Click here to visit our sponsor
2005年9月撮影(by Satoshi)、無断転載禁止



スポンサー
Click here to visit our sponsor
 
>> ドイツサッカー 現地観戦記   [ 観戦記トップへ戻る ] [ トップページへ戻る

1ページ2ページ3ページ

2005年09月15日(木) ハンブルク
05/06シーズン、UEFA杯1回戦第1戦
ハンブルガーSV vs FCコペンハーゲン 1:1(1:1)

 2005年9月にドイツに行った際、15日(木)の夜にハンブルクにてUEFA杯1回戦第1戦「ハンブルガーSV vs FCコペンハーゲン」を観戦することができた。
 高原直泰もスタメン出場したこの試合、自分にとってハンブルクのホームゲーム初観戦であった。4万人以上の観客が入ったスタジアムは熱気に包まれたが、ホームのHSVは格下相手に「お寒い」試合を展開していた。

 ◆ 管理人のドイツサッカー現地観戦記(2005年9月編)
  1. 「ヴェルダー・ブレーメン vs FCバルセロナ」観戦記 vol.1
  2. 「ヴェルダー・ブレーメン vs FCバルセロナ」観戦記 vol.2
  3. 「ヴェルダー・ブレーメン vs FCバルセロナ」観戦記 vol.3
  4. 「ハノーファー96」練習見学記
  5. 「ハンブルガーSV vs FCコペンハーゲン」観戦記 vol.1
  6. 「ハンブルガーSV vs FCコペンハーゲン」観戦記 vol.2
  7. 「ハンブルガーSV vs FCコペンハーゲン」観戦記 vol.3
 

 ハーフタイムに、パン売りのおっちゃんからパンを買う。夕飯食べずにスタジアムに来てしまったので、腹が減っていて仕方がなかった。雨の降る寒い夜で、もう少し着込んでくればよかったと反省。それでも、前から2列目なのに、屋根でちゃんと覆われていて濡れる心配はない。AOLアレーナは四方、全ての座席が屋根に覆われている。上を見上げると、その屋根に囲まれた部分から夜空を仰ぐことができる。試合中も、時折スタジアムの上を飛行機が通過する。このAOLアレーナはハンブルク空港から数キロの位置にあり、しかも飛行機の航路の真下に位置するので、頻繁に大きな音を轟かせて飛行機が上空を通過する。

2005年09月15日 UEFA杯1回戦第1戦


ハンブルガーSV
1 前  半 1

FCコペンハーゲン
1 1
0 0
後  半
[ 得 点 経 過 ]

(※ 選手名の右側の数字はKicker紙採点、★印はKicker紙選出のマンオブザマッチ)
 37分、ラファエル・ファン・デル・ファールト  
40分、エルリオ・ファン・ヘールデン
GK:
ステファン・ヴェヒター (3)

DF:
レネ・クリングバイル (4)
バスティアン・ラインハルト (4)
ダニエル・ファン・ブイテン (3,5)
ティモシー・アトゥバ (2)

MF:
ギィー・デメル (3)
メフディ・マハダヴィキア (3,5)
ダヴィド・ヤロリーム (2,5)
ラファエル・ファン・デル・ファールト (2,5)

FW:
ベンヤミン・ラウト (5)
高原直泰 (5)

監督:
トーマス・ドル氏
GK:
イェスパー・クリスティアンセン (2,5)

DF:
ラルス・ヤコブセン (4)
ボ・スヴェンション (3)
ミヒャエル・グラフガールド (3)
アンドレ・ベルグデルモ (3,5)

MF:
エルリオ・ファン・ヘールデン (3)
ミヒェエル・シルババウアー (4)
トビアス・リンデロート (3,5)
カルステン・フレドガールト (3)
マルクス・アルバエク (4,5)

FW:
アルヴァロ・サントス (4,5)

監督:
ハンス・バッケ氏
[交代]
57分 ムスタファ・ククコヴィッチ (4,5) ← 高原
57分 ピオトル・トロコフスキ (4) ← クリングバイル
87分 レト・ツィーグラー ← デメル
[交代]
56分 トーマス・レル・ラルセン (4) ← アルバエク
78分 ヤンネ・サーリネン ← フレドガールト
89分 ダン・トマソン ← ファン・ヘールデン
警告()・退場()
ムスタファ・ククコヴィッチ
ダヴィド・ヤロリーム
ティモシー・アトゥバ
警告()・退場()
アンドレ・ベルグデルモ
ミヒャエル・シルババウアー
ラルス・ヤコブセン
ボ・スヴェンション
日時: 2005年09月15日(木)20時30分キックオフ
主審:
 エリック・ブラムハール氏(オランダ)
観戦者数: 43,085人
スタジアム: AOLアレーナ(ハンブルク)

 15分の休憩の後、選手がピッチに戻る頃には、座席を離れていた観客も着席を始める。後半はハンブルクのキックオフでスタート。センターサークルには2トップのラウトと高原。ハンブルクもコペンハーゲンも選手の交代はナシ。
 ハンブルクのサポーターが集まるのはノルド・トリビューネ(北ブロック)。東側に位置するメインスタンドから見ると、左手側。後半は、そのサポーターのいるサイドへ攻める。自分は、写真からも分かるように、メインスタンドの席にいた。そのメインスタンドでも、サポーターの集うノルド・トリビューネに近いエリア。したがって、後半は、ハンブルクが攻撃する際に選手を間近で見られる(逆に前半は背中を向けてディフェンスする選手ばかりが近くを通過)。
 このまま、不発だと、いつ途中交代させられてもおかしくない高原直泰。とりあえず後半最初はまだピッチに立っている。今のうちに高原の勇姿を写真におさめておくか、そう考えて、いつもよりシャッターを押す回数が増える。デジタル一眼レフ、フィルムの本数を心配する必要はない。

 というわけで、以下、後半の12分間、高原選手が前線で奮闘する様子をお楽しみください。後半の続きは次のページにて。

2005年9月撮影(by Satoshi)、無断転載禁止
HSVのキックオフで後半開始。2トップは依然として高原&ラウト

2005年9月撮影(by Satoshi)、無断転載禁止
必死にボールを追いかける高原

2005年9月撮影(by Satoshi)、無断転載禁止
相手DFベルグデルモへのチェックを試みる高原

2005年9月撮影(by Satoshi)、無断転載禁止
一度相手DFを押してからボールを受けに走る。

2005年9月撮影(by Satoshi)、無断転載禁止
押したら、今度は一気に引いて相手を翻弄。

2005年9月撮影(by Satoshi)、無断転載禁止
相手DFを置き去りにして、ボールを受けにダッシュ。

2005年9月撮影(by Satoshi)、無断転載禁止
雨の試合では足元が滑ることも...

2005年9月撮影(by Satoshi)、無断転載禁止
ちょっとしたミスでバランスを崩すと、ボールも相手の下へ...

2005年9月撮影(by Satoshi)、無断転載禁止
結局、今回もキープできずに奪われてしまった... ○| ̄|_

2005年9月撮影(by Satoshi)、無断転載禁止
後半開始から僅か12分、ククコヴィッチとの交代を命ぜられてピッチを後にする高原

1ページ2ページ3ページ

最終更新日: 2005年10月20日

観戦記トップへ戻る ] [ euronavi.net/de HOMEへ戻る
 

▲Page Top
Copyright(C) 2004 euronavi.net All rights reserved.