Click here to visit our sponsor

ブンデスリーガ トップページ
ブンデスニュース
ブンデス基本ガイド
ブンデスリーガ会議
クラブチーム紹介
年間スケジュール
基本観戦ガイド(日本編)
観戦ガイド(現地編)
現地観戦記
ブンデス史

トップページへ

>> ドイツサッカー 現地観戦記   [ 観戦記トップへ戻る

2003年08月17日(日) ヴォルフスブルク
03/04シーズン、ブンデスリーガ第3節
VfLヴォルフスブルク vs ハンブルガーSV 5:1(0:0)
2003年08月24日(日) ハンブルク
03/04シーズン、ブンデスリーガ第4節
ハンブルガーSV vs バイエルン・ミュンヘン 0:2(0:1)
Text by germania様

 2003年8月に、ヴォルフスブルクとハンブルクにて高原選手所属のハンブルガーSVについて、そのアウェーゲームとホームゲームを観戦されたgermaniaさんから観戦記をお寄せいただきました。ヴォルフスブルクやハンブルクでのチケット入手のお話から、ハンブルクのスタジアムアクセスについてなど、貴重なお話をぜひお楽しみ下さい。なお管理人もハリボ、大好物です。(管理人より)

 8月17日Wolfsburg、24日Bayernの試合を観ました。

 Wolfsburgでは、大失態をやらかしました。新スタジアムに移転していることを知らず旧スタジアムの前で一時間ほど疑心暗鬼なまま待ちぼうけをしてしまいました。通りかかったドイツ人夫婦(WLFサポーター)にスタジアムまで案内してもらい、且つチケット売り場まで連れて行ってもらいました。アウェイのゴール側七列目で27ユーロでした。肉眼でバッチリ高原の顔が見えました。当日券で十分良いチケットがとれて満足です。

 スタジアムも駅から遠くなく新しくて綺麗でした。駅からは近くにVWの工場が見えました。後日、語学コースの遠足で工場見学に行きましたが、車好きには聖地のような場所で、そうじゃない人でも楽しめるテーマパークみたいなところでした。これが地球の歩き方に載ってないのがおかしいぐらいです。日曜日は周知の通り閉店法により街の店はほとんど閉まっていたのですが、ケバブ屋は開いていて、店員のおじさんもドイツ人の店員には無いくらい優しく気さくでした。

 そしてバイエルン戦のことですが、これはチケットを取るのが非常に大変でした。ドイツ語が不十分な私は知り合いのドイツ人に頼んでネットでチケットを取ることにしました。確か10時発売開始ぐらいで12時30分ぐらいにほとんど満席でネットも混雑しており繋がるまで何度も更新ボタンを押し続けました。一回に付き、一枚もしくは隣同士の二席しか取れず、五枚欲しかった私はドイツ人とともにパソコンの前で一時間ほど格闘しました。3時には完売していました。しかしその後知り合いの日本人が電話で問い合わせてみると五枚のキャンセルが出て偶々運良く購入することが出来ました。バイエルン戦はカテゴリーA扱いということで割高な値段設定でした。51.50ユーロで15列目の選手控えベンチ側。

 スタジアムへのアクセスですが、中央駅からSバーンでStellingenまで二通りの路線があり10分かかるのと25分ぐらいのがあります。10分おきに来るので結構便利です。切符の買い方が分からず券売機の前で悩んでいると、おじさんが親切に話してきて教えてくれたのですが、後でチップをねだられました。Stellingenの駅からスタジアムまでは公園の林道みたいな所を約10分ぐらい歩きます。三時半になるまでスタジアムに入れてもらえないので、ボーっとするか、臨時ショップみたいなバス(Wolfsburgにも来てた)でお土産を買いましょう。スタジアムの中のショップは店の中に入るまで押し合いです。ドイツ人は余裕で横入りします。ちなみに背番号入りのユニフォームは売っておらず、背番号を入れるのに一週間かかると言われました。ホームのユニフォームも売ってませんでした。キッズ用はありましたが。商売する気なしかよと、つっこみたくなります。

 試合中に大声で応援すると隣のおじさんにハリボーをもらいましたが、試合内容は散々でした。以上で観戦記を終わります。

最終更新日: 2003年10月11日

観戦記トップへ戻る

▲Page Top

copyright (c) Satoshi, 1997-2002