ヨーロッパサッカー観戦ガイド - チケットの買い方、スタジアムガイド、ホテル予約、スケジュールの組み方など
ヨーロッパサッカー現地観戦ガイド euronavi.net
ホームページ | サイトマップ | ヘルプ


サッカー観戦旅行基本ガイド

HOME > サッカー観戦旅行 基本ガイド > ヨーロッパサッカーの四季

 ヨーロッパサッカーの四季

 ヨーロッパの多くのサッカーリーグは8月開幕・翌年5月終了のスケジュールを組んでいる。そして、6月、7月はオフということになっているが、6月にはワールドカップやヨーロッパ選手権が行われることもある。これらのビッグイベントがない年でも、その予選が組まれる。7月はシーズン前の合宿やテストマッチが各地で行われる。また、インタートトカップやチャンピオンズリーグ・UEFA杯の予備戦が実施される。
 よって、1年を通してヨーロッパではサッカーを楽しむことができるといっても過言ではない。ドイツのサッカー専門紙「Kicker」の公式サイトにある「Matchkalender」はサッカー観戦旅行者には便利なツールだ。これを見れば、いつどこでサッカーの試合が行われているか分かる。このカレンダーを見てみよう。毎日どこかでサッカーの試合が行われていることを確認できる。
 本コラムでは、欧州サッカーの四季についてまとめてみたい。どの季節にどんな試合が楽しめるのか、自分のニーズにあったシーズンは何時?今はどんな試合が楽しめるのだろう?欧州サッカーの四季を眺めてみよう。

[ 7月 ]
 ヨーロッパサッカーの1年は7月から始まる。よく「2007/2008シーズン」といった表現をすることがあるが、これは北欧など一部のリーグやインタートトカップを除き「2007年7月1日~2008年6月30日」を意味している。また、ワールドカップや欧州選手権が行われる年には、その決勝戦が7月にずれこむことも多い。
 前シーズンを終え、6月に代表チームへの招集などがない選手は、この7月から新シーズンに向けて練習を再開する。多くのクラブはアルプスの山々やスペインのリゾート地などで合宿・テストマッチを行う。最近では、アジア各国へ親善試合ツアーを組むクラブも現れるようになった。
 この時期、各地の様々なところでテストマッチが行われる。ふだん強豪クラブのサッカーの試合など縁遠い地域で、小さなスタジアムが盛り上がりをみせる。さながら、欧州サッカー版「地方巡業」といったところだ。7月はサッカー観戦できないと思われがちだが、このプレシーズンマッチは前後のファンサービスも含めて、ファンに人気のイベントだ。
 真剣勝負なら、インタートトカップ、UEFAチャンピオンズリーグやUEFA杯の予備戦がある。欧州カップ戦本戦への出場権をかけた中堅クラブによる戦いが各地で繰り広げられる。町とクラブとフットボール。その牧歌的な雰囲気を味わえる季節だ。

[ 8月 ]
 8月に入るとまずドイツ、フランス、イングランドなどで相次いでシーズン開幕を迎える。またチャンピオンズリーグやUEFA杯の予備戦も佳境に入り、国内カップの初戦も行われたりと、いよいよ新たなシーズンの幕開けである。また、8月中旬のミッドウィークには各国代表による国際Aマッチも設けられている。
 8月下旬には前シーズンのチャンピオンズリーグとUEFA杯の優勝クラブによるUEFAスーパーカップが行われ、その後UEFAチャンピオンズリーグ、UEFA杯のドロー抽選会が行われる。そして、8月31日には夏の移籍市場の締切をむかえる。開幕ダッシュに失敗したクラブの中には、締切ギリギリで新たな戦力を獲得するところも。こうして新たなシーズンに向けた陣容が確定する。
 さらに、8月末もしくは9月の最初の週までには、イタリア、スペインでも新シーズンがスタート。全てのリーグで熱戦が展開される。

[ 9月 ]
 9月初旬には長めのインターナショナルブレイクが設けられている。ここでは、各国代表チームに招集された選手は、ワールドカップ予選もしくは欧州選手権予選を戦うことになる。一方、クラブレベルでは、シーズン開幕後最初の調整期間。序盤低調な滑り出しだったクラブには立て直しを図るのに絶好の機会だ。
 そして、9月からは欧州カップ戦(UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAカップ)の本戦が開幕する。平日夜に新たな楽しみが増えるわけだ。
 9月に入ると「夏休み価格」だった航空券の値段が一気に安くなる。そこで、「敬老の日」「秋分の日」を効果的に利用して遅い夏休みを長めにとれれば、7、8月以上にサッカー三昧のヨーロッパ旅行を楽しむことができる。

[ 10月、11月 ]
 新シーズンも数ヶ月が経過した10、11月は、徐々に順位が気になり出すところ。思いがけないチームが首位に躍り出たり、予想外の選手の活躍が目立つ一方で、早々の監督解任や期待はずれの選手へのブーイング。サッカーの話題は尽きない。
 ミッドウィークの楽しみであるUEFAチャンピオンズリーグ、UEFA杯も進行する。また、10、11月もインターナショナルブレイクも設けられているので、ワールドカップ予選や欧州選手権予選といった代表レベルの真剣勝負も楽しめる。11月の代表戦は年内最後の試合だ。

[ 12月 ]
 12月に入り、ミッドウィークに行われていたチャンピオンズリーグ、UEFA杯が佳境をむかえる。年明けの決勝トーナメントに進めるチームはどこだ?そして12月中旬には、ドロー抽選会が行われる。2、3月に観戦旅行を予定している人は、この抽選結果で旅行計画をだいぶ確定することができる。
 12月中旬には、シーズンの折り返しをむかえるリーグが出てくる。ドイツ・ブンデスリーガは前半戦を終えて約1ヶ月半の冬期休暇に入る。そのほかのリーグも12月の最終週は休みにするところが多い。ただイングランドのプレミアリーグだけは例外で、年末年始にも試合が繰り広げられる。したがって、年末年始にヨーロッパサッカー観戦をしたければイングランドに行くのがベストだ。

[ 1月 ]
 年明けの最初の節は、正月休みを利用した日本人観光客も多いスタジアムとなる。開幕が遅いセリエAやリーガ・エスパニョーラなどは、この1月にシーズンの折り返しをむかえる。
 1月はミッドウィークに欧州カップ戦がないので、代わりに国内カップ戦が行われる。「冬休み」期間と思われがちだが、実は平日も週末も各地で様々な試合が行われているのだ。
 また、1月は冬の移籍市場が開かれる期間。様々な移籍ニュースがサッカーファンの関心事だ。シーズン前半戦で振るわなかったクラブの中には、大幅に陣容を入れ替えるところも。また、オフシーズンのJリーグから日本人選手がヨーロッパに渡るのも、この冬の移籍市場を利用するケースが多い。

[ 2月 ]
 2月の初旬にはミッドウィークに各国代表戦が行われる。その多くは親善試合。シーズン前半にクラブレベルで活躍した選手の初招集、代表デビューが見られるチャンス。親善試合とはいえ見所は少なくない。
 2月の中旬には、欧州カップ戦も再開される。チャンピオンズリーグもUEFAカップも、いよいよ決勝トーナメントだ。
 ちょうどこの頃から卒業旅行シーズンということで、日本人学生の姿をいろいろなスタジアムで見かけるようになる。ヨーロッパは一番寒い時期に入るが、航空券も安く、少ない予算で旅を楽しめる季節だ。

[ 3月 ]
 3月に入ると、どのクラブも残り試合が気になり始める。いよいよ長いシーズンも佳境に入る。また、欧州カップ戦ではどちらもベスト8が出揃い、最後のドロー抽選会が行われる。
 そして、3月下旬にはインターナショナルブレイク。代表チームはワールドカップ予選やヨーロッパ選手権を戦う。また、クラブレベルでは、シーズン終盤を前にした最後の調整期間だ。

[ 4月 ]
 チャンピオンズリーグとUEFA杯でベスト8に残った強豪クラブを除いて、ほとんど全てのクラブが、リーグに専念できるのが4月。残り少ない節の中で、勝ち点を重ね、あるチームは優勝争いを演じ、あるチームはCLもしくはUEFAカップの出場権をかけて順位争いを展開する。シーズン終盤に入り、ケガで戦線離脱する選手も現れる中、まさにチーム一丸となった総力戦。スタジアムのボルテージも頂点に達し、5月をむかえることに。

[ 5月 ]
 各国リーグの最終節、国内カップ戦の決勝、大陸カップ戦の決勝。全ての結果が出るのが、この5月。前年の9月もしくはそれ以前から始まった長い1年のシーズンが幕を閉じる。
 なお、社会人の場合、4月下旬から5月にかけてのゴールデンウィーク期間は、観戦旅行にでかけるチャンス。ちょうど各国リーグの終盤戦の他、チャンピオンズリーグやUEFA杯では決勝進出をかけた大一番が行われる。
 卒業旅行シーズンと違い、フライトチケットも安くないし、シーズン終盤の注目ゲームではチケット入手も困難を極める。それでも、この時期がシーズン終盤の最も盛り上がる瞬間だ。好きなクラブの大事な一戦にスタジアムで立ち会うことこそ、学生の貧乏旅行とは違う「大人のサッカー観戦紀行」か!?

[ 6月 ]
 5月にシーズンが終了すると、多くの選手はつかの間のオフをむかえる。6月はクラブレベルではほとんど試合が行われない。
 しかし、代表レベルでは、年によってワールドカップやヨーロッパ選手権が行われる。また、そうでない年にも、6月中に2試合分のインターナショナルブレイクが設けられ、それぞれの予選が行われる。

 以上が、ヨーロッパサッカーの1年である。こうしてみると、クラブチームもしくは代表チームの試合が、つねにどこかで開催されている。それがヨーロッパのサッカーシーンだ。ヨーロッパへ観光の際には、ぜひサッカースケジュールもチェックしてほしい。平日の夜、土日の午後、本場のサッカーを楽しめる可能性は大いにあるのだ。
 そして、特にオススメなのは欧州カップ戦が開幕する9月、卒業旅行シーズンの2、3月、そしてシーズン終盤でゴールデンウィーク期間にあたる4月下旬~5月初旬だ。実際、これらの時期は日本人観光客をスタジアムで多く見かけることになる。

(関連記事) 2008年版 GW海外サッカー観戦大作戦 (2008年03月17日)
(関連記事) 海外サッカー観戦旅行計画 vol.1 (2008年03月14日)
(関連記事) 海外サッカー観戦旅行計画 vol.2 (2008年03月14日)
(関連記事) FAXでチケットをゲットするという方法(2000年) (2008年03月14日)
(関連記事) 2000年欧州蹴球観戦紀行 (2008年03月14日)

最終更新日: 2008年03月15日 | | コメント

ソーシャルブックマーク: Yahoo!ブックマークに登録 みんトピに投稿 はてなブックマークに追加 newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップに投稿 Choixにブックマーク イザ!ブックマーク niftyクリップに投稿

カテゴリ


コメントする

この記事に関するコメントは以下の掲示板へお願いします。

[欧州サッカー現地観戦BBS]

欧州サッカー現地観戦BBSはコチラ!


Web
euronavi.net














2008年ヨーロッパ選手権スイス・オーストリア大会(EURO2008) テレビ&現地観戦ガイド



購読する このブログを購読

Powered by
Movable Type


▲ このページのトップに戻る当サイトについてリンクお問い合わせeuronavi.net

Copyright (C) euronavi.net. All rights reserved.