Click here to visit our sponsor
2005年2月撮影(by Satoshi)、無断転載禁止



スポンサー
Click here to visit our sponsor
 
>> ドイツサッカー 現地観戦記   [ 観戦記トップへ戻る ] [ トップページへ戻る

1ページ2ページ

2005年02月19日(土) ヘルツォーゲンアウラッハ
ヘルツォーゲンアウラッハ訪問記
(アディダス×プーマ ドイツ2大スポーツブランドの聖地を訪ねて)

 2005年2月19日(土)の午後、ニュルンベルクのフランケン・シュタディオンにて「1.FCニュルンベルクvsバイヤー・レバークーゼン」を観戦する予定だった(同観戦記はこちら)。
 その日の午前中、私が訪ねたのはニュルンベルク郊外にある小さな村、ヘルツォーゲンアウラッハ。電車とバスを乗り継いでようやくたどり着いた先にあるのは、この村の中心を流れる小さな川の両岸に向かい合うアディダスとプーマの本社。そう、ここは知る人ぞ知る、ドイツ2大スポーツブランドの聖地なのだ。

 週末ブンデスリーガ観戦の場所としてニュルンベルクを選んだ。1. まだニュルンベルクでの観戦経験が無かった、2. 会場のフランケン・シュタディオンはドイツW杯で使われるスタジアム、3. 相手がレバークーゼンだった、以上の理由からだ。というわけで、前日夜にニュルンベルク入りし、朝を迎えた。
 ブンデスリーガは土曜午後15時30分キックオフ。ニュルンベルクへ行く前から、それまで何をしようかと思案していた。そして思いついたのが、ヘルツォーゲンアウラッハへ足を運ぶことだった。ヘルツォーゲンアウラッハとは、既に上でも書いたように、アディダス社とプーマ社の本社が置かれた町である。これだけ有名な会社の本社があるのだから、企業城下町というか、少なくとも中規模以上の都市を想像してしまうが、実は鉄道駅すらない小さな村。まずはどうやってアクセスすべきか考えねばならなかった。とりあえず、町のホームページやドイツ鉄道のホームページをチェック。ドイツ鉄道のホームページで検索をかけると、鉄道だけでなくバス路線のルートも確認できる。このヘルツォーゲンアウラッハ、鉄道駅はないものの、エアランゲンからバスでアクセスでき、「アン・デア・シュット(An der Schütt)」と呼ばれるバス停が村の真ん中に位置するようだ。ちなみに、経由地のエアランゲンは、これまた企業城下町として有名なところで、ここは総合電機メーカー、ジーメンス社のお膝元である。こちらはヘルツォーゲンアウラッハとは異なり、大学町でもある比較的大きな都市だ。また環境都市としても有名で、日本でもたびたび紹介されている。
 次に、調べたのは本社の具体的な場所。地図サイトで本社の住所を元に調べてみると、噂通り、町の真ん中を流れる川を隔てて、両岸にアディダス社とプーマ社の本社があることを確認。さらに、この町には両社の大きなアウトレットショップがあるらしいということで、こちらも検索してみて、両方のショップの営業時間、住所などを入手。さらに、プーマのアウトレットショップの隣にはナイキのアウトレットショップもあるようだ(笑)。さて、得られた住所で、また地図サイトを使って場所を探してみた。プーマとナイキの店があるツェッペリン通りは町の中心から北東方向にあることを確認。若干距離があるのでタクシー使えばと考える。一方のアディダスだが、オリンピアリングなる場所が見つからない、ようやく別の地図サイトで発見。やや不安。

アディダス&プーマ、日本で買うなら絶対ココがオススメ
アパレル全般なら
スニーカーなら
スポーツ用品なら

 さてさて、当日朝早く、ニュルンベルクの駅から6時54分発のRE(レギオナル・エクスプレス)に乗ってエアランゲンに向かって出発。7時18分にはエアランゲン駅に到着した。ここで201系統のバスに乗り換える。列車を降りて、駅を出るとバス停を複数発見。しかし、201系統のバスが出るらしいバス停が見つからない。近くにいたおじさんに訊くも、分からない様子。予定だとバスは25分に発車。時間が無い。そこで、長年の旅の勘が働く。線路の反対側だな。
 もう一度、駅舎の中へ入り階段下りて線路の反対側の出口へ。案内標識にもバスのマークを発見。そう、線路の反対側にもバスターミナルがあるのだ。そして、ちょうど1台、201系統のバスが出発の時間を待っていた。
 急いでそれに乗って出発。ヘルツォーゲンアウラッハまで約25分のバスの旅。途中、ジーメンスの工場とかの横を通って、アウトバーンに入ったりして、なんだかんだで、やがて小さな村が続き、ヘルツォーゲンアウラッハへ到着。降りる予定だったアン・デア・シュットは予想通り、多くの人が降りるメインのバス停だった。自分もそこで降りて、とりあえずタクシーを探す。しかし、近くにはタクシープールなどはなく、この日の天気は雪。一面銀世界の中、途方にくれる(笑)。
 すると、町の案内板を発見。そこにもちゃんとアウトレットショップへの行き方が書いてある。タクシーで行こうと思っていたプーマのアウトレットだが、歩けない距離ではないし、ひたすら道なりに真っ直ぐなので歩いてみるかという気持ちに。一方のアディダスはというと、その地図によれば本社と同じ場所にあるという。しかし、これは事前に調べておいた情報と違う。でも本社の建物は、歩いてすぐのところなので、ダメ元で見に行くことにする。アン・デア・シュットのバス停とは反対側にあるので、橋を渡って行く。すると、アディダスの本社発見。そしてアウトレットショップらしい看板を見つけるが、そこには「移転のお知らせ」。そう、新しいアウトレットショップが郊外にできたのだ。自分の情報が新しくて、掲示板に書かれていた情報は古いままだったのだ。でもって、そこには新しいショップの場所が案内されていたが、明らかに車で来た人向けの案内。どうも遠そう...というわけで、とりあえずプーマのところへ行くことに。
 道なりに真っ直ぐということで安心感はあったが、やたらと遠い(笑)。しかもこの日は雪。歩くんじゃなかった...と思いつつ、歩き続けること約20分、ようやく遠くにアウトレットショップっぽい建物群を発見。それからさらに10分、だいたい30分くらい歩いて目的のプーマのアウトレットショップへ到着。ここは土曜は8時からオープンということで、自分が着いた時にはとっくに開いていた。

Puma Outlet

 本文中にもあるように、プーマのアウトレットショップは、町の中心部から北東方向へ約2キロのところにある。「Zum Flughafen」と呼ばれる通りをひたすら道なりに歩けば約30分でたどり着く。タクシーならば約5分(これが一番無難?)。路線バスもあるようだが未確認。
 車の場合、駐車場も用意されており、また隣もナイキなど複数のアウトレットがありそちらの駐車場も利用できる。隣のアウトレットの建物内には軽食カフェもある。レンタカーなどで行く場合は、ニュルンベルクとヴュルツブルクを結ぶアウトバーンA3を利用、「Nordumgehung」という通りを西へ進み、上述の「Zum Flughafen」との交差点を右折してすぐ。

住所: Zeppelinstrasse 2, 91074 Herzogenaurach
電話: +49-(0)9132-74170
営業時間: 月-水: 9時〜19時、水-金: 8時〜20時、土: 8時〜18時

2005年2月撮影(by Satoshi)、無断転載禁止
プーマのアウトレットショップ

2005年2月撮影(by Satoshi)、無断転載禁止
店内には、プーマのシューズ、ウェア、アクセサリーなどが数多く並ぶ

2005年2月撮影(by Satoshi)、無断転載禁止
シューズは種類こそ豊富だが、アウトレットということもあってサイズは...

2005年2月撮影(by Satoshi)、無断転載禁止
隣にあるのはナイキのアウトレットショップ。

Nike Factory Store

 場所はプーマと同じ。本文では紹介しなかったが、「Sport Hoffmann Outlet」と呼ばれる様々なスポーツブランドのアウトレットを扱うショップと同じテナントに入っている。中には軽食カフェなども併設されていて、このツェッペリン通りのアウトレット群は家族で楽しめる。上の写真でナイキと無関係のレアル・マドリードの写真が写っているのは、「Sport Hoffmann Outlet」がアディダスブランドを扱っているため。同テナントはアディダスやプーマと異なり、土曜は9時オープン。

住所: Zeppelinstrasse 1, 91074 Herzogenaurach
電話: +49-(0)9132-745281
営業時間: 月-水: 9時〜19時、水-金: 9時〜20時、土: 9時〜18時

 1階、中2階、2階と3層構造になっている店内には、数多くのプーマグッズであふれている。シューズはもとより、日本では見たことがないTシャツ類やアクセサリー類を発見。入口にある大きな買い物袋に、買いたい商品をどんどん入れていく。アウトレットとあって、値段もかなり割り引かれている。どちらというとプーマ派な私は、Tシャツやバッグなど多数購入。しかし、シューズについては、欲しい商品があってもサイズがない。9.5(27.5cm)という自分のサイズは普通サイズの部類でなかなかアウトレットとして出回りにくいようだ。残念ながら、シューズ購入は断念(後日、ミュンヘンでプーマのスニーカーをしっかりゲット)。ちなみに、Tシャツ類もXLサイズなどは在庫が豊富だった。
 とりあえずレジで会計。レジのお姉さんは親切な人で、いろいろな人の相談に笑顔で応えていた。自分もアディダスのアウトレットまでタクシーを手配してもらうことに。ただ、その前に隣のナイキのショップもひやかしておかないと。このナイキのショップは9時から。ちょうど9時になるという時間帯だったので移動。ナイキの店も同じように充実した品揃えだが、さすがにドイツの、それもヘルツォーゲンアウラッハに来て、ナイキを買うのも変だろうし...ナイキで欲しいのないし...というわけでジャストルッキン。
 それから、プーマの店に戻ってお姉さんにタクシー呼んでもらう。すぐにタクシー到着。一路アディダスのアウトレットへ。

2005年2月撮影(by Satoshi)、無断転載禁止
新しくできたアディダスのアウトレットショップ

2005年2月撮影(by Satoshi)、無断転載禁止
デザインにもこだわった造りで、スタジアムをモチーフにした外観になっている。

Adidas Factory Outlet

 場所はプーマのアウトレットの手前にある交差点から「Nordumgehung」という通りを東へ約2キロ行き、次の交差点を左折した先にある。したがって歩くとプーマから約30分かかってしまう。なお、住所にある「Olympiaring」は新設されたばかりの名前で「Kuhwasen」という通り沿いにある。また、町の中心部からは東北東の方向へ3キロ以上離れたところにあり、いずれもタクシーの利用が無難。路線バスもあるようだが未確認。どのアウトレットショップでも行き先を告げれば気軽にタクシーを呼んでくれる。
 館内には軽食カフェがあるほか、隣にはマックがある。500台入る駐車場も用意されており、車で来る家族連れがターゲット。レンタカーなどで行く場合は、ニュルンベルクとヴュルツブルクを結ぶアウトバーンA3を利用、前述の「Nordumgehung」経由でアクセス。

住所: Olympiaring 2, 91074 Herzogenaurach
電話: +49-(0)9132-842000
営業時間: 月-水: 9時〜19時、水-金: 9時〜20時、土: 8時〜18時

 地図ではそこまで確認していなかったが、実はプーマとアディダスのアウトレットはそんなに離れておらず、2回ほど交差点を通って、すぐに目的地へ到着。タクシーにて時間にして約5分。歩いてもいけない距離ではないが、ただ、ヘルツォーゲンアウラッハの中心部からだと、プーマまで歩くのも面倒なのに、さらにアディダスのところまで歩くのは...まあ、レンタカーでなければ、タクシー呼ぶのが無難か。
 さて、着いた先のアディダスのアウトレット。新しく造っただけあって立派な建物。で、この辺りの道も新しい感じ。どうやらこの一帯が新しくできた場所らしい。だから、一部の地図サイトではここの住所が反映されていなかったわけか。

 中にはプーマ同様に数多くのアディダスグッズ。基本的に1階部分がメインだが、2階部分も少しだけあって、サッカーシューズ関係が置かれている。1階部分はアパレル、シューズのほか、奥にはボールのコーナーも。極めつけは、2006年W杯のオフィシャルTシャツが既にアウトレットとして売られているところ。さすがにW杯グッズは人気商品。私も、さっそく何点か御土産用に購入。
 ちょうど丸い店内を右側から入って、反時計回りに周って、左側のレジで会計して出る仕組みになっている。買い物が終わり、レジを通過してエントランスへ。そこで受付のお姉さんにタクシーを呼んでもらう。町の中心「アン・デア・シュット」へ戻るためだ。

 建物の外で待つこと数分、タクシーがやってきた(次のページへ続く)。

〜 後日談 〜

 帰国後、ぼちぼちこの訪問記を更新しようと思っていた4月26日、帰宅途中の駅のキオスクで偶然ある雑誌を見つけてビックリ。その雑誌とは、「TITLE」(2005年6月号、4月26日発売)。特集は、「アディダス&プーマ最強案内!」。即買いで早速ページをめくってみると、多数のアディダス&プーマグッズの紹介の他(マニア必見!)、今回訪ねたヘルツォーゲンアウラッハのネタもちらほら。両本社ビルのほか、上で紹介したアディダスのアウトレットショップも載っていた(しかし、プーマのアウトレットショップの紹介がないぞ、残念!)。

 で、それによると、このアディダスのアウトレットショップは、建築物としても興味深い作品らしい。なんでも、シュツットガルトにある建築事務所wulf & partnerデザイン集団L2M3 Kommunikations Designによって設計されたという。そして、このアウトレットショップの建築デザインを紹介した本まで発売されている(右で紹介しているアマゾンサイトから日本でも送料無料で購入可能!)。

アディダス&プーマ、日本で買うなら絶対ココがオススメ
アパレル全般なら
スニーカーなら
スポーツ用品なら

1ページ2ページ

最終更新日: 2005年04月29日

観戦記トップへ戻る ] [ euronavi.net/de HOMEへ戻る
 

▲Page Top
Copyright(C) 2004 euronavi.net All rights reserved.