Click here to visit our sponsor
2005年2月撮影(by Satoshi)、無断転載禁止



スポンサー
Click here to visit our sponsor
 
>> ドイツサッカー 現地観戦記   [ 観戦記トップへ戻る ] [ トップページへ戻る

1ページ2ページ

2005年02月20日(日) ケルン
04/05シーズン、ドイツ・ブンデスリーガ2部第22節
1.FCケルン vs アレマニア・アーヘン 1:0(0:0)

 2005年2月にドイツに行った際、週末を利用してブンデスリーガを観戦。2003年秋にドイツ代表の試合を現地観戦する機会はあったものの、ブンデスリーガをスタジアムで観戦したのは2001年9月以来、実に3年半ぶり。
 土曜日にニュルンベルクvsレバークーゼンを観戦した後、この日曜日には2部のケルンvsアーヘンを観戦。2部リーグにもかかわらず、ケルンのスタジアムは熱狂的なサポーターで超満員。それもそのはず、相手は近郊のライバル、アーヘン。

 雪のライン・エネルギエシュタディオン。自分の観客席からは遠くてはっきりと分からないが、水分含んでいて、かなりピッチは重いんだろうなぁという印象。

 後半も、ホームケルンの攻撃は続き、熱狂的なケルンサポーターが陣取る南側のゴールに向かって攻める。一方のアーヘンもチャンスあればカウンター攻撃、少なくとも失点は許さないと決死の守り。
 そして後半12分、ポドルスキに対してアーヘンのシュテーレがファウル。これに審判のワックさんがイエローカードを提示。盛り上がる場内のケルンサポ。そう、シュテーレはこの日2枚目となるイエローカードを受けてしまったのだ。ワックさんは次にレッドカードを取り出して退場を指示。以後、アーヘンは10人でのプレーを余儀なくされ、ますます守備重視。
 とりあえず、センターバックを1人失ったアーヘン。すぐに、FWの1枚シャーピングを下げて、DFのパウルスをシュテーレがいた位置に。

2005年2月撮影(by Satoshi)、無断転載禁止
雪でピッチの状態はやや重。FWポドルスキがドリブルで仕掛ける。

2005年2月撮影(by Satoshi)、無断転載禁止
アーヘンのカウンター、ボランチのロルフェスがドリブルで一気に前線に走る!

2005年2月撮影(by Satoshi)、無断転載禁止
アーヘンの選手によるヘディングシュート!しかし、これはGKバーデがセーブ。

2005年2月撮影(by Satoshi)、無断転載禁止
ホーム、ケルンの必死の攻撃、しかし、ゴールには届かず...

2005年2月撮影(by Satoshi)、無断転載禁止
0-0のまま試合は終盤へ。ケルンサポーターの応援が結果に結びつかない...

 相手が10人になったものの、ケルンの攻撃は単調でいまいち。期待のポドルスキもやや精彩に欠ける。むしろアーヘン側のカウンター攻撃がボディブローの如く効きはじめ、失点してもおかしくない雰囲気。寒空のもと集まったサポーターも、このままスコアレスドローが精一杯なのかと、ややトーンダウン。
 82分、シュテフェンス監督は3人目の交代枠を使ってシュプリンガーを投入。一方のアーヘンは直後に、エースのメイエルをピッチに入れてきた。エリック・メイエル。1昨シーズンまでハンブルガーSVで高原のチームメイトとしてプレーしていたオランダ人FWである。キャリアの最後を締めくくるべく、昨シーズンより古巣のアーヘンでプレー。ベテランながらエースストライカーとして健在だ。UEFA杯にも出場し、アーヘン快進撃の立役者となったが、この試合の直前に行われたUEFA杯1回戦第1戦で負傷。今日は大事をとってベンチスタートとなっていた。そのメイエルがピッチ中央へとダッシュして姿を現すと、アウェーのアーヘンサポは大歓声。まるで、もうゴールを決めたかのよう。よほど信頼されているのだろう。一方、スタジアム全体を覆うケルンサポはブーイングで出迎える。

 メイエル投入で、これはアーヘンがオイシイところ持ってっちゃうかも!?と思った私だが、サッカーの神様は、雪にもかかわらずスタジアムを満員にした熱狂的なケルンサポーターに微笑んだ。
 88分、途中交代したばかりのシュプリンガーが、中央でボールをキープすると、そこからシュート!そんなど真ん中から放ったのでは、しかもゴールまでやや距離あるし、そりゃむちゃだろう...と私は冷静に見ていたが、そこへ王子様登場!
 前にいたポドルスキがボールのコースを変え、キーパーの横を抜けてゴール!ボールのスピードがそれほど速くなかったので、シュプリンガーが蹴った瞬間、たまらずほとんどの人が席を立ち、みんなの尻が席から離れたくらいのところで、ポドルスキがボールのコースを変え、そしてボールがゴールに吸い込まれるときには、ファンのガッツポーズが半分くらいまで上がり...そして声にならない歓声が...てなぐあいのスローモーション的感動。

 場内アナウンスは、シュートを放ったクリスティアン・シュプリンガーのゴールと判定し、おなじみの掛け合い。場内アナウンス「ただいまのゴールは、1.FCケルン背番号15、クリスティアーン!」、ケルンサポ「シュプリンガー!!!」。さらに、隣のおじさん、あまりに興奮して叫ぶ、叫ぶ。「フッスバル・ゴット!!!」、訳せばサッカーの神様だが、アンタが大将!!!くらいのニュアンスか。
 あとは、ロスタイムが過ぎるのはを待つだけ。長く感じられたロスタイムが過ぎて試合終了のホイッスル。1-0でライバルのアーヘンを下してケルンが勝利。首位をきっちりキープした。

2005年2月撮影(by Satoshi)、無断転載禁止
83分、アーヘンはスーパーサブとしてエースのメイエルを投入。

2005年2月撮影(by Satoshi)、無断転載禁止
88分、ケルンの先制ゴール、ようやく歓喜の瞬間がやってきた!

 試合が終わり、市電の臨時列車で中央駅へ。市電は中央駅行きとノイマルクト行きの2路線の臨時列車が次々と発車し、約50,000人のサポーターをさばいていた。
 私が乗った中央駅方面の列車は遠征にきたアウェーのアーヘンサポが多い。やはり最後の最後で失点して、勝ち点を失ったのは痛かったか、やや残念そう。でも数日後にはUEFA杯も控えているし、まだまだ昇格のチャンスは大いにある。ここ数年、2部で好成績を残し、カップ戦でも旋風を起こしたアーヘン。このチームの今後の動向にも注目したい。
 
 さて、試合が終わるとあっという間に週末が過ぎていってしまった感じ。中央駅に着くと、すぐにロッカーに預けていたスーツケースを取り、サンドイッチと飲み物を買ってプラットフォームへ。一路、シュツットガルトへ移動した。

 余談だが、このとき乗ったICEの車掌さんはめちゃめちゃ親切。けっこう混雑していて予約してない人は席を見つけるのが難しい状態だったが、1人1人の席を探してくれていた。私も案内してもらって着席。その際、シュツットガルトに行くと言っていたのだが、シュツットガルト駅に着く前、寝ていた私を起こしてくれた(!)。こんなサービス精神旺盛なドイツ人がいるとは驚きである。
 でもって、シュツットガルトの中央駅に降り立つと、そこには多数のシュツットガルトサポとアウェーのヘルタサポ。そう、17時30分キックオフの試合がちょうど終わって、スタジアムから出てきた彼らサポーターと一緒になったわけである。雪の日曜日、町に出ているのはサッカーファンくらいなものである。

2005年02月20日 ブンデスリーガ2部第22節


1.FCケルン
1 前  半 0

アレマニア・アーヘン
0 0
1 0
後  半
[ 得 点 経 過 ]

(※ 選手名の右側の数字はKicker紙採点)
 88分、ルーカス・ポドルスキ
GK:
アレキサンダー・バーデ (2)

DF:
カルステン・カルマン (4)
ルーカス・シンキエヴィッチ (3)
ファビオ・アルベス・ダ・シウヴァ・"ビリカ" (4)
アレキサンダー・フォイト (4,5)

MF:
セバスティアン・シンズィーロルツ (4)
アンドリュー・シンカラ (3)
クリスティアン・ラーン (4)

FW:
マティアス・シェルツ (5)
アルベルト・シュトライト (3)
ルーカス・ポドルスキ (4,5)

監督:
フープ・シュテフェンス氏
GK:
シュテファン・シュトラウプ (3)

DF:
デニス・ブリンクマン (5)
トーマス・シュテーレ (4,5)
モーゼス・シチョン (3)
エミール・ノル (3)

MF:
ライナー・プラスヘンリッヒ (3)
シモン・ロルフェス (2,5)
ダニエル・ゴメス (3,5)

FW:
カイ・ミヒャルケ (4)
イェンス・シャーピング (5)
セルジオ・ピント (4,5)

監督:
ディーター・ヘッキング氏
[交代]
57分 マリウス・エバース (3,5) ← シェルツ
71分 ティモ・アヘンバッハ ← シンキエヴィッチ
82分 クリスティアン・シュプリンガー (2) ← シンズィーロルツ
[交代]
61分 フランク・パウルス ← シャーピング
72分 イヴァン・ペトロヴィッチ ← ピント
83分 エリック・メイエル ← ミヒャルケ
警告()・退場()
アルベルト・シュトライト
カルステン・カルマン
セバスティアン・シンズィーロルツ
警告()・退場()
セルジオ・ピント
モーゼス・シチョン
トーマス・シュテーレ(x2)
日時: 2005年02月20日(日)15時00分キックオフ
主審:
 フランツ・クサヴァ・ワック氏 (3)
観戦者数: 50,374人
スタジアム: ライン・エネルギエ・シュタディオン(ケルン)

1ページ2ページ

最終更新日: 2005年03月24日

観戦記トップへ戻る ] [ euronavi.net/de HOMEへ戻る
 

▲Page Top
Copyright(C) 2004 euronavi.net All rights reserved.