Click here to visit our sponsor
写真は「バイエルンvsドルトムント」後の記者会見場にて(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止)
スポンサー
Click here to visit our sponsor
 
>> 「安藤正純の特別コラム」バックナンバー(2004年11月)  [ 特別コラムトップページへ戻る

「安藤正純の特別コラム」 目次

vol.25 こんな報道もありなのかぁ?と深く考え込んでしまった! (2005年11月25日)
vol.24 新幹線通勤している選手がいるのだ! (2005年11月06日)
vol.23 さよなら、「ウェストファーレン」スタジアム (2005年10月14日)
vol.22 バイエルンにおける主役と脇役の違い (2005年10月08日)
vol.21 シャルケ04とクラーニィを見直したぞ (2005年10月04日)
vol.20 インテルが何だか嫌いなワケがわかったのだ (2005年09月06日)
vol.19 ドイツ代表7つの疑問 (2005年08月28日)
vol.18 絶望的な気分で見たシュツットガルト (2005年08月16日)
vol.17 ミュンヘンに住むことにしたぞ! (2005年08月03日)
vol.16 監督の本当の評価とは (2005年06月11日)
vol.15 いろいろ比較してみたい気持ちになったぞ (2005年04月23日)
vol.14 スタジアムのプレス席と最前列 (2005年03月31日)
vol.13 一度は行こうぜ、シャルケ04! (2005年03月02日)
vol.12 スタジアムで発見されたフーリガンの落とした物 (2005年02月13日)
vol.11 インタビュー記事、受けての論理と編集者の考えでギャップが (2005年01月23日)
vol.10 編集長と「副」編集長。本当の実力者はどちらだ?(2005年01月12日)
vol.09 引退後の生活は誰にでもドラマがあるのだ(2004年12月21日)
vol.08 代表チームが初来日、さてどんな結果になるか?(2004年12月08日)
vol.07 プレス席で思ったこと(2004年11月23日)
vol.06 10試合を観戦しての短評(2004年11月18日)
vol.05 VfBシュツットガルトを応援したくなるワケ(2004年11月12日)
vol.04 大衆紙と高級紙、「マテウス」評価の裏にある社風を感じる(2004年10月24日)
vol.03 ボルシアMGはなぜ没落したか?(2004年10月07日)
vol.02 幻に終わった稲本潤一のバイエルン入団だが(2004年09月27日)
vol.01 ドイツサッカーは面白くない? 冗談じゃない、真実を見つめよ!(2004年09月23日)
vol.00 著者プロフィール

「安藤正純の特別コラム vol.7

プレス席で思ったこと

安藤正純=文・写真
text & photograph by Masazumi Ando


2004年11月23日

 今回の取材でドイツ国内の試合はすべて"盟友"マーティン・ヘーゲレ記者にプレスカードを取ってもらった。ドイツ1のスタージャーナリストである彼は、とてつもない人脈を誇る。世界のサッカー界を知り尽くし、FIFAやUEFAをはじめ業界人の多くと知り合いである。それもかなり深い関係で。おそらく彼を凌ぐスポーツ記者はこの世には2人といないだろう。

 取材申請はすべて彼の電話1本でOKだった。通常ならば日本から相手先のクラブ担当者にファックスを入れ、ひたすら返事が届くのを待つのだが、私たちの場合は即時発行である。

 UEFAにきちんと事前申請しなければならないチャンピオンズリーグとUEFAカップも電話1本で済んだ。バイエルン・ミュンヘンといい、VfBシュツットガルトといい、会長・GM・広報部長と我々はツーカーだ。面倒な手続きも人物紹介も一切ない。ありがたい限りである。

 ミラノでのインテル対バレンシア戦のパス申請は、日本の雑誌社を通じてお願いしたのだが、サンシーロの受付の様子がどうもおかしい。私の名前がないという。「そんなことはない。ちゃんと事前に申請してあるよ。ほら、ここに証拠のファックスだって持っている」と私。相手は腑に落ちないまま、「まぁ、仕方ないっか」という感じでやっとプレスカードを発行してくれた。

 ところがいざ指定の席につくや、数分後に別の日本人記者がやってきて、「あれ? 私の番号ですけど…」と言うではないか。確認すれば、私と彼のカードの番号は完全に一致している。つまりインテルは同じ席を2枚分発行していたのだ。どうりで受付で時間を食ったわけだ。でも許してあげる。なにせここはイタリアなんだから♪

VfBシュツットガルトのホーム、ゴットリープ・ダイムラー・シュタディオンの記者席にて(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) ドルトムント対HSVを皮切りに取材を始めたのだが、この試合では高原目当ての日本人が10人もプレス席を占めていた。旧知のベテランカメラマンに聞いたら、「スポーツ新聞の通信員がずいぶんいる」とのこと。興味があったので試合前、隣の彼氏と話をしてみた。

「○×△スポーツ新聞のお手伝いをしています。本業はハンブルクに住んで音楽の勉強をしている学生です。サッカーは一度もやったことがありません。見るのは好きなんですけどね。ルールはよく分かりません。原稿料ですか? 交通費別途で日当1万円です。高原の試合を直接見なくてもいいんですよ。試合について現地の新聞から翻訳しても日当1万円が出るので。生活が厳しいので(このアルバイトは)助かりますね。ところでHSVはなんで調子が悪いんですか? ドルトムントはどうして弱くなってしまったんですか?」

 はぁ〜〜〜。(深いため息)

 全員が20代〜30代前半の男女。最初から日本人だけで群れている。記者会見には出ない。試合が終われば、メモしてあった高原のプレーの確認作業を仲間同士で行なう。一種の談合である。

 専門知識に乏しいからきっと「戻りオフサイド」も知らないんだろうなと思ったが、ここで1昨年のサンチアゴ・ベルナベウでの記憶が戻ってきた。レアル対ローマの試合、隣に座った若い男性通信員もスペイン在住の学生だったっけ。

「△○□スポーツです。ふだんはバルセロナに住んでいます。この試合の原稿ですか? いや、ふだんから書かないんですよ。東京の編集部に電話で連絡するだけで、原稿は向こうが書いてくれるんです。時にはまったく記事にならないこともあります」

 あれ〜〜〜。

 通信員と特派員は立場が違う。「会社の全額負担で社員を海外に送る」のが特派員。通信員は"現地調達の連絡要員"といったところだ。プロの記者としての訓練も受けていないだろう。だからどんな記事を東京に送信しているのか気になるところである。

 しかし私は通信員の彼らに「いい加減な情報を流すなよ」とはとても言えない。彼らに罪はない。誰に責任があるかは、このコラムの読者だったらすぐに判断できるはずだ。

 ひたすら「日本人」という小さなキーワードで紙面なり番組を作る報道体制では、選手の本当の活躍ぶりも正しい評価も後回しになる。そこではチームの動向など一切無関係。日本人選手にだけ的を絞ったヨイショ記事なり、バッシング報道だけが大手を振ることになるのである。

 ヘーゲレ記者と私は日本のマスコミをテーマに話し合うことが多い。サッカーを見る目が欧州と日本ではまったく違うことで、私はいつも恥ずかしい思いをする。日本側からの奇妙奇天烈な記事提案にしばしば激怒する彼だが「サッカーの歴史の長さが違うからだよ」と慰めてくれても、どこか気持ちが晴れない。

 きっと、ファンの延長、あるいはファン気質丸出しの報道を読んだり見たりするのが日本の日常生活になっているからだろうな。寂しい話だ。

■オマケのコラム■ 正しいドイツ語の発音(2)

ミケ・ハンケ(誤)→マイク・ハンケ(正)
 シャルケ04の若手。HSV戦で勝ち越しゴールを上げて一気に注目されるU−21代表選手だが、Sky Sportsのダイジェストでは、なんと「ミケ」と発音していた。猫じゃないっちゅうのに(笑)。恐らくアナはドイツ語読みしたのだろうが、アメリカの影響からか最近は、ミヒャエルではなくマイクと名づける親がいるのだ。ご存知でしたか?

(次回に続く)

「安藤正純の特別コラム vol.6

10試合を観戦しての短評

安藤正純=文・写真
text & photograph by Masazumi Ando


アレナ・アウフシャルケ正面玄関(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止)2004年11月18日

 今回は番外編。18日間で10試合(旅の最初と最後は"調整期間"としていたので、正確には「15日間で10試合」となる)を観戦しての印象を紹介する。

 予定では12試合だったのだが、無理して低レベルの試合を見る必要もないと思い、また連載記事の締め切りにも追われ、ケルンとフランクフルトの試合観戦をキャンセルした。1FCケルンのポドルスキーをぜひ見たかったのだが次回までのお楽しみとなった。

 評価は、丸数字でランキング化した。

 (5)が最高で、最低は(1)。試合内容(見ごたえ)、選手の技術(スペクタクル)、スタジアム(ハードウェア)、※一言の順になっている。

アレナ・アウフシャルケの記者席にて(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) ベルリンとミラノはホテルに宿泊、ミュンヘンとシュツットガルトは盟友ルドガー・シュルツェ記者(南ドイツ新聞スポーツ部長)とマーティン・ヘーゲレ記者の自宅に泊まった。それ以外はマインツの定宿を起点に日帰りで移動した。連日の長距離移動だったが、ドイツ国内は主にICE(新幹線)を利用したので快適な旅を楽しめた。かなり疲れたけどね(^_^)

 10月23日(土)ボルシア・ドルトムント―ハンブルガーSV=(3)(3)(5)
 高原だけを取材に来た日本人プレスが10人!(現地留学生が多く、完全なサッカー音痴もいた。彼らにこんなことをさせている日本のスポーツ新聞に責任あり!=次回のコラムで厳しく指摘するぞ)

 10月24日(日)シャルケ04―マインツ05=(5)(4)(10)((5)を2つあげます)
 最高の雰囲気、清潔、便利、完璧を物体で表すと、ちょうどシャルケのスタジアムになる。ぜひ一度お越しを。

ベルリナー・オリンピアでのド派手な演出(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) 10月26日(火)ヘルタBSCベルリン―ボルシア・ドルトムント=(2)(2)(4)
 試合前のセレモニーはド派手な演出。聖火台から花火があがり、選手の入場時は両側で火柱が上がるというもの。火の粉を浴びた選手が火傷しそうな雰囲気だった。でも試合内容は…、う〜〜ん(悲)。06年W杯決勝戦会場となるベルリンだが、スタジアムの構造で大きな問題を発見。次回の『Number Webドイツ情報コーナー』にて紹介します。

 10月27日(水)VfBシュツットガルト対ブレーメン=(4)(4)(3)
 ラーム、フレブ、マイスナーのプレーは見ごたえ十分。カカウのゴールが決まっていれば勝てた試合だった。王者ブレーメンは堅実すぎて意外性がない。北部気質が全面的に出ている。正直言って面白いサッカーではなっくシンパシーは感じない。

 10月30日(土)ボルシア・メンヘングラッドバッハ―バイエルン・ミュンヘン=(3)(4)(5)
 詳細はNumber Webで書いているので次のサイトを参照してください。
 http://number.goo.ne.jp/soccer/world/europe/20041111.html

チームの逆転勝利に大きく貢献したセリム・テーバー選手(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) 10月31日(日)1FCカイザースラウテルン―アルミニア・ビーレフェルト=(2)(1)(3)
 痺れるほど退屈な試合だった。下位争いじゃ文句も言えないけど、最後はラッキーなゴールでラウテルンの逆転勝ち。救いようのない2チームだった。

 11月2日(火)インテル―バレンシア=(5)(5)(4)
 私はイタリア(女性)とスペイン(料理)が大好き。ここのサッカーは確実にドイツ・オランダ・イングランドより面白い。だけどスタジアムと町並み、もう少し「秩序」ってものがあってもいいんじゃないのかい? 他人の席を平気な顔で占領したり、階段に座って見ている連中が多すぎる。キミたち、切符持ってるの?
 コンピューターで管理しているはずなのに、なんで私のプレスカードと同じ番号が2枚発行されていたのかいな? 不思議だ…。あっ、そうだ。ここはイタリアだったっけ(笑)

記者の質問に答えるフェリックス・マガト監督(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) 11月3日(水)バイエルン・ミュンヘン―ユベントス=(5)(5)(3)
 恐らく日本とドイツでこの試合への評価はまったく逆になっているだろうな、「バイエルンは弱い」っていうふうに、と想像していたら案の定、テレビや雑誌の論調はそうだった。
 だが現地記者たちは全然違う見解だった。「あのユーベ相手に6度の決定機を作ったバイエルンのパフォーマンスは高く評価されてしかるべき。シュバインシュタイガーの切り込みは見事、22人で最高のテクニックだった。デルピエロは実態より大きく扱われている。彼って何回ビッグタイトルを取ったっけ? カーンのミスで負けたが、だからといってユーベが内容的に優っていたわけじゃない」――なるほど。
 南欧系のビッグクラブを何でも褒めちぎるファン気質が支配的な日本じゃ、バイエルンの本当の実力(チーム、指導、運営、中長期的戦略)にいつまでも盲目なんだろうなと感じた次第である。

 11月4日(木)VfBシュツットガルト―ベンフィカ=(3)(3)(3)
 ベンフィカと聞いて昔の時代を思い出してはダメである。トラパットーニの戦術はカビの生えたカテナチオ。でも全然守れない。VfBに面白いように攻撃されて反撃できない。
 責任者出て来い! と叫んでも、骨まで染み付いた守備偏重は中々直らないようで…。恐らく10回対戦して7回勝てる相手。残りの2回でやっと引き分けに持ち込め、1回勝てるかどうか。そのくらい力量差は明白だった。

 11月6日(土)マインツ05―ボルシア・メンヘングラッドバッハ=(1)(1)(1)
 鉄パイプで作った観客席、蹴るだけのサッカー、ハラハラドキドキ感のない展開……。旅行最後に最悪の試合を見てしまった。「なんでこんな試合に、これだけ熱狂できるんだろう?」と自問自答の連続。
 アドフォカート監督とノイビル大帝、ハンンツを1メートルの至近距離で見られたことだけが収穫といえば収穫?

ボルシア・パークのVIPエリアに飾られた、賢人ギュンター・ネッツァー氏の大きな写真(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止)■オマケのコラム■
正しいドイツ語の発音(1)

 日本でブンデスリーガのTVサッカー中継を見聞きしたり、活字メディアを読んだりしていると、選手の名前などで誤った表現をしていることに気がつく。今号からオマケとして、正しい発音をレクチャーしたい。

ボルシア・メンヘングラードバッハ(誤)→メンヘングラッドバッハ(正)

 「グラード」と音引きしてはいけない。ラとバの両部分でアクセントを強くして、最後の「ハ」はほとんど聞こえないほどの発音となる。現地の発音だと、「グラッドバッ!」に聞こえるが、日本語としてはグラッドバッハである。

(次回に続く)

「安藤正純の特別コラム vol.5

VfBシュツットガルトを応援したくなるワケ

安藤正純=文・写真
text & photograph by Masazumi Ando


2004年11月12日

 
10〜11月の3週間、ドイツとイタリアへ取材に行ってきた。18日間で10試合を観戦、ほぼ毎日が移動の連続だった。疲れたが、心地よい感覚である。

 14チームを見たが、いちばん好感を抱いたチームはVfBシュツットガルトだった。ドリブルを多用し、個人技に優れ、コンビネーションプレーが冴え、荒っぽくないからだ。このチーム、ケガ人が少なくメンバー11人がほぼ固定されている。監督、コーチ、選手、フロントの人間関係が良く、いわゆる"おバカさん"がいない。強くて上品、要するに真っ当なチーム、愛おしくてつい応援したくなるタイプなのだ。

ケヴィン・クラーニィ選手(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) 3年前に初めて見たとき、「なんだ、こりゃ。みんな20歳前後と若いけど、身体の線が細すぎる。ズルさもない。大丈夫かいな?」と思ったものだ。それが無名のフレブであり、クラーニィ、ヒンケルだった。

 あれから半年ごとに彼らの成長を見てきた。確実にたくましくなっている。ターミネーター体型ではないが、スピードとテクニックが抜群。とくにフレブとラームである。ムペンザやアザモアら黒人系の爆走と違って、80%くらいに抑えたような走りで相手陣内を切り裂いていく。彼らのドリブルは止めようがない。柔らかく、足元に吸い付くような感じ。クラシックバレーの踊り子を連想してしまう。

 ここの選手は年齢の割りに大人である。わがまま・傲慢・自分勝手というのはVfBにはない。だから家族的な雰囲気が漂う。昨年、クラーニィとヒンケルが契約を延長するかどうかで話題になった際も、彼らはクラブ側にべら棒な要求をせずブラフもかけなかった。イタリアからの高額報酬を蹴って自分を育ててくれたクラブに愛着を抱くのは、南米やオランダではありえない話だろう。

 そのヒンケルだが、ここにきてちょっと停滞している。対敵動作が悪く、クリアボールを相手にパスしてしまうシーンが多かった。昨年、試合後の記者会見で契約更新のサインをする場に立ち会った私としては心情的に応援したい選手なのだが、これも成長の過程では避けて通れない道なのだろうと納得している。

アンドレアス・ヒンケル選手(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) ところで全国的に見るとどうもVfBは人気チームにならないらしい。魅力的なサッカーではあるが、ドイツ人の目から見ると軟弱に映るのか、どうも彼らは豪快で男っぽいチームのほうに肩入れしたくなるようだ。だからボルシアの名が付く北部系なりシャルケ04、HSV、ブレーメンが注目を浴びるのだ。

 加えてもう1つ理由がある。「ミュンヘン、シュツットガルト、ヴィースバーデン」。これ、何だか分かりますか? ドイツで土地代がもっとも高い都市のことだ。つまり金持ちが集まる地域。そうであれば、一般のファンは嫉妬も交え応援したくなくなる――というのが私流の解釈。

 UEFAカップでは、カビの生えたカテナチオを追求するトラパットーニのベンフィカを3−0で粉砕した。リーグ戦で3連敗した後だっただけに心機一転となった。VfBはもっと強くなる可能性を秘めている。

 GKヒルデブラント、DFラームとヒンケル、MFティファート、FWクラーニィ。代表未選出のティファートを含め、彼らは06年W杯でチームの中核になると期待される。

 こうなれば12月のドイツ代表チームのアジア遠征でぜひとも見たいものだが、VfBの選手だけがUEFAカップの日程上、不参加となる。実に残念である。

(次回に続く)

安藤正純(Masazumi Ando) プロフィール

 鉄人ヘーゲレ記者、レキップ誌編集長、KICKER副編集長、Times紙デスクら、欧州各国のトップジャーナリストと強力なネットワークを持つドイツ通。サッカーのほか、テニスの企画記事も得意。趣味は寄席通い。

Copyright(C) 2004 Masazumi Ando. All Rights Reserved.
本ページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。

特別コラムトップページへ戻る ] [ euronavi.net/de HOMEへ戻る
 

▲Page Top