Click here to visit our sponsor

ブンデスリーガ トップページ
ブンデスニュース
ブンデス基本ガイド
ブンデスリーガ会議
クラブチーム紹介
年間スケジュール
基本観戦ガイド(日本編)
観戦ガイド(現地編)
現地観戦記
ブンデス史

トップページへ

>> ドイツサッカー 現地観戦記   [ 観戦記トップへ戻る

2003年04月30日(水) ブレーメン
02/03シーズン、親善試合(国際Aマッチ)
ドイツ代表 vs セルヴィア・モンテネグロ代表 1:0(0:0)
Text & Photographs by aurora様

 2003年4月に、ブンデスリーガ「VfLヴォルフスブルク vs バイエルン・ミュンヘン」、国際Aマッチ「ドイツ代表 vs セルヴィア・モンテネグロ代表」の試合を観戦されたaurora様から、これら2つの観戦記をお寄せ頂きました。そのうち、こちらに掲載しているのは後者のドイツ代表の試合です。バイエルンの優勝決定戦から4日後、ブレーメンで開催されたこの親善試合の貴重な観戦記をどうぞお楽しみ下さい。(管理人より)

○チケット入手方法

 こちらは、一緒に行く友人がドイツ在住の知人(日本人)に頼んでゲットしました。(当日券も売っていたみたいでした)

2003年撮影(by aurora様)、無断転載禁止

○試合前のスタジアム周りの雰囲気

 セルビアサポーターグループが歌いながら登場。ドイツサポーターと遭遇、互いにブーイングなど、試合開始前から、サポーターは大いに盛り上がっていました。
 サッカー少年らしきグループが団体で見に来ていて、ドイツ代表グッズを購入していたり、周囲の雰囲気を見ているだけでも楽しかったです。代表グッズ販売のお店は一ヶ所しかなかったみたいです。

2003年撮影(by aurora様)、無断転載禁止

○スタジアム入場

 まずは、ボディチェック。今回は、ペットボトルの持ち込み禁止で没収されてしまいました。(Volkswagen Arenaでは、大丈夫だったんですが。結局、帰る時に返してもらえました)
 スタジアムでビールを買ったところ、プラスチックカップ代で1ユーロ余分に支払うことに。カップを返すとその分は返してもらえます。さすが、エコの国です。

2003年撮影(by aurora様)、無断転載禁止

○試合

 残念ながら、Bayernのメンバーは出ていなかったと思うのですが、フリングスや後半からはクローゼも見れて、よかったです。
 クローゼにボールが回ると、観客がオーーーと歓声が上がり、期待の大きさを感じました。また、途中で、アサモアが出場した時、すごい歓声が上がり、彼の人気の高さを感じました。
 1対0だったのですが、幻の2点目があり、それは、相手キーパーがセーブしたボールをシュートというのが2回連続して続き、ゴールに入ったというものなのですが、思わず、立ち上がって、喜んでしまいました。あまりに、ウォーと騒いでいたためか、隣の人にまじまじと見つめられてしまいました。
 26日の試合よりは、落ち着いて見ることができたので、他の観客と一緒に楽しむことができました。(周りがほとんどドイツサポーターだったからかもしれませんが)
 セルビアのサポーターは、過激で、観客席で花火を上げたり、投げ込んだりで、ドキドキしました。

2003年撮影(by aurora様)、無断転載禁止

2003年撮影(by aurora様)、無断転載禁止

2003年撮影(by aurora様)、無断転載禁止

○試合の後

 翌日は木曜日だったのですが、メーデーで祝日だったためか、kickerは売っていなかったようです。新聞も、Bayrenの優勝ほど、大きく取り上げてはいなかったみたいで、ちょっと残念でした。とりあえず、1誌を購入、帰りの空港にあった新聞を1誌記念に持って帰りました。

○ドイツについて

 片言の英語ができれば、何とかなるというのが私の印象でした。
 基本的に、親切な人が多く、自分の体重の半分ぐらいの重さのスーツケースを持って移動していると、電車の乗り降りの際に、持ってくれたり、扉を開けられなかったら手伝ってくれたり。。
 当然のことながら、サッカー観戦はとてもエキサイティングでした。
 サッカー観戦旅行をしようとすると、個人旅行になるので心配な人もいると思いますが、意外と何とかなるものです。ぜひぜひ、勇気を出して、現地での観戦にチャレンジしてください!

最終更新日: 2003年06月27日

観戦記トップへ戻る

▲Page Top

copyright (c) Satoshi, 1997-2002