Click here to visit our sponsor

ブンデスリーガ トップページ
ブンデスニュース
ブンデス基本ガイド
ブンデスリーガ会議
クラブチーム紹介
年間スケジュール
基本観戦ガイド(日本編)
観戦ガイド(現地編)
現地観戦記
ブンデス史

トップページへ

>> ドイツサッカー 現地観戦記   [ 観戦記トップへ戻る

2003年08月24日(日) ハンブルク
03/04シーズン、ブンデスリーガ第4節
ハンブルガーSV vs バイエルン・ミュンヘン 0:2(0:1)
Text & Photographs by Bochichi様

 2003年8月に、ハンブルクにて伝統の一戦「ハンブルガーSV対バイエルン・ミュンヘン」を観戦されたBochichiさんから貴重な観戦記をいただきました。ブンデスリーガ40周年を記念するこの特別な試合では、高原選手も先発出場。結果はアウェーのバイエルン勝利に終わりましたが、満員のAOLアレナでの臨場感あふれるスタジアム観戦。その観戦記をぜひお楽しみ下さい。(管理人より)

 高原直泰を応援するため、ハンブルグで8月24日の「ハンブルガーSVvsバイエルン・ミュンヘン」戦を観戦してきました。直前の20日に日本で代表戦があるので強行スケジュールを心配しましたが、高原は元気に先発で出場してくれました。

 中央駅からS21に乗り、約15分でStellingen駅に到着。早めに中央駅を出発したので、電車も空いていて楽勝でした。電車からAOLスタジアムが見えた時は、いよいよブンデスリーガ生観戦かと、気分が盛り上がったものです。駅前ではマフラー売りや、ビールとソーセージ売りの屋台が出ていて、雰囲気満点。駅前を左に進むと、後は大体、1本道です。人の列が一方向で、看板も各所にあるのでまず迷うことはないでしょう。森の脇をテクテクと歩き、約20分でスタジアムに到着。途中で多くのHSVファンやバイエルンファンに「タカハーラ」と声をかけられました。高原の人気と注目度が分かり、うれしい限りです。少しはドイツ語が喋れればコミュニケーションが取れるのに。そう思うと残念でした。

2003年撮影(by Bochichi様)、無断転載禁止

 チケットは日本出発前に旅行代理店で調達しました。1枚が手数料込みの24,000円で、センターラインとゴールラインの中間当たりのバックスタンド側でした。14列目のいい席でしたが、元はといえば51.5ユーロの席です。HSVの公式サイトのドイツ語バージョンでチケットが買えることを知っていましたが、販売開始が遅いので断念しました。試合直前の8月18日が販売開始では、出発までにチケットが入手できるかどうか不安でしたから(ドイツ語は堪能でないので、正確でないかもしれません)。

 このカードは、ブンデスリーガの40周年を記念して組まれたそうです。かつての名選手を招いた式典があるなど、最高の雰囲気の中で行われました。スタンドは新しく、観衆は55,500人と超満員。ショップは試合開始前から人垣ができていました。ただし、Tシャツなどの種類はあまりありません。ピザがおいしいのでお勧めです(3ユーロ)。

2003年撮影(by Bochichi様)、無断転載禁止

2003年撮影(by Bochichi様)、無断転載禁止

 試合は前半14分、ピサロのゴールでバイエルンがリード。早々にベンジャミンが2枚目のイエローカードで退場してしまい、HSVは苦しい展開となりました。高原のシュートもカーンにナイスセーブされてしまい、ほんとに残念でした。0−2とリードされてからはサポーターも意気消沈。スタジアムの中は、わずかなバイエルンサポーターの応援だけが目立っていました。HSVサポーターは、ちょっとおとなしい気がします。ロメオが不調のうえ、マハダビキアは怪我で欠場。攻撃が噛み合わず、守備もボロボロで結局、0−2で負けてしまいました。その後、HSVの不調はしばらく続きましたね。

2003年撮影(by Bochichi様)、無断転載禁止

 帰りは曲がる道を間違え、幹線道路の脇に出てしまいました。しかし、幸運にもOthmarschen駅までのバスに乗ることができ、S1で無事に帰りました。このルートは情報が無かっただけに使えるかもしれません。市庁舎前のファンショップは品揃えが豊富だし、カードも使えるのでお勧めです。

最終更新日: 2003年10月11日

観戦記トップへ戻る

▲Page Top

copyright (c) Satoshi, 1997-2002