Click here to visit our sponsor
2005年7月撮影(by uke_hsv様)、無断転載禁止



スポンサー
Click here to visit our sponsor
 
>> ドイツサッカー 現地観戦記   [ 観戦記トップへ戻る ] [ トップページへ戻る

2005年07月02日(土) ハンブルク
05/06シーズン、UEFAインタートト杯2回戦第1戦
ハンブルガーSV vs FKポベダ・プリレプ 4:1(0:1)
Text & Photographs by uke_hsv様

 05/06シーズン最初の現地観戦記として、uke_hsv様よりインタートト杯のHSV初戦の模様をお寄せ頂きました。コンフェデレーションズ杯からわずかに中2日。この7月2日に行われたインタートト杯2回戦でドイツの新シーズンがスタート。高原選手の所属するHSVの試合の模様をどうぞお楽しみ下さい。(管理人より)

 「インタートト杯?」にわかファンの私にはどの様な試合なのか分からなかったのですが、HSVにとって今シーズン最初の公式戦ということで観戦に行って来ました。チケットは前日にホームページで確認、思ったより売れている印象でしたが当日券を購入することにしました。

 まだまだ天候の不安定なハンブルグですが当日は快晴、少し暑いくらいでした。まず、お昼前に市内のファンショップに当日券を購入に向かいました。ここはいつ来てもとても親切にしてくれるので大好きな場所です。今回はチケットの値段も最高15ユーロと安かったため「15ユーロの席」とだけ指定、場所はお任せにしてみました。受け取ったチケットは東1階(2A)の7列目でした。外国人に親切なのか、1席だけのオーダーなのが原因なのか、ここではいつも良い席が購入できる印象です。ご存知の方が多いと思いますが、チケットは往復の交通機関のチケットとしても有効ですので往復は切符を買うことなくバス・電車に乗ることが出来ます。と言うわけで、当日券での観戦の場合は市内のファンショップでの購入をお奨めします。

 試合開始が18時からということで、一旦帰宅し夕方に再度バスで出発しました。中央駅から電車に乗ったのですが、と、そこはすでにHSVファンの集団の真っ只中でした。すぐに「ラーラーラーラー、ラララララララー。HSV! HSV!」と、ビール片手の大合唱が始まり、周りはすでにシーズン中と同じテンションでした。大合唱が続く中20分程でステリンゲン駅に到着、そこからは歩いてスタジアムに向かいました。電車の中ではシーズン中と同じ雰囲気だったのですが、森の中を歩いているときはさすがに密度が少し低い感じで、ゆっくりとした感じでした。

2005年7月撮影(by uke_hsv様)、無断転載禁止

 観客の絶対数が少ない為か、入場もいつもよりスムーズに出来ました。入ってみると2階席の後方のブロックは閉鎖されていたみたいで、さすがにガラガラの印象でした(観衆27,612人)。普段は西側の席から見ているので東側の席を少し喜んでいたのですが、西日の暑さを思い知らされました。さて、試合開始45分前頃に着席したのですが、すでに選手はアップを開始していました。高原選手はと探すと、いました、いました。元気そうにいつも通りの足を高く上げるアップをしていました。その姿に少し安心したのですが、他の選手はと見ると、あれ? 知っている選手があまりいません。ファンボイテン、バルバレス、ボラロース、ヴィッキー、ムペンザ、モレイラ、マハダビキア、誰もいない。大丈夫かと少し心配になってきました。全体的なアップの仕方が変わった様子でしたが、いつもと同じく(バルバレスがいない時は)高原選手がポストとなってのシュートの練習でアップも終了しました。

2005年7月撮影(by uke_hsv様)、無断転載禁止

 試合開始前の演出は少し省略した感じだったのですが、ファンはシーズン中と同様に大いに盛り上がっていまいした。

2005年7月撮影(by uke_hsv様)、無断転載禁止

 と正直言って良かったのはここまでの感じです。試合が始まると不安定で自信なさげなディフェンス陣、繋がらない中盤、ミスの多いフォワードと、良いとこなしでした。高原選手も前線で頑張ってはいたのですが、なかなか球が来ずイライラの感じでした。(残念ながらミスが目立っていました。)あまりの凡戦にブーイングの中両者無得点で終わるのかなーと思っていたのですが、前半終了間際のコーナーキックから、ありがちな綺麗なヘディングで得点されてしまいました。そのまま、前半終了となってしまいました。うーん、残念。

 後半はさすがにファンの大声援に向かっての北側ゴールへ攻勢をかけました。デメルのゴールで同点になり、やっと周りのファンも納得の様子でした。と後半10分過ぎ、高原選手が交代になってしまいました。うーん、やっぱり本調子じゃないのか、早く調子を取り戻して欲しいと思いつつ嫌な予感がしました。やはり、こういう嫌な予感は良く当たってしまうもので、その後、明らかにチームの状態が良くなった印象でラース、タキー、トロコビスキーの得点で結局4-1、試合終了となりました。

2005年7月撮影(by uke_hsv様)、無断転載禁止

 まー、初戦はこんなものかという気分なのですが、昨シーズン終了間際から続く不完全燃焼な感じを受ける試合でした。実力通りの結果には終わりHSVにとってはよかったのですが、高原選手ファンにとっては少し心配な印象を受ける試合となってしまいました。ドイツ人同僚が言うように「今シーズンは中盤が良くなるので高原ももっと得点するぞ」を期待しつつ、アリーナを後にしました。

 まー、しかし、元気そうでなにより。

最終更新日: 2005年07月06日

euronavi.net/de HOMEへ戻る
 

▲Page Top
Copyright(C) 2004 euronavi.net All rights reserved.