Click here to visit our sponsor
写真は「バイエルンvsドルトムント」後の記者会見場にて(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止)
スポンサー
Click here to visit our sponsor
 
>> 「安藤正純の特別コラム」バックナンバー(2004年9月)  [ 特別コラムトップページへ戻る

「安藤正純の特別コラム」 目次

vol.25 こんな報道もありなのかぁ?と深く考え込んでしまった! (2005年11月25日)
vol.24 新幹線通勤している選手がいるのだ! (2005年11月06日)
vol.23 さよなら、「ウェストファーレン」スタジアム (2005年10月14日)
vol.22 バイエルンにおける主役と脇役の違い (2005年10月08日)
vol.21 シャルケ04とクラーニィを見直したぞ (2005年10月04日)
vol.20 インテルが何だか嫌いなワケがわかったのだ (2005年09月06日)
vol.19 ドイツ代表7つの疑問 (2005年08月28日)
vol.18 絶望的な気分で見たシュツットガルト (2005年08月16日)
vol.17 ミュンヘンに住むことにしたぞ! (2005年08月03日)
vol.16 監督の本当の評価とは (2005年06月11日)
vol.15 いろいろ比較してみたい気持ちになったぞ (2005年04月23日)
vol.14 スタジアムのプレス席と最前列 (2005年03月31日)
vol.13 一度は行こうぜ、シャルケ04! (2005年03月02日)
vol.12 スタジアムで発見されたフーリガンの落とした物 (2005年02月13日)
vol.11 インタビュー記事、受けての論理と編集者の考えでギャップが (2005年01月23日)
vol.10 編集長と「副」編集長。本当の実力者はどちらだ?(2005年01月12日)
vol.09 引退後の生活は誰にでもドラマがあるのだ(2004年12月21日)
vol.08 代表チームが初来日、さてどんな結果になるか?(2004年12月08日)
vol.07 プレス席で思ったこと(2004年11月23日)
vol.06 10試合を観戦しての短評(2004年11月18日)
vol.05 VfBシュツットガルトを応援したくなるワケ(2004年11月12日)
vol.04 大衆紙と高級紙、「マテウス」評価の裏にある社風を感じる(2004年10月24日)
vol.03 ボルシアMGはなぜ没落したか?(2004年10月07日)
vol.02 幻に終わった稲本潤一のバイエルン入団だが(2004年09月27日)
vol.01 ドイツサッカーは面白くない? 冗談じゃない、真実を見つめよ!(2004年09月23日)
vol.00 著者プロフィール

「安藤正純の特別コラム vol.2

幻に終わった稲本潤一のバイエルン入団だが

安藤正純=文・写真
text & photograph by Masazumi Ando


2004年09月27日

 ウェストブロミッチ・アルビオンという、どうにもよく分からないチームに完全移籍した稲本潤一。負傷から回復してプレミアリーグで大いに活躍してほしいものだが、稲本の名前を聞くたびに、私はバイエルン・ミュンヘンを連想してしまう。

 00年、代表チームにデビュー。01年コンフェデレーションズカップと02年W杯では、地味ながらも堅実で労を惜しまず随所にセンスの良さを光らせ、チーム躍進の柱となった。ちょうどレアル・マドリード時代のマケレレ、リバプールとドイツ代表のハマンと似たプレーだった。

 01年7月、名門のアーセナル入団。かねてから稲本に興味を示していたベンゲル監督に、トルシエ日本代表監督(当時)が入団を薦めたという話だ。

バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲ会長と著者(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) だが、アーセナルより早くから稲本に注目していたチームがあった。それがバイエルンである。

 バイエルンはコンピューターのデータベースに"稲本情報"をとっくに収集してあった。いつからチェックしていたかは機密事項なので教えてもらえなかったが、実際にスカウトも来日する計画になっていた。しかしスカウトの来日直前、稲本はケガをしてしまった。これでスカウトは実際の稲本を見る機会を失った。稲本獲得は自然と水に流れる形になった。

 こうして稲本のバイエルン入団は幻に終わったわけだが、物語はこれで終わりじゃない。第2部があるのだ。だから、このコラムは面白いのである。

 アーセナルで出場機会を得られない稲本は、活路を見出そうと必死だった。そこでバイエルンは「ウチに来ないか?」とラブコールを送った。だが稲本サイドは考慮の末、これを断った。

 理由の1つは「せっかく英語を覚えたというのに、バイエルンに行ったらドイツ語を1から学ばないといけない」というものだった。語学習得の困難さに不安を感じたのであろう。

 だが、これは明らかに稲本サイドの判断ミスだと思う。実際に私は関係者から一連の経緯を聞いたが、バイエルンは「イェンス・イェレミーズを移籍させ、彼のポジションを稲本のために用意した」。それほどバイエルンは稲本を欲しがっていたのだ。

 稲本がもっとも心配した語学だが、バイエルンの選手の半数は英語でコミュニケーションをしている。ロイ・マカーイが最初のシーズンからあれだけチームに馴染めたのも、彼やチームメイト、そして首脳陣が達者な英語を操れるからだ。だから、稲本は語学の心配などまったく必要なかったのだ。

 バイエルンの稲本移籍計画は03年6月、マーティン・ヘーゲレ記者が東京の「W杯開催1周年記念シンポジウム」で初めて明らかにした。その瞬間、会場を埋めた大勢の聴衆は「ウォー」と、どよめきの声をあげた。

 もちろん私は最初から事情を知っていたから驚かなかったが、長い間、口止めされていたことだったので、「あぁ、これでやっとバイエルンと稲本について話せるようになったな」とホッとしたものだ。

 で、物語はこれでお仕舞い……、ではない。何と第3部があるのだ。(凄い〜〜)

バイエルンのウリ・ヘーネスGMと著者(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) 昨年8月、私は都内のホテルでマーティン・ヘーゲレ記者、カッレ・ルンメニゲ会長、ウリ・ヘーネスGMと落ち合った。多忙なルンメニゲ会長は「1泊2日」のスケジュールで来日した。記者会見を終えた彼らは、その足で日本代表戦を観戦するため、新幹線で新潟へと急いだ。

「90分いたら、帰りの新幹線に間に合わないぞ」と、時刻表を事前に調べて彼らのスケジュールを調整したのは私である。そのため、一行は前半戦を見ただけで東京にトンボ帰りせざるを得なかった。

 何のために新潟へ? ここまで読んだら、もう察しがつくでしょう。物語はさらに続いたのですよ。主役? 稲本じゃないさ(当然)。大久保? う〜ん、でも今はねぇ…。

 現時点でバイエルンへの日本人選手入団の話はないが、日本のサッカーが日進月歩の速さで成長していることは現地でよく知られている。バイエルンと日本の関係は意外にも根が深く、両者はこれから様々な面で相手を意識していくことが予想される。(これ以上は詳しく説明できませんけどね、ウフフ♪)

 だから私はいつも心の準備をしている。「○×△、バイエルン移籍が決定!」「バイエルン、日本で△○×」という新聞の見出しがいつ出ても決して慌てないように。

(次回に続く)

「安藤正純の特別コラム vol.1

ドイツサッカーは面白くない?
冗談じゃない、真実を見つめよ!


安藤正純=文・写真
text & photograph by Masazumi Ando


2004年09月23日

 このたび、当サイトでドイツサッカーをテーマにしたコラムを執筆することになりました。どうぞ、よろしくお願いいたします。

 まず、自己紹介したいと思います。安藤正純は本名です。別のペンネームも持っていますが、それは企業秘密(笑)、アッと驚くネーミングです。

 原稿を書くことで生計を立てていますが、世間で思っているほどこの業界は華やかではないし、決して楽な商売でもありません。そのことについてはいつか、詳しく紹介します。

 仕事の中心は、現地記者が書く記事の企画と翻訳です。日本でもっとも売れているサッカー雑誌である『ワールドサッカーダイジェスト』をはじめ、週刊サッカーダイジェスト、Number、Sports YEAH、Sportiva、日本経済新聞、SMASH(テニス)、その他多くの商業紙誌で、"私たち"の名前をご覧になる機会があるはずです。「私たち」としたのは、現地記者と私が一対になった形で仕事をしているゆえの表現です。

 仕事柄、海外の記者と毎日情報を交換しています。当然ディープな、どこのマスコミも知らない情報が入ってきます。もちろん、それらをすべてオープンにすることはできませんが、賞味期限が切れたネタや、今だから語れる裏事情については、差し支えない範囲で記事にしていこうかと思います。

 コラムは定期的に更新していき、必ず写真を添付します。これは必見です。通常の観戦などでは絶対撮影できない場所でのショットですから。

 というわけで、これから本題に入ります。ここまでは「ですます」調で書きましたが、以下は「である」調になります。プロの物書きが「ですます」調だと、何だかとても不自然ですね。共産党の新聞か、宇野鴻一郎センセイのエッチ小説みたいで、スケベな魂胆が含まれている感じがするものなのですよ(笑)。

いつも満員のヴェストファーレン・シュタディオン(copyright ANDO, Masazumi、転載禁止) ブンデスリーガ(以下、BL)はいつからこんなにつまらない内容になったのか。スペインやイングランドに比べて見劣りする。テクニックがない。華やかさが足りない。スターがいない――。

 ドイツサッカーを論じる際、こんな声をよく聞く。だが私はいつも、「果たしてそうだろうか?」と自問する。確かにドイツ代表とBLの実力は、ここ10年で相対的に低下している。UEFAランキングはその証明だし、94年と98年のW杯、そしてユーロにおける2大会連続の惨敗は、ドイツ蔑視派の連中にきっと心地よい麻薬の役目を果たしていることだろう。

 私は基本的にどの国のサッカーも批判する気になれない。なぜかといえば、サッカーという競技はその国の国民性や風土、生活と密接につながり、一概に優劣をつけられないからだ。だから「安藤はドイツ贔屓だ」と言われることにも少々腹が立つ。

 欧州出張の際、私はいつも色々な国のサッカーを見る。エールディビジの中規模ぶりにホッとし、ミラノのサンシーロにワクワクし、サンチャゴ・ベルナベウの威厳に平伏したりと、どこでも新鮮な感動に襲われる。

 そこには、けっして単純に比較できない各国の様式美と文化が存在する。それは一種の芸術なり音楽である。その体験こそが面白いのだ。サッカースタイルの優劣を論じるのは、デューラーとピカソ、ベートーベンとロドリーゴを比べるようなものだ。どんな意味があるのかいな?

 私なりの推測だが、ドイツを批判するアクションは、それ自体が幼児性を含んだ(スペインなりイタリアへの)偏愛主義の表れである。嫌いな対象をバカにすることで、自分が愛する国のサッカーの優位性を際立たせようとする深層心理が働くのだ。いってみれば、"恋人自慢"だろうね。「やーい、やーい、オレの彼女のほうが絶対に美人だぜ〜」の世界だ。

 しかしこの場合の愛とは、まさに「片思い」であり、日本からの一方通行。向こうの人間は鼻にもかけない。「いや、日本のことは気にしていますよ」と向こうが言ってきたら、ビジネスが絡んでいると思ったほうがよい。

 というわけで、BLとドイツサッカーへの批判はまったく意味を持たないし、無益な議論は時間の無駄である。そんな暇があったら、外へ出てボールを蹴っとばそうよ。こっちのほうがはるかに健全な行為だ。

 華やかさがない、スターがいない――。これもウソである。ガラガラのスタンドをBLで見たことがある? 世界最大の観客動員数だぞ。スタジアムのホスピタリティーは圧倒的だし、試合前の演出だって見事だよ。けっして観客を飽きさせない。スターだったら世界各国から代表選手が勢ぞろいしている。ブラジル、フランス、ペルー、アルゼンチン、東欧諸国……、あ〜、数え切れない。幸せだ〜♪ ドイツのサッカーって、実はすっごく面白いんだから。

(次回に続く)

安藤正純(Masazumi Ando) プロフィール

 鉄人ヘーゲレ記者、レキップ誌編集長、KICKER副編集長、Times紙デスクら、欧州各国のトップジャーナリストと強力なネットワークを持つドイツ通。サッカーのほか、テニスの企画記事も得意。趣味は寄席通い。

Copyright(C) 2004 Masazumi Ando. All Rights Reserved.
本ページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。

特別コラムトップページへ戻る ] [ euronavi.net/de HOMEへ戻る
 

▲Page Top