Click here to visit our sponsor
写真は「バイエルンvsドルトムント」後の記者会見場にて(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止)
スポンサー
Click here to visit our sponsor
 
>> 「安藤正純の特別コラム」バックナンバー(2004年12月)  [ 特別コラムトップページへ戻る

「安藤正純の特別コラム」 目次

vol.25 こんな報道もありなのかぁ?と深く考え込んでしまった! (2005年11月25日)
vol.24 新幹線通勤している選手がいるのだ! (2005年11月06日)
vol.23 さよなら、「ウェストファーレン」スタジアム (2005年10月14日)
vol.22 バイエルンにおける主役と脇役の違い (2005年10月08日)
vol.21 シャルケ04とクラーニィを見直したぞ (2005年10月04日)
vol.20 インテルが何だか嫌いなワケがわかったのだ (2005年09月06日)
vol.19 ドイツ代表7つの疑問 (2005年08月28日)
vol.18 絶望的な気分で見たシュツットガルト (2005年08月16日)
vol.17 ミュンヘンに住むことにしたぞ! (2005年08月03日)
vol.16 監督の本当の評価とは (2005年06月11日)
vol.15 いろいろ比較してみたい気持ちになったぞ (2005年04月23日)
vol.14 スタジアムのプレス席と最前列 (2005年03月31日)
vol.13 一度は行こうぜ、シャルケ04! (2005年03月02日)
vol.12 スタジアムで発見されたフーリガンの落とした物 (2005年02月13日)
vol.11 インタビュー記事、受けての論理と編集者の考えでギャップが (2005年01月23日)
vol.10 編集長と「副」編集長。本当の実力者はどちらだ?(2005年01月12日)
vol.09 引退後の生活は誰にでもドラマがあるのだ(2004年12月21日)
vol.08 代表チームが初来日、さてどんな結果になるか?(2004年12月08日)
vol.07 プレス席で思ったこと(2004年11月23日)
vol.06 10試合を観戦しての短評(2004年11月18日)
vol.05 VfBシュツットガルトを応援したくなるワケ(2004年11月12日)
vol.04 大衆紙と高級紙、「マテウス」評価の裏にある社風を感じる(2004年10月24日)
vol.03 ボルシアMGはなぜ没落したか?(2004年10月07日)
vol.02 幻に終わった稲本潤一のバイエルン入団だが(2004年09月27日)
vol.01 ドイツサッカーは面白くない? 冗談じゃない、真実を見つめよ!(2004年09月23日)
vol.00 著者プロフィール

「安藤正純の特別コラム vol.9

引退後の生活は誰にでもドラマがあるのだ

安藤正純=文・写真
text & photograph by Masazumi Ando


2004年12月20日

 1996年、バイエルンの練習場でハンジ・ミュラーと会った。挨拶を交わした後にもらった名刺を見たら「スポーツマーケティング」の会社を経営しているのが分かった。会社のロゴマークが立体印刷され、なかなか立派なものだ。当時も今も、ドイツでこんなに金をかけた名刺をもらったことがない。

 ハンジはその日、バイエルンと何がしかの交渉があったらしい。だが、誰と交渉しているのかなど当時の私がそこまで聞けるわけもなく、ニコニコしながらお別れしただけだった。

 02年10月、再びそのハンジと会った。今度はシュツッツガルトである。彼はVfBの取材をするドイツ人報道関係者の輪の中にいた。私はヘーゲレ記者から「今日の試合前、プレスチームに入って試合をやるぞ」と言われていた。そしていざ、ユニフォームに着替えてグラウンドに入ると、ハンジも同じユニフォームを着て立っているではないか。なんと彼は、わがチームの助っ人として参加してくれたのだ。

 グランドはスタジアム正面席の裏側にある。ちなみにプロが練習する場所とは違う。我々のはお世辞にも「絨毯のような美しさ」ではない。粘土質の土に芝生が根付いており、どこにでもあるアマチュア用のグランドだ。それでも芝生というのがありがたかった。

試合のあとはロッカールームのシャワー室で汗を流す。(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) プレス関係者一同が昼間、ここに集結したのはワケがある。なにしろこの日は午後3時半からブンデスリーガの試合があるのだ。

 向こうの報道陣はプロの本番前によく、親善試合を行なう。国際試合でも同様で、例えばドイツ代表がどこかの国と試合をするとなると、その前日に両国の報道陣が母国のユニフォームを身にまとい試合をするのである。

 これは羨ましい慣習である。日本の報道陣もぜひ見習ってほしいものだが、残念ながら日本ではサッカー経験がある人が少ないし、長時間労働と連日の暴飲暴食のせいで、とても健康を維持できない"構造的欠陥"に支配されている。

 さてドイツプレスの相手だが、ベンツの部品を作っている工場のチームだった。ところがこの工場チーム、選手の年齢が若いのである。平均したら20代後半といったところだ。

 プレスチームには「元州代表選手」もいたが、そんなのは30年も前の話。全員がシニア、つまり40歳以上のオジサンだ。だから走力ではまったく勝てない。相手の足の速さはいかんともしがたく、サイドから快速ドリブルで切り込まれると完全にお手上げだった。

 それでもスコアはたしか3−5くらいで、思ったほど点差がつかなかった。そうならなかったのはひとえに、中盤でボールをキープし前線でゴールを決めていたハンジのおかげだった。

 前頭部の生え際がますます後退し、お腹も出てきたハンジだが、そこはやはり元代表選手、それも80年欧州選手権優勝の中心メンバーだ。ハンジがキープしたボールはなかなか簡単に奪われなかった。

同じピッチに立つ、ハンジ・ミュラー選手と筆者(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) ところで試合中、右MFの私は見事な縦パスを通した。フラットになったDFの裏をかいたパスで、観客から「シェーナー・パス、ユンガーマン!」(ナイスパスだぞ、若いの!)と声をかけられた。するとハンジ、試合中であるにもかかわらず、私のところまで寄ってきて「今のは実に素晴らしいパスだ。味方がフォローできずゴールに結びつかなかったのが残念だ」と褒めてくれ、わざわざ握手を求めてきた。元ユーロ優勝選手から褒められたなんて、安藤、一生ものの感激であります♪

 と、ここまでは何の変哲もない話題。ここからが本番である。

 ミュラーといえば選手としてW杯準優勝も果たした大物。当然、引退後の生活もそれなりの人生が待っているはずだった。ところがサッカー業界に残っているのに彼の生活はなんだか「華」がない。これまで大物選手の移籍で大仕事をしたという話を聞いたことがないし、06年W杯やブンデスリーガでも蚊帳の外だ。

 同時代に活躍したヘーネス、ルンメニゲはドイツサッカー界の最重要人物に出世した。同じく代表出身のKH・フェルスターはVfBのGMとしてチームを下支えしている。

 あまり好きな言葉じゃないが、この世界にも勝ち組と負け組みがある。70〜80年代に活躍したサッカー人で、勝ち組の代表はベッケンバウアー、ネッツァー、ヘーネス、ルンメニゲ。負けはオベラート、爆撃機G・ミュラーといったところか。

 ハンジをここで勝ち組に入れるわけにはいかない。彼は現役時代から親しい関係者から、引退後の人生設計を真剣に考えるようにアドバイスされていたが、まともに受け入れなかった。その日の生活が楽しければ…、とラテンの甘い蜜に慣らされていたらしい。

 だがハンジはそれでも良いほうだ。もう1人のミュラー、すなわちゲルトは離婚、レストラン経営の失敗、アル中と坂道を転げ落ち、最後は誰とも口がきけない対人恐怖症に陥った。オベラートは元来のおしゃべりすぎが災いして、他人から信頼されない。

 爆撃機は現在、バイエルンのユースチームでコーチを務めるが、それもこれもあまりに悲惨なミュラーを見かねたベッケンバウアーとルンメニゲが、援助の手を差し伸べたからである。

 小泉首相は「人生いろいろ」と国会で答弁したが、サッカー選手の引退後もまさに「いろいろ」なのだ。

■オマケのコラム■ 正しいドイツ語の発音(4)

マガトゥー(誤)→マガート(正)

※thで終わるから正確を期せばマガートゥ。あるいはマッガートゥ。

 これは「ダイヤモンドサッカー」時代からずっと間違った発音が定着している例の1つ。ドイツ語の達人が解説者だったというのに、なぜマガトゥーになったか謎である。天下のバイエルンの監督は日本語表記では絶対「マガート」なのである。

(次回に続く)

「安藤正純の特別コラム vol.8

代表チームが初来日、さてどんな結果になるか?

安藤正純=文・写真
text & photograph by Masazumi Ando


2004年12月08日

 リーグ前半戦が12月11日に終了する。秋の王者はバイエルン、シャルケ04、シュツットガルトの3つから出る。何度も見ていることや、クラブの関係者と親しいこと、そしてプレースタイルがガチガチの古典的ドイツ流でないことから密かにVfBを応援しているのだが、快調に飛ばしていた昨季、後半で見事に失速したこともあり、まぁ30%くらいしか期待しておりませんけどね(笑)。

FIFA本部に飾られているFIFAワールドカップ(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) さて、第17節が終了するやいなや選手は避寒地へのバカンスに出発……、いや、今年はそうならない。アジア遠征があるのだ。

「そんな親善試合なんて参加しないよ。オレはマイアミかテネリフェで陽光を浴びてくるぜ」――。これまでだったら、きっとこう言って堂々と代表チーム入りを拒否する選手がいただろう。

 だが今回はまったく状況が異なる。誰もがアジア遠征を本番へのテストマッチととらえ、レギュラー獲りのチャンスと見ているのだ。だから横浜での勝負は遊び半分じゃない。エンジン全開で、取れるだけゴールを取り、たとえ数分間の出場時間でも必死に戦うはずである。

 それほど選手は真剣なのだ。そうなる理由は簡単。クリンスマン監督が選手にことあるごとに、「予選を免除されている我々は、親善試合からでしか選手の実力とやる気を測る物差しがない」と伝え、彼らのモチベーションを刺激しているのだ。

 チームはクリンスマン監督就任以来、負けなしである。ブラジルとホームで引き分けた以外は、すべてスッキリした勝ち方をしている。

 チームはメンバーが固定されていない。"聖域"だったはずのGKポジションはいまや、カーン、レーマン、ヒルデブラントが3人で争い、最近ではイェンチュ(ボルフスブルク)まで加わってきた。若手の登用も限度を知らない。「こんな選手いたっけ?」と思うほど、無名の若手を起用している。

 思うに彼は人事の天才である。年長者優先のドイツサッカー界にあって、これほど大胆に、そして遠慮なく若手を起用した監督は歴代で皆無。あのフェラーやベッケンバウアーにも出来なかったことだ。

 彼の発言の1つ1つは、大物政治家以上の重みがある。嘘とハッタリがない。誠実で、騙さず、媚びず、裏切らない。母国の風土をシニカルに批判するところだけは大衆紙がもっとも嫌う点だが、彼の人間性をとやかく言う者は皆無である。つまり、クリンスマンには生まれながら"真のリーダー"気質が備わっているのだ。

2002年W杯決勝ブラジル対ドイツ@横浜国際総合競技場(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) クリンスマン監督の最近のインタビューを聞いていると、この人、本気で06年W杯で優勝するつもりらしい。ドイツファンだったら、この超強気な態度に大喝采を贈るところだが、大方のファンは「ユーロで連続して惨敗したヤツらが何を言う。身のほど知らずだ」と反発するだろう。とくにスペイン偏愛主義者どもは。

 ちょっと連想してほしいことがある。社会人だったら誰でも経験することだが、上司が尊敬できる人であれば部下は一生懸命に仕事をする。上司に惚れてしまえば、「オレはあの人を絶対に男にしてみせるぞ」とまで言い切れるものなのだ。そうなれば会社はしめたもの。組織は円滑に機能し、売り上げはドンドン上がる。

 さて、もうお分かりかな。06年W杯は我々も本気で期待していいのだよ。歴代最高の社長に恵まれた『ドイツ代表チーム株式会社』は、世界一目指して前進あるのみ。横浜ではきっとその序章を見せ付けてくれるだろう。

 いやはや、楽しみだ。いくらスターが束で揃っていたって、イングランドとスペインじゃ、こんなワクワク感なんて味わえませんからね。

■オマケのコラム■ 正しいドイツ語の発音(3)

ケビン・クーラニ(誤)→クラーニィあるいはクラーニ(正)

 クーラニュイ、クーラニーはいずれもダメ。正しくは「ラ」の部分を強く発音して、最後をニィで終わる。相変わらず誤った表記を続けるマスコミが多い。1年半後、この選手がドイツ代表のFWでW杯に出場するのだから、親しい編集者には「クラーニィだよ」と説得しているのだけど…。

(次回に続く)

安藤正純(Masazumi Ando) プロフィール

 鉄人ヘーゲレ記者、レキップ誌編集長、KICKER副編集長、Times紙デスクら、欧州各国のトップジャーナリストと強力なネットワークを持つドイツ通。サッカーのほか、テニスの企画記事も得意。趣味は寄席通い。

Copyright(C) 2004 Masazumi Ando. All Rights Reserved.
本ページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。

特別コラムトップページへ戻る ] [ euronavi.net/de HOMEへ戻る
 

▲Page Top