ドイツサッカー総合サイト - ドイツ代表、ブンデスリーガ テレビ&現地観戦ガイド -
euronavi.net/de サッカー ドイツ代表 ブンデスリーガ ドイツ旅行 などの情報を発信
ドイツトップ | euronaviトップページ



ドイツトップ > ブンデスリーガ > ヴェルダー・ブレーメン vs バイヤー・レバークーゼン 観戦記

 ヴェルダー・ブレーメン vs バイヤー・レバークーゼン 観戦記

ドイツ現地観戦記インデックスページへ戻る

2010年02月21日(日) レバークーゼン
09/10シーズン、ブンデスリーガ第23節
ヴェルダー・ブレーメン vs バイヤー・レバークーゼン 2:2(1:1)
Text & Photographs by ブンデスファン様&かける様

 2010年2月に行われたブンデスリーガ第23節「ブレーメン vs レバークーゼン」について、この試合を観戦されたブンデスファン様とかける様より連名で観戦記を御寄稿頂きました。どうぞお楽しみ下さい。(管理人より)

 「ブンデスリーガチケット入手方法の考察」でも紹介していますが、チケットは球団HPから申込(抽選→当選)。クレカ(VISA)決済。パスポート提示、スタジアムで直接受取でした。この試合はAusverkauft、チケット完売、満員でした。Nord、Block10、センターサークル近く、前から14列目で45.00EUR。

 試合のほうですが、前半からホームのヴェルダーが押し気味。とは言え、この時点で首位のレヴァークーゼンが相手。失点が少なく守備も堅いチーム。気になったのは、隣の地元サポーターとも話していたんですが、ゲームメーカー、ドイツ代表MF、エジルの"キレ"が悪い。まあ、殆どフル出場で疲れも溜まっているんでしょう。シャーフ監督も主力選手ですから外して休ませる訳にもいかない。そうこうしているうちに、デルディヨクのFK。ワンチャンスをモノにされて先制を許す。直ぐにナウドの十八番、弾丸FKがドイツ代表キーパー、アドラーの前でワンバウンド。ナントか止めるもピサロが詰めて同点で前半折り返し。後半は今、売り出し中のクロースにミドルを決められ勝ち越しを許す。残り時間も5分くらいになり、前列のオッサンは席を立ち家路に。こういう人は真のサポーターじゃないんですよね。こういうときに限って、良いシーンを見逃すんだよな~と"良い"予感がしました(笑)。敗色濃厚のロスタイムに突入。お決まりの長身、両CB、ナウド、メルテザッカーが前戦に上がり、ロングボールを放り込むパワープレーに。マリンのフワッとしたクロスにメルテザッカーがヘッドで合わせて同点。終了。土壇場で尻に火が付いて帳尻合わせ。これも、ある意味、ヴェルダーらしい試合を見せて貰いました。余談ですが、試合後、余韻を楽しんで煙草を吹かし佇んでいたところ、地元サポーターのオッサンに声を掛けられました(英語で)。

地元サポ「お前は、ここに初めて来たのか」
私(ブンデスファン)「否、2回目です。1回目は、2005年だったかな、CLグループステージ、ヴェルダーvsウディネーゼ(セリエA)」
地元サポ「3:0から・・・」
私「たった10分くらいで、3:3に追い付かれた。あっちこっちから"シャイセ(糞の意)"、"ウンザレ・シュタディオン(我々のホームゲームだぞ(意訳))!"と叫び声があっちこっちから聞こえたよ」
地元サポ「その後、ミクーのミドルシュートが決まって4:3。」
私「オストカーブ(ゴール裏、地元サポーター専用、立見席)から、"ヴェルダー、ジーク(ヴェルダー勝利)"と聞こえたよ。ヴェルダーはいつも強いわけじゃないが、時々、何かやってくれる。いつもじゃないけど、時々、何かを期待できる」
地元サポ「ローラーコースター(ジェットコースター)みたいなチームなんだ。」
私「サッカー以上のものだよ。ヴェルダー劇場だね。」
地元サポ「あはは(笑い声)」

 多分、ここ5年、10年間で、地元サポにとっても、印象に残る試合だったのでしょうね。スコアを覚えていたくらいですから。こんな地元サポーターとお気に入りチームのことで会話を交わすのも楽しいものです。(by ブンデスファン様)


"アウェーサポーター区画(立見席)"からの観戦記(by かける様)

 日本を出発する前に、(ヴェルダー)球団とメールで交渉しましたが、売残りのチケットはないとの返事。当日券又はダフ屋を求めて、スタジアムでブンデスファンさんと落ち合うと、「エエもん見つけたで!"レーヴァークーゼン、13.00EUR"と書いてあるチケット販売所(プレハブ小屋)がそこにあったで。パスポートを見せて『俺は日本人だ。俺は日本に住んでいる。ヴェルダーのファンでも、レヴァークーゼンのファンでもない。完全にニュートラルだ。チケットを売ってくれないか?』と聞いてみたらどうや。ここまで来て、当日券もダフ屋も駄目やった、でスタジアムの外に立っとるのは馬鹿らしいで。聞くだけ聞いてみたらどうや。聞くだけならタダやで。しかも、ダフ屋から買うボッタくりプライスではなく正規料金、定価やで。安いで。」と大阪弁で捲し立てられ、言われた通りにやってみると難なく、アウェーサポーター用チケット、West、Block22、1階、立見席をゲットできました(笑)。ブンデスファンさんも言ってましたが、地元、ドイツ人でヴェルダーのマフラーを巻いた"ホームサポーター"だったら売って貰えなかったんでしょうね。アウェーサポーター区画にホームチームのサポーターを入れたら乱闘騒ぎは予想されますから。人畜無害、平和な"日本人"てところがキーポイントだったのかもしれません(笑)。

 座席はあるものの総立ちの観戦でした。レバークーゼンも首位とはいえ、バイエルンが迫ってきているので勝利を逃せない状況でしたが、雰囲気はアットホームでした。大きな旗を前方で2、3本振っていて、見にくいなあと思ったのですが、気を遣いながら振っている様子がうかがえ、試合が始まってしまえば野球観戦の外野席のようにむやみに振る姿はなかったです。得点したときのみ一生懸命に振っていました。
 試合開始5分前にはほぼ席は埋まっていました。プレイに一喜一憂していましたが、罵詈雑言もなく(ドイツ語がわかれば違ったかも?)、行儀よく観戦していた印象があります。ホームのブレーメンが得点すると水を打ったように静まり返っていましたが。。。
試合を通して、とても楽しくエキサイティングに観戦できました。
アウェー側(WEST)は改修工事中で、完了区画には観客を入れているようで、ゴールまでの距離が近くなっており、とても見やすかったです。ホーム側(OST)は陸上のトラックのように膨らんでいました。あの雰囲気でしたら、女性でも安心して観戦できたと思います。イタリアのように爆竹がないのもいいですね(by かける様)。

(関連記事) ヴェルダー・ブレーメン 現地観戦ガイド (2008年09月23日)
(関連記事) ヴェルダー・ブレーメン 完全ガイド (基本情報・近年の成績) (2008年09月23日)
(関連記事) ヴェルダー・ブレーメン vs FCトウェンテ 観戦記 (2010年05月04日)
(関連記事) [特別寄稿]ブンデスリーガチケット入手方法の考察 (2010年05月04日)
(関連記事) バイヤー・レバークーゼン vs VfLヴォルフスブルク 観戦記 (2010年05月04日)

| | コメント

ソーシャルブックマーク: Yahoo!ブックマークに登録 みんトピに投稿 はてなブックマークに追加 newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク niftyクリップに投稿


この記事に関するコメントは以下の掲示板のいずれかへどうぞ。

[ドイツ代表応援掲示板]

ドイツ代表応援掲示板はコチラ!

[ブンデスリーガ会議]

ブンデスリーガ専用掲示板「ブンデスリーガ会議」はコチラ。


Web
euronavi.net

ユニフォーム ホームゲームシャツ アウェーゲームシャツ

09/10 ヴェルダー・ブレーメン ホームゲームシャツ



09/10 ヴェルダー・ブレーメン アウェーゲームシャツ



09/10 ヴェルダー・ブレーメン 3rdゲームシャツ

(参照記事)簡単・便利!英国本家サブスポ購入ガイド





ドイツ代表ニュース
ドイツ代表応援掲示板
ドイツ代表監督紹介
ドイツ代表選手紹介
ドイツ代表試合スケジュール
2008年欧州選手権オーストリア・スイス大会
2006年ドイツワールドカップ
2004年欧州選手権ポルトガル大会
2002年日韓ワールドカップ
ドイツ代表全戦績
ドイツ代表記録集
ドイツ代表の歴史
ドイツ国内スタジアム紹介
ドイツ代表戦現地観戦ガイド


ブンデスリーガ速報
ブンデスリーガ基本ガイド
ブンデスリーガ会議
ブンデスリーガ クラブチーム紹介
ブンデスリーガ年間スケジュール
安藤正純特別コラム
ブンデスリーガ観戦ガイド(日本編)
ブンデスリーガ観戦ガイド(ドイツ編)
ドイツサッカー現地観戦記


VfLヴォルフスブルク
FCバイエルン・ミュンヘン
VfBシュツットガルト
ヘルタ・ベルリン
ハンブルガーSV
ボルシア・ドルトムント
TSG1899ホッフェンハイム
FCシャルケ04
バイヤー・レバークーゼン
ヴェルダー・ブレーメン
ハノーファー96
1.FCケルン
アイントラハト・フランクフルト
VfLボーフム
ボルシア・メンヒェングラッドバッハ
SCフライブルク
1.FSVマインツ05
1.FCニュルンベルク












2008年ヨーロッパ選手権スイス・オーストリア大会(EURO2008) テレビ&現地観戦ガイド



購読する このブログを購読

Powered by
Movable Type


▲ このページのトップに戻る当サイトについてリンクお問い合わせeuronavi.net

Copyright (C) euronavi.net. All rights reserved.