ドイツサッカー総合サイト - ドイツ・ブンデスリーガに関するテレビ&スタジアム観戦ガイド −

ホームページ | サイトマップ | お問い合わせ


無断転載禁止

HOME > ブンデスリーガ > ドイツ現地観戦記 > FCバイエルン・ミュンヘン vs スポルティング・リスボン (by dekotoma様)

2006年10月31日(火) ミュンヘン
06/07シーズン、UEFAチャンピオンズリーググループリーグ第4節
FCバイエルン・ミュンヘン vs スポルティング・リスボン 0:0(0:0)
Text & Photographs by dekotoma様

 2006年10、11月にドイツ国内でブンデスリーガやチャンピオンズリーグを3試合観戦されたdekotoma様より貴重な観戦記を御寄稿頂きました。こちらは、2試合目に観戦された「FCバイエルン・ミュンヘン vs スポルティング・リスボン」の観戦記です。併せて御寄稿頂いた「VfBシュツットガルト vs FCシャルケ04」「ハンブルガーSV vs FCポルト」に関する観戦記も、お楽しみ下さい。(管理人より)

 シュツットガルトからミュンヘンに移動して中1日おいて、チャンピオンズリーグのバイエルンースポルティング戦を観ました。チケットは前もってドイツにいる友人に取ってもらいました。スタジアムが変わってからのバイエルンの試合は本当に取れにくくなりました。アリアンツアレーナは駅から良く見えますが、歩くとかなり距離がありました。チャンピオンズリーグは夜の8時45分のキックオフなので、2時間位前に行っても周りが暗いためスタジアムがバイエルンの赤い色に浮かび上がって、とても綺麗でした。この時だけは昼の試合ではなくて良かったかなと少し思いました。夜の試合のせいかはわかりませんが、アリアンツアレーナの周りに屋台やダフ屋のような人はほとんど見かけませんでした。

 (さっさとゲートを抜けて中に入ってしまったからかもしれませんが。)中はさすがに最新のサッカー専用スタジアムらしく、大変見やすいのですが、上の方の席は傾斜がキツイ分上るのがシンドイです。売店での買い物にはアレーナカードというのを最初に買ってからでないと何も売ってくれませんが、カード売り場はあちこちにあるので心配無用です。自分は10ユーロ分を買って、ビールとホットドック、それにマイスターシャーレの形をしたグミを買ったら丁度10ユーロにあと20セントくらいの金額になりましたので、カードも記念に持ち帰りました。試合前に、ピッチの真ん中でボール型の大きなフラッグを子供たちが上下に揺する間、チャンピオンズリーグの歌が大音響で流れるのはなかなか良かったです。

 試合の方は、歓声が中にこもるのと、チャンピオンズリーグはUEFAの主催のため通常のリーグ戦とは違い、立見席が無いのでサポーターの盛り上がりがイマイチだったせいかスタジアムというより劇場で見ているような気分でした。バイエルンがなんだか疲れているなというのが素人目にもわかるような、スコアレスドローの試合でした。帰りは時間も遅く、電車が来る間隔が長くなるのを皆知っているので、小走りに駅へ急ぐ人ばかりで自分もつられて走って駅まで行きました。




▲ このページのトップに戻る当サイトについてリンクお問い合わせeuronavi.net

Copyright (C) euronavi.net. All rights reserved.