Click here to visit our sponsor

ブンデスリーガ トップページ
ブンデスニュース
ブンデス基本ガイド
ブンデスリーガ会議
クラブチーム紹介
年間スケジュール
基本観戦ガイド(日本編)
観戦ガイド(現地編)
現地観戦記
ブンデス史

トップページへ

>> ドイツサッカー 現地観戦記   [ 観戦記トップへ戻る

1ページ2ページ

2002年12月04日(水) レバークーゼン
バイ・アレナ クラブツアー(スタジアム見学記)
2003年02月19日(水) レバークーゼン
バイ・アレナ FANERGY.de会員用ツアー(スタジアム見学記)
Text & Photographs by miya様

 2002年12月と2003年2月にレバークーゼンのホームスタジアム「バイ・アレナ」をスタジアム見学ツアーに参加して訪問したmiya様による貴重なスタジアム見学記。その続編として、このページではスタジアム内の様子、選手のロッカールームなどに関する情報も満載である。引き続きお楽しみ下さい。なお、前編となる1ページ目はコチラ。(管理人より)

◆ 続・BayArenaスタジアムツアー

2002年撮影(by miya様)、無断転載禁止

2002年撮影(by miya様)、無断転載禁止
通風孔と芝の植え替えの様子

 Mündlichナントカ…、と説明していた場所。どこのスタジアムにもあって、とても重要なものだそうです。新しい空気を入れ替えるため、スタジアムの四隅にあるものだと説明していたので、日本語だと通風孔だと思います。ドイツ語の単語では再現できません。ご存知の方がいらっしゃったら、教えていただきたいです。
 スタジアム内には、Bayer04の各Fan-Klubの応援グッズを格納しておく倉庫がありました。
 2月19日はちょうどChampions League, Newcasrle United戦の翌日で、CL用の宣伝等を通常のブンデスリーガ用に戻しているところでした。
 フィールドの芝の整備もしていて、この日は小さいポットごとの交換でしたが、通常は部分的にまとまってゴソッと交換するそうです。特にゴール周辺は頻繁に整備しているそうです。

2002年撮影(by miya様)、無断転載禁止

2002年撮影(by miya様)、無断転載禁止
プレス席

 プレス用の席は、メインスタンド中央の見晴らしのいい位置にあって、各席に電源コンセントとモジュラージャックの差込口が用意されていました。
 北側のゴール裏には、障害者用の席があって、一例として、ヘッドフォンにて試合を聞けるように整備されていました。

2002年撮影(by miya様)、無断転載禁止
アウェイのFan-Block

 南西の角にアウェイのゲストチームのFan-Blockがあって、フェンスで仕切られていました。熱狂的なFanが多い場合、通常より警備の人数が増えて、犬を連れた警備の人が何人もいたり厳しい印象でした。アウェイにまで観戦しに来るFanはかなり熱狂的なので、全席指定席のBayArenaですが、ココの座席は格納式になっていて、立って見られるようになっていました。

2002年撮影(by miya様)、無断転載禁止

2002年撮影(by miya様)、無断転載禁止
入り口

 BayArenaのベンチは、普通の長いすでした。足元にハイツングがあって、冬でも寒くないように配慮されています。座り心地は…、個人的には、他所のスタジアムのようにRECAROのシートの方が快適だと思うんですが…。しかも、なんでちょっと地面に埋まっているのでしょうか?私でも出にくかったので、背の高い選手ならなおさら…。不思議なベンチでした。

2002年撮影(by miya様)、無断転載禁止

 試合前の選手達が審判によるチェックを受けるシーンをテレビで見ましたが、ここが、その場所です。また、試合前、試合後にスポンサーマークの壁を背にインタビューを受けたりするそうです。

2002年撮影(by miya様)、無断転載禁止

2002年撮影(by miya様)、無断転載禁止

ドーピングルーム。CLの時は、CL用のポスターが貼ってありました。

2002年撮影(by miya様)、無断転載禁止
マンハイム戦のあと。戦術会議で使用したと思われる図。手前:マンハイム、奥:敵のBayer04

2003年撮影(by miya様)、無断転載禁止
ニューカッスル ユナイテッド戦のあと。

 全関係者に配られたと思われる、英語による全体の予定表が貼ってありました。扉にはアウェイチーム使用中のニューカッスルユナイテッドのロゴマークが・・・。

2003年撮影(by miya様)、無断転載禁止

2003年撮影(by miya様)、無断転載禁止
シャワー室

 ツアーで見ることの出来る選手控え室は、アウェイ側だけです。ホーム側は選手、監督と、その関係者のみしか入れないので、ツアーの案内人も「入ったことがない」との事でした。試合後に戻ってきた選手が、負け試合の時、怒りにまかせて備品等を壊してしまう事もあるとか。最近では、ドイツ代表のキャプテン…。シャワーは仕切りがなく、数人が一度に浴びるのでしょうか?

2002年撮影(by miya様)、無断転載禁止

2002年撮影(by miya様)、無断転載禁止

 独居房。試合中、著しく暴れる観客を一時的に閉じ込めておく部屋。使うこと…、あるんですね。

2002年撮影(by miya様)、無断転載禁止

2002年撮影(by miya様)、無断転載禁止

 アウェイ側通路。奥はBayer04 U21の備品置き場になっていました。

 通路にはU21関係の写真が飾ってありました。画像はBayer04期待の生え抜き、U20ドイツ代表でもあるAlexander Meyer。

2002年撮影(by miya様)、無断転載禁止

 以上、私が体験した事を書きましたが、滞在中に日本のFanが増えた為か、10月当初と2月では会員費・BayArenaマガジン購読料金の値上げ、チケット受け渡し時の手数料の変更(私の時はアウェイ観戦時のみ、チケット代行手数料として2ユーロ取られただけだった)等、ありましたので、今後も色々と海外のFanに対しては何らかの変更があるかもしれません。

最終更新日: 2003年05月16日

1ページ2ページ

観戦記トップへ戻る

▲Page Top

copyright (c) Satoshi, 1997-2002