ドイツサッカー総合サイト - ドイツ代表、ブンデスリーガ テレビ&現地観戦ガイド -
euronavi.net/de サッカー ドイツ代表 ブンデスリーガ ドイツ旅行 などの情報を発信
ドイツトップ | euronaviトップページ



HOME > ドイツ代表ニュース

Page: 1 2 3 4 5 6 7

 ドイツ代表、首位キープ (アゼルバイジャン戦)

 9月9日、ヨーロッパ各地で2010年南アフリカワールドカップ予選が行われた。ドイツ代表は、ホームのハノーファーでアゼルバイジャン代表と対戦。元ドイツ代表監督であるベルティ・フォクツ氏率いるアゼルバイジャンとは先月アウェーで対戦したばかり。その時はドイツが2-0で無難に勝利していた。この日も格下相手に確実に勝ち点3を獲得することが目標。しかし、14分にポドルスキが得たPKをバラックが決めてドイツが先制するも、前半はこの1点どまりのスロースタート。
 それでも、後半に入り、ハノーファーに集ったサポーターにクローゼとポドルスキが応えた。後半10分、21分にクローゼ、後半26分にはポドルスキがゴールをマーク。合計4-0でドイツがアゼルバイジャンを圧倒した。なお、2得点を決めたクローゼは、これでドイツ代表通算47得点。これはクリンスマンやフェラーと並ぶ歴代ドイツ代表3位の記録。次のゴールが決まれば単独3位に躍り出ることに。

 他会場では、ライバルのロシアがアウェーでウェールズを下した。この結果、グループ首位のドイツと2位ロシアの勝ち点差は僅か1のまま。また、3位のフィンランドがリヒテンシュタインと引き分けたたため、ドイツとロシアの2位以上が確定。直接対決を含む10月の最終2試合で、首位通過かプレーオフ行きか、運命を決することになる。

第824回 ドイツ代表国際試合 南アフリカワールドカップ欧州予選 グループ4
ドイツ代表 - アゼルバイジャン代表 4:0(1:0)
得点:
1:0 ミヒャエル・バラック (14分PK、ポドルスキの得たPK)
2:0 ミロスラフ・クローゼ (55分)
3:0 ミロスラフ・クローゼ (66分)
4:0 ルーカス・ポドルスキ (71分)
日時: 2009年9月9日(水)20時45分キックオフ
主審: アナスタシオス・カコス氏 (ギリシャ)
観戦者数: 35,369人
スタジアム: AWDアレーナ (ハノーファー)

| | コメント

 エジル、代表初ゴール! (対南アフリカ戦)

 9月5日、ドイツ代表は、レバークーゼンのバイ・アレーナに2010年ワールドカップ開催国の南アフリカ代表をむかえて親善試合を行った。残されたワールドカップ予選3試合に向けた貴重なテストマッチである。
 試合は、ワントップで先発出場したゴメスが、前半35分にバラックのクロスに合わせて先制点をマーク。後半32分には、この日フル出場で活躍の機会を与えられたエジルが、監督の期待に応えて代表初ゴール。また、後半からは、これまでケガなどで代表デビューがお預けとなっていたサミ・ケディラがようやくフル代表としてピッチに登場。こうした次のドイツ代表を担う若い力がピッチで躍動した。守備面では、GK候補4人のうちの1人であるレネ・アドラーが、地元サポーターの声援に支えられてゴールマウスを守りきり、南アフリカ代表の攻撃を無失点におさえた。
 なお、同日に行われた南アフリカワールドカップ欧州予選では、ライバルのロシアが格下リヒテンシュタインを3-0で下して勝ち点3を積み上げた。これで首位ドイツと2位ロシアの勝ち点3は僅かに1となった。次回、ドイツ代表は9日にアゼルバイジャンとケルンで対戦する。

第823回 ドイツ代表国際試合 親善試合
ドイツ代表 - 南アフリカ代表 2:0(1:0)
得点:
1:0 マリオ・ゴメス (35分)
2:0 メスト・エジル (77分)
日時: 2009年9月5日(土)20時45分キックオフ
主審: クラウディオ・チルチェッタ氏 (スイス)
観戦者数: 29,569人
スタジアム: バイ・アレーナ (レバークーゼン)

| | コメント

 南ア戦、W杯予選に向けたドイツ代表メンバー

 8月27日、ドイツ代表のヨアヒム・レブ監督は、9月に行われる親善試合対南アフリカ戦(9月5日、レバークーゼン)、W杯予選アゼルバイジャン戦(9月9日、ハノーファー)に向けた、ドイツ代表メンバー23名を発表した。
 今回のメンバーは、基本的に前回のアゼルバイジャン遠征メンバーと同じ。ただし、GKではヴィーゼが外れて、アドラー、ノイアーが招集された。また、GK以外ではベック、マリン、ロルフェスが新たに招集されている。
 エース不在で熾烈な競争が展開されているGK争いでは、レブ監督がアドラー、エンケ、ノイアー、ヴィーゼの4選手を競わせる方針。その結果、今回は前回招集されたヴィーゼが外され、アドラー、エンケ、ノイアーが名を連ねた。今後は11月の親善試合(グループ1位となりW杯出場が決まった場合)でヴィーゼとノイアーが起用される予定だ。
 今回の代表合宿は8月31日から9月9日までの10日間と比較的長め。月曜日にケルンに集合したドイツ代表の選手たちは、まずフィットネステストを受けることに。その後、5日にはW杯開催国の南アフリカ代表をむかえてレバークーゼンで親善試合を行う。さらに、9日にはハノーファーへ移動し、アゼルバイジャン代表とW杯予選を戦う。アゼルバイジャンとは今月12日にアウェーで対戦したばかり。その時は2-0でドイツ代表が勝利している。

GK:
レネ・アドラー (バイヤー・レバークーゼン
ロベルト・エンケハノーファー96
マヌエル・ノイアー (FCシャルケ04

DF:
アンドレアス・ベック (TSGホッフェンハイム)
アルネ・フリードリッヒヘルタ・ベルリン
フィリップ・ラームFCバイエルン・ミュンヘン
ペア・メルテザッカーヴェルダー・ブレーメン
マルセル・シェーファー (VfLヴォルフスブルク
ゼルダー・タスチVfBシュツットガルト
ハイコ・ヴェスターマンFCシャルケ04

MF:
ミヒャエル・バラック (チェルシーFC)
クリスティアン・ゲントナー (VfLヴォルフスブルク
トーマス・ヒツルスペルガーVfBシュツットガルト
サミ・ケディラ (VfBシュツットガルト
マルコ・マリン (ボルシア・メンヒェングラッドバッハ
メスト・エジル (ヴェルダー・ブレーメン
シモン・ロルフェスバイヤー・レバークーゼン
バスティアン・シュバインシュタイガーFCバイエルン・ミュンヘン
ピオトル・トロホフスキハンブルガーSV

FW:
カカウ (VfBシュツットガルト
マリオ・ゴメスFCバイエルン・ミュンヘン
ミロスラフ・クローゼFCバイエルン・ミュンヘン
ルーカス・ポドルスキ (1.FCケルン)

| | コメント

 無難に勝ち点3をゲット (アゼルバイジャン戦)

 8月12日、ドイツ代表はW杯予選で、元ドイツ代表監督のベルティ・フォクツ氏が率いるアゼルバイジャン代表と戦った。新シーズン開幕直後に行われたアウェーゲーム。各選手はとにかくケガせず、無理せず、疲れも残さず、勝ち点3だけ取って、自分のクラブへ帰ろうという意識強し。
 試合は前半12分にシュバインシュタイガーの豪快なミドルシュートで先制、そして後半にはクローゼのチェイシングからのボールカットでチャンスが生まれると、これをシュバインシュタイガーが前線のゴメスにつなぐ。そしてゴメスが左足でシュートを放つも、ボールはクロスバーを叩く。しかし、後ろから独特の女の子走りで駆け上がってきたクローゼがこぼれ球を得意のヘディングで押し込んで2点目。これでドイツは勝ち点3をほぼ手中に。その後はグダグダモードで試合終了のホイッスルを待つばかり。見ているファンにはフラストレーションのたまる試合展開だが、ケガなく、イエローカードの累積もなく、格下相手に無難に勝ち点3をゲットしたドイツ代表。いかにもドイツ代表だ。

第822回 ドイツ代表国際試合 南アフリカワールドカップ欧州予選 グループ4
アゼルバイジャン代表 - ドイツ代表 0:2(0:1)
得点:
0:1 バスティアン・シュバインシュタイガー (12分)
0:2 ミロスラフ・クローゼ (54分)
日時: 2009年8月12日(水)18時キックオフ
主審: アラン・ケリー氏 (アイルランド)
観戦者数: 30,000人 (チケット完売)
スタジアム: トフィク・バフラモフ・スタジアム (バクー)

| | コメント

 アゼルバイジャン戦に向けたドイツ代表メンバー

 8月6日、ドイツ代表のヨアヒム・レブ監督は、2010年南アフリカワールドカップ欧州予選の対アゼルバイジャン戦(8月12日、バクー)に向けたドイツ代表メンバーを発表した。
 ブンデスリーガ開幕を翌日に控えた状況を踏まえ、今回はこれまで招集されてきた選手を中心にしたメンバー構成。初めて招集される選手はいなかったが、2007年夏に一度招集されたものの、その時はケガで辞退を余儀なくされたサミー・ケーデラが再び招集された。ピッチに立つ機会があれば、念願のフル代表デビューとなる。また、先日のアジアツアーでドイツ代表のユニフォームに袖を通したカカウ、2月に代表デビューを果たした新鋭メスト・エジルも招集されている。
 現在、W杯欧州予選グループ4にて、追走するロシアと首位争いを展開するドイツ代表。今回のアウェー戦に続き、来月にはホームで再びアゼルバイジャンと対戦する。この2連戦で勝ち点6を積み上げ、10月のロシアとの直接対決を有利な状況でむかえたいところだ。

※8月8日、ルーカス・ポドルスキがケガを理由に代表辞退を申し出た。これにともなう追加招集はナシ。

GK:
ロベルト・エンケハノーファー96
ティム・ヴィーゼ (ヴェルダー・ブレーメン

DF:
アルネ・フリードリッヒヘルタ・ベルリン
フィリップ・ラームFCバイエルン・ミュンヘン
ペア・メルテザッカーヴェルダー・ブレーメン
マルセル・シェーファー (VfLヴォルフスブルク
ゼルダー・タスチVfBシュツットガルト
ハイコ・ヴェスターマンFCシャルケ04

MF:
ミヒャエル・バラック (チェルシーFC)
クリスティアン・ゲントナー (VfLヴォルフスブルク
トーマス・ヒツルスペルガーVfBシュツットガルト
マルセル・ヤンセンハンブルガーSV
サミー・ケーデラ (VfBシュツットガルト
メスト・エジル (ヴェルダー・ブレーメン
バスティアン・シュバインシュタイガーFCバイエルン・ミュンヘン
ピオトル・トロホフスキハンブルガーSV

FW:
カカウ (VfBシュツットガルト
マリオ・ゴメスFCバイエルン・ミュンヘン
ミロスラフ・クローゼFCバイエルン・ミュンヘン
ルーカス・ポドルスキ (1.FCケルン)

| | コメント

 ドイツ代表アジアツアー第2戦 (UAE戦)

 6月2日、ドイツ代表は、ドバイのアルマクトゥム・スタジアムにてUAE代表と親善試合を行った。先日の中国戦に続き、この試合はドイツ代表アジアツアーの第2戦。引き分けというしょっぱい試合をした中国戦から一転、UAE相手に7ゴールを決めて大勝。中でも、FWのゴメスが爆発し、4ゴールの活躍。これには、ゴメスと2トップを組んだポドルスキ(前半)、カカウ(後半)も、アシスト役として大いに貢献した。
 一方、この日代表デビューを果たしたGKのマヌエル・ノイアーは、再三のピンチに好セーブをみせるも、後半2失点。DF陣には課題の残る試合となった。

第820回ドイツ代表国際試合 親善試合
アラブ首長国連邦代表 - ドイツ代表 2:7(0:4)
得点:
0:1 ハイコ・ヴェスターマン (29分)
0:2 マリオ・ゴメス (35分)
0:3 ピオトル・トロコフスキ (39分)
0:4 マリオ・ゴメス (45分)
0:5 マリオ・ゴメス (47分)
0:6 オウンゴール (52分)
1:6 イスマエル・サレム・アル・ハマディ (53分)
2:6 ナワフ・ムバラク・ムサベ・アル・ダルマキ (73分)
2:7 マリオ・ゴメス (90分)
日時: 2009年6月2日(水)20時キックオフ
主審: ナセル・ダルウィッシュ氏 (ヨルダン)
観戦者数: 7,000人
スタジアム: アルマクトゥム・スタジアム (ドバイ)

| | コメント

 ドイツ代表アジアツアー第1戦 (中国戦)

 5月29日、ドイツ代表はアジアツアー2連戦の初戦として、遠征先の上海にて中国代表と対戦した。試合は開始5分に蒿俊閔(ハオ・ジュンミン)のゴールで先制を許したが、その僅か3分後にポドルスキのゴールで同点に。しかし、その後は一進一退が続く展開。ドイツ代表は中国の攻撃を守護神エンケを中心に何とか無得点におさえたが、FW陣が不発に終わり、1-1ドロー。なお、この試合では、後半18分に、ゴメスと交代してカカウがピッチに。ブラジル出身、ブンデスリーガ育ちのストライカーが、28歳でドイツ代表のユニフォームに袖を通した。アジアツアー第2戦では中東ドバイにてUAEと対戦する。

第819回ドイツ代表国際試合 親善試合
中国代表 - ドイツ代表 1:1(1:1)
得点:
1:0 蒿俊閔(ハオ・ジュンミン) (5分)
1:1 ルーカス・ポドルスキ (8分)
日時: 2009年5月29日(金)14時キックオフ
主審: 李泯厚(イ・ミンフ)氏 (韓国)
観戦者数: 25,000人
スタジアム: 上海体育場 (上海)

| | コメント

 2009年黒星発進... (ドイツ対ノルウェー)

 2月11日、ドイツ代表はデュッセルドルフのLTUアレーナにて2009年最初の代表戦を行った。対戦相手はノルウェー代表。南アフリカワールドカップ予選に向けた数少ないテストマッチだ。
 今回の試合では、ホッフェンハイムのDFアンドレアス・ベックとブレーメンのMFメスト・エジルが初招集されていた。そして2人とも途中出場の形でピッチに立ち、ドイツ代表デビューを果たした。なお、試合は、1点も奪えないままむかえた63分、ノルウェー代表のペデルセンがロングスロー。これをいったんクリアするも、再びペデルセンがゴール前にグラウンダーのクロスを入れると、このボールがドイツ代表のDFラインをスルスル~とすり抜け、ファーサイドでつめていたグリンドヘイムへ。これをグリンドヘイムに簡単に押し込まれて0-1。その後、ドイツ代表は1点も奪えず、試合終了のホイッスル。2009年最初の代表戦を勝利で飾ることはできなかった。

第815回ドイツ代表国際試合 親善試合
ドイツ代表 - ノルウェー代表 0:1(0:0)
得点:
0:1 クリスティアン・グリンドヘイム (63分、ペデルセンのアシスト)
日時: 2009年02月11日(水)20時45分キックオフ
主審: シュテファン・メッスナー氏 (オーストリア)
観戦者数: 45,000人
スタジアム: LTUアレーナ (デュッセルドルフ)

| | コメント

 ノルウェー戦に向けたドイツ代表メンバー発表

 2月5日(木)、ドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督は、ノルウェー代表との親善試合(2月11日、デュッセルドルフ)に向けたドイツ代表メンバーを発表した。今回招集された選手は以下の通り。
 DFでは好調ホッフェンハイムのアンドレアス・ベックが、MFではブレーメンのメスト・エジルがそれぞれ初招集され、代表デビューのチャンスを得た。一方、FWのルーカス・ポドルスキなどは今回はメンバーから外れた。

GK:
レネ・アドラー (バイヤー・レバークーゼン
ティム・ヴィーゼ (ヴェルダー・ブレーメン

DF:
アンドレアス・ベック (TSGホッフェンハイム)
アルネ・フリードリッヒヘルタ・ベルリン
アンドレアス・ヒンケル (グラスゴー・セルティック)
フィリップ・ラームFCバイエルン・ミュンヘン
ペア・メルテザッカーヴェルダー・ブレーメン
ゼルダー・タスチVfBシュツットガルト
ハイコ・ヴェスターマンFCシャルケ04

MF:
ミヒャエル・バラック (チェルシーFC)
トルステン・フリンクスヴェルダー・ブレーメン
トーマス・ヒツルスペルガーVfBシュツットガルト
マルコ・マリン (ボルシア・メンヒェングラッドバッハ
メスト・エジル (ヴェルダー・ブレーメン
シモン・ロルフェスバイヤー・レバークーゼン
バスティアン・シュバインシュタイガーFCバイエルン・ミュンヘン
ピオトル・トロホフスキハンブルガーSV

FW:
マリオ・ゴメスVfBシュツットガルト
パトリック・ヘルメスバイヤー・レバークーゼン
ステファン・キースリンクバイヤー・レバークーゼン
ミロスラフ・クローゼFCバイエルン・ミュンヘン

| | コメント

 ホーム2連勝で首位快走! (ウェールズ戦)

 10月15日、2010年南アフリカワールドカップ欧州予選にて、ドイツ代表はウェールズ代表と対戦。メンヒェングラッドバッハで行われたこの一戦は、先日のロシア戦に続くホームゲーム。
 試合は、0-0の状態が続いたものの、後半27分にトロホフスキのゴールが決まって、ドイツがリード。この1点を最後まで守り抜き、見事ホーム2連勝をかざった。これで、ドイツは勝ち点を10にのばして、グループ4の首位を快走。これを勝ち点6でロシアとウェールズが追いかける展開となった。

第813回ドイツ代表国際試合 南アフリカワールドカップ欧州予選 グループ4
ドイツ代表 - ウェールズ代表 1:0(0:0)
得点:
1:0 ピオトル・トロホフスキ (72分)
日時: 2008年10月15日(水)20時45分キックオフ
主審: ローラン・デュアメル氏 (フランス)
観戦者数: 44,500人
スタジアム: シュタディオン・イム・ボルシアパーク (メンヒェングラッドバッハ)

| | コメント

Page: 1 2 3 4 5 6 7


Web
euronavi.net

ユニフォーム ホームゲームシャツ アウェーゲームシャツ




ドイツ代表ニュース
ドイツ代表応援掲示板
ドイツ代表監督紹介
ドイツ代表選手紹介
ドイツ代表試合スケジュール
2008年欧州選手権オーストリア・スイス大会
2006年ドイツワールドカップ
2004年欧州選手権ポルトガル大会
2002年日韓ワールドカップ
ドイツ代表全戦績
ドイツ代表記録集
ドイツ代表の歴史
ドイツ国内スタジアム紹介
ドイツ代表戦現地観戦ガイド


ブンデスリーガ速報
ブンデスリーガ基本ガイド
ブンデスリーガ会議
ブンデスリーガ クラブチーム紹介
ブンデスリーガ年間スケジュール
安藤正純特別コラム
ブンデスリーガ観戦ガイド(日本編)
ブンデスリーガ観戦ガイド(ドイツ編)
ドイツサッカー現地観戦記


VfLヴォルフスブルク
FCバイエルン・ミュンヘン
VfBシュツットガルト
ヘルタ・ベルリン
ハンブルガーSV
ボルシア・ドルトムント
TSG1899ホッフェンハイム
FCシャルケ04
バイヤー・レバークーゼン
ヴェルダー・ブレーメン
ハノーファー96
1.FCケルン
アイントラハト・フランクフルト
VfLボーフム
ボルシア・メンヒェングラッドバッハ
SCフライブルク
1.FSVマインツ05
1.FCニュルンベルク












2008年ヨーロッパ選手権スイス・オーストリア大会(EURO2008) テレビ&現地観戦ガイド



購読する このブログを購読

Powered by
Movable Type


▲ このページのトップに戻る当サイトについてリンクお問い合わせeuronavi.net

Copyright (C) euronavi.net. All rights reserved.