Click here to visit our sponsor

ブンデスリーガ トップページ
ブンデスニュース
ブンデス基本ガイド
ブンデスリーガ会議
クラブチーム紹介
年間スケジュール
基本観戦ガイド(日本編)
観戦ガイド(現地編)
現地観戦記
ブンデス史

トップページへ

>> ドイツサッカー 現地観戦記   [ 観戦記トップへ戻る

2002年10月19日(土) レバークーゼン
02/03シーズン、ブンデスリーガ第9節
バイヤー・レバークーゼン vs 1.FCカイザースラウテルン 1:0(1:0)
Text by junko様、アガリ様、ケロケロ様、Photographs by アガリ様

 2002年10月19日にレバークーゼンで行われたブンデスリーガ第9節、レバークーゼンvsカイザースラウテルン。レバークーゼンにはノイヴィル、ラメロウ、カイザースラウテルンにはクローゼ。W杯をきっかけに日本でもすっかりお馴染みとなったスター選手の競演という好ゲーム。
 この試合をスタジアムで観戦された3人の方から、それぞれ拙サイトの「ブンデスリーガ会議」に観戦報告を頂きました。このページでは、その投稿記事を現地観戦記として紹介します。
 またアガリ様からは、この試合のデジカメ写真をメールで送っていただきました。あわせて掲載いたします。(管理人より)

◆ junko様のスタジアム観戦記

※「ブンデスリーガ会議」の投稿記事[No.610]及び[No.612]から転載。

 本当に素敵なスタジアムでした。お天気は、後半に入った途端、残念ながら降り始めやんだり降ったり、という感じでした。でも、土砂降りという感じではなく多分選手の皆さんもあまり気になる事のない程度だったと思います。観客席は、屋根があるので本当に助かりますね。私ははじめてのスタジアム観戦だったので何も分からず最高気温も10度きる、との予報だったので完全防備で行ったのですがあの電熱ヒ−タ−には驚きました。あったかいんですもん・・・ 選手とも本当に近くて嬉しかったです。試合直後、ノイヴィルとクロ−ゼが話してるところもカメラに収めました。でも、カメラとなると豆粒になるかも、と心配ですが・・・

 チケットは前売りは完売、との連絡が入り、当日券を求めて2時間半前に行きました。まだサポ−タ−の数もそれほど多くなく当日券を求める人の列も私の前に10人ぐらい。(ショップの中のカッセ(レジ)では当日券なし、と言われましたが裏のほうに回るとカッセ19という販売所がありそこではまだ売っていました) ところが、あと6人ぐらい、となったところで完全に完売となり・・・ もう、泣くに泣けなくて横のマックでやけ食いをし、もう一度未練がましくカッセ19へ行きました。そこで一人のお兄さんが、年間チケット持ってるけどいる?と聞いてきてくれたのです。好きな値段で、と言ってくれたので正規の値段より少し高く言うと即OKしてくれました。スタジアムに入ると、周りは皆、そのお兄さんのお友達ばかりで(きっと、いつも観戦に来ててお知り合いなのでしょうね)とても、楽しい雰囲気で応援が出来ました。

 ビデオやお茶入りペットボトル、おにぎりに、ポットいりコ−ヒ−などは入り口近くにあるロッカ−に預けさせられました。無知な私は寒いからゆっくりコ−ヒ−でも飲んで観戦だ!なんて思ってたんですけど・・・ 今度はカメラ一つ提げて身軽に観戦したいと思います。とにかく、応援する人達も本当にチ−ムを応援してるという感じで好感が持てました。やじってる、と言う感じはあまりせず(言葉がいまいちわからないのでなんとも言えませんが・・・)必死で応援してる感じが伝わってきて私はすごく嬉しかったです。

 ショップには多分本物のサイン入りボ−ルが売ってました。30ユ−ロ弱だから安いですよね。一つ一つサインやペンのかすれ具合が違ったので多分本物だと思います。

 シュナイダ−が出場しなかったのは残念でした。前半はレバ−ク−ゼンペ−スでしたが、後半はカイザ−スラウテルンもとてもいい試合をしてたと思います。やはり両チ−ム共、かなり気合が入っていたのでしょうね。早い時間に1点返せていたら・・・と残念です。特に残り15分程はブットの好セ−ブの連続でした。その度に客席からはブットブットブットブットコ−ル!両チ−ムとも好きで、でも、クロ−ゼを特に応援していた私はちょっと複雑ではありましたが・・・ しかし、分かってはいましたがノイヴィルは本当に良く動き、足が速いですね!感動です。ラメロウの金髪は探しやすくてすごく好き。いいところでクロ−ゼを止めてくれました(ちょっと、泣)

 毎週テレビでダイジェスト版を見てますがやっぱり全ての流れを見るのとは全然違うと実感しました。帰ってからダイジェストを見ましたがクロ−ゼがDFをかわして観客を沸かせた場面などカットされてたり、さっき書きましたラメロウがクロ−ゼを止めた場面もなかったような。本当はとてもいい試合だったと思うのですが、その雰囲気は伝わってきませんでした・・・ バイアリ−ナはこじんまりとした、そして全く危険を感じさせなかったスタジアムなので、機会があれば是非皆さんも行ってください。試合はもちろん素晴らしかったですが応援してる人達も、とても感じが良く本当に楽しかったです。

 どんな席からでも豆粒でない選手が見れるこのバイアレ−ナは絶対お勧めです!

2002年撮影(by アガリ様)、無断転載禁止

◆ アガリ様のスタジアム観戦記

※「ブンデスリーガ会議」の投稿記事[No.623]から転載。

 私もこの試合観戦に行ってました。しかし試合終了後のあの大雨には参りましたね…。

 オフィシャルな発表では満員でしたが、両チームの最近の調子の悪さもあってか、スタジアムの所々で空席があったのが気になりました。この日の私の印象はレバークーゼンでは攻撃の起点として頑張っていたバステュルク、1FCKでは献身的な守りをしていたバスラーでした。試合終了後起き上がれなくなっていた彼を見たときにはぐっと来るものがありました。1FCKは退場者があって数的優位であったにもかかわらず、クローゼ頼みの攻撃ばかりに終始して、決定的に崩した場面が殆んどなかったのが心配になりました。このままでは本当に2部落ちあるかも知れません。

2002年撮影(by アガリ様)、無断転載禁止

◆ ケロケロ様のスタジアム観戦記

※「ブンデスリーガ会議」の投稿記事[No.628]から転載。

 私は、アウェイチームのゴール裏にいました。1FCK・Bayer04のファンがごっちゃになっていて、アウェイの1FCKファンが遠慮なく?野次るをの聞きながら応援していました。(私の前の席が1FCKファンなので、思いっきり言いたい事言わせてもらいました。バスラーウルセー!!二軍へさよ〜なら〜等)ファンの方ごめんなさい!!ドイツサッカーの典型的応援スタイルなのです。相手を貶める事を言う、歌う。これもドイツサッカー観戦の楽しい所なのです。

 バイアレーナが狭くて、チケットが取りにくい!という意見はよく聞きますが私は今のバイアレーナが好きですね。何と言っても、いつもテレビ等でお馴染みの選手が本当に近くで観られるのです。土曜の試合に限っては、バスティルクのドリブル突破を、バスラーが正面から止めに入ったのを見越して、バスラーの頭上にボールを蹴り、抜かして行くプレーを見た時は、周りから「スゲェ!!」とため息が漏れたほど!こんなプレーがすぐ目の前で観れるのです。因みにこの日は、フェラー監督・スキッベコーチも来ていました。彼らはVIP席に座らず普通の観客席に座り、子供達にサインを書いてあげてました。

 シュナイダ−が腹痛で欠場でガッカリでしたね。私は約1ヶ月ブンデスリーグを見ていないので、シマクが先発を外れた事、スフォルツァがプレーをしていない事もちょっとした驚きでした。あとでKickerでも読んでみようかと思います。

 最後に、スタジアムで食べるWurstは本当に美味です。外で売っているホットドックも、ウマイ!機会があれば一度、ご賞味下さい。私は観戦前に必ず、ホットドック・ビールは欠かせません!!

 次は、ヴェストファーレン・スタジアムでのチャンピオンズリーグ「BVB対アーセナル・ロンドン」のチケット確保に挑戦します。難し〜だろうな〜。

2002年撮影(by アガリ様)、無断転載禁止

最終更新日: 2002年11月09日

観戦記トップへ戻る

▲Page Top

copyright (c) Satoshi, 1997-2002