Click here to visit our sponsor

ブンデスリーガ トップページ
ブンデスニュース
ブンデス基本ガイド
ブンデスリーガ会議
クラブチーム紹介
年間スケジュール
基本観戦ガイド(日本編)
観戦ガイド(現地編)
現地観戦記
ブンデス史

トップページへ

>> ブンデスリーガ・コラム vol.28   [ ブンデスニュースへ戻る ] [ トップページへ戻る

[03/04シーズン] ブンデスリーガ第19節結果

 前節から後半戦がスタートしたブンデスリーガは、その前節に首位ブレーメンがヘルタ相手に快勝したことから、まずはブレーメンの独走を維持するかに焦点が集まった。そのブレーメンの相手は、先日ブレーメンと同じくDFB杯準決勝へ駒を進めたボルシアMGで、この試合はそのボルシアMGのホームゲーム。前半0-0で折り返した、後半にスヴェルコスのゴールでなんとボルシアMGが先制。しかもこの日はエースのアイウトンを欠くブレーメン。アイウトン頼みの攻撃陣の弱点が露呈するかと思われたが、しかし、クラスニッチのゴールで同点に追いつくと、90分にはバウマンの決勝ゴールが決まり、苦しみながらも勝ち点3を確保。依然、首位をキープしたままである。
 このブレーメンを追いかけるのがシュツットガルト、バイエルン、レバークーゼンの3チーム。前二者は翌日曜開催のゲームということで、土曜はとりあえずレバークーゼンのホームゲームだけが開催。相手は格下フランクフルト。しかし、これが侮れた相手ではなかった。HSVに続きレバークーゼンでも居場所が見つからなくなったDFヘルツシュは冬の移籍市場でフランクフルトへ移籍。そしてそのフランクフルトで先発出場を果たすと、なんとレバークーゼン相手にゴールを決めてしまったではないか...こうして0-1と劣勢に立たされたレバークーゼン。後半開始早々から、ダメダメ"フランサ"に代わって我らがオリヴァー・ノイヴィル大帝がピッチに登場。そして61分、ゴール前に駆け込んだこの俊足猫背ストライカーは、ベルバトフからのボールを左足でゴールに押し込んで同点に。しかし、その後アマナティディスに決勝ゴールを許して、痛い2連敗。首位ブレーメンとの勝ち点差は10に開いてしまった。この他、シャルケvs1860ミュンヘン、ハンブルガーSVvsボーフムはいずれもドロー。高原は後半開始からの出場でゴールを狙うも、またもやライバル・ロメオのゴールを横で眺める格好に。直後に、そのどう見てもエゴイスティックな南米ストライカーのロメオからヘディングで落としてもらい絶好のチャンスを得るも、これもDFにつぶされて万事休す。
 あとは、ドルトムントがヴォルフスブルク相手に、ロストックはフライブルク相手に、それぞれ4ゴールと快勝。また、クルト・ヤーラ監督が就任したラウテルンは、ケルンにホームで勝利。ヤーラ監督、就任早々いきなり結果を出したことに。
 そして日曜日は、ブレーメンを追いかけるバイエルンとシュツットガルトの試合がそれぞれ行われ、バイエルンは、1ゴール1アシストとゼ・ロベルトがゴール前で活躍し、格下ハノーファー相手に快勝。そのハノーファー、冬の移籍市場では、インパクト大のポルトガル人、アベル・ザビエルを獲得。そのザビエルがおよそ人間とは思えないヘアスタイルでスタンド観戦。寒空のオリンピアにて怪しいオーラを放っていた。最も、スタンドの客といえば、同日行われたヘルタ対シュツットガルトは凄いの一言。なんでもベルリンでブンデスリーガの監督会議みたいなイベントが開催されるとあって、ほとんど全てのブンデスリーガ監督がこの試合を観戦。それで緊張したかは別にして、ハンス・マイヤー新監督率いるヘルタと、好調シュツットガルトの一戦は0-0のまま終了間際まで展開した。最もこの日、試合を試合していたのはホームのヘルタ・ベルリンで、ツェッケのゴールが副審のミスジャッジでオフサイドにされてしまったり、マルセリーニョのシュートがクロスバーを叩くなどアンラッキーな展開が続いた。さらに、試合終了間際に得たフリーキックではマルセリーニョが蹴ったボールにヘルタの選手がヘディングで合わせてゴールが決まるも、主審が笛を吹く前に蹴ったとしてマルセリーニョにイエローカードの判定。ヘルタのサポーターは大ブーイングだったが、マルセリーニョが素早く蹴る可能性を見越して事前に笛を彼に見せて注意していた主審を考えると、これはマルセリーニョの大人げなさといったところか。それでも圧巻は、やり直しのフリーキックでしっかりボビッチのヘディングシュートをお膳立てしたこと。おそるべし、マルセリーニョ。やはりヘルタにはこの男が不可欠なのか。

◆土曜開催試合の結果

ボルシアMG - ヴェルダー・ブレーメン 1:2 (0:0) 

ボルシアMG:
GK1 ヨルグ・シュティール
DF19 ベルント・コルジニーツ
DF5 スラダン・アサニン
DF7 ジェフ・シュトラッサー
DF16 ブラッドリー・カーネル
MF36 エンリコ・ゲーデ
MF24 ペール・クルゲ
MF29 トーマス・ブロイヒ
MF11 ヨーナス・コルッカ
FW25 ヴァクラフ・スヴェルコス 
FW9 アリー・ファン・レント
監督: ホルガー・ファッハ氏

ヴェルダー・ブレーメン:
GK1 アンドレアス・ラインケ
DF5 ウミト・ダヴァラ
DF25 ヴァレリアン・イズマエル
DF20 ムラデン・クルスタジッチ
DF7 パウル・シュタルテリ
MF8 クリスティアン・リステシュ
MF6 フランク・バウマン
MF10 ヨハン・ミクゥ
MF4 ファビアン・エルンスト
FW7 イヴァン・クラスニッチ
FW38 ネルソン・ハエド・ヴァルテス
監督: トーマス・シャーフ氏

得点経過:
1:0 FW25 ヴァクラフ・スヴェルコス (51分ヘディングシュート、コルジニーツのアシスト)
1:1 FW7 イヴァン・クラスニッチ (54分左足でシュート)
1:2 DF6 フランク・バウマン (90分左足でシュート)

交代:
(M):
46分 MF8 イヴォ・ウリッヒ ← MF24 ペール・クルゲ
66分 FW12 ヨリス・ファン・ホウト ← FW11 ヨーナス・コルッカ
74分 FW11 トミスラフ・マリッチ ← FW9 アリー・ファン・レント
(B):
62分 FW32 ゴンサルヴェス・ダ・シウバ・アイウトン ← FW38 ネルソン・ハエド・ヴァルテス
86分 MF24 ティム・ボロウスキ ← MF8 クリスティアン・リステシュ
93分 MF27 クリスティアン・シュルツ ← FW7 イヴァン・クラスニッチ

主審: トルステン・コープ氏 
観戦者数: 28650人
退場: クルスタジッチ (72分、2枚目の警告)
警告: ゲーデ、スヴェルコス、マリッチ - シュタルテリ、バウマン

FCシャルケ04 - TSV1860ミュンヘン 0:0 (0:0) 

FCシャルケ04:
GK1 フランク・ロスト
DF20 クリスティアン・ポウルセン
DF15 トマシュ・ヴァルドフ
DF2 ニコ・ヴァン・ケルクホーフェン
DF7 レヴァン・コビアシュヴィリ
MF9 ハミト・アルティントップ
MF18 ニールデ・オウデ・カンプフイス
MF17 シュフェン・フェルマント
MF4 ダリオ・オクタヴィオ・ロドリゲス
FW14 ゲラルド・アザモア
FW26 ミケ・ハンケ
監督: ユップ・ハインケス氏

TSV1860ミュンヘン:
GK1 ミヒャエル・ホフマン
DF19 マティアス・レーマン
DF4 マルコ・クルツ
DF7 ロドリゴ・コスタ
DF5 ヤン・サーリネン
MF23 アンドレアス・ゲルリッツ
MF12 ダニー・シュヴァルツ
MF40 ゲルハルト・ポシュナー
MF24 ダニエル・バイアー
FW11 ベンジャミン・ラウト
FW9 フランシス・キオヨ
監督: ファルコ・ゲッツ氏

交代:
(S):
56分 FW11 エッベ・サンド ← FW26 ミケ・ハンケ
63分 MF8 ヨルク・ベーメ ← DF4 ダリオ・オクタヴィオ・ロドリゲス
74分 MF34 ミヒャエル・デルラ ← FW14 ゲラルド・アザモア
(M):
9分 MF6 ロマン・ティツェ ← MF12 ダニー・シュヴァルツ
58分 FW21 マルクス・シュロート ← FW11 ベンジャミン・ラウト
78分 MF33 ランス・ダーヴィッツ ← MF24 ダニエル・バイアー

主審: ウヴェ・ケムリンク氏 
観戦者数: 61000人
警告: ハミト・アルティントップ、ベーメ - シュヴァルツ、ラウト、ティツェ、コスタ

1.FCカイザースラウテルン - 1.FCケルン 1:0 (1:0)

1.FCカイザースラウテルン:
GK12 ティム・ヴィーゼ
DF4 アレクサンデル・クナフス
DF14 ティモ・ヴェンツェル
DF28 シュテファン・マルツ
MF23 トーマス・リードル
MF23 ミカ・ヌルメラ
MF15 ネナド・ビエリカ
MF32 ホセ・マヌエル・ドミンゲス
MF7 マリアン・フリストフ
FW11 ミロスラフ・クローゼ
FW9 ウラティスラフ・ロクヴェンツ
監督: クルト・ヤーラ氏

1.FCケルン:
GK33 シュテファン・ヴェッセルス
DF22 ムスタファ・ドゥガン
DF20 トーマス・チチョン
DF4 モーゼス・シチョン
MF17 ヨルグ・ハインリッヒ
MF19 アルベルト・シュトライト
MF12 オリヴァー・シュレーダー
MF15 クリスティアン・シュプリンガー
MF3 アレキサンダー・フォイト
FW36 ルーカス・ポドルスキ
FW10 アンドリュー・ヴォローニン
監督: マルセル・コーラー氏

得点経過:
1:0 FW9 ウラティスラフ・ロクヴェンツ (23分左足でシュート、ドミンゲスのアシスト)

交代:
(Ka):
58分 MF25 ミヒャエル・レーマン ← MF23 トーマス・リードル
78分 FW19 ハリル・アルティントップ ← MF7 マリアン・フリストフ
84分 MF30 カミル・コソフスキ ← MF32 ホセ・マヌエル・ドミンゲス
(Ko):
46分 MF7 フローリアン・クリンゲ ← MF15 クリスティアン・シュプリンガー
67分 FW8 マティアス・シェルツ ← MF19 アルベルト・シュトライト
75分 MF30 ディルク・ロットナー ← DF17 ヨルグ・ハインリッヒ

主審: ヘルマン・アルブレヒト氏 
観戦者数: 37529人
警告: クナフス、クローゼ、マルツ - シュトライト、ドゥガン、チチョン

ハンブルガーSV - VfLボーフム 1:1 (0:0) 

ハンブルガーSV:
GK29 シュテファン・ヴェヒター
DF6 ラファエル・ウィッキー
DF5 ニコ=ヤン・ホークマ
DF4 バスティアン・ラインハルト
DF20 ベルント・ホラーバッハ
MF7 メアディ・マハダビキア
MF14 ダヴィド・ヤロリーム
MF17 アレクサンダー・マイアー
MF22 シュテファン・バインリッヒ
FW9 ベルナルド・ロメオ
FW10 セルゲイ・バルバレス
監督: クラウス・トップメラー氏

VfLボーフム:
GK1 レイン・ファン・デュインホーフェン
DF5 セーレン・コルディン
DF6 レイモンド・カラ
DF15 フランク・ファーレスホルスト
DF22 エドアルド・ゴンサウベス・"エドゥ"
MF8 トマシュ・ズデベル
MF4 サンディ・オリセー
MF10 ダリウス・ヴォシュツ
FW7 パウル・フライヤー
FW16 ヴァヒド・ハシェミアン
FW9 ペーター・マドセン
監督: ペーター・ノイルラー氏

得点経過:
0:1 DF5 セーレン・コルディン (70分右足でシュート、マドセンのアシスト)
1:1 FW9 ベルナルド・ロメオ (83分ヘディングシュート、マハダビキアから)

交代:
(H):
46分 FW32 高原 直泰 ← A分 MF17 アレクサンダー・マイアー
66分 DF24 シュテファン・クリング ← MF20 ベルント・ホラーバッハ
71分 MF3 クリスティアン・ラーン ← MF22 シュテファン・バインリッヒ
(B):
64分 MF20 ミロスラフ・ステヴィッチ ← MF10 ダリウス・ヴォシュツ
74分 FW19 ママドゥ・ディアバン ← FW9 ペーター・マドセン
84分 DF12 アントン・ヴリースデ ← FW7 パウル・フライヤー

主審: マルクス・シュミット氏
観戦者数: 37667人
警告: マドセン

VfLヴォルフスブルク - ボルシア・ドルトムント 2:4 (1:2) 

VfLヴォルフスブルク:
GK29 シモン・イェンツシュ
DF33 マイク・フランツ
DF2 パブロ・クアトロッキ
DF5 シュテファン・シュノアー
DF7 パトリック・ヴァイザー
MF36 ファン・カルロス・メンセゲス
MF27 ミロスラフ・カルハン
MF6 パブロ・シアム
MF21 マーティン・ペトロフ
FW9 ディエゴ・フェルナンド・クリモヴィッツ
FW17 フェルナンド・バイアーノ
監督: ユルゲン・レーバー氏

ボルシア・ドルトムント:
GK26 ギローム・ワルムズ
DF7 シュテファン・ロイター
DF14 ギー・デメル
DF4 クリスティアン・ヴェアンス
DF15 ニクラス・ヤンセン
MF8 トルステン・フリングス
MF6 フラヴィオ・コンセイソン
MF5 セバスティアン・ケール
FW24 ダヴィド・オドンコール
FW9 ヤン・コラー
FW12 ヘンリケ・デ・ソウザ・エヴェルトン
監督: マティアス・ザマー氏

得点経過:
1:0 FW21 マーティン・ペトロフ (36分PK、左足でシュート、バイアーノの得たファウル)
1:1 MF15 ニクラス・ヤンセン (42分直接フリーキック、左足でシュート)
1:2 FW9 ヤン・コラー (45分右足でシュート、ヴェアンスから)
1:3 MF8 トルステン・フリングス (54分左足でシュート、コラーから)
1:4 MF18 ラルス・リッケン (78分左足でシュート、コラーから)
2:4 FW17 フェルナンド・バイアーノ (88分右足でシュート、シュノアーから)

交代:
(W):
39分 MF31 ハンス・サルペイ ← MF6 パブロ・シアム
65分 DF20 ミルコ・ヘルゴヴィッチ大阪 ← MF27 ミロスラフ・カルハン
82分 MF37 カルステン・フィッシャー ← DF2 パブロ・クアトロッキ
(D):
70分 MF18 ラルス・リッケン ← FW12 ヘンリケ・デ・ソウザ・エヴェルトン
86分 FW33 サルヴァトーレ・ガンビーノ ← FW24 ダヴィド・オドンコール
91分 MF マルクス・ブルゼンスカ ← MF8 トルステン・フリングス

主審: フランツ・クサヴァ・ワック氏
観戦者数: 25286人
警告: シュノアー、ヘルゴヴィッチ大阪、クアトロッキ - オドンコール、

バイヤー・レバークーゼン - アイントラハト・フランクフルト 1:2 (0:1) 

バイヤー・レバークーゼン:
GK1 ハンス=ヨルク・ブット
DF4 "ジュアン"・シウヴェイラ・ドス・サントス
DF3 フェレイラ・ダ・シウヴァ・ルシオ
DF5 イェンス・ノヴォトニー
DF35 ディエゴ・ロドルフォ・プラセンテ
MF28 カルステン・ラメロウ
MF13 ダニエル・ビアロフカ
MF19 マルコ・バビッチ
MF25 ベルント・シュナイダー
FW9 ディミタール・ベルバトフ
FW11 "フランサ"
監督: クラウス・アウゲンターラー氏

アイントラハト・フランクフルト:
GK1 オカ・ニコロフ
DF33 インゴ・ヘルツシュ
DF27 クリストフ・プロイス
DF29 クリスティアン・マイコン・ヘニング
MF2 スヴェン・ギュンター
MF24 アレクサンダー・シュール
MF3 ヘニング・ブュルガー
MF9 チャ・ドゥリ
MF7 エルヴィン・スケラ
MF16 マルクス・クロイツ
FW6 イオアニス・アマナティディス
監督: ヴィリ・レイマン氏

得点経過:
0:1 DF33 インゴ・ヘルツシュ (20分ヘディングシュート、ブュルガーのアシスト)
1:1 FW27 オリバー・ノイヴィル (61分左足でシュート、ベルバトフから)
1:2 FW6 イオアニス・アマナティディス (77分ヘディングシュート、シュールから)

交代:
(L):
46分 FW27 オリバー・ノイヴィル ← FW11 "フランサ"
75分 FW  ケナン・サヒン ← MF13 ダニエル・ビアロフカ
82分 MF17 クレメンス・フリッツ ← DF5 イェンス・ノヴォトニー
(F):
72分 MF8 シュテファン・レクサ ← FW9 チャ・ドゥリ

主審: エドガー・シュタインボーン氏
観戦者数: 22500人 (チケット完売)
警告: ヘルツシュ

ハンザ・ロストック - SCフライブルク 4:1 (1:0) 

ハンザ・ロストック:
GK1 マティアス・ショバー
DF14 ホアキン・ペルッション
DF28 ラズンダラ・ティークズ
DF12 ウヴェ・メーレ
DF20 デラーノ・ヒル
MF17 マルクス・ランツ
MF トーマス・ラスムッセン
MF6 ロナルト・マウル
MF7 レネ・リドレヴィッツ
FW19 アントニオ・ディ・サルヴォ
FW11 ラデ・ピリカ
監督: ユリ・シュルンツ氏

SCフライブルク:
GK24 ティモ・ライス
DF13 シュテファン・ミュラー
DF17 ブバカル・ディアラ
DF15 ブルーノ・ベルナー
MF11 デニス・クルッペ
MF6 ズラタン・バイラモヴィッチ
MF22 サシャ・リーター
MF12 ロダ・アンタル
FW33 イブラヒム・タンコ
FW23 ウィルフリード・サヌゥ
FW9 アレクサンダー・イアシュヴィリ
監督: フォルカー・フィンケ氏

得点経過:
1:0 FW19 アントニオ・ディ・サルヴォ (8分右足でシュート、マウルのアシスト)
1:1 FW23 ウィルフリード・サヌゥ (64分ヘディングシュート、カイロから)
2:1 FW15 マグヌス・アルヴィドション (76分ヘディングシュート、リドレヴィッツから)
3:1 MF16 ゲルノト・プラスネッガー (80分右足でシュート、アルヴィドションから)
4:1 MF28 ラズンダラ・ティークズ (90分右足でシュート、アルヴィドションから)

交代:
(R):
69分 FW15 マグヌス・アルヴィドション ← FW11 ラデ・ピリカ
73分 MF16 ゲルノト・プラスネッガー ← MF14 ホアキン・ペルッション
84分 FW5 キム・マドセン ← MF7 レネ・リドレヴィッツ
(F):
46分 MF29 トビアス・ヴィリ ← FW11 デニス・クルッペ
46分 FW8 エレリー・カイロ ← FW33 イブラヒム・タンコ
82分 MF20 ロルフ・クリステル・グエ・ミエン ← MF6 ズラタン・バイラモヴィッチ

主審: ペーター・ガーゲルマン氏 
観戦者数: 14000人
警告: リドレヴィッツ、ランツ - クルッペ

◆日曜開催試合の結果

ヘルタ・ベルリン - VfBシュツットガルト 1:0 (0:0) 

ヘルタ・ベルリン:
GK12 クリスティアン・フィートラー
DF3 アルネ・フリードリヒ
DF4 ディック・ブリック
DF14 ジョシップ・シムニッチ
MF28 ソフィアン・シャヘット
MF18 パル・ダルダイ
MF29 マリク・ファチ
MF20 アンドレアス・"ツェッケ"ノイエンドルフ
FW15 ジュゼッペ・レイナ
FW10 マルセロ・ドス・サントス・パレイバ・"マルセリーニョ"
FW13 フレディ・ボビッチ
監督: ハンス・マイヤー氏

VfBシュツットガルト:
GK1 ティモ・ヒルデブラント
DF2 アンドレアス・ヒンケル
DF6 フェルナンド・メイラ
DF3 ボリス・ジブコヴィッチ
DF21 フィリップ・ラーム
MF20 ズボニミール・ソルド
MF13 クリスティアン・ティファート
MF15 ユリカ・ヴラニェス
MF15 アリアクサンドル・フレブ
FW22 ケヴィン・クゥラニー
FW19 イムレ・サビッチ
監督: フェリックス・マガト氏

得点経過:
1:0 FW13 フレディ・ボビッチ (87分ヘディングシュート、マルセリーニョのアシスト)

交代:
(B):
78分 MF16 ロベルト・ピント ← FW15 ジュゼッペ・レイナ
80分 MF7 バルトシュ・カルヴァン ← MF20 アンドレアス・"ツェッケ"ノイエンドルフ
86分 DF17 アレクサンダー・マドルング ← MF18 パル・ダルダイ
(S):
61分 MF16 ホルスト・ヘルト ← MF15 ユリカ・ヴラニェス
61分 MF7 シルフィオ・マイスナー ← FW13 クリスティアン・ティファート
75分 FW9 マルコ・ストレーラー ← FW19 イムレ・サビッチ

主審: トルステン・キンヘーファー氏 
観戦者数: 39153人
警告: ツェッケ、シムニッチ、ダルダイ、マルセリーニョ - ティファート

バイエルン・ミュンヘン - ハノーファー96 3:1 (1:0) 

バイエルン・ミュンヘン:
GK1 オリヴァー・カーン
DF2 ウィリー・サニョール
DF4 サムエル・オセイ・クフォー
DF25 トーマス・リンケ
DF3 ビセンテ・リザラズ
MF23 オーウェン・ハーグリーヴス
MF20 ハサン・サリハミジッチ
MF13 ミヒャエル・バラック
MF11 ゼ・ロベルト
FW14 クラウディオ・ピサロ
FW10 ロイ・マカーイ
監督: オットマール・ヒッツフェルト氏

ハノーファー96:
GK25 マルク・ツィーグラー
DF6 スティーヴ・チェルンドロ
DF24 コスタス・コンスタンティニディス
DF2 ヴィニシウス・ベルガンティン
DF21 コレイラ・クレーベル
MF17 ネボイシャ・クルプニコヴィッチ大阪
MF22 ジュリアン・グズマン
MF27 シルフィオ・シュレーター
MF44 クリント・マティス
MF11 ダニエル・シュテンデル
FW13 トーマス・ブルダリッチ
監督: ラルフ・ラングニック氏

得点経過:
1:0 MF13 ミヒャエル・バラック (10分ヘディングシュート、ゼ・ロベルトのアシスト)
2:0 MF11 ゼ・ロベルト (66分左足でシュート、マカーイから)
3:0 FW10 ロイ・マカーイ (78分右足でシュート)
3:1 FW12 スタンコ・スヴィトリカ (82分右足でシュート、シューラーから)

交代:
(M):
79分 MF16 イェンス・イェレミース ← FW14 クラウディオ・ピサロ
80分 FW24 ロケ・サンタ・クルツ ← FW10 ロイ・マカーイ
(H):
33分 DF16 マルクス・シューラー ← FW11 ダニエル・シュテンデル
46分 MF19 ハイメ・サンチェス・フェルナンデス ← DF6 スティーヴ・チェルンドロ
66分 FW12 スタンコ・スヴィトリカ ← FW44 クリント・マティス

主審: ルッツ・ミヒャエル・フレーリヒ氏 
観戦者数: 32000人
退場: バラック (76分、2枚目の警告)、グズマン (90分、2枚目の警告)
警告: チェルンドロ

当ページに関するご意見・ご感想ほか、ブンデスリーガ全般については
ブンデスリーガ専用掲示板「ブンデスリーガ会議」にて!

最終更新日: 2004年02月10日

ブンデスニュースへ戻る ] [ トップページへ戻る

▲Page Top

copyright (c) Satoshi, 1997-2002