目次

vol.25 こんな報道もありなのかぁ?と深く考え込んでしまった! (2005年11月25日)
vol.24 新幹線通勤している選手がいるのだ! (2005年11月06日)
vol.23 さよなら、「ウェストファーレン」スタジアム (2005年10月14日)
vol.22 バイエルンにおける主役と脇役の違い (2005年10月08日)
vol.21 シャルケ04とクラーニィを見直したぞ (2005年10月04日)
vol.20 インテルが何だか嫌いなワケがわかったのだ (2005年09月06日)
vol.19 ドイツ代表7つの疑問 (2005年08月28日)
vol.18 絶望的な気分で見たシュツットガルト (2005年08月16日)
vol.17 ミュンヘンに住むことにしたぞ! (2005年08月03日)
vol.16 監督の本当の評価とは (2005年06月11日)
vol.15 いろいろ比較してみたい気持ちになったぞ (2005年04月23日)
vol.14 スタジアムのプレス席と最前列 (2005年03月31日)
vol.13 一度は行こうぜ、シャルケ04! (2005年03月02日)
vol.12 スタジアムで発見されたフーリガンの落とした物 (2005年02月13日)
vol.11 インタビュー記事、受けての論理と編集者の考えでギャップが (2005年01月23日)
vol.10 編集長と「副」編集長。本当の実力者はどちらだ?(2005年01月12日)
vol.09 引退後の生活は誰にでもドラマがあるのだ(2004年12月21日)
vol.08 代表チームが初来日、さてどんな結果になるか?(2004年12月08日)
vol.07 プレス席で思ったこと(2004年11月23日)
vol.06 10試合を観戦しての短評(2004年11月18日)
vol.05 VfBシュツットガルトを応援したくなるワケ(2004年11月12日)
vol.04 大衆紙と高級紙、「マテウス」評価の裏にある社風を感じる(2004年10月24日)
vol.03 ボルシアMGはなぜ没落したか?(2004年10月07日)
vol.02 幻に終わった稲本潤一のバイエルン入団だが(2004年09月27日)
vol.01 ドイツサッカーは面白くない? 冗談じゃない、真実を見つめよ!(2004年09月23日)
vol.00 著者プロフィール

「安藤正純の特別コラム vol.11

インタビュー記事、
受けての論理と編集者の考えでギャップが


安藤正純=文・写真
text & photograph by Masazumi Ando


2005年01月23日

 サッカー記事を扱うメディアには、インタビュー記事がよく掲載される。雑誌、新聞、そしてネット。1ヶ月を通して計算したら、かなりの本数と分量になるだろう。

記者からの質問に答えるオットマール・ヒッツフェルト氏(バイエルン・ミュンヘン監督時代)(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) インタビューの対象となるのは主に現役の選手だ。監督も話題性があれば掲載されるが、そう頻繁ではない。とにかく今や、どこでもインタビュー記事が読める。日本のメディアに登場していない欧州の選手は、もう1人も残っていないんじゃないか? そんな感じだ。

 インタビューが好まれるのは、「書き原稿」(取材を通してまとめた著者のオリジナル原稿)よりも当人のナマの声を聞きたいという読者の欲求があることと、メディア側にとっては部数拡張の切り札、時には「ステータスの向上」につながる意味を含んでいるからでもある。

 インタビューは各国で受け止め方が異なる。イングランドは簡単に選手のインタビューが取れないお国柄。練習は原則的に非公開、マスコミさえシャットアウトする。マンUはそれがとくに厳しい。ようやく拾えた選手のコメントは誰もが知っていることだったりするので、インタビュー記事としての価値はゼロ。契約があるからかどうか知らないが、彼らは『レッドホットニュース』(マンU所有のテレビ局が制作放映する番組)でしか話したくないらしい。というわけで、記者だったら誰もがイングランドで苦労している。

 先日、ある雑誌からイタリア人選手のインタビュー依頼があった。安藤はイタリアにもネットワークがあるのだ、エッヘン。

アトレティコ・マドリードにてスポーツディレクターを務めていたパウロ・フットレ氏と筆者(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) ところが選手が所属するクラブは「インタビューを有料化した」ということで、30万円を請求してきた。そんな特別予算は考えていなかったので、残念ながら企画はボツになったのだが、「30万円はどこに流れるの?」と尋ねたら、現地の記者は「選手に入るわけじゃないようだ。クラブ側は『貧しい人たちへ寄付するための準備金にする』んだって」と説明してくれた。しかし選手のマネジャーらが仲に入っていたとしたら、そんな理想的な展開はどうしたって信じられなくなるものだ。前回も書いたが、インタビューの謝礼を選手本人に渡さず、直接自分の懐にしまい込んでしまった野郎もいるわけだしね。

 イタリアは当初、インタビュー依頼を"業務上のサービス"として快く受けてくれていた。それが日本からの取材攻勢が激しさを増し、出版社の中にはゼニでカタをつけようとして無理やりインタビューをネジ込んだり、怪しげなコーディネーターなる仲介人が突如誕生したりで、選手側もだんだんと鬱陶しくなっていった。02年W杯の前年、知り合いの記者にネスタをインタビューしてもらった際、ネスタは「日本って、インタビューの時に結構な金額をくれるんだってね?」と聞き返してきたのは今でも忘れられない。もっともそのすぐ後、ネスタは「もう、日本からの取材を受けるのは御免だ」と怒っていたそうだが、何かあったのかな?

 私はある出版社が、大物スター選手をインタビューするのに100万円の謝礼を払ったという話を聞いた。真偽はともかく、なんで安藤に任せてくれなかったのだろうか? 無料で済んだし、私も翻訳料で稼げたというのに(^_^)

ドイツ勢同士の対戦となった98/99シーズンのCL準々決勝後、インタビューに答えるラウテルンのスフォルツァ選手(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) ドイツはその点、ひじょうにオープンだ。インタビューでは基本的に謝礼は生じない。豪勢な食事やホテルのスイートルームを要求してくることもない。ベッケンバウアーであろうがクリンスマン、バラック、カーンだって、誰も経済的便宜なんて口にしたことがない。クラブハウスの一室でコーヒー一杯…。そんなレベルだ。すこしグレードを上げたって、ホテルの会議室である。それも何かしらの会議に合わせてのものだ。

 話は違うが、インタビューを読んでいて気が付くことはないだろうか。「ぼくは○△×選手が好きだから、ナマの声を読めるだけで嬉しい」なんて言っている読者がいたら、完全に平和ボケである。

 選手、監督は自分の発言にとても気を使うが、読者の反応を見越して、意識的に方便を使うことがある。これは監督に多い。

 だいぶ前の日本でのことだが、名古屋の監督をしていたアーセン・ベンゲルは、来日したヘーゲレ記者らドイツとスイスの記者3人相手にはドイツ語で腹を割って本音を吐いていた。携帯の番号を教え、その後も色々と彼ら同士で情報を交換していた。だが日本人記者の取材では、なかなか本音まで喋らなかった。ソツのない答えを返しては周囲を頷かせるのだが、活字にしてところで刺激がある内容じゃなかったものだ。

 つまりここから、インタビューされる側の人間は、相手によってコメントを使い分けているということが分かる。彼らだってバカじゃない。誰にマトモに話し、誰を適当にあしらうかは心得ているのだ。

 だから、編集部が「誰それのインタビューをしよう。行数はこれだけ。質問はこれとこれと…」と会議で決め、どうにかこうにかインタビューの約束を取り付けても、期待通りの展開にはならないことがある。

 インタビューと銘打った原稿のはずなのに、肝心の本人のコメントはたったの数行しか見つからない。あとは周辺取材の記事でお茶を濁した活字が誌面を埋めている。そんな原稿を読んだことがありませんか? それは結局、制限時間内で無理なことをしようとしたからだし、初対面の記者になんぞ選手は本音を出さないことが分かってなかったからだ。

レアル・マドリードの広報室(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) 反対の事例もある。マガート監督がVfBシュツットガルトで大旋風を起こし、チャンピオンズリーグであのマンUを撃破した頃、ヘーゲレ記者から「マガートがオレにだけインタビューの機会をくれると言ってきた。ドイツでも初めてのインタビューになる。日本で掲載できないか?」と問い合わせがあった。

 ところが日本の雑誌はどこもイタリア優先で、ドイツなんぞは完全無視した状態。マガート監督が何者かも分からず、まったく関心を寄せなかった。あのマガートを、である。これにはヘーゲレ記者も激怒した。「なんで日本はこうなんだ。イタリア人なら、キエーボやシエナの無名選手までインタビューされているというのに…。なぜマガートじゃ、ダメなんだ!」

 サッカー文化の違い、売れる本作り、読者の関心度などが絡むため、こういう結果になった次第だが、たしかに一理ある。でも、こんなのはまだマシなほうなんだよね。なにしろ、日本のメディアは新聞でも雑誌でも奇妙な提案をすることで有名になっているんですから。

「安藤さん。現地の記者にアンケートをお願いします。質問は、『次の次のW杯でスター選手になっていそうな若手の名前を挙げてください』です。質問を投げる相手ですか? プラティニですよ」

 ドッヒャー!

 もち、お断りしましたよ。こんなの、私はとても考え付きません。おまけに「次」ならぬ「次の次」でしたよ。

 そこで結論。『私、サッカー大好きな編集者。インタビューとったりアンケートお願いしたり、なんでもかんでも頼んじゃう。私にできないことってないんだから……、って言うじゃな〜い。でもアンタ、奇妙な提案に現地の人間が怒っているの、気が付かなすぎますから〜〜〜。残念!』(ギター侍の調子で)

(次回に続く)

「安藤正純の特別コラム vol.10

編集長と「副」編集長。本当の実力者はどちらだ?

安藤正純=文・写真
text & photograph by Masazumi Ando


2005年01月12日

 私は12年前から専門誌『KICKER』の仕事をしている。特派員という肩書きが付いているが、別にオリンピア出版社(KICKERを発行する会社)から滞在費や生活費をもらっているわけじゃない。あくまでも"出来高払い"、つまり書いた分だけ報酬が与えられる仕組みだ。だから数をこなしてせっせと稼ごうと思うのだが、残念ながら日本発のサッカーニュースは世界的な話題にならず、こちらの期待通りにはならない。

Kicker誌、Bild紙、南ドイツ新聞(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) KICKERに掲載されるのはJリーグと日本代表チームの話題である。しかしそれはあくまでも、ドイツ人選手がプレーしたとか、ドイツのチームが関わったとか、そういうキーワードがないと駄目なのだ。

 それでもこれまでけっこう書かせてもらった。Jリーグ発足当時は多くのドイツ人選手がいたので、毎週のリーグ戦で彼らの活躍ぶりをレポートしたものである。

 KICKERには感謝している。記事が掲載されたおかげでマーティン・ヘーゲレ記者と知り合えたし、私の欧州コネクションも広がった。

 苦い思い出もある。リトバルスキーに関する私の記事を読んだ彼の当時の大馬鹿マネジャーが文句をつけ、ケンカを売ってきたのだ。この"アスホール"(本名ノルベルト・バイス)だが、リトバルスキーへのテレビインタビューに「1分間10万円」もの法外な値段を要求し、受け取った謝礼を選手本人に渡さず着服したこともあるなど、あこぎな商売ぶりと悪辣な人間性が嫌われ、ドイツ人選手すべてから契約を解除された。まさに因果応報である。

 話は横道に逸れるが、KICKERでもどこでも原稿料というのは銀行振り込みとなっている。ドイツ(海外)から送金を受け取る場合、日本の旧態依然の銀行システムのおかげでメチャメチャ高い手数料がかかる。例えば1万円を受け取るのに、手数料が3000円とかのレベルだ。これじゃ、アキマヘン。

 というわけで、私は1年分、時には2年分の原稿料を受け取らないままにしておき、ドイツ出張の際、清算してもらうようにしている。ニュルンベルクの本社はサッカー観戦で立ち寄ることがほとんどないので、彼らには「○月○日、どこそこのスタジアムで」と伝え、プレスルームで記者から現金を受け取る。

記者席から試合を観戦するジャーナリストたち(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) これはありがたい。旅費の一部が賄えるし、"臨時収入"となる。心理的に財布の紐が緩み、思わず誰にでもビールの一杯を奢ってやりたくなる。生まれは千葉県だが、安藤は現金を持たせると瞬く間に"江戸っ子"気質に陥る性格。出張先で現金を貰ったはいいが、帰国した際にはとっくに羽が生えてどこかに消えていってしまう。どうだ、この金銭感覚は。参ったか!

 で、ここから本題に戻る。

 編集部でいちばん偉いのは何といっても編集長である。KICKERの現編集長はライナー・ホルツシューという人物。この人、肩書きが肩書きだから、すごく有能というイメージを与えるかもしれないが、実態はまったくのボンクラだ。

 なにがボンクラかといえば、記者になって以来、「一度もまともな記事を書いたことがない。著名記事は無批判で内容に乏しい。インタビューでも子供がするような質問ばかり」(ヘーゲレ記者)だからである。

 嘘か本当か確認できなかったが、02年W杯で代表チームと一緒に宮崎にいる際、「毎日ゴルフに明け暮れ、仕事は口述筆記で秘書に原稿を打たせていた。なぜって、彼はワープロが出来ないからだ」と、編集部員がコッソリ教えてくれた。

 お子ちゃまインタビューは本当だ。日本の某サッカー専門誌で書いているが、バイエルンのヘーネスGMや韓国の要人へ空虚で初歩的な質問を投げかけたり、知的刺激も新鮮さもない文章でお茶を濁している。これでも名門のベテラン編集長なのか? 彼の原稿を採用している専門誌も、名前が泣くぞ。

試合後の会見場には記者たちが大勢集う。(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) ドイツ国内の評論家でもっとも深い洞察力に優れていると評判の高い賢人ギュンター・ネッツァー、ヘーゲレ記者、そしてベッケンバウアーは、口を揃えて「ホルツシューは言論人として許せぬ存在」だと聞いている。

 そこまで彼らに言わせる人物がなぜ、KICKERの編集長に君臨しているかは、マスコミ界最大の謎の一つである。これには合理的な理由がある。名前は出せないが、ある編集部員は私と一緒に飲んだ際、こう説明してくれた。「ドイツにはイヤと言うほど、こういう例があるんだ。つまり、仕事はできなくても、上司にうまく取り入ったり、管理能力があるからという理由だけで出世するのが…」

 そういうことなのだ。しかしこれだと、会社はたちまちのうち、危うくなってしまう。「魚は頭から腐る」の諺通りになってしまうじゃないか。

 そこで登場するのが番頭さんである。会社だと専務とか常務、軍隊だったら小隊長とか鬼軍曹。彼らは必死になってダメ上司の足りない部分を補っている。

 幸いにもKICKERには有能な大番頭がいる。それが副編集長のカールハインツ(カルロ)・ビルト。私とヘーゲレ記者が懇意にしている元セミプロのサッカー選手だ。頭はすでに禿げ上がってしまったが見かけより若く、編集部全員から信望を集めている男である。

 ホルツシュー編集長は、毎号の巻頭言をチコっと書くぐらいで、特集記事やインタビューにはほとんど関わらない。できない、と言い換えたほうがいいかもしれない。一方のビルト副編集長は気難し屋のカーン、バラックといつでも自由にコンタクトできて、彼らの本音を聞ける。偏狭な考えを持たず、記事は公正で中立。バランスが取れているのは彼の人間性の裏返しであろう。

 これで分かったと思う。KICKERで本当の実力者とは編集長ではないのだ。

 ところでホルツシュー氏は来年、定年を迎える。およそ30年近く働いたわけで、その意味では「ご苦労様」と祝いの言葉の一つも捧げるのはやぶさかじゃないが、編集部はそれでも気分が晴れないらしい。

 「だってそうだろう。アイツが定年を迎えるのは06年W杯が終了してからなんだから」

■オマケのコラム■ 正しいドイツ語の発音(5)

(誤)バイヤン→(正)バイエルン

日本人にとって最大の鬼門である「R」が関わっている。

本来の発音は「バイエ<ア>ン」だろうが、地元となれば別。

南部訛りがきついことで有名な土地柄である。オーストリアやスイスと似た発音になるので、「バイエルン」と思いっきり巻き舌でかませれば尚良。ちなみに中西部だと「ミュンヘン」と発音できない。「ミュンシェン」となる。「イッヒ」も「イッシ」になるのだ。

結論:一般的には「バイエルン」で問題なし!

(次回に続く)

安藤正純(Masazumi Ando) プロフィール

 鉄人ヘーゲレ記者、レキップ誌編集長、KICKER副編集長、Times紙デスクら、欧州各国のトップジャーナリストと強力なネットワークを持つドイツ通。サッカーのほか、テニスの企画記事も得意。趣味は寄席通い。

Copyright(C) 2004 Masazumi Ando. All Rights Reserved.
本ページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。

特別コラムトップページへ戻る ] [ euronavi.net/de HOMEへ戻る
 

▲Page Top