Click here to visit our sponsor

ブンデスリーガ トップページ
ブンデスニュース
ブンデス基本ガイド
ブンデスリーガ会議
クラブチーム紹介
年間スケジュール
基本観戦ガイド(日本編)
観戦ガイド(現地編)
現地観戦記
ブンデス史

トップページへ

>> ブンデスリーガ・コラム vol.25   [ ブンデスニュースへ戻る ] [ トップページへ戻る

[03/04シーズン] ブンデスリーガ前半戦最終順位表

 12月16、17日に行われた第17節をもって、ブンデスリーガは前半戦の日程が終了。他の国に比べて少し長めのウィンターブレイクを挟んで、1月31日から再び後半戦を戦うことになる。
 さて、前半戦で首位に立って折り返すチームを、ドイツでは「Herbstmeister(秋の王者)」と呼ぶが、今シーズンはヴェルダー・ブレーメンがその地位を確保した。今シーズン前半戦の終盤においては、シュツットガルトが首位を独走しており、いつストップがかかるのかと思われていたが、やはり当初予想された鬼門である最終2節で黒星を喫する結果となった。すなわち、16節ではバイエルンに、17節ではレバークーゼンに敗れたのである。また、そのレバークーゼンにいたっても、16節でホームにてブレーメンに土をつけられ、バイエルンもこのブレーメン相手に15節で引き分けに終わっている。このように上位チーム相手にもきちんと勝ち点を積み上げてきたブレーメンが、前半戦の最後にようやく首位に躍り出た格好である。とはいえ、すぐ後ろには、このバイエルン、シュツットガルト、レバークーゼンが虎視眈々と首位の座を伺っている。おそらく、この4チームにて優勝争い、そしてチャンピオンズリーグの出場権争いが後半も展開されることだろう。
 以下では、前半戦終了時点での順位表を掲載しておく。上位4チームについて上述の通りだが、一方中下位については、UEFA杯出場圏内である5位以内をねらえるのが、ハノーファー96より上の勝ち点20以上のチームの他、1860ミュンヘンあたりであろうか。一方で勝ち点10台のチームは残留争いに巻き込まれる可能性が高い。最下位のフランクフルトとて、残留ラインのラウテルンとは勝ち点差が僅かに3。この残留争いについても熾烈を極めることであろう。

当ページに関するご意見・ご感想ほか、ブンデスリーガ全般については
ブンデスリーガ専用掲示板「ブンデスリーガ会議」にて!

順位チーム名得点:失点勝点
1ヴェルダー・ブレーメン123245:202539
2バイエルン・ミュンヘン105240:192135
3バイヤー・レバークーゼン105234:171735
4VfBシュツットガルト105224:71735
5VfLボーフム75530:22826
6ボルシア・ドルトムント74629:25425
7VfLヴォルフスブルク81835:32325
8FCシャルケ0466523:23024
9ハンブルガーSV65623:29-623
10SCフライブルク63824:37-1321
11ハノーファー9655730:37-720
12ハンザ・ロストック54824:27-319
13ボルシア・メンヒェングラッドバッハ54818:24-619
141860ミュンヘン54818:26-819
151.FCカイザースラウテルン53920:31-1115
161.FCケルン341015:26-1113
17ヘルタ・ベルリン27815:33-1813
18アイントラハト・フランクフルト331116:28-1212

当ページに関するご意見・ご感想ほか、ブンデスリーガ全般については
ブンデスリーガ専用掲示板「ブンデスリーガ会議」にて!

最終更新日: 2003年12月19日

ブンデスニュースへ戻る ] [ トップページへ戻る

▲Page Top

copyright (c) Satoshi, 1997-2002